『時は巡りて』
    
                           とっきーさっきー:作
おことわり

  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は「
とっきーさっきー」が所有してます。
  作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合
著作権法によって
  「
刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

【登場人物 紹介】 登場人物の詳細はこちらから

 春夏秋冬 神楽(ひととせ かぐら)
    本作品のヒロイン 非処女

 春夏秋冬 四巡(ひととせ しじゅん)
    神楽の父親。

 狛獅子 守(こまじし まもる)     

 安積淳二(あづみ じゅんじ)

 安積京香(あづみ きょうか)
     淳二の妻だった女性。故人

 阿傍・羅刹(あぼう・らせつ)
     地獄を棲みかとする鬼。

小説題名 

  第1話  春夏秋冬家 当主見習巫女 神楽     18-05-20 
  第2話  邪鬼の指 邪鬼の舌           18-05-27 
  第3話  春夏秋冬家 お側方霊媒術師 狛獅子 守 18-06-03
  第4話  そして、四百余年の時が流れて……    18-06-10  
  第5話  背中に乗る女              18-06-17  
  第6話  彷徨いし情念              18-06-24 
  第7話  年上の男の子をリードして
  第8話  鮮血に染めた顔
  第9話  なれの果て……怨鬼
  第10話 春夏秋冬家 第二十四代当主 四巡
  第11話 人の心 鬼の心
  第12話 結ばれない想い
  第13話 五年前の夢
  第14話 陽動……悲劇の始まり
  第15話 この身を捧げてでも……
  第16話 貴方様の仰せのままに……
  第17話 埋め尽くす肉棒
  第18話 かすかな希望……詠唱の果てに……
  第19話 涼風の御霊よ我に力を……
  第20話 時は巡る……無から再び……
            
           

 この作品は「羞恥の風」とっきーさっきー様から投稿していただきました。