「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第6話 全裸

 

 それから数日が経った。

「中里さん、手紙が来ているわよ」

「誰からなの?」

「差出人が書いてないのよ、変なのよね」

「とにかく開けてみるわね」智恵は美紀と征子の見守るなかで封を開けた。

「あら、脅迫状だわ。でも何で私なのかしら?」封を逆さにすると写真が入っていた。

「イヤだわ、こんな写真が入っている!」それは征子が犯されている写真だ。

「何なの、セックスしている写真よ」美紀も言うと征子は(見ないで、それを見ないで!)真っ

青な顔で怯えている。

「でも見覚えあるわよ、この顔に。もしかして、これチーフでは?」

「ば、バカ言わないで。何で私がこんな事をするのよ!」怒鳴るが声が震えている。

(効いたわよ、美紀。これからが面白くなるわよ)

(そのようよ、面白くしないとね)内心ではしてやったりの顔で「そうだよね、これって、はや

りの合成写真じゃないの?」

「そ、そうよ。合成よ。それに決まっているわよ…」言い切るが動揺が隠せない。

「でも、どうして私宛なのかしら?」

「知らないわよ、とにかく見させて!」征子は智恵から手紙と写真を奪い取り去った。

「智恵、うまく行ったわね」

「そうみたいよ。明日が面白いわね」

「そうよ、明日が楽しみだわ。大森さんも喜ぶわよ」智恵と美紀は笑顔になっている。

一方、征子は憂鬱で「こんなの出来ないわ!」泣きながら手紙を読んでいた。

「でも、やらなかったらビデオが智恵さんの所に送られてしまうし」同封された写真も見た。

「誰なのよ、こんな事をさせるなんて」見えぬ相手に恐怖を感じている。

征子は悩んだが手紙に書かれた事をやる事にした。

 

 翌日、いつものように智恵達は羽田から札幌に向かっていた。

「チーフ、どうか、なさいましたか?」

「何でもないわ。疲れているだけよ」いつもの元気がない征子は(フルヌードになるなんて!)

自分の全裸姿を想像して元気がなかった。

「智恵、チーフが元気ないわね」

「そうみたいね、内山さんとうまく行ってないんじゃないかしら」わざと聞こえるように言う智

恵と美紀に(そんなんじゃないわよ、そんな事でこんなに悩まないわよ!)聞こえない振りをし

ている征子だ。

ジェット機は羽田と札幌を数回往復して、勤務が終わった。

「ご利用頂きありがとうございました」降りる乗客に礼を言っていると(いよいよだわ、これで

恥を掻く事になるのね…)征子の顔が強ばっている。

「チーフ、これから確認しましょう」

「そうね、そうしましょう」スチュワーデスの皆が機内に入って確認を始めていくが「脱ぐのね、

素っ裸で仕事をするのね…」征子は着ている制服を脱ぎだした。

スカーフ、上着を脱いでスカートも脱いでいく。

それには「ち、チーフ!」それを見た智恵が声を上げた。

「お、驚かないで。私やりたかったの、フルヌードになって機内を回るのを…」言いながらブラ

ウスも脱ぎ、下着姿になってしまった。

智恵は早速美紀に声を掛け「ち、チーフが、チーフが!」慌てて指さした。

「そんなー!」美紀の驚きに声に他のスチュワーデスも振り返り集まってきた。

「ち、チーフ!」振り返った途端に皆が驚きの声を上げるが「どうかしら。私のヌード姿は?」

両手を後ろで組んで乳房と淫裂を露わにしていた。

笑顔の征子だが体がブルブル震えて目が真っ赤に充血している。

(恥ずかしい…。人前でヌードになるなんて…)顔も強ばっていた。

「チーフ、ヘアはどうなさったんですか?」

「そ、剃ったわ、どう、これも可愛いでしょう」作り笑いをしながら淫裂を指で触わりだす。

(そうよ、もっとやるのよ。思い知りなさい!)智恵と美紀はじっと淫裂を触る指を見ている。

「オナニーって、こうやるんでしょう?」部下が見守る中、淫裂に指を入れ動かしていく。

それに乳房を揉みだすと「チーフ、やめて、そんな事なんか!」「お願い、見て欲しいの、私を

見て欲しいのよ!」征子は皆の前でオナニーを始めた。

 

 そこに「一体どうしたんだよ。今日は!」整備士の大森が客室に入ってきた。

「ま、松田さん。素っ裸の上にそんな事までして!」指で淫裂を触りまくっていく征子に驚きの

声を上げた。

「見て欲しいの、私の全てを見て!」

「わかった、見てあげるよ。でもそれよりこうしたいよ」大森は両乳房を掴み揉んでいく。

「いいわよ、それくらいなら」今にも泣き出しそうな顔で言う征子だ。

「松田さんのオッパイは柔らかいんだね」満足そうに乳房を揉んでから淫裂を触わりだした。

「いいでしょう、ここも触っても」

「ダメ、そこはダメ。見るだけにして…」うっすら涙が流れている。

(俺を振った罰だ、思い知ったか!)絨毛の生えていない淫裂を食い入るように見つめていた。

(もう堪えられない…)泣き顔の征子だが、大森は淫裂を食い入るように見つめ「ヒラヒラが黒

ずんでいるね、結構セックスを楽しんだんだね」

「ええ、セックスって気持ちいいから遂やってしまったの」さらに、泣き顔になってしまった。

それでも「私のヌードはどんな感じなの、綺麗かしら?」同僚に尋ねた。

「良かったです、最高ですよ」大森は言うがスチュワーデスの皆は声が出せなかった。

(軽蔑されているわ、部下に軽蔑されている…)皆が見守る中でパンティ、ブラジャーと着けて

最後に制服を着終えると「すっきりしたわ。またヌードになるから見てね」そう言い残して征子

は客室から出て行く。

「チーフ、気が狂ったんだわ!」

「松島さんに言った方が良いわね」スチュワーデス達は騒然としているが(そうよ、それでいい

のよ)智恵と美紀は慌てる同僚を後目に笑顔になっていた。

その一方で「う、う、う。どうして、どうしてこんな事になったのよ」ベッドの上で泣き続けて

いた。

 

 翌日、征子は総務の松島から声を掛けられた。

「松田君、きょっと来てくれ!」

「何かようでも?」(昨日のヌードの事だわ!)不安になっている。

「たいした話しではないけどもね」2人は会議室に入っていく。

会議室は会社の幹部達が並んでおり(もう耳に入ってしまったんだ!)奥歯がガチガチなってい

る。

「早速だが、昨日やった事をここでやってくれ!」

「昨日とおっいますと?」

「素っ裸だよ。僕たちも君のフルヌードを見てみたいんだよ」真っ青になりブルブル震えている。

「やるよね、ここで!」睨み付けるように言うと「や、やります!」震える声で言うと服を脱ぎ

だした。

(イヤよ、ヌードだなんてイヤよ!)イヤでもやらなければならなかった。

スカーフ、スーツと脱いで、下着姿になると、パンティを引き下げた。

「松田君、ヘアはどうしたんだ?」

「そ、剃りました。見えやすいように…」呟くように言うと「何が見やすいようにだ?」「せ、

性器を見て貰いたくて剃りました…」か細い声で言う。

「そうか、性器が見られるようにか!」パンティを足から脱いでいく征子を見つめている。

パンティを足首から抜くと今度はブラジャーを外した。

「ほう、オッパイもいいね。道理でな!」乳房が揺れる征子を見つめている。

(これでフルヌードだわ)ブラジャーも脱ぐと両手を後ろに組んでいる。

「み、見てください。これが私の全てです…」泣き出しそうな顔で言う。

「ほう、これが全てか。だったらじっくり見せて貰うよ」幹部達は椅子から立ち上がり征子を取

り囲んでいく。

(見ないで、そんなに見ないで下さい!)作り笑いをしていくと「オッパイが柔らかいね」両乳

房を掴まれ揉まれていく。

「性器もいいね。でもこれが残念だな」淫裂からはみ出た肉襞を掴みながら言う。

「セックスをやりすぎましたからこうなりました…」真っ赤な顔で言う。

「オ○ンコも弄くったと報告が入っているが、どうなんだ?」

「こ、こうやりました!」目を閉じ、乳房を揉み、自ら淫裂に指を入れ掻き回していく。

「気持ちいいのか?」

「はい、見られながらすると気持ちいいんです…」真っ赤な嘘を言う征子と幹部達は顔を見合わ

せ「松田君、明日から訓練センターで特別訓練を受けてくれ。それに素っ裸での訓練だ」

「訓練センターですか?」

「そうだ。それがイヤなら辞めたまえ!」睨み付けるように言う幹部だ。

「行きます、ですから首だけはお許し下さい」泣きながら征子が言うと「訓練を受けるなら首に

はしないよ。それにこれからもヌードで頑張ってくれ」皆が乳房や淫裂を触っていくが(イヤよ、

もうヌードなんてイヤよ!)目から涙が流れていた。

 

 征子は早速、訓練センターに出向いた。

「すみません、松田ですが」

「ああ、松田さんね。何でも特別な姿になって受けるそうで。ロッカーはそこですよ」入り口の

脇に更衣室があった。

(ここからフルヌードになるなんて!)顔を強ばらせながら更衣室に入った。

中に入るとスーツを脱ぎ、下着だけになってパンティを膝まで引き下げた。

股間には点々と絨毛が生えている。

「こんな姿で訓練だなんて。整備士やパイロットに見られてしまうのに…」泣き顔になりながら

パンティから足を抜いた。

そして、ブラジャーも脱ぎ、全裸になり「こんな姿で2週間も訓練だなんて…」姿見に映った淫

裂からは肉襞がはみ出ている。

「これで人前に出るなんて…」体が小刻みに震えていた。

征子が覚悟を決めて更衣室から出ると「ま、松田さん、そんな裸だなんて…」管理人は指差して

声が出せない。

「これでいいんです。これで訓練をする事になってますから…」作り笑顔をしながら訓練室に向

かった。

「すげー、素っ裸だぜ、オ○ンコも丸見えだ!」「ホントだ、信じられないな!」すれ違う整備

士達が征子の淫裂を食い入るように見ている。

「見て、素っ裸だなんて!」「性器やオッパイを丸出しだなんてね」スチュワーデス達も白い目

で見ていた。

(そんな目で見ないでよ)うっすら涙を流しながらエレベーターに乗り「う、う、う!」狭い室

内で気兼ねなく泣いてから訓練室に入った。

「松田征子です!」大きな声で名乗り中に入ると「待っていたぞ。噂通りに言い度胸だ。オ○ン

コ丸出しとはな!」教官の飯塚も淫裂を食い入るように見つめている。

(そこは見ないで下さい…)直立したままの征子だが太股が震え乳首が堅く膨らんでいる。

 

 「まずは、挨拶からだ!」「松田征子です。訓練をお願いします!」大きな声で言う。

「教官の飯塚だ。2週間はびっちりやるからな」言い終わらない内に乳房を掴み揉んでいく。

「いいオッパイだな。年の割にはいい形だな」

(やめて下さい、触らないで下さい!)相変わらず直立したままだ。

「これはどうかな?」「う!」乳首が摘まれ指で転がされた。

さらに淫裂を触られ、指が入っていく。

「ほう、かなりやっているな。俺ともやろうな!」飯塚はズボンを脱ぎだした。

「イヤ、それはイヤです!」股間を両手で隠した。

「これも訓練だ、やらなかったら訓練拒否と報告しておくが」

「わ、わかりました。訓練をお願いします!」飯塚は下半身を露わにした。

「やってくれよ、得意なんだろう?」椅子に座り、征子を膝に乗せた。

(入っている、オチンチンが入っている!)乳首を吸われ、腰を引かれた。

すかさず「あ、あ、あ!」征子は呻くような声を上げた。

(やるしかないわ、イヤだけども!)征子は両手で飯塚の肩を掴み腰を前後に前後に振り出した。

「いいぞ、これがいい!」「ピシャ、ピシャ!」股間同士のぶつかる音が訓練室に響いている。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next