「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第11話 顔見せ

 

 新会社の制服を着込むと全員が全国航空の社長を訪ねた。

社長は幹部達と会議中だったが皆を迎え入れ「おお、綺麗所が来たか!」会議は中断して皆が征

子達に注目している。

「これが、制服か。別なのもあるだろう?」

「はい。みんな、あの制服になるんだ!」

「はい、わかりました!」居並ぶ幹部の前で12人のスチュワーデスは制服を脱ぎだした。

上着、ブラウス、スカート脱いであの下着姿になると「ほう、ヘアが丸出しだね。手入れした方

が良いよ。そうだ、僕がやって上げるよ」「私にもやらせて下さいよ」幹部達は次々と名乗り出

た。

(これが目的だったんだ。ヘアを剃らせるために…)恥ずかしそうに項垂れている征子達だが、

「皆さんがそうおっしゃるだろうと思いまして用意しておきました」松島はフォームとカミソリ

を配っていく。

「脱がせてあげるよ」淫裂に食い込んでいるパンティを引き下げて下半身を剥き出しにしていく。

「動かないで、危ないからね」手のひらでフォームを絨毛に擦りつけ手からカミソリを当てた。

(ヘアを剃られるなんてイヤよ!)皆の太股が恥ずかしさで震えているが「ジョリ、ジョリ!」

淫裂を覆う絨毛が消え、変わって赤黒い地肌が見えてきた。

それにピンク色の淫裂も露わになって「ほう、綺麗なオ○ンコだね。今度やらせてくれよね」優

しく撫でられ「は、はい。お望みでしたら、いつでもお相手します…」小さな声で言う。

「そうか、それを聞いて安心だ。採用して良かったよ」話しながら手を動かし続けた。

やがて、絨毛は全て消し去られて淫裂が露わにされると(は、恥ずかしい!)体を震わせ、両手

で淫裂を隠した。

「ダメだ、直立しなさい!」

(そんな事したら性器が丸見えよ!)顔を強ばらせながら直立する。

「よし、一歩横に足を開け!」松島の言葉に従い横に足を開いた。

「ほう、松田君だったね。かなり発達しているね」淫裂を触られている。

「はい。好きなものですから、かなりやりました」征子は真っ赤な顔で言う。

「でも、締まりはいいよね」指を淫裂の中に入れられ「はい、締まりはいいと皆言ってます」

「そうか、オッパイはどうなんだ。どうせなら乳首も見せて欲しいな」

「はい、ご覧下さい」役目をしないブラジャーを外して全裸になた。

「いいね、このオッパイとオ○ンコは」今度は乳房を掴み揉みだした。

 

 「君は中里だったよね」

「はい、中里智恵ともうします」智恵も淫裂を触られ、指が膣の中を動いていく。

「ん!」声を出すまいと堪えると「オッパイはどうなんだ?」「恥ずかしいです、小さいから」

智恵もブラジャーを脱いで全裸になった。

「小さくないよ。綺麗だよ、オッパイもオ○ンコも」智恵も乳房を掴まれ、揉まれていく。

「君もオ○ンコやらせてくれるよね」

「はい、お望みでしたらお相手します」恥ずかしそうに項垂れたまま言う。

(ホントはセックスなんてしたくないのに…)内心ではそうだが採用される条件がそうだったか

ら言うしかない。

美紀も同じように淫裂を触られ、指も入れられ乳房を揉まれてセックスを約束させられた。

このように12人のスチュワーデス達は幹部の前で全裸になり、淫裂を触られ乳房を揉まれた。

「高島君、懇親会の方も頼むよ、それにデモフライトも」

「わかっております。今日は特別な顔見せでして」

「約束は守ってもらえるんだろうな」

「それは当然です。誓約書もこの通りでして」松島も誓約書を差し出した。

「そうか、それな安心だ。ところで、制服だが、もっと色っぽいのがないのかね」全裸の12人

を見ながら言う。

「そうですよね、黒いレースのストッキングなんかいかがでしょう?」

「そうだね、懇親会の時は頼むよ」

「わかりました。もう服を着ていいぞ!」やっと服を着る事が許され征子達12人は一斉にパン

ティを履いていく。

無毛の淫裂に幅の狭い布が食い込み、肉襞が飛び出ている。

(恥ずかしいわ、こんな下着だなんて。でも膣を隠しているから我慢しないと)パンティを掃き

終えるとブラジャーを着け、その後制服を着込んでスチュワーデス姿に戻った。

 

 制服姿に戻ると再び新会社に戻ってくつろいでいる。

「さっき、社長が言ったようにデモフライトがある。その時は頼んだぞ」

「はい、頑張ります」

「それから、色っぽい下着だが、お前達で選べ。今度に懇親会までに選ぶんだ」

「恥ずかしいわ、そんなの買うなんてイヤよ」

「イヤでも買ってくるんだよ。色っぽい順に資格を決めるそうだ。うまくやれば参事になれるか

も知れないんだぞ」

「参事と言ったら課長待遇ですよね」

「そうだ。それでもイヤか。色っぽいのを買うのは?」

「買います、買ってきます!」

「よし、それでいい。話しが違うが、オ○ンコやりたくなった。お前達の素っ裸を見たらな」江

美に抱き付いた。

「私でいいんですか?」

「いいよ、やらせてくれ!」

「ここでは見られます、別な所で…」

「構わないわよ。気にしなくていいわ。ここでやって」征子が言うと「わかりました。お相手し

ます!」江美は服を脱いで全裸になった。

「優しくです。それにお腹の中に出さないで下さい」

「何だ、飲んでないにか?」

「恥ずかしくて買えません。松島さん、私の変わりに買ってきて下さい」

「私も恥ずかしくて買えません。何として下さい」

「わかったよ、俺が買っておくよ」下半身を剥き出しにして江美に覆い被さった。

江美は「あ、あ、あ!」胎内深く肉竿を押し込まれ悶え声を上げだした。

それには「智恵、したくなっちゃった!」美紀も興奮して智恵のボタンを外していく。

「私も欲しいのよ!」智恵も美紀のボタンを外していく。

「何だ、レズしたいのか。いいよ、やっても。オナニーもいいぞ!」腰を振りながら松島が言う

と、次々と臨時カップルができあがっていくが、征子は1人でオナニーを始めた。

「あん、あんあ、あん!」「いいわ、もっと奥まで指を入れて!」悶え声を上げるスチュワーデ

ス達だった。

 

 その日の夕方、会社を終えると12人のスチュワーデス達は一斉に町の下着店を回っていた。

「智恵、あれがいいんじゃない?」

「そうね、でも、この前行ったポルノ店も行ってみない?」

「そうね、行ってみた方が良いかもね」2人は恥ずかしさを堪えて再びポルノショップを訪れた。

「いらっしゃいませ!」店員が声を掛けてきた。

(良かった、客は私達だけだわ)ホッとして「エッチな下着が欲しいのですが」

「それでしたら、こちらなどいかがでしょうか?」店員はカタログを見せる。

(凄いわ、こんなのもあるんだ!)顔を赤らめながら見比べて「これを下さい」「私もです」2

人は同じ下着を指差した。

「ありがとうございます」店員は袋に詰め込んでいくが、智恵と美紀は下を向いたままだ。

「お待たせしました」紙袋が渡され2人は代金を支払って寮に戻ってきた。

「ねえ、どんなの買ったの?」

「秘密よ、教えたらもっと凄いのを買われてしまうし」

「そうだよね、当日の楽しみだよね」皆が同僚が気がかりだった。

そこに松島が現れ「これが避妊薬だ。毎日飲むんだぞ。すぐには効かないからな。3日後からオ

○ンコの中に出させろ」

「イヤね、オ○ンコだなんて!」顔を赤らめる智恵に「私は気にしないわ、ここはオ○ンコでい

いわ」征子は股間をさすりながら言う。

「わかりました、オ○ンコでいいです!」智恵は真っ赤な顔になっている。

それから数日後、懇親会が行われた。

会場は都内にある、会社の専用クラブで、征子達は自分が買い込んだ下着を着ている。

「負けても恨みっこ無しよ。誓ってね」

「わかっているわ、誓う!」皆が約束して会場に入っていくとテーブルが置かれ、料理が用意さ

れ、飲み物も用意されていた。

「凄いわ、こんな豪華な料理だなんて」

「そうね、さすがに違うわね」料理に感心していると幹部達が入ってきた。

男性は征子達と同じく12人揃っていて松島と高橋もいた。

「早速始めよう」社長の言葉で懇親会が始まった。

社長の挨拶や、自己紹介もして、盛り上がっている。

 

 盛り上がりも頂点に達した頃「この前言ったのを見たいがいいかな?」社長が言い出す。

「はい、準備は出来ています」

「よし、始めてくれ」会場には誰も入れなくなった。

(いよいよだわ…)緊張していると「始めはチーフの松田君からだ」声が掛かった。

「はい、お見せします」征子は中央に進み出て、スチュワーデスの制服を脱ぎだした。

「おお、いいね、色っぽいね!」征子は黒みを帯びたミニスリップだけを着ていた。

乳房が透けていて下半身が剥き出しになっており、絨毛の生えかけた淫裂が露わになっている。

征子はわざといやらしく体を動かして乳房を揺らせていく。

(負けたわ、征子さんには…)智恵と美紀は落胆した。

こうして次々と下着姿になっていく。

智恵と美紀は同じ下着で、ブラジャーとパンティはスケスケだが丸だしではない。

乳房、淫裂が見えているが他の人に比べて見劣りしている。

(だめだわ、こんなのでは…)あきらめ顔になっている中、最後に江美の番となった。

江美は自信ありげに脱いでいくと「そ、そんな~!」下着姿に同僚から声が上がった。

江美は乳房を丸出しにして黒いレースのストッキングをガーターベルトで留めただけだ。

勿論パンティを履いておらず、無毛の淫裂が露わになっている。

さらに、ポーズを作って丸出しの乳房をわざと揺らせていくと乳房の揺れに合わせて淫裂から飛

び出た肉襞も揺れていく。

「す、凄い、これがいいよ!」

「そうだよ、これが一番いいよ!」幹部達は声を上げて見つめ、江美は得意げに笑顔になった。

「悔しい、負けてしまった!」「ホントよ、悔しいわ!」同僚達は悔し泣きを始めた。

 

 「泣かなくていいよ。この下着姿になるんなら皆に参事待遇を約束するよ」

「ほ、本当ですか、社長!」泣いていた征子が声を上げると「約束するよ、その代わり、この下

着で頑張ってくれ」征子のミニスリップを脱がせ全裸にしていく。

「ありがとうございます。お礼にさせて下さい!」正面に膝を付き、ズボンを脱がしていく。

そして、下半身を剥き出しにすると肉竿を口に含んだ。

「うぐ、うぐ!」頭を振りだすと「専務、私もご奉仕します!」征子を見習い智恵はブラジャー、

パンティを脱ぎ全裸になってズボンを脱がせてく。

「私にもさせて下さい!」スチュワーデス達は次々と全裸になって相手を決めてズボンを脱がせ

肉竿を口に肉迎え入れ、堅く膨らませると馬乗りや四つん這いと相手の好みの体位を取って結合

を始めた。

「あ、あ、あ!」「うん、うん、うん!」悶え声も上げていく。

「いいよ、最高にいいよ!」智恵と美紀は膝の上に乗り座位で乳首を噛まれながら腰を振ってい

る。

「いいわ、乳首が凄くいい!」淫裂からは乳白色の淫汁を流していたが、それは智恵だけではな

く、同僚の皆が淫裂から淫汁を流していた。

やがて、腰を振っている智恵は膣の中に暖かい物を感じた。

「出したよ」

「射精ですね、とろけそうで気持ちいいです」妊娠の心配がないから笑顔で応える。

「僕も良かったよ、これからもやらせてくれるよね」

「はい、もっといろいろ教えて下さい」智恵は抱き付いたまま余韻に浸かった。

同様に同僚達も次々と淫裂の中に射精され余韻に浸った。

幹部の皆が射精すると見計らって「今回はこれまでとしますが、次回も計画してよろしいでしょ

うか?」

「いいよ、計画してくれ。それから、こんないい思いをさせてくれたんだから何とかしてあげた

いな」

「そうですな、何とかしてあげましょう」

「ありがとうございます」征子達は礼を言い、肉竿を舌でなめだす。

それには「またしたくなったよ。もう一回やらせてくれ」また抱きつかれた。

「俺もやりたくなったよ、今度はバックからだ!」2回目が始まり「あん、あん、あん!」悶え

声が会場に響いている。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next