「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第8話 征子の逆襲

  

 智恵達の乗ったチャーター便は無事に羽田に戻ってきた。

ターミナルから出ると智恵と美紀はまっすぐ寮に戻り「智恵、犯されてしまったわ。もう処女じ

ゃないのね」「私も犯されて処女じゃなくなったわ」2人は服を脱ぎ合い全裸になった。

そして、浴室でお互いの体を石鹸で擦りだし「智恵、可愛いわねヘアがない方がいいわよ」美紀

は淫裂を丁寧に擦り出す。

「美紀の性器も綺麗でいいわよ。ほら」はみ出ている肉襞を洗いだすと「あ、あ、あ!」狭い浴

室で声を上げ「欲しいの。智恵が欲しい!」と甘えた。

「待って、洗ってからにしようよ、美紀」

「わかった、そうする」2人は狭い浴槽に体をくっつけ合いながら浸り体を洗いだす。

「オッパイが気持ちいい」

「私も膣がいいわ。早く欲しいの」

「急がないの、美紀!」2人は手で乳房と淫裂を触り合って唇を重ね合っう。

そして、濡れた体をタオルで拭いてベッドに倒れるとお互いの名前を呼び合い、唇を重ね乳房と

淫裂を触り合う。

今回は今までと違って指の付け根まで膣に入って、手加減がなく指が動き合っている。

「気持ちいい…。あれでしましょう…」

「そうね、ビデオでやっていたやつね」2人はシックスナインの体位を取り、淫裂を指で広げ舌

でクリトリスをなめ合う。

(いいわ、凄くいいわ。こんなに感じるなんて)初めての体験に2人は悶え声を上げ続けた。

 

 それと同じように征子は自分のマンションで四つん這いになって2人の男に乳房と淫裂を触ら

れていた。

「松田、お前の体もいいな。小娘とは違った色気があるし」乳房を揉みながら言う松島だ。

「それはそうよ、あんな小娘に負けないわよ。高橋さんもオ○ンコにしたかったらいいわよ。中

に出していいからね」

「そうさせて貰うか、小娘のバージンも良かったが松田のオ○ンコも味わわせて貰うか」高橋は

ズボンを脱ぎだした。

「それにしても、パイパンのオ○ンコはいいもんだな。興奮するよ」下半身剥き出しにすると、

征子の腰を押さえて肉竿を押し込んできた。

「ねえ、ヘアのない方が感じるの?」

「俺はそうだ、パイパンだと気持ちいいんだ」肉竿のピストンしながら言うと「俺もヘアがない

方が感じるな」垂れ下がった乳房を揉みながら松島も言う。

「わかったわ、今度生えたら剃らせてあげる。交代でね」

「約束だぞ、忘れるなよ」ピストンを早めていくと「あん、あん、忘れないわ。あん、あん!」

征子は婬汁を出し、悶え声を上げている。

(これで、あの2人に復習ができたわ)体をくねらせ悶え声を上げる征子だ。

やがて高橋がクライマックスを迎えた。

「あ、あ~!」叫び声と同時に淫裂から精液が流れ出てきた。

「良かったよ、松田!」息を弾ませながら言うと「満足してもらえて良かったわ。今度は松島さ

んとよ」

「俺は騎上位でやってくれ、松田が腰を振るんだ」

「いいわよ、やって上げる。仲間だもんね」淫裂を拭きながら言う。

「そうだよ仲間だよ。これからはオ○ンコをたっぷりさせてくれよ」

「奥さんに知られない程度よ。こっちだってイヤな思いはしたくないから」

「わかっているよ。程々でいいよ」松島が仰向けになると征子は馬乗りになって淫裂に肉竿を迎

え入れる。

「あ、あ、あ!」声を上げながら腰を振っていくと「いいよ、これはいい。家内はやってくれな

いんだ!」満足そうな顔で乳房を揉む松島だ。

やがて、松島も征子の膣の中で噴射した。

「良かったよ、松田!」

「嬉しいわ、喜んでもらえるなんて」淫裂にタオルを押し当てて言う。

その後征子は口で射精を受け止め、夜遅く2人が帰った。

 

 それから数日後に智恵と美紀の2人に手紙が届いた。

「そんな、いやよ!」智恵は同封された写真を見つめながら泣き出した。

「とにかく、美紀に聞いてみないと!」手紙と写真を持って美紀の部屋に行った。

「美紀、見て、これが来たの」美紀は写真を見るなり「私にもよ、ほら!」美紀も写真を見せた。

「誰がこんな事をしたのかしら?」

「わからない、誰だかは…」

「どうする、美紀。私恥ずかしくて出来ないわ」

「私だってやりたくないわ。でも、明日やらないと写真をばらまくって書かれているし…」

「こんな写真を巻かれたら首になってしまう。それに誰も相手してくれないわよ」

「やろうよ、恥ずかしいけどやるしかないわよ」

「そうね、やるしかないわね」2人は手紙に書かれた事を実行する事にした。

翌日、智恵は目を覚ますと下着を脱ぎだし、パンティ、ブラジャーも脱ぎ全裸になった。

「恥ずかしいわ、こんな性器だなんて」無毛の淫裂からは肉襞がはみ出ている。

その上にシャツを直接着るが「見えないかしら、心配だわ」姿見に映る姿を見ている。

「大丈夫ね、色物だからオッパイは見えないし」安心してスカートを履いた。

「外からはわからないけど、スースーするわ」今までと違い、性器を剥き出しにしているので股

間が寂しい。

そこに「智恵、行くわよ」美紀が入ってきた。

「何か恥ずかしいわ」

「どれ、見せて!」美紀は智恵のスカートを捲り上げた。

「綺麗よ、ここが!」淫裂を触っていくと「ダメ、欲しくなっちゃうじゃないのよ。これから仕

事よ」

「そうね、仕事だよね」スカートを戻す。

「美紀のはどうなの?」智恵も美紀のスカートを捲り上げた。

淫裂からピンクの肉襞が顔を出しており「美紀のも可愛いわよ」性器を指で触っていく。

美紀は「あ、あ、あ!」気持ちよさそうな声を上げて智恵に抱き付いた。

「ダメ、仕事が先よ。それは後でしようよ」慌ててスカートを戻すが乳房を掴まれている。

「美紀、仕事よ!」智恵の頭を抱きしめ唇を重ねると美紀もそれに答え、智恵の顔を抱きしめた。

「わかったわ、行きましょう」2人は羽田へと向かった。

 

 ターミナルの事務所で2人は制服に着替えなければならない。

「急いで着替えないと!」更衣室に入って着替えを始めると征子が入ってきた。

「あら、ノーブラなんだ。いいわね、若い子はオッパイに張りがあって」その言葉に急いで手で

胸を覆った。

「恥ずかしがるならブラジャーを着けたら?」

(着けたいけどダメなのよ!)両手を退けて制服のシャツに腕を通していく。

「いいわね、このオッパイ!」征子は智恵と美紀の乳房を掴んだ。

「さ、触らないでください。痛いですから!」手を振り払おうともせずにシャツを着込んでいく。

その後、スカートも脱ぐと「あら、ノーパンなんだ。あなたもなの?」シャツの裾を捲ると無毛

の淫裂が露わになっている。

「あら、ヘアを剃ったんだ!」

「はい、先輩を見習いましてヘアを剃りました…」俯いたまま答えると(剃ったんじゃなく、剃

られたでしょう。ちゃんと日本語使いなさいよ)ニヤニヤしながら淫裂を眺めている。

(イヤよ、そんなに性器を見ないで!)2人は急いでスカートを履いていく。

「オッパイが透けているわね、色っぽいわね」シャツの上から乳房を撫でている。

(やめて、やめてよ!)2人は振り払う事もできず、征子に辱めを受けながらスチュワーデスの

制服を着込んだ。

制服を着込むと更衣室から出て、歩いていると松島に呼び止められた。

「丁度良かった。これから行こうと思っていたんだ」

「何かご用でも?」

「新しい会社から健康診断をしてくれと言われたんだ。3時から君たちが受けてくれ!」

「け、健康診断ですか、明日じゃダメですか?」

「今日しか機械が使えないそうだ。3時からだよ。松田君と一緒だから言っておいてくれ!」

「は、はい。わかりました!」返事する2人だが顔色が冴えない。

「どうしたんだ、元気がないな。そんなんじゃあ、推薦できんぞ!」松島が大きな声で言う。

「わかりました。必ず伝えます!」大きな声で返事した。

「そうだ、その元気だ」松島は戻っていくが「逃げられないわ、もう逃げられない!」「そうよ、

こうなったら開き直るしかないわ、フルヌードになって!」

「そうね、そうしましょうよ」2人は機内に入った。

暫くして征子が入ってきた。

「チーフ、3時から健康診断だそうです」

「そうなの、わかったわ。交代要員を手配しておかないと」征子は連絡を取り、その間に智恵達

は機内の点検を行った。

 

 智恵達の乗ったジェット機は札幌と羽田を数往復し、ジェット機から降りると健康管理室に向

かった。

「3人だけだといいわね」か細い声で言う智恵に「そうね、きっとそうよ!」自分に言い聞かせ

るようにしてドアを開けて入るが(どんな顔になるか、楽しみだわ)笑いを堪える征子だ。

健康管理室に入ると「下着になって下さい、測定からしますから」一瞬にして顔が強ばった。

(フルヌードになるしかない!)スーツのボタンを外していくが手が震えている。

上着のボタンを外し終え、脱ぐと白いシャツからはピンクの乳輪と乳首が透けている。

(どっちが先なのよ。オッパイ、それとも性器なの?)征子もスーツを脱ぎながら見ている。

(お、オッパイを先にしようよ!)(ええ、私もオッパイを先に出すわ!)智恵と美紀は顔を見

合わせながらシャツのボタンを外しだした。

上から順に胸が開いて乳房の膨らみが覗いていく。

「あ、あなた達、ブラジャーを着けていないの?」看護婦が気づいて声を掛けた。

「はい、オッパイが窮屈ですから!」顔を赤らめながらシャツを脱いだ。

(見ないで、お願い、恥ずかしいから見ないで!)検査技師達の目が2人の乳房を見比べている。

(それだけではないわよ、もっといい物を見られるから)ニンマリとして征子はシャツを脱ぐと

真っ黒なブラジャーで乳房を包んでいる。 

(今度はスカートだわ。もうフルヌードになってしまう)目を赤く充血させながらファスナーを

引き下げるが、手もブルブル震えている。

(やるしかないわ、笑われても!)ファスナーを引き下げるとスカートが足下まで落ちた。

2人が全裸になると「キャ~!」看護婦が驚き悲鳴を上げた。

「お、驚かないでください。ノーパン、ノーブラ主義でして…」泣きたい気持ちを堪えて智恵が

言うと「私もです。この方が楽でして…」嘘を並べる2人の顔が真っ赤に染まっている。

(ヘアの剃られた性器を見られている!)男性の技師達は2人の淫裂を食い入るように見ている。

(ふふふ、いい気味だわ。ヘアのない性器をたっぷりと見せてあげなさいよ)征子もスカートを

脱い下着姿になった。

パンティはブラジャーと同じ黒だが、技師達は征子の下着よりも全裸の2人を見ている。

「とにかく、測定しますから…」看護婦がメジャーで乳房や腰、尻と測っていく。

その後、次々と検査が行われ「乳ガンの検査です」医師はじっと淫裂を見ている。

(そんなに性器ばかり見ないでよ!)顔を背けるが乳房を掴み撫でていく。

「この辺が怪しいですね。念を入れますよ」智恵の乳房はじっくりと揉まれ、関係ない乳首まで

摘まれ「ん、ん、ん!」声を上げまいと堪えている。

その後、美紀もじっくりと乳房を揉まれていく。

(イヤ、こんなのイヤです!)やはり乳首も触られ「ついでだから子宮ガンも見てあげるよ」全

裸なので簡単だった。

2人は足を開かされて淫裂を覗かれた。

(性器の中を見られている…)恥ずかしさに顔を両手で覆うが、淫裂の中に内視鏡が入れられて

膣の中を動いていく。

2人はまるでおもちゃのように扱われ「直腸も調べてあげる!」四つん這いにされお尻に指を入

れられた。

「うーう!」歯を食いしばり痛みに耐えているが、そんな2人を看護婦達が冷ややかな目で見て

いた。

(この変態スチュワーデス!)看護婦達はそう言いたかったが(これには訳があるのよ!)叫び

たいが出来る訳などなかった。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next