「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第13話 ビデオ

 

 初めてのチャーター便から次のチャーター便までは1週間ほど空いていた。

「機内で飽きないように何かをしないとだめだな」

「そうです、オッパイと性器を触られ放題ですから」

「だったら、ビデオを流そうよ。ヌードビデオならうけるよ」

「ビデオはもうイヤです!」スチュワーデス達は一斉に拒んだ。

「だったら、乗客とオ○ンコをやってくれ、それを機内に流そうよ」

「そんなの出来ません。見ず知らず相手にセックスだなんて!」泣き出しそうな顔になった。

「だったら、ヌードビデオでいこうよ。あっさりとしたヌードでいいから」

「わかりました。そのかわりに性器のアップはやめて下さい」

「そうです、私もあそこのアップはイヤです」

「わかった。オ○ンコのアップはしないで、すんなり撮るからな」

「約束ですよ」

「約束する」こうして、スチュワーデス達のヌードビデオを撮る事が決まった。

「いいね、下着はまともなものを着るんだよ。パンツもブラもね」

「わかっています、おとなしいのを着ます」話がまとまると撮影がすぐに始まった。

 

 ビデオは松島と高橋が撮る事になり「早速だが中里と太田から撮るぞ」2人の撮影が始まった。

智恵と美紀はジェット機に乗り組み、機内での撮影が始まったが「ここで、ヌードになるのです

か?」不安げな顔で言う。

「そうだ、ここでだ」

「整備中ですからヌードを見られます。別な所でヌードを撮って下さい」

「何だ、恥ずかしいのか?」

「はい、会社の人にヌードの事を知られたくありませんから…」

「それは心配要らないよ、安心してくれ。それに、途中から入って来られると撮り直しだから最

初から入って貰うよ」

「そんな、恥ずかしいです。ヌード姿を見られるなんて!」不満を言うが勝手に整備士を中に入

れてしまった。

(こんな大勢の前でヌードになるなんて!)顔が強ばっていく2人に「まずは中里からだ、脱い

でくれ!」「は、はい!」整備士達が見守る中、智恵はボタンを外していく。

(恥ずかしい、見られながら脱ぐなんて!)ボタンを外し終えると上着を脱いでいく。

その後、ワイシャツ、スカートを脱ぎ、下着姿になった。

下着は前と違って真っ白なブラジャー、パンティ、ガーターベルトをしている。

智恵はパンティから引き下げて、カメラを見ながら笑顔を作っている。

なおも引き下げると淫裂を押さえていた裏地が表になって、短い絨毛に覆われた淫裂が露わにな

り、背中を丸めて足を抜くと両手に温もりのあるパンティが残された。

その様子を整備士達が股間を膨らませて智恵の淫裂を見ている。

(性器を見られている。オチンチンをあんなに膨らませている…)恥ずかしさで目の下が腫れ上

がっていくが、それでも笑顔でカメラを見ながらブラジャーも脱いでストッキングだけになって

しまった。

智恵は両手を後ろで組み、乳房と淫裂を惜しげもなく晒しているが太股がブルブル震えている。

それに淫裂からはみ出た肉襞も震えているが、それをカメラが撮っていく。

(ダメ、性器のアップはしない約束よ!)カメラが全身をアップで撮っていく。

「よし、今度は太田の番だ!」撮影を終えた智恵は両手で乳房と股間を押さえ、うずくまって

いるが「恥ずかしいわ、見られて脱ぐなんて!」美紀は不安そうに言う。

しかし「中里、そのまま座っていろ。太田脱ぐんだ!」智恵は言われた通り、乳房と股間を押さ

えて座席に座ってい美紀を見ていると美紀も服を脱ぎだした。

やはり人前で脱ぐのは恥ずかしく目の下が腫れ上がっていた。

美紀は紫色のパンティとブラジャーを着ており震える手でパンティから脱いでいく。

露わになった恥丘には智恵と同じくらいに伸びた絨毛が生い茂っている。

その後、ブラやーも脱いで全裸になって両手を後ろで組み笑顔だが体が震えている。

それに乳首が限界まで膨らんで(痛いわ、乳首が張っている!)美紀の全裸をカメラがなめるよ

うに撮って行る。

 

 「今度は並んで撮影だ」椅子に座っていた智恵も美紀と並んで全裸姿を撮られていく。

「やってもいいぞ、やりたいんだろう」

「こ、ここでですか?」

「そうだ、たまにはいいだろう」

「わかりました。やります!」智恵と美紀は向き合い口付けをしていく。

智恵は肘掛け椅子を跨いで座らされ、パックリ割れた淫裂をカメラが撮っていく。

「ダメ、撮らない約束でしょう!」

「カットするよ、安心してくれ」その淫裂に美紀が顔を埋めて舌でなめだすと「あん、あん、あ

ん!」智恵は美紀の頭を両手で押さえ声を上げだす。

美紀も智恵同様に後ろから淫裂を撮られている。

「よし、交代しろ」今度は美紀が肘掛け椅子を跨ぐと、やはりカメラが美紀の淫裂を撮っている。

智恵が顔を埋め、舌と指で淫裂と乳房を撫でだすと「あん、あん!」悶え声を上げながら頭を押

さえている。

それに、美紀の淫裂はグジュグジュに濡れだした。

(気持ちいいんだわ。今夜はしてあげるわよ)淫裂をなめる智恵も後ろから撮られた。

「もう、いいぞ!」撮影が終わった。

2人は急いで服を着ようとしたが「ちょっと待て、その前に整備士の処理をしてやれ」見渡すと

整備達の股間が膨らんでいた。

「せ、セックスはイヤです!」両手で股間を隠した。

「手だ。手か口でやるんだよ」

「それなら我慢します」2人は整備士のチャックを引き下げ肉竿を擦り出す。

「気持ちいい、オッパイを触らせてくれ」

「優しくですよ」2人は乳房を揉まれだし「俺もやりたいよ」別な整備士が我慢できないのか淫

裂を触りだした。

やがて、2人の手で登りつめた整備士達は次々と放出し、相手を終えた2人は服を着て事務所に

戻った。

 

 こうして、次々とヌード撮影が行われ、フライト迄には撮影と編集も終えフライトの日が来た。

12人のスチュワーデス達はチャーター機に乗り込み、成田を無事離陸て水平飛行に入ると一斉

に服を脱ぎだす。

パンティ、ブラジャーも脱いで黒いレースのストッキングとガーターベルトだけの姿でワゴンを

押し客室に入った。

乳房を揺らせ、手入れされた淫裂を惜しげもなく晒すと「凄いや、オ○ンコ丸出しだ!」「ホン

トだ、素っ裸だ!」乗客は歓声を上げて乳房と淫裂を触っていいく。

それを拒まず機内を回り終えると、乗務員室に引き上げてきた。

今回は前回と違いビデオの放送が予定されており「皆様、これよりビデオをご覧下さい。私達が

出演しました」機内放送と同時にビデオが流された。

制服を脱ぎ、下着も脱いで全裸にって乳房や淫裂を写している。

12人の全裸が一通り映し終えると智恵と美紀のレズが映し出された。

その後は征子のオナニーシーンが映され、乳房を揺らせながら踊るのもあり、皆の淫裂がアップ

で映し出されていた。

ビデオが終わるとまた機内を回るが「凄いね、ここにバイブが入ったんだ」「ええ、入れました」

バイブを入れた江美は顔を赤らめながら淫裂を触られる。

智恵と美紀も「レズやっているんだ。男もいいよ」淫裂を触られながら乳房を揉まれていた。

このビデオは評判が良かったが「どうせなら、レイプ物でやってくれよ」「俺はSMがいいな」

「屋外ヌードがいいよ」乗客は勝手な事を言っている。

(そうか、いろいろなビデオを撮った方が面白いな)同乗していた高橋は思い付き、その考えが

成田に戻ってきてから行われた。

「評判良かったから、もっと別なのを撮ろう」

「またヌードになるんですか?」

「そうだ、今度はSM物だ」

「痛くないようにしてくださいよ」撮影を承知して早速撮影が始まった。

智恵達12人は覆面をした男達に制服を着たまま腕を後ろ手に縛られ、まずは征子と江美が引き

出された。

「いや、やめて、いやー!」上着のボタンが外されワイシャツも外されブラジャー姿になった。

「やめて、お願いやめて!」カップの繋ぎ目が切られて乳房が飛び出し露わにされた。

その乳房を乱暴に揉まれた後、スカートも脱がされ、パンティが引き裂かれた。

「イヤ、やめて、冗談はやめて!」真剣な顔で言うがレイプはとは聞いていなかった。

「やらせろ、オ○ンコやりたいんだ!」

「いやー!」覆面をした男達も裸になって2人を犯していく。

無理に入った肉竿の痛みに「ヒー!」顔を歪め泣いている征子と江美だった。

(違う、約束と違うわよ!)泣きながらも肉竿がピストンを続け、膣の中に射精されてしまった。

「う、う、う!」声を上げて泣いている様子も撮られ、勿論射精された淫裂もアップで撮られた。

「今度はお前達だ!」「イヤ、レイプはイヤです!」叫ぶが無駄で、裸にされて犯されていく。

そして、射精された淫裂を撮られ、全員が犯されて撮影が終わった。

「う、う、う!」「約束が違う、レイプだなんて!」皆が泣いているが「この方が迫力があるし

男は喜ぶんだよ」犯した男達は覆面を外して縛ってあった手を解いていく。

「これも流すからな、今度からはいろいろやって貰うぞ。今回は特別に出演料が出るからな」

だが(もうビデオなんてイヤよ)黙り込んだまま切り裂かれたブラジャーとパンティを外し服を

直していく征子達だった。

 

 編集が済むと早速機内で放送された。

「いいよ、凄くリアルで!」

「俺もやりたいよ!」全裸でワゴンを押す征子達の乳房や淫裂を触りながらビデオを見ていた。

このビデオは評判が良く予約が相次いでチャーター機は予約で埋まってしまい、反対に人手が足

りないくらいになってしまった。

「高橋君、何とかならんかね」かなり収益を上げたので社長は増便を考えている。

「当たってみます。リストラしたスチュワーデスなら金で何とかなるかも知れませんが…」

「望があるなら当たってくれ。頼んだよ」社長から頼まれた高橋はリストラされたスチュワーデ

スを訪問した。

「生活が大変なんだろう?」

「はい、もう蓄えもなくなりました…」

「新会社ではスチュワーデスを募集しているけどやらないか?」

「それだったら、私を採用してください!」目が輝いている。

「構わないが条件があるんだ。フルヌードになって面接する事、それにセックスもする事、その

代わり報酬は参事の待遇だ!」

「やります、それなら私にやらせて下さい。ヌードも、セックスも平気です。ですから私を」

「わかった、採用しよう」言い終わらない内に元社員は高橋のチャックを引き下げ肉竿を取りだ

した。

「お礼をします、私を味見して下さい。でもお腹の中には出さないでね。外ですよ」スカート、

パンティと脱いで四つん這いになった。

「やってもいいんだね、味見するよ」淫裂に肉竿が入っていく。

「あ、あ、あ!」声を上げて悶える元社員だ。

こうして、高橋は10人の元社員を味見を済ませて採用した。

採用された10人は会社幹部の前で約束通りに服を脱ぎだした。

「約束のフルヌードになります」下着も脱いで全裸になたが、皆恥ずかしそうに顔を赤らめ、俯

いたままだ。

「綺麗な体だな。やる事はわかっているよね」乳房を揉みながら言う幹部達に「はい、わかって

おります。喜んでお相手します」新人達は幹部のズボンを引き下げ、下半身を剥き出しにしてい

く。

「どんな方法ががお望みですか?」「バックからだ!」新人が四つん這いになると、その背後か

ら淫裂目掛けて肉竿をピストンしていく。

「あん、あん、あん」乳房を揺らせ声を上げている。

「俺は馬乗りだ!」仰向けに寝た幹部に跨り肉竿を淫裂に迎え入れ入れていく。

新人は「あ、あ、あ!」声を上げながら腰を振り続ける。

こうして、新人達は次々と淫裂の中に精液を噴射されたが、仕事が見つからず、全裸やセックス

を覚悟の上で採用に応じたので不満は言わない。

面接がすむとヌードビデオの撮影が行われて、全裸になった新人達は綺麗に絨毛を剃れている。

その後に、征子達と同じくレイプビデオや屋外ヌードも撮られた。

 

 体勢が整うと、早速2機でのチャーター便が飛びだした。

2機のスチュワーデスは皆が黒いレースのストッキングとガーターベルトだけを身につけて機内

を回っていく。

「いいね、このオッパイが!」乳房が揉まれ「オ○ンコもいいよ!」性器も触られた。

新人のスチュワーデス達は最初は恥ずかしさで震えていたが徐々に慣れて「指だけならオ○ンコ

に入れてもいいですよ!淫裂に指を入れられても平気になっている。

それに新人達のビデオを機内に流されると「ほー、いいね、リアルで!」レイプシーンは皆が興

奮している。

(あら、ビデオを見ながらオナニーしている!)気づいたスチュワーデス達は「お手伝いします」

オナニーをしている乗客の肉竿を手で擦りっていく。

「ありがとう、凄くいいよ、オ○ンコしているみたいだ!」スチュワーデスの淫裂に指を入れ動

かしてビデオを見ている。

それを見た乗客は「俺のも頼むよ」と肉竿を取りだした。

「はい、順番にしますから」こうして、次々と肉竿を爆発させた。

このサービスが評判で新会社はホクホクだが、それに習ってライバル会社でも金髪の全裸のチュ

ワーデスが現れた。

「負けられないわ、内はヘア無しよ!」征子達は乗客にヘアを剃らせるサービスを考えた。

「112のお客様、当選です」当選した乗客はスチュワーデスの絨毛をカミソリで剃っていく。

「俺もやりたいよ」機内にもそれが流されている。

画面には智恵の絨毛が剃られていくのが映し出され、やがて無毛の淫裂が映し出された。

智恵は笑顔で剃られたばかりの淫裂を晒して機内を回っている。

モニターを見ていた美紀は(次は私が剃られる番ね)生えそろった絨毛を撫でている。

ー完ー

 

Back】【T o p】【Menu】【Home