「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第5話 征子の受難

 

 智恵と美紀は計画を練っていた。

智恵は着替えが済んだ征子の後から更衣室で着替え、征子のロッカーからマンションの鍵を盗み

大森に渡した。

それを受け取った大森は征子達が羽田と札幌を往復している間に合い鍵を作り、乗務員室で休ん

でいる智恵に鍵を渡す。

それを受け取った智恵はまた更衣室に戻って征子のバックの中に戻して置いた。

「これで計画通りだね」その後は何食わぬ顔でフライトをしている。

当然、征子はそんなことを知るすべもなく、大森は征子のレイプ写真やビデオを撮るために勤務

が終わると器財の準備を始めている。

「よし、これで全部揃ったぞ!」確認をすますとアルミ製のトランクに仕舞い込んだ。

それと同時に智恵と美紀は征子の行動をも調べていた。

「ねえ、征子さん。今度の休みはどうするの?」

「行く当てないしね、家でごろ寝をするわ」

(そうか、今度の休みがチャンスだ!)そして、3人が計画を実行する日を迎えた。

 

 まだ、5時だというのに3人は征子が寝ているマンションに入り込んだ。「

「ここよ、この部屋よ」智恵は合い鍵で合い鍵でドアを開けた。

「ギー!」小さな音を立てながらドアが開いていく。

「いい、絶対に声を立てないのよ」ドアを締め、ストッキングを顔に被せて、美紀と大森も被っ

た。

当然3人の顔が変形して誰だかわからない。

3人は忍び足で歩いていくと(寝ているぞ)(そのようよ)3人は顔を見合わせた。

大森はトランクを開けて紐を取りだし、両手に紐を持って近寄っていく。

智恵も同じように口封じのため、紐の付いたボールを持っている。

(いくぞ!)大森が一気に襲いかかり両手を押さえた。

(今だ、早く口を塞げ!)美紀と智恵が征子の口の中にボールを押し込んでいく。

「う、う、うー!」突然の出来事に征子は抵抗すら出来ない。

(これでいいわよ、もう声は出せないわ)

(こっちもいいぞ、両手を縛ったしな!)征子は後ろ手に縛られて口も塞がれどうする事も出来

ず「うぐ、うぐ!」首を振って怯えている。

 征子を押さえると大森は器財の準備を始めていくが、征子は何をされるかわからず怯えて体が

小刻みに震えている。

取りだしたビデオとカメラは智恵と美紀が持った。

(いいわよ、こっちは!)(私もよ!)ライトが灯され、ピンク色のネグリジェを着た征子が浮

かび上がった。

(よし、やるぞ!)大森はナイフで征子の頬を数回叩くと恐怖で征子が震えている。

(これから思い知らせてやるぞ!)ナイフが薄い生地のネグリジェを真ん中から下に向かって切

り裂いていく。

(イヤ、やめて。お願いやめてー!)切り裂かれたネグリジェは左右に分かれ、黒いパンティと

ブラジャーが現れた。

(こんな色っぽいのを着て内山とオ○ンコしてたのか!)大森の持ったナイフはブラジャーの繋

ぎ目も切り裂いた。

支えを無くしたブラジャーのカップは落ちて乳房が現れた。

(これが征子のオッパイか、内山にこうやられていたんだな!)乳房を掴み揉んでいくと(いや、

いやー。やめて!)征子の目からは涙が流れている。

その様子に(いい気味よ。これからが本番なんだからね)写真とビデオを撮る智恵と美紀だ。

ブラジャーを切り裂くと今度はパンティを掴んだ。

「うぐ、ぐ!」声が出せないが目を見開き、首を振っている。

(それはイヤ、お願いパンティはやめて!)性器を撮られるのはイヤだから当然だ。

だが、パンティのゴムを切った。

その瞬間に、股間を押さえていた布が一気に弾かれ絨毛が露わになり(いや、いやー!)征子は

目を閉じた。

(これが内山と散々楽しんだ征子のオ○ンコかよ)手のひらで淫裂を触りだした。

(イヤ、イヤ、レイプなんてイヤです!)顔を背けたが、大森の指が淫裂の中に入った。

すかさず「う~!」呻き声をあげて背中を反らせた。

(スケベだわ、指ぐらいで悶えるなんて)(本当よ、淫乱の毛があるのね)智恵と美紀は征子を

撮っていく。

 

 淫裂を触った後、大森は征子の体に巻き付いた布くずを全て取り払い、生まれたままの姿にし

てベッドに仰向けに寝かせた。

(いよいよだわ、ヘアを剃るのね)(もう、恥ずかしくてセックスは出来ないわよ)カメラを構

え直すと征子の絨毛にスプレーが吹きかけられた。

(何のつもりかしら?)征子はまだ意味がわからないが、黒い絨毛に雪が降ったように白い泡が

覆い被さり、その泡を手のひらで絨毛に擦りつけだした。

征子は(も、もしかしてヘアを剃るのでは?)やっと意味が飲み込め「う、うー!」首を振り足

をバタバタさせた。

しかし、絨毛は肌に密着し、大森はカミソリを待っている。

(動くな、危ないぞ!)カミソリを征子の目の前に晒すと(イヤ、剃らないで、ヘアを剃られた

ら内山さんと出来なくなってしまう!)抵抗したいが危なくて足を動かせない。

大森の持ったカミソリは絨毛をしっかりと捉え「ジョリ、ジョリ!」絨毛が消えていき、変わっ

て赤黒い地肌が見えてきた。

(これが征子のオ○ンコか!)地肌と共に淫裂も現れた。

(イヤだわ、ヒラヒラが黒ずんで。結構遊んでいたんだ)(そうよね、セックスをかなりしてい

るわね)淫裂からはみ出た肉襞の先端が黒ずんでいる。

大森はなおも剃り続けて、恥丘と淫裂の周りの絨毛はあっけなく消し去られて、剥き出しになっ

ている。

(これでいいぞ!)太股を広げられた。

(イヤ、撮らないでいやー!)征子は目を閉じたが、カメラとビデオに絨毛の剃られた淫裂を収

められていく。

それでも(だめ、やめて!)大森の指が淫裂を広げ、綺麗なピンク色した膣の中も露わになって

いて、指が尿道を摘んだ。

「ん、ん~!」一瞬だが征子が痙攣した。

(オ○ンコしたくなったよ、もういいだろう?)

(いいわ、たっぷり出してあげるのよ)

(わかっているよ)大森がパンストを頭から被ったまま服を脱ぎだすと(レイプする気ね、いや

よ、そんなのいや!)「うぐ、うぐ!」首を振る征子だ。

 

 (そうは行くか、俺を振った罰だ!)大森は服を脱ぎ全裸になり、仰向けの征子に覆い被さっ

ていく。

(イヤ、入れないで~!)大森は乳房を掴みながら肉竿を押し込んでいくと「う、うー!」呻き

声を上げて淫裂の裂かれる痛みに耐えている。

(やったぞ、遂に征子とオ○ンコをやったぞ!)興奮しながら肉竿がピストン始めると「ピシャ、

ピシャ!」股間の肉がぶつかり合う音が出た。

(犯されてしまった…。見知らぬ男に…)涙を流す征子だが、大森は欲望を満たすためにピッチ

を上げたが「う、う、う!」呻き声も大きくなっていく。

やがて大森も登り切ったか淫裂の中で爆発し、淫裂から精液が流れている。

(これを撮らないと)(そうよ、これでこっちが優位に立てるしね)カメラで射精された征子の

淫裂を撮っていく。

(イヤ、撮らないで、こんなの撮らないで。お願いよ~!)肉竿が抜かれた淫裂からドロドロの

精液が流れ出てきた。

同時に「う、う、う!」口を塞がれた征子は嗚咽を上げている。

 

 それでも大森は容赦せずに(今度はバックからだぞ)俯せにされて腰が持ち上げられ、膝と頭

で体を支えさせた。

そして、放出を済ませたばかりなのに、膨らみきった肉竿を淫裂に押し込んでいくと「う、う、

う~!」また呻き声が上がった。

暫く腰を動かしていたが(オ○ンコしている所も撮るか!)征子の太股を持ち上げた。

征子は支えを失い横になったが(いや、こんなのいやです!)横に寝たまま淫裂に肉竿が食い込

んでいるのを撮られている。

大森は太股を持って撮りやすいように背後から腰を振っているが(いや、もうやめて!)首を振

り続ける征子だ。

そして、大森は2回目の噴射をしたのか淫裂から精液が流れ出てきた。

(しっかり撮れよ)(わかっているわよ、ばっちり撮ったわよ)顔を見合わせた。

大森はその後も征子の肛門も犯してから縛ってあった腕を解いて3時頃には皆が引き上げた。

「う、う、う!」1人残された征子は淫裂を押さえて泣いていた。

淫裂からは射精された精液が流れ出ている。

征子はフラフラしながらも立ち上がり、犯された淫裂を丁寧に洗いだしが「犯されたうえに射精

までされてしまった…」動揺が収まらない。

「そうだわ、このままでは妊娠してしまう」時間が経つに連れ冷静さが戻ってきた。

「病院で洗浄して貰わないと。でも恥ずかしいな、こんな性器にされて」ピンクの割れた淫裂を

指で広げてなかを洗うとドロドロした液体が流れ出てくる。

「とりあえずは洗ったけど心配だし…」無毛の淫裂を石鹸で洗い服を着ていく。

「まだ痛いわ、何回も犯されたから無理はないかも」服を着終えると急いでマンションを出て病

院に向かった。

 

 幸いにも日曜でないので病院が開いている。

「どうなさいましたか?」婦人科の看護婦が訪ねた。

「失敗してしまいました」小さな声で言うと「ああ、避妊に失敗ですか。でしたらお入りになっ

てお待ち下さい」診察室に入れられた。

「先生、避妊に失敗した患者さんです」

(そんな事言わなくていいでしょう)顔が赤くなっていくが「わかりましたよ、すぐ始めましょ

う」征子は下半身を剥き出しするように言われた。

(ヘアのない性器を見られてしまう…)スカート、パンティと脱いで両手で股間を押さえている。

「仰向けになって!」「足を開いて手を退けて!」次々と指示を出す看護婦に従い足を開き手を

退けた。

看護婦は「あ、ははは!」征子の股間を見るなり笑い出し「先生、来てください!」笑いながら

医師を呼んだ。

「あら~!」医師もヘアが剃られた淫裂を見て笑い出した。

「あ、ははは!」笑い声が診察室に響いていくが(酷いわ、笑うなんて。好きでこんな性器にし

た訳じゃないのに…)両手で顔を覆う征子の目から涙が流れていく。

「とにかく洗浄をします!」笑いを堪えて医師と看護婦は征子の淫裂のなかを洗浄していくと勢

いよく淫裂から液体が飛び出していく。

「洗ってから来られたんでしょう?」

「はい、一応洗いました」

「それなら洗浄する必要はないわね。でも、あなたの彼氏、好きなんですね、お尻でもしたでし

ょう?」

「は、はい、お尻もさせてくれって無理に…」

「お尻は汚いから浣腸してからにしなさい。それにコンドームを付けてからしなさいよ。とにか

く薬出して置くから」

「ありがとうございます」

「それにしても可愛いわね。ヘアを剃ると私も今な格好になるのかしら?」征子の淫裂を触りな

がら言う。

「どうでしょうかね、先生は毎晩ですか?」

「週1よ、夫が忙しくてね」淫裂を広げながら言う。

(触らないで、もういいでしょう!)拒みたい征子だ。

「男って、ヘアを剃ると興奮するってエロ雑誌に書いてありましたわ。先生も旦那さんに剃らせ

てあげたらいかがで」

「そうだわね、子供が欲しいから、今晩あたり、ねだって見ようかしら」無毛の淫裂を触りなが

ら言う医師だが(勝手な事言わないでよ!)征子は黙ったままパンティとスカートを履き、薬を

処方して貰って自宅に戻った。

一方、知恵達3人は大森の部屋でビデオの再生をしていた。

「撮れているよ、こんなに綺麗に」

「こっちも、ばっちりよ!」デジカメからパソコンにデーターを吸い上げ再生している。

「これで、征子さんは大森君のものになるわよ」

「そうだよ、これからはいつでもオ○ンコが出来るよな」征子がレイプされている画面を見なが

ら目を輝かせる大森と智恵達だった。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next