「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第12話 チャーター便

 

 懇親会が済むとデモフライトが迫ってジェット機での実技訓練をしていた。

「いよいよだわ」「そうね、いよいよだわ」皆が久しぶりのフライトに興奮している。

「やっているな、下着を揃えたぞ。今日からはこれで行くからな。早速着替えてくれ」

「はい、着替えます」征子達は会議室に入り着替えははじめた。

制服を脱ぎ、パンティ、ブラジャーと脱いでいくが「恥ずかしいわ、私にオッパイ小さいし」

「小さくないわ、普通よ、自信持って」美紀は背中に自分の乳房を押しつけ、智恵の乳房を揉み

だすと「ん、ん!」甘い声を上げた。

「仕事が終わったらいいけど今はダメ。早く着替えなさい」全裸になった征子が注意した。

「わかりました」智恵と美紀はバツが悪そうな顔をし用意されたストッキングに足を通していく。

「黒のレースだといやらしいわね」

「ホントだわ、何か、娼婦になった感じがする」

「男って、こんな姿にどうして弱いのかしら」

「簡単よ、オ○ンコしたいからよ」征子はあっさりとオ○ンコと言うが「そ、そうですよね。セ

ックスしか考えてない生き物ですからね」恥ずかしそうに赤い顔をしてガーターベルトで留めて

いく。

ストッキングを履き終えると乳房を揺らせながらワイシャツを着込んで「ところで、生理の時も

このままなのかしら?」疑問が上がった。

「まさか、その時はパンティを履いてもいいわよ」

「そうだよね、出血している性器は見られたくないしね」

「私が言って置くから安心して」

「お願いします、チーフ!」こんな話をしをしながらスーツを着込んで、制服姿になると再び訓

練を始めた。

征子は「高橋さん、生理の時はパンティ許してね」と願い出た。

「当然だよ、でもこっちが指定したのだからね、黒のレースだよ」

「レースだとナプキンが見えてしまうわよ」

「構わないよ、生理とわかった方が良い」

「仕方ないわね、履けるだけましだし」

「それから定年なんだけど35才としたいんだがね」

「だったら私、もうすぐじゃないのよ」

「後4年近くあるよ。必ず仕事を見つけてあげるから安心してくれ」

「わかったわ、お任せする。それよりこれからどう?」股間を撫でると「勘弁してくれ、今夜は

家内とやらないとね。久しぶりなんだよ」

「あら、残念ね。私、生理が近いから疼いて仕方ないのに」

「だったら、松島とやったら」

「そうね、そうさせて貰うわ」征子は皆の所に戻って行った。

 

 そして、デモフライトの日が来た。

招待客を乗せて羽田を飛び立つと征子達も久しぶりの事に張り切っている。

フライトも無事に終えて着陸したが、ありきたりのサービスだったので招待客の反応はいまいち

だった。

営業の高橋はその結果をスチュワーデスの皆に伝えた。

「この会社はチャーター専用会社だ。客を掴むにはもっとアイデアがないとダメだ」

「それはわかります、で、どんなサービスをしろと?」

「ヌードだよ、素っ裸でやってくれ」

「そんな人前でヌードはイヤです。そんな事はしません!」

「なんだいやか。だったら、ビデオでいこうか。これを見てくれ」高橋は前もって隠し撮りした

ビデオを再生していく。

「イヤ、名前まで入れるなんてイヤ!」悲鳴を上げる征子だ。

映し出された画面にはセックスしている征子が映っていて「松田征子」と名前まで入っていた。

「やめて、お願いやめて!」泣き出す征子に「いいから最後まで見るんだ!」暫くして画面が変

わり、今度は智恵が悲鳴を上げた。

智恵の淫裂に肉竿が入った画面がハッキリと映っていて「中里智恵」と名前も入っている。

それには「う、う、う!」泣き出す智恵だが、この後も全員の全裸姿やセックスしている画面が

名前入りで映し出された。

 

 「どうだ、これでやろうか?」

「やめて下さい、セックスしているビデオはイヤです」皆が泣きながら言うと「だったら、制服

を脱いで下着姿になるよな」皆が黙ったまま首を縦に振った。

それには「よし、それでいい!」笑顔になる高橋だ。

「それから、下着姿は飛んでいる間だけだぞ。それに全国への応援の時はその制服で良いぞ」

「お願いです、絶対にヌードの事を漏らさないで下さい。外に漏れたら町を歩けませんから」

「大丈夫だよ。カメラだって機内にはもちこませないから安心しな」

「約束ですよ、ヌードの事は」泣きながら言うと「ああ、任せておけ。35才までは頼んだよ。

必ずいい婿を責任を持って見つけるから」高橋は「ヌードになったら嫁に行けない」との不安を

打ち消していく。

(そうか、35までが勝負ね。それまでは裸で稼ぐしかないんだ)年長の征子はそう考えた。

なおも「それに、リストラされず、採用されたのを感謝してくれ」高橋が言うと「ところで、チ

ャーター便はいつですか?」

「明後日だ。しかもアメリカだ」

「長いですね、フライトの時間が」

「そうなんだ。何とか、退屈させないようにしないとな」考え巡らす高橋だ。

 

 そして、最初のチャーター便の出発を迎えた。

「搭乗ありがとうございます」タラップから機内に入ってくる乗客に挨拶をしていく。

乗客が乗り終えるとチャーター便は離陸は始めた。

(もうすぐフルヌードになるんだ!)皆の顔が強ばっていく。

チャーター便は急上昇を続けてから「ポーン!」チャイムが鳴り水平飛行に入ったのを知らせる。

「い、行くわよ」「は、はい!」征子の合図で一斉に制服を脱ぎだした。

「恥ずかしいわ、私、自信ないのに…」ワイシャツを脱いで乳房を露わにしていくと「そんな事

ないわよ、自信を持って!」美紀はスカートを脱ぎ、もうストッキングとガーターベルトだけの

姿になっている。

美紀の股間は短い絨毛から淫裂が覗いている。

「そうね、自信を持つと大きくなるかもね!」スカートも脱いで皆が黒いレースのストッキング

とガーターだけの姿になり、乳房を揺らせ、生えかけた絨毛から淫裂が覗かせている。

「準備はいいわね、行きましょう!」皆がワゴンを押して客室に入った。

客室に入るなり「す、凄いや、素っ裸だ!」「ホントだ、オ○ンコ丸出しだぞ!」乗客は大きな

声で叫んでいる。

それまで眠っていた男達も目を開け「ホントだ、オッパイとオ○ンコを丸出しにしている!」食

い入るように乳房とヘアの生えかけた淫裂を見ていた。

(恥ずかしいわ、そんなに見ないでよ!)太股をブルブル震わせながら「お飲物を用意しました」

上擦った声でやっと言えた。

「ありがとう、ここもいいんだろう?」「そ、そんなー!」両乳房が乗客に揉まれた。

(やめて、お願い、触らないで!)それでも作り笑顔をしながら機内サービスをしていく。

乗客の中には淫裂も触る者もいて「そこはダメです、今晩使いますから」(この、スケベ親父!)

笑顔で淫裂を触る手を退けさせている。

征子達は機内をくまなく回ると乗務員室に戻ってきた。

「恥ずかしかった、オッパイを触られたり、性器に指を入れられたわ」

「私もよ。お尻に指を入れようとする人もいたわ。性器なら我慢するけどお尻はイヤだし」

「私は乳首を引っ張られたわよ、凄く痛かったわよ」皆が不平や不満を言い合っていた。

2時間後に2回目のサービスを始めた。

「待っていたよ!」いきなり乳房を掴まれ「優しくしない人は嫌いです!」(触らないでよ!)

今度は、掴んだ手が膨らみを撫でだした。

「これならいいだろう?」「そ、それならいいです!」乳房を優しく揉まれてから「ここもいい

だろう?」淫裂を触っていた手の指が膣の中に入った。

「ん、ん、ん!」「ダメ、性器に入れないで…。指を抜いてください…」息を詰まらせなが膣に

入った手を退けて「見るだけですから、よろしくお願いします」注意しながら機内を回っていく。

征子達はその後数回機内を回ってフロリダ上空まで来た。

「急いで、ヌードはもうダメだから」スチュワーデス達は一斉に脱いだ服を着込んでいく。

スカートも履いても通りに戻ると「間に合ったわね」「そうね、今度からはタイミングを考えな

いとね」チャーター便はフロリダに無事着陸した。

タラップが横付けされ「ありがとうございました」1人1人に礼を言いながら降りていく乗客を

見送った。

 

 乗客が降り終えると「ふー。やっと終わったわ」「そうね、ホッとしたわ」機内点検を終えて

からホテルに直行した。

ホテルに入るなり「智恵、恥ずかしかったわ」「私もよ、今夜は慰めあおうね」智恵と美紀は唇

を合わせてから制服を脱ぎだした。

スーツ、シャツを脱いであのストッキング姿になって「美紀、大きくなりたいの。こんなオッパ

イだし」「自信持ちなさい、小さくないわよ」両手で乳房を揉みながら言う美紀だ。

「吸って、思い切り吸って!」乳房を揉みながら乳首を吸うと「あ、あ、あ!」背中が反ってい

き、乳房を揉んでいた手が淫裂に伸びた。

「入れて、美紀が欲しいの」「わかっている、もういいのね」唇を重ね合ったままベッドに倒れ

美紀は足を開いた智恵の膣の中に指を入れた。

「あ、あ、あ!」背中が浮き上がり「私も欲しい!」「してあげるからあれでやろうよ」「そう

ね、お願いするわね」シックスナインの体位を取った。

「美紀のヒラヒラが綺麗よ」智恵も目の前にある美紀の淫裂を指で触り、膣の中に入れていく。

「あ、あ、あ!」上に乗った美紀も体を反らせ声を上げだした。

2人は淫裂からは乳白色の淫汁を流して悶え声を上げているが、抱き合っているのは智恵や美紀

だけではなかった。

2人と同じように、征子や江美達も臨時のカップルを作って全裸になり抱き合っている。

「いいわ、そこ、そこがいいわ!」シックスナインの体位でお互いの淫裂を指で慰め合っている。

そして、カップルは「あん、あん、あん!」と深夜まで悶え声を上げていた。

 

 翌日、チャーター便は成田に戻る事になっている。

フロリダから乗客を乗せて離陸すると「いい、ヌードになるわよ」「はい!」征子の合図で一斉

に制服を脱ぎだした。

「オッパイだけならいいのにね」「そうね、性器を触られるのはいやだし」「指を入れられない

ようにしないとね」例のストッキングとガーターベルだけの姿になってワゴンを押し客室に入っ

ていく。

その姿に「素っ裸じゃないか!」「凄いや、こんなの初めてだ!」客室で歓声が上がっていく。

(触らないで、性器は触らないで!)顔を赤らめ、乳房や淫裂を触られながらサービスをし、そ

れを数回繰り返して無事に成田に戻ってきた。

成田では高橋と松島が出迎え「ご苦労だったね、評判が良かったよ」「よくやってくれた。今日

は懇親会を行うからね」ニコニコ顔の2人だ。

「わかりました、よろしくお願いします」項垂れて返事をし、手続きを済ますとまっすぐ会場に

向かう。

会場に着くと「良かったよ、評判が!」笑顔で幹部達が出迎えた。

「恥ずかしかったです、あんなフルヌードを大勢に見られるなんて!」まだ興奮が治まってない。

「大丈夫だよ、すぐになれるから」幹部達は相手の制服を脱がしていく。

「綺麗だよ、ヌードが!」例の姿にさせると乳房を撫でだす。

「欲しいのですか?」股間を触って確かめると(堅いわ、セックスしたいんだ)「そうなんだ、

やってもいいだろう?」

「はい、お相手します」膝を付き、ズボンを脱がしていく征子達だ。

下半身が露わになって肉竿が飛び出すと、征子は仰向けに寝ていく幹部の上に馬乗りになって肉

竿を掴み、自分の淫裂に導いていく。

「あ、あ、あ!」腰を沈め、根本まで吸い込んでから乳房を揺らせ、腰を振りだす。

「いいよ、凄くいいよ」

「優しくです、オッパイを触られ続けでしたから痛いんです」露わになった乳房を揉まれていく。

乳首も指で摘まれて「あ、あ、あ!」悶え声を上げてる。

「気持ちいい、出すからね」

「はい、オ○ンコでお受けします」征子は膣の中に射精された。

「とろけそうです、気持ちいいです!」結合したまま、仰向けの幹部に乳房を押しつけ抱き付い

て唇を重ね合っている。

一方、智恵と美紀も「あ、あ、あ!」「いいわ、凄くいいわ!」久しぶりに肉竿を淫裂に迎え入

れて淫汁を流していた。

「気持ちいいです。乳首を噛んで下さい」あぐらをかいた上に跨った美紀は乳首を噛まれた。

「頂戴、オ○ンコの中にエキスを一杯頂戴!」智恵も気持ちよさそうに悶えている。

「わかっているよ、一杯出すからな」淫裂深く次々と精液が噴射されていく。

「良かった、凄く良かったわ」相手に抱き付いて余韻に浸っていると「俺もだよ、凄く良かった

よ」結合したまま、暫く抱き合った。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next