「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第10話 採用条件

 

 高橋は計画をまとまると早速社長と掛け合った。

「このような計画でやれば12人の雇用が確保できます」計画書を社長に見せた。

「うまく行くかな。とにかく、これを全国航空の社長に見せる」社長は高橋が作った計画書を持

って出かけた。

結果はすぐに出て、高橋は全国航空の本社に呼び出された。

「詳しく聞きたいな。面白い計画だよ、これなら間違いなく受けるよ」

「私もそう思いまして計画を練りました」

「だだ、誰がやるかが問題だ。人選は任せるよ」

「はい。採用しないと言えば、やるか、やめるかですから集まるのは間違いありません」

「そうだな、それならいいが。とにかくやってくれ」高橋は会社に戻ると人選を始めた。

「こいつは人妻か、こいつは年増だしな」名簿を参考にし12人を選んで「高島さん、この12

人は特別枠で採用をお願いしますよ」

「ああ、あれを実行するのか!」

「そうですよ。許可を貰いましたから面接させて下さい。他はそちらでお願いしますよ」

「わかった。こいつと前からやりたかったんだ。生意気だったけど可愛いんだよな」

「個人的な考えはさておいて下さいよ。これは仕事ですから」

「わかっているよ、仕事だよな」ニヤニヤする高島だ。

 

 翌日から社員の面接が始まった。

人事部が担当で行っているがなぜか12人程度は営業の高橋が行う事になっている。

高橋は真っ先に征子と面接を始め「松田さんですね。残念ですが採用は無理ですね」

「そんな、バカな。私は一生懸命に会社のためにやってきたのよ」泣き声に変わった。

「それはわかっています。ですが、年が若干上で…」

「年は関係ないでしょう。私の体をよく知っているはずよ」

「わかっていますがこれは仕事ですから。でも、いいオッパイしてましたよね」面接中にもか

かわらず首から手を入れて乳房を触わりだす。

(そうか、色仕掛けの手があったわ!)「オッパイだけでなく、ここも触りたいでしょう?」ス

カートの裾を捲り上げ、パンティを引き下げていく。

「いいね、オ○ンコを見せてくれるなら何とかしないとね」淫裂も触わりだす。

「お願いだから何とかして頂戴。採用されたらあれしていいから」高橋の股間を撫でていく。

それには(そうこなくちゃ、それでいいんだ!)内心喜ぶ高橋だ。

「わかった。今度の会社は子会社を作るそうだからそっちなら採用できるよ」

「子会社?そんなのあったんだ!」

「秘密だよ。社員に知られたらやっかいだから。給料が今よりも少しいいらしいよ」

「何とかして下さいよ、高橋さん」肉竿をさする征子だ。

「わかったよ、何とかするから今までの約束は守ってくれよ」

「当然ですよ、あの約束は!」笑顔になってパンティを直していく。

「いいね、新会社の事は絶対に言わないでくれよ」念を押す高橋だ。

「わかってます、高橋さん!」笑顔で出ていく征子だ。

「ふー。1人は決まったな。後は小娘と行くか!」高橋は次のターゲットを智恵に決めた。

そんな事とは知らず「チーフどんな事を聞かれましたか?」不安げに尋ねてきた。

「厳しいんだって、私だって危ないのよ」

(本当はもう採用が決まっているんだけどね)と言いたいが険しい顔をしている。

「そんなに厳しいんだ!」緊張するスチュワーデス達だが、そこに「中里、面接するから来いだ

ってよ!」声が掛かった。

「わかりました!」緊張した顔で高橋のいる部屋に向かった。

 

 「失礼します!」

「待っていたよ中里!」高橋は征子に話したように話を始めた。

「私は採用できないんですね」泣き出す智恵に「このままではダメなんだ。でも中里とはオ○ン

コした仲だしな」高橋の手がスカートの中に入っていく。

「あ!」声を上げる智恵に「このオ○ンコが良かったよな、またしたくなったよ」淫裂を撫でる。

「さ、採用してくれるならセックスしてもいいですよ、オッパイもいいですよ」恥ずかしそうに

ボタンを外しだす。

「ホントにいいんだね、オ○ンコしても」

「採用が決まったらです」ボタンを外し終えるとブラジャーを捲り上げて乳房を露わにする。

「可愛いな、中里のオッパイは」その乳房を高橋が撫でていく。

「小さいでしょう、ホントは恥ずかしいんです」真っ赤な顔になっていた。

「そんな事ないよ、ほら、乳首だって!」いきなり吸う。

「ん!」(我慢しないと、セックスも我慢しないと!)目を閉じていく。

「そうだ、新会社の手があった。それならどうかな?」高橋は征子に言った事を言いだす。

「お願いします、出来れば美紀もお願いします」

「ああ、太田ね。あいつのバージンを奪ったからには何とかしたいが、本人が別会社に行くと言

うかな?」

「私が何とかします、ですから一緒にお願いします」スカートの裾を持ち上げパンティも引き下

げて淫裂を露わにした。

「こんな恥ずかしい事もしています。ですからお願いします」真っ赤な顔で今にも泣き出しそう

だった。

(そうだ、それでいい!)「わかったよ、何とかするからまたオ○ンコさせてくれよ。それから

新会社は秘密だからな」

「はい、お願いします」乳房をブラジャーの中に仕舞い込み、ボタンを掛けて乱れを直してから

出ていく。

その後、美紀が呼ばれ乳房と淫裂を触られて智恵と同じ事を言われ、採用されたらセックスをす

ると約束した。

 

 こうして、高橋は目星を付けた12人と面接し、スチュワーデスの皆が乳房と淫裂を触れても

拒もうとはせず、採用されたらセックスをすると約束した。

不景気のおり、いい条件での採用なので全員が我慢する事にした。

それと同時に、松島も面接を行っていった。

しかし、それは形ばかりで採用する気などさらさら無く、半分を採用すると言っていたがそれは

あくまでも整備、営業など必要な人員確保で、スチュワーデスなどは皆無の状態だった。

それは智恵達にも知らされ「美紀、何とか新会社に採用されたいね」「そうね、何とか採用され

たいね」ベッドの上で全裸の2人は唇を重ね合い夜遅くまで抱き合った。

そして、解散2週間前に征子達12人が別会社としての採用されると発表された。

採用された12人は関東航空から離されて羽田の近くの寮に全員が住まされた。

「良かった、また智恵と一緒よ」

「本当ね、美紀とまた一緒だなんて、しかもスチュワーデスよ」

「何だか信じられないわ」喜ぶ智恵と美紀だが、それは寮に住む12人が同じだった。

新会社に移ると翌日から訓練が始まり、全国航空の訓練センターでびっちりしごかれていた。

「きついわね。こんなにしごかれるなんて!」

「文句言わないの。採用されただけ幸せよ」その通りだった。

採用されなかったスチュワーデス達は行く所がなく、水商売や風俗で働くしかなく同僚の数人が

水商売の世界に入り、智恵達にも知らされた。

 

 訓練は2週間続いた。

「明日からは勤務だ。取り合えず、制服を用意した」新しくできた子会社の人事担当の松島が制

服を着るように指示する。

「着替えはここでするんだ!」

「えっ、ここでですか?」

「そうだ、ここでだ、今すぐ着替えろ」

「わかりました、ここで着替えます」征子達スチュワーデス達は一斉に服を脱ぎだした。

シャツ、スカートを脱ぐとカラフルな下着姿になっていく。

「ちょっと待て、そんな下着ではダメだ。着替えろ!」

「し、下着もここでですか?」

「そうだ、ここでだ。イヤならやめていいぞ!」

「着替えますがどんな下着ですか?」スケスケのパンティとブラジャーを着けた征子が尋ねた。

「ここに用意して置いた。これに着替えるんだ!」松島は袋を手渡していく。

「いやー!」袋を開けるなり悲鳴が相次いぐ。

「こんなのいやです、着れません!」

「イヤならやめていいよ。採用の条件を思い出すんだ!」

(そうだわ、セックスも承知したんだ!)「き、着ればいいんでしょう?」

「そうだ、早く着替えるんだ!」

 

松島の言葉で一斉にパンティを脱ぎだし(いいね、ヘアはいろいろな生え方があるんだ!)12

人の股間を見ている。

(、ヘアを見られているけど首になるよりはいいし…)恥ずかしそうに顔を赤らめながらパンテ

ィを脱いで渡された下着を着けていく。

下着と言っても気休めで、パンティは幅の狭い布地で淫裂を隠す事すら出来ず、割れ目に食い込

み、肉襞を露わにしていて、絨毛が露わになっている。

「か、カミソリを貸して下さい!」股間を押さえ恥ずかしそうに江美が言うと「どうしたんだ、

カミソリだなんて?」

「か、隠せません、ヘアが丸見えなんです」小さな声で言う江美に「何だ、マン毛か。それなら

幹部が処理してくれるさ」

「幹部の前でもこれを?」

「そうだ。採用されんだからヘアを剃られる位は我慢しろ。それともソープに行くか?」

「イヤ、ソープ何てイヤ。ヘアを剃ってもいいですからここにいさせて下さい」泣きながら江美

が言いだし「私もヘアを剃られて構いません」こうして、皆が絨毛を幹部に剃られる約束をした。

役目をしないパンティを履くと「今度はオッパイを丸出しにしろ!」松島の号令で一斉いブラジ

ャーを脱いだ。

「思ったよりいい形だな」露わになった乳房を揉んでいく。

「優しくです、乱暴にしないで下さい」真っ赤な顔を背けて言うと「こうすればいいんだろう」

今度は丁寧に乳房を揉んでいく。

(これは面白いや!)松島は征子や智恵、美紀の乳房も揉んでいく。

「オッパイにはいろんな形があるんだな」

「そうです。私みたいな小さいのや、大きいのもあります」

「松田、お前のは小さくないよ、俺好みだよ」耳元で言うと「ダメ、後でしてあげるから後でし

て!」松島は征子の乳首を吸いだし「あ、あ!」目を閉じ声を上げる征子だった。

「だめ、セックスは後でしましょう。必ずさせてあげるから」遂、言ってしまった。

「征子さんのセックスが採用条件だったの。私もセックスが条件だったのよ」一気に和んだ。

「ばれてしまったな。会社の幹部とのオ○ンコが採用条件だ。イヤならやめていいぞ」

「やめません。その代わり賃上げを約束して下さい!」

「そうよ、こっちは性器を丸出しするんだから」皆が乳房を揺らせながら言いだした。

「わかったよ、とにかく下着を着るんだ!」

 

 松島の指示でブラジャーを着込んでいくが「オッパイを隠せないわ」「乳首しか隠せないわよ」

乳房の膨らみなど隠せず、乳首と乳輪を隠すのが精一杯だ。

「いいね、これが!」松島は目を細めて乳房を見ているが「恥ずかしいわ、早くヘアを手入れさ

せてよ!」スチュワーデス達は乳房より皆は股間のヘアが気になっていた。

「安心しろ。恥ずかしいだろうがヘアは気にしなくていい。それよりも約束を守れよ」

「わかっているわよ、それより妊娠したらどうするの?」

「安心しろ、責任は幹部が取る。2号で良かったらそれもいいし、避妊したかったら俺に言え」

「それを聞いて安心したわ。思い切りセックスするからね」

「そうだ、それでいい。俺との約束も忘れるなよ。ソープに行かなかっただけでも感謝しろ」

「わかっているわ、感謝しているわよ」渡された制服を着込んでいく。

(うまく行ったな、これで俺の計画通りだな!)ニヤニヤしながら全裸同然を見比べていた。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next