「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第7話 策略

 

 征子も智恵や美紀達がしたような訓練を受けている。

それは訓練と言うよりも凌辱と言った方が良いかも知れない。

肉竿を口に含んで射精されたり、肛門から挿入されたりした。

2週間の間、征子は入り口から全裸だったのが智恵達と違うだけで、最後の日も会社の幹部を相

手に口に肉竿を入れられ精液を吸い取った。

訓練が終わると征子は職場復帰となり、職場に戻るなり「チーフがいない間にこんなのが送られ

てきましたが?」智恵はビデオと写真を差し出した。

「ちょっと、預かるわ。いいでしょう」

「構いませんが、一体誰でしょうね」とぼける智恵だ。

(でも変だわ、どうして私にの名前でなく智恵宛なのかしら?)不審を抱き、征子は自宅に帰る

と再生した。

「イヤ、レイプされた時のビデオだわ、こんなにハッキリ映っているなんて!」淫裂と肛門の結

合がわかる。

それに顔もハッキリと映っており、手紙も入っており、読むなり「そんな、機内でこんな事をさ

せるなんて!」泣き顔になってしまった。

「やるしかないんだわ、やらないとこのビデオが…」征子は怯えていた。

そして、手紙に書かれた日が来た。

最終フライトを終えるとスチュワーデス達は機内の点検を始め(またヌードにならなければいけ

ないなんて…)1人になる機会を待っていた。

「チーフ以上ありません!」智恵や美紀達が次々と報告していくと「いいわ、後は私がやるから」

1人残った。

「帰ったわね。誰もいないはずだわ」征子は制服を脱ぎだし、この前のような全裸になった。

「やりたくないけど仕方ないわ」淫裂に指を入れてオナニーを始めた。

「あ、あ、あ!」声を上げ手紙に書かれた事を始めると「ま、松田さん!」声が掛けられた。

(オナニーを見られてしまった…)それでも足を開き指を入れていく。

「そんなにしたいんですか?」

「ええ、膣が疼くの。したくて仕方ないの」

「だったら、僕が本物を入れてあげますよ」

「お、お願いするわ。いっぱいしてね」大森はズボンを引き下げ、征子の太股を肘掛けに乗せた。

「行きますよ!」

「ええ、ゆっくり入れて!」目を閉じる征子だが肉竿がゆっくりと膣に入っていくと「ん、ん、

ん!」鼻から抜ける声を上げている。

「これが、征子さんのオ○ンコですね」

「ええ、そうよ。これが私のオ○ンコよ…」征子も大森の腰を抱きかかえている。

 

 そして、肉竿が根本まで入るとピストンが始まった。

自然に「あ、あ、あ!」悶え声を上げていくと「松田さん、出したくなりました。出させて下さ

い!」大森が絶頂間近になったようだ。

「ダメ、出来たら困るから!」

「だったら、口に出していいですよね」

「それならいいわ、口で処理する」大森は爆発寸前の肉竿を征子の口に押し込み、腰を振ってい

く。

(気持ちいいや、俺を振った女にこんな事をさせられるんだからな)乳首を掴み、引っ張りなが

ら腰を振っていくと「うぐ、うぐ!」(痛いわ、乳首が痛いから引っ張らないで!)痛みを我慢

するしかない。

やがて「うー!」放出が始まった。

(イヤ、こんなの飲みたくない!)振った男の精液を飲み込んでいくしかない。

「ところで征子さん、ヘアがまた生えましたね。剃ってあげましょうか?」

「ええ、お願いするわ。性器が見えるように剃ってね」大森は一旦機内から出てバックを抱えて

着た。

「これで剃りますから」それは電気カミソリで「ビーン!」振動と共に「バリバリ!」生えかけ

た絨毛が消えていく。

(気持ちいいわ、この振動がいい…)心地よい振動に淫裂から、また蜜が流れている。

「松田さん、気持ちいいのですか、オ○ンコからお汁が流れていますよ」淫裂に電気カミソリを

当てながら言う。

「そうなの、気持ちいいの」

「でしたら、今夜は僕と過ごしませんか?」

(イヤよ、あんたが相手だなんて。でも見られてしまったし…)「いいわ、今夜ならいいわ、こ

れから行きましょうよ」

「そうですね、ヘアもそり終わりましたし」征子の淫裂がまた露わになってしまった。

(こんな性器になるなんて…)征子は服を着だし、着終えると2人は繁華街のラブホテルに消え

て行った。

 

 それから数日後、智恵達はスナックで飲んでいた。

「うまく行ったでしょう、大森さん」

「ああ、征子とたっぷりオ○ンコできたしな」

「イヤ、オ○ンコだなんて。性器とかセックスと言って!」

「何言ってるんだ、オ○ンコでいいんだよ、オ○ンコで」大森達は機嫌良く飲んでいた。

それをじっと征子が見ていた。

「もしかして、あの3人は?」不審に思って気づかれないように近くのテーブルに移動した。

そんな事とは知らず3人は得意げに言っている。

「美紀、今度はどんな事をさせようか?」

「そうね、下着無しでなんてはどう?」

「ダメダメ。それよりもオ○ンコにバイブでも入れてもいいよ」それを征子は黙って聞いていた。

(勝手な事ばかり言って。これで犯人がわかったわ。後はどう仕返しをするかね)そっと、元の

テーブルに戻って会計を済ませ店から出た。

征子はマンションに戻ると早速、計画を練っていく。

「味方に付けないとね。誰を見方に付けるかが問題だわ」考え巡らせている。

そんな征子事など思いもつかず3人は遅くまで飲んでいた。

それから数日が過ぎて征子の計画が実行された。

「明日ははチャーター便です。沖縄泊まりですから準備して下さい」機内点検を終えると征子は

智恵と美紀に言う。

「わかりました、準備しておきます!」

(明日こそ、思い知らせてやるからね。覚悟しておきなさいよ)智恵と美紀はいつものように寮

に戻った。

 

 翌日、智恵達が乗ったジェット機は、札幌まで行き、そこから沖縄への直行だ。

深夜着なので羽田に戻る事は出来ないから那覇に泊まる事になっている。

「智恵、今夜は遊ぼうよ」

「勿論よ、羽を伸ばさないとね」ターミナルの事務所で私服に着替えて町に出ていくと「来たぞ、

あいつらだ。間違えるなよ」「心得ております」2人を車が付けている。

繁華街は平日の深夜という事で人通りは思ったよりも少ない。

2人は丁度、ビルの谷間に来ると「今だ!」車からパンストを被った2人が降りて智恵と美紀を

ナイフを押し当て車に乗せ、目隠しをして走り出した。

犯行は手際よく行われ2人は悲鳴すら上げる事が出来ない。

車は郊外の寂しい建物の中に入って止まった。

2人は車から降ろされるが(どこよ、ここは?)不安で怯えている。

目隠しが取られて(何なのよ、ここは?)ライトが灯され、カメラがセットされている。

(もしかして、ビデオでは?)その不安が的中した。

「いや、いやー!」美紀の両手が後ろ手に縛られ、足首、太股と縛られて動けない。

「やめなさいよ!」智恵も羽交い締めされ、シャツが脱がされていく。

「いや、いやー!」悲鳴を上げるが誰も来るはずがなかく、シャツを脱がされブラジャーを晒し

ている。

「やめて、お願いやめて!」足をバタバタ知るしかできないが、スカートのファスナーが引き下

げられていく。

(撮られている。ビデオとカメラに!)下着姿にされた智恵も気づいた。

男は智恵のパンティに両手を掛けた。

「イヤ、脱がさないでイヤー!」パンティが引き下げられていくと真っ黒な絨毛に覆われた恥丘

が現れた。

「撮らないで、撮らないで~!」むなしく智恵の悲鳴が響いていく。

(性器を見られてしまう…)足をバタバタすると返って見られるのでおとなしく閉じるしかない。

それをいい事にパンティが足首まで下げられ、足首から抜かれた。

智恵の下半身を覆う物は何もなく、絨毛に覆われた淫裂が露わになっている。

それでも容赦なく、ブラジャーを脱がしに掛かった。

「いや、いや!」背中のホックが外され脱がされ乳房が揺れている。

さらに「いや、やめて。いや!」泣き叫ぶ智恵だが絨毛にフォームが吹き付けられカミソリが当

てられた。

「剃らないで、お願いやめて!」叫んでも絨毛が剃られて肉襞の飛び出た淫裂が露わにされた。

露わにされた無毛の淫裂をカメラがしっかり捕らえていた。

 

 やがて、智恵の淫裂を撮り終えると男はズボンを脱いで智恵に襲い掛かった。

「いや~!」乳房を掴まれ、肉竿が淫裂に入ってきた。

「やめて、バージンなのよ。奪わないで~!」その叫び声に一瞬動きが止まったが、バージンと

聞いて興奮したのか、返って荒々しく乳房を掴み腰の振りを強めた。

「ヒ~!」智恵の悲鳴と共に淫裂から鮮血が流れ出た。

(もう、処女じゃないんだ…)破瓜の悔しさに「う、う、う!」と嗚咽を上げて泣いているが、

出血した淫裂もビデオとカメラに撮られてく。

破瓜した淫裂を撮り終えるとまた肉竿によるピストンが始まり、前よりもピッチが上がった。

智恵は「う、う、う!」目を閉じて淫裂の裂かれる痛みに耐えているが「いや~!」悲鳴と同時

に淫裂から精液が流れ出し、それも撮られた。

智恵を犯し終えると智恵を縛りあげ、美紀を縛った紐が解かれた。

そして「いや、やめて、いやです!」悲鳴を上げる美紀だが、着ている服が剥ぎ取られていく。

シャツ、スカートと剥ぎ取られて下着だけされると、パンティに手が掛かった。

「やめて~。いや、いや~!」足をバタバタする事しか出来ず、パンティを一気に足首まで引き

下げて露わになった股間を撮りだした。

「と、撮らないで~。いや~!」絨毛に覆われた淫裂がカメラに収まっていく。

淫裂が露わにされると、ブラジャーも剥ぎ取られて全裸にされた。

そして、智恵と同じように絨毛にフォームが吹き掛けられ「イヤ、ヘアを剃らないで~!」絨毛

を剃られるのはイヤだがカミソリが動き出し淫裂を露わにしていく。

そして、露わになった淫裂を撮られると、智恵と同じように犯され、処女を喪失した。

破瓜した美紀は「う、う、う!」嗚咽を上げ、淫裂から鮮血を流しているが容赦なく、智恵と美

紀が向かい合うように四つん這いされ後ろから淫裂を肉竿で突き刺されていく。

「いや、いや~!」拒んでも四つん這いのまま犯された。

智恵と美紀はその後も男達に幾度も犯されてから解放された。

 

 解放された智恵と美紀は泣きながら犯された淫裂をティッシュで拭いてく。

鮮血も拭き取ってから服を着込むと車で送られホテル近くで降ろされた。

車から降りた智恵と美紀はまっすぐホテルに向かい、部屋に入るなり浴室に飛び込み犯された淫

裂をシャワーで洗いだす。

淫裂を指で広げシャワーを浴びせてると、固まった鮮血がお湯に溶けて流れ出てくる。

「もう処女じゃないんだ…。傷物にされた…」太股に付いた鮮血を見て再び泣き出した。

同じように美紀も淫裂を洗って「こんな性器にされてしまった…」絨毛が無く肉襞が飛び出た淫

裂を泣きながら見ている。

翌日、2人はいつものように、スチュワーデスの制服に着替えて搭乗すると「ほら、元気よくや

るのよ!」大きな声で征子が怒鳴る。

(ふふふ、思い知ったでしょう。これからは私の番だからね)今までの恨みを晴らすかのように

目を輝かせていた。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next