「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第9話 仲直り

 

 健康診断は1時間程で終わり、3人はまた羽田に戻って最後のフライトに備えている。

乗務員室には征子を含めて4人おり(行くわよ、智恵!)(いいわよ、美紀!)2人は顔を見合

わせて唇を吸い合いだした。

「あ、あんた達、何しているのよ!」

「構わないわ、やらせましょうよ」征子が止めに入ったスチュワーデスを制止した。

(仕方ないの、これをやらないといけないのよ!)スーツ、シャツとボタンを外し、乳房を露わ

にすると「あ、あ、あ!」智恵の乳房を揉みながら美紀が吸っていく。

それが済むと今度は智恵が美紀の乳房を揉みながら吸いだした。

「レズなんだ、2人はレズだったんだ!」何も知らないスチュワーデスは声を震わせて見ている。

が「そうみたいよ、2人はレズみたいね」征子はしてやったりの顔で(これで、もう男は寄って

いかないわよ。同僚だってね)ニヤニヤしながら言うと「イヤだわ、レズだなんて、人前でよく

やるわね」じっと軽蔑の目で見ていた。

やがて、征子達が乗り込むジェット機が着陸し、乗客が降り終えると機内点検が始まった。

「いくわよ!」征子を先頭に4人が乗り込んで点検に加わった。

「ねえ、ねえ、あの2人レズよ。しかも人前で平気でオッパイを吸い合ったのよ」

「うそー!」

「ホントよ、私の前でしたんだから」

「信じられないわ、そんな人前でオッパイを吸い合うなんて!」2人を指差しながら話している。

2人がした事はすぐに仲間の間に広がりもう話しかける同僚はいなくなった。

寮に戻っても2人は部屋に閉じこもったまま、外にでようとはしなかった。

 

 そんな2人に追い打ちを掛けるようにまた手紙が来た。

「イヤ、素っ裸になって踊れだ何て!」泣き出す智恵だが、同じように美紀の所にも同じ手紙が

届いていた。

「いやよ、できないわ!」泣きながら智恵の所に行くと「やっぱり来たんだ」驚きもしない。

「ええ。でも誰かしら、こんな事をするのは?」

「会社関係者よ。この前の事だってタイミングが良すぎるわ。下着無しの日に健康診断よ」

「あっ、もしかして征子さんでは?」

「私もそう思うの、きっとこれは仕返しよ。タイミングが良すぎるわ」

「どうしよう、これ以上恥ずかしい思いはしたくないし」

「謝ろうよ、もうしませんって」

「許してもらえるかしら?」

「許してもらえなかったら、こっちも恥ずかしい事をやらせましょうよ」

「そうね、取り合えず謝ってから考えましょうよ」2人は話がまとまると征子のマンションを訪

ねた。

「あら、どうしたの、2人揃って!」征子は2人を中に入れた。

「征子さん、許してください、もうしませんから」

「いたずらのつもりだったんです。再訓練を受けさせられた腹いせに」土下座しながら謝った。

「何だ、ばれちゃったのか。つまいないな!」

「お願いです、許してください、もう絶対にしませんから」

「だったら、誠意を見せて欲しいな。誠意を!」

「と、おっしゃいますと?」

「ここでやるのよ、オ○ンコを。私の前でするのよ」

「セックスだなんて。それ以外で許してもらえませんか?」

「だったら、素っ裸で町を歩いて貰おうかしらね」

「イヤ、もうヌードはイヤです」泣きながら拒む智恵と美紀に「だったら、オ○ンコしかないで

しょう?」

「あ、赤ちゃんができるからイヤなんです」

「妊娠が心配なんだ。だったら、これを飲みなさいよ。毎日飲むのよ」避妊薬を渡した。

「ピルですね、これって!」

「そうよ、これを飲めば安心してセックスできるでしょう」智恵と美紀は顔を見合わせた。

「わかりました、セックスをします」力無く返事した。

「それなら今度の日曜日よ。仲間を連れてくるのよ。こっちも連れてくるから。いいわね」

「はい」返事をしてから寮に戻っいった。

 

 そして、約束の日曜日に智恵と美紀は大森を連れて征子のマンションを訪れた。

「待っていたわ、入って!」3人が中に入ると松島や高橋がいた。

「あなた達が私をレイプしたんですね」

「そうだよ、たっぷり楽しませて貰ったよ。今回も楽しませて貰うからね」

「そ、そんなレイプした相手とセックスだなんて!」顔が強ばるが「当然よ。内山さんといい仲

だったのにぶち壊したんだから。それくらい当然よ」

「内山?パイロットの内山か、あいつは専務の娘と今年結婚するはずだよ」

「そ、そんな~。私の体で弄んでいただなんて!」征子も泣き顔になった。

「泣くなよ、俺が慰めてやるから!」大森が征子を押し倒して服を脱がせていく。

「わかったわ、脱ぐから待って!」覚悟を決めたのか征子は服を脱ぎだした。

同様に智恵と美紀も同じように服を脱ぎだすと「脱がなくていいよ、俺がやるよ」「イヤ、もう

レイプみたいなのはいやです!」智恵と美紀は嫌がるが乱暴に松島と高橋は服を脱がされていく。

「ダメ、痛い…。まだ早い…。ヒ~!」全裸にされると、いきなり肉竿が乱暴に押し込まれて悲

鳴を上げた。

だが、大森は「松田、お前は可愛いよ」乳房を撫でながら優しく肉竿を押し込む。

「いいわよ、今日は一杯出しても」

「そのつもりだよ」肉竿のピストンが始まった。

3人の男は相手を変えていろいろな体位で結合し、最後は騎上位で女性が腰を振らされた。

「あん、あん、あん!」3人は車座になり、お互いを見ながら乳房を揉まれ腰を振り、淫裂の中

に射精された。

射精された3人は浴室で交代しながら淫裂を洗い、その間に男達は満足したのか服を着て帰った。

「征子さん、これで許してもらえますよね」

「約束だから許してあげるわ」

「それから、私達がレズの噂を消して欲しいんです。本当はレズなんですが…」恥ずかしそうに

美紀が言うと「やっぱり本当だったんだ、噂は前からあったのよ。私の言う事を聞くと約束する

なら協力するわよ」

「聞きます、ですから協力をお願いします」

「だったら、私を相手にしてやりなさい。レズをね!」

「わかりました。レズをします!」智恵と美紀は体に巻き付けたタオルを解き、征子の乳房と淫

裂を撫でだした。

「これがレズなんだ!」乳房を撫でられ乳首を吸われていく。

それに淫裂を指で広げられて舌でクリトリスをなめられた。

「あん、あん、あん!」声が自然に出て腰が浮き上がっていく。

「いいわ、気持ちいいわよ…。癖になりそう…」クリトリスをなめている美紀は指を膣の中に入

れて動かしていく。

乳首を吸っている智恵が歯を立てると「あ、あ、あ!」また背中が反っていく。

(凄いわ、征子さんの膣からこんなに流れていくなんて!)乳白色の淫汁がベットリとシーツを

濡らしていた。

 

 そのころ、マンションから出た3人は喫茶店で話し合っていた。

「それにしてもいい体つきだよな。あんな若い子をただでだけるんだからな」

「そうだよな、それに征子みたいな色っぽいのもいいよな」3人はまだ興奮が治まっていない。

「何とかして、これからも抱きたいな。しかも、ただで!」

「そんなうまい手があったら、教えて欲しいよ」笑い声が上がったが「待てよ。あるよ。ありま

すよ!」突然、高橋が言いだした。

「ホントかね。そんないい手があるなんて信じられないよ」

「身売りですよ。会社が身売りするでしょう、それを利用するんですよ」高橋は計画を2人に話

していく。

「そうか、それならこれからもずっとオ○ンコがただで出来るな」

「そうですよ、家内にばれない内はね」良い考えがあったらしく3人は笑いながら話し合った。

翌日、征子は2人との約束を守るために同僚の前で「智恵、彼氏とのデートどうだった?」「は

い、彼ったら積極的でキスまで行きました」

「いいな、智恵。私にも紹介しなさいよ!」

「まだダメ、エッチまで行ったら紹介するわ。それまではダメよ」3人はわざと大きな声で言い

ふらす。

(へえ、2人はレズではないんだ。彼氏がいたなんて!)3人の言葉を信用したのか、それから

はあまり白い目で見なくなり、話しかけられるようになった。

これを契機に征子とも仲良くなり、行きつけのスナックで飲むようになった。

今夜も3人が飲んでいると内山が声を掛けてきた。

「どう、一緒に飲まないかい?」

「あら、婚約者と飲んだ方が楽しいでしょうに!」(ふん、婚約していたら誘わないでよ、女た

らしが!)無視する3人に「何だ、知っていたのか!」内山は惻々と引き上げた。

「全く、男ったら抱く事しか考えてないのね」

「あら、違うわよ、セックスだけの間違いよ」笑い声を上げていた。

 

 スナックを出ると智恵と美紀は寮に帰っていく。

「少し、酔ったわ」「私もよ」2人は唇を重ね合い、服を脱がせ合って全裸になっていく。

「お風呂に入ってからでいいでしょう?」

「そうね、汚れを落としてからがいいしね」ブラジャー、パンティと脱いでいくと2人の股間に

は生えかけた絨毛が淫裂を取り囲んでいる。

「生えてきたわ、こんなに」

「美紀のも生えてきたわよ、ほら」2人は淫裂を撫で合いながら浴室に入って体を洗う。

「背中、洗ってあげる」

「あら、背中だけなの?」

「オッパイもよ。それに、あそこも洗って欲しいんでしょう」

「そうよ、私も洗ってあげるわよ、あそこも」2人は浴室で丁寧に乳房、淫裂と洗っていく。

そして、シックスナインで抱き合った。

「いいわ、智恵、指がいいわ」

「美紀も上手よ。もうグジュグジュになっているでしょう」

「そう、智恵の膣からお汁がベットリ流れているわ。私のはどうなの」

「美紀も凄いわよ、こんなに濡らしているのよ」指でお互いの淫裂をさすり合っていた。

 

 こうして、平穏な日が続いたが、社員を動揺させる事が起こった。

社員を前に社長は「今度、我が社は全国航空に吸収される事になった。社員には申し訳ないが半

分人員しか採用しないそうだ」説明している。

「そんな。残りの半分はどうなるんですか?」

「解雇だよ。今なら希望退職を認めるよ」

「そんな無茶言わないで下さいよ。家族がいるんですよ」

「そうですよ、この不景気にどこに行けと言ううんですか!」罵声が飛び交った。

それは智恵と美紀も聞いており(全員が採用されるって言っていたのに!)口にこそ出さなかっ

たが不満を持っていた。

集会が済むと社員達は勤務に戻っていくが2人とも心配だ。

そんな智恵達の心配をよそに高橋は密かに計画を練っていた。

「こうすれば、客も集まるし、収益も出るな」パソコン相手に計算していく。

「搭乗員は8人が限度か。別会社にすれば12人は乗れるな」数字を並べ、それを報告書に書い

ていき、その報告書でスチュワーデス達の運命が決まった。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next