「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第4話 訓練の成果

 

 2週間の特別訓練もようやく終わりに近づいた。

「今日で特別訓練は終わる。午後からは成果を会社の幹部に見て貰うからな」

「そんなのイヤです。やるんだったらら服を着させてください!」

「だめだ、生まれたままの素っ裸でやるからな」

「イヤよ、フルヌードだなんて!」飯塚の言葉に泣き出す2人だ。

「やらなかったら間違いなく首だからな」

「でも、ヌードになったのが同僚に知られてしまいます…」泣き声で言うと「何だ、そんな事は

心配するな。口は堅いから。それに口での奉仕も忘れるなよ」

「はい、わかりました」泣きながら渋々承知した。

「いいか、笑顔を忘れるなよ」

「はい!」

「よし、素っ裸になってで迎えだ。準備しろ!」

「はい、わかりました!」大きな声で返事をするが(ヌードを見られてしまうなんて…)不安を

感じながらもベルトの下着を脱いで全裸になった。

 

 そして、飯塚が言った通りに会社の幹部4人が訓練の成果を確かめるために訪れた。

幹部達は全裸の2人を食い入るように見つめているが(フルヌードを見られている…。オッパイ

も性器も…)恥ずかしさに体が震え、目の下が腫れ上がっている。

「ほう、元気がいいね。それに若い子の裸は綺麗でいいな」4人は直立している智恵と美紀の乳

房と淫裂を見比べている。

(見ないで、性器は見ないで。見るならオッパイだけにして下さい…)泣き出したい気持ちを堪

えていると「いいですね、ピンクだなんて」2人の堅く膨らんだ乳首が摘まれた。

「こ、これより訓練を開始します!」乳房を触られても手で払えず声を出した。

「よし、早速見せて貰おう!」

「本日は関東航空をご利用頂き…」早速口上を始めて1人、1人、席に座らせていく。

「これより離陸しますのでベルトをお締め下さい」2人は全裸である事以外は普段と同じだ。

 

 暫くしてから「安定飛行に入りました。お飲みもをお持ちします」2人はワゴンを押していく。

「お飲物は何にいたしますか?」

「オッパイが欲しいな」冗談で言う幹部に「わ、ははは!」笑い声があった。

(イヤだけどやるしかない…)「わかりました。オッパイですね」智恵は顔を赤らめながら両手

で乳房を掴み、乳首を含ませる。

それには驚きながらも「ん、ん、んー!」乳首を吸う。

それには「本当にやるのかよ、だったら、オ○ンコをくれ!」と言う。

「申し訳ありませんが、それは無理ですからお口でさせて頂きます」美紀はズボンのチャックを

下げて肉竿を取りだした。

(やらないと首になるし)小さな肉竿を口に含んでいくと「あ、あ、あ!」気持ちよさそうな声

を上げだす幹部だ。

「お、俺もオ○ンコをくれ!」

「はい、かしこまりました」智恵も作り笑いをしてチャックを引き下げていく。

(ここまでやって首にはなりたくないわ)智恵も肉竿を掴みだして口に含んだ。

「信じられないな、本当にやるのかよ」幹部達は見つめている。

「お、オッパイも触られてくれ」フェラされている幹部は乳房を掴み揉みだす。

「俺もいいだろう、触るだけだから」美紀も乳房を揉まる。

(イヤよ、触らないでよ!)2人は作り笑いをしながら乳房を揉まれ続けた。

やがて「気持ちいいや、出したくなった」限界になったようだ。

(何よ、変なのが出てきた。まさか精液…)美紀の喉に精液が送り込まれた。

それでも顔色を変えず「満足頂いたでしょうか?」美紀は精液を飲み込みながら言った。

「満足したよ。ここでもさせてくれないかな」

「お、お許し下さい。私をお嫁にして頂くならお相手しますが」淫裂を触られた美紀は笑顔で答

えていた。

「俺もオ○ンコが欲しいんだが…」

「申し訳ございませんでした、お口でご奉仕させて頂きます」チャックを引き下げて肉竿をまた

口に迎え入れていく。智恵も二人目の肉竿を口に迎えて精液を受け止めていった。

 

 フェラがすむと「ご満足頂きましたでしょうか?」笑顔を作って、乳房を触らせていく。

「いいね、このオッパイも」乳首も吸われ、それが済むと、「まもなく着陸します、ベルトをお

締め下さい」ベルトを締めさせ、確認していく。

「当機は無事着陸しまた。ベルトをお外し下さい」ベルトを外してから挨拶を始めた。

「また、関東航空のご利用をお待ちしています」普段通りに礼を言う2人だ。

「よし、そこまでだ!」飯塚が訓練の終わりを告げると「イヤー、いいですね、これなら文句な

しですよ」「そうですな、これならいいですな」幹部は上機嫌だ。

「ですが、この2人には悪い癖がありまして…」

「何だね、それは?」

「中里と太田、いつものあれをやってお見せしろ!」

(ここでレズをやれと言うのね。いいわよ、見せてあげるわ)性器まで見られたので隠す物は何

もなく、2人は幹部達が見ている前で抱き合った。

「あ、あ、あ~!」声を上げながら乳房と淫裂を触りあい、智恵の淫裂を美紀の舌がなめていく。

「いいね、オ○ンコが丸見えで」

「ホントだ。ケツが丸見えになっているし」

「ここなら入れてもいいんじゃないかな?」幹部に1人がチャックを下げて、美紀の尻を掴んで

肉竿を肛門に押し込んだ。

すかさず「ヒー!」悲鳴と同時に体を震わせ「あっ、あっ!」後は言葉にならない。

それに刺激されたか「私もやりたいな、いいんでしょう?」智恵が狙われた。

「そ、そんな、お尻だなんて!」仰向けの智恵もイヤがるが、四つん這いにされた。

(やめて、イヤです、お尻でセックスなんてイヤ!)腰を押さえられた。

(痛い~!)「ヒ~!」肛門から肉竿を挿入され悲鳴をあげたが「気持ちいいですね」肉竿が深

く押し込まれ動き出した。

「あっ、あっ!」痛みに堪え、乳房を揺らしていると腸内での放出が始まった。

(お尻に出すなんて…)ホッとするのも束の間で「交代しましょう、私も楽しみたいし」また肉

竿が挿入された。

再び動き出す肉竿の痛みに耐えていると、腸内で異様な感じがする。

(イヤよ、お尻に射精だなんて…)顔を歪めて堪え、肉竿が抜かれた。

それでも「お拭きします…」智恵と美紀は肛門を犯した肉竿を丁寧に拭いていく。

「サービスもいいね、これなら申し分ないね」満足げな幹部達に(そうよ、ヌードまで見せたん

だから必ず採用してくださいよ)肉竿を拭き終えると自分の肛門も拭いていく。

「しかし、あんな報告書を書くなんてな。信じられないよ」

「そうですね、チーフの嫌がらせとか思えませんよ。こんないい子なのに」淫裂を指で広げなが

言う。

(そうか、チーフが私達にこんな事をさせたんだ。許さないわ!)心に言い聞かせ、笑顔で淫裂

を触らせていった。

「訓練の成果はわかったよ。明日からはまた戻って貰うよ」

(やったわ、これでスチュワーデスに戻れるわ)「ありがとうございます。今後も頑張ります!」

乳房を揺らせ大きな声で言う2人に「これからも頑張ってくれ」そう言い残して幹部達は帰った。

「良かったな、これも俺のおかげだぞ!」飯塚は智恵と美紀の乳房を撫でだす。

「教官には感謝します」

「そうか、だったらオ○ンコさせてくれ」

「お許しを、お嫁にしてくれるというならいいですが…」

「まだ、バージンにこだわっているのか。そんなの時代遅れだぞ。もっと楽しむんだ、オ○ンコ

をな!」

「でも、そんな事言っても、怖いですし…」俯いたままだ。

「仕方が無いやつだ。後で紹介してやるから喪失してしまえ!」

「そんな、犬や猫でもあるまし…」言葉が途切れてしまった。

智恵と美紀は飯塚の指示で服を役目をしないベルト製の下着を着て訓練室から出た。

 

 訓練センターを出ると久しぶりにあのスナックで飲んだ。

「征子さんが報告書に嫌がらせを書いたみたいね」

「そうみたいよ、悔しいわね、何とかしてやりたいわ」2人が話しを押していると征子が内山と

腕を組んで現れた。

「あら、珍しいわね。再教育がすんだみたいね」

「はい、おかげさまでいい思いをしてきました」

「それは良かったわね、今後も頑張るのよ」征子はわざと内山と仲がいいように見せ付けながら

奥のテーブルに座った。

「何よ、あの態度は!」

「悔しいわね、何とかしたいわ」2人は悔しさを晴らすかのように飲み続けた。

 

 訓練が終わると2人は早速職場復帰して翌日から搭乗が決まった。

「2人が特別訓練を受けるとは信じられなかったよ。でも、報告書が来た以上はね」松島が笑顔

で出迎えた。

「長い間迷惑をおかけしました」2人は早速征子の指揮下に入っていく。

「あら、お二人さんね。迷惑掛けないようにやってね」素っ気なく言う征子だ。

智恵と美紀の乗ったジェット機は札幌と東京を数往復してから羽田に戻ってきた。

「ご利用いただきありがとうございました」乗客に礼を言いながら見送り、乗客が降りると機内

を確認してから乗務員の皆が降りていく。

「松田さん、お話が!」征子に整備士の大森が声を掛けてきた。

「あら大森さん、何の話しかしら?」素っ気ない征子に「返事を、お聞きしたくて!」

「言ったはずよ。内山さんといい仲になったから、おことわりするって!」征子は言い残して歩

いて行く。

「くそ~。後で仕返ししてやる」悔しさを露にする大森だ。

大森は同じ会社の整備士で、以前から征子が好きで交際を申し込んだのだが断られてしまった。

「智恵、あの人大森さんよ、征子さんが好きなんだって!」

「振られたみたいね。でも何とか利用できないかしら?」智恵と美紀は考えた。

「そうよ、征子さんに聞きたい事もあるし。あいつを利用しない手はないね」2人は大森に近づ

いた。

「征子さんに、振られたの?」ニヤニヤしながら声を掛けると「振られたんじゃないよ。こっち

から断ったんだ。」

「うふふ、言い訳はみっともないわよ。それより、これから一緒に飲もうよ」

「いいのか、太田に中里!」

「私達は振られた男性を慰めるやさしいスチュワーデスですよ」3人はターミナルから繁華街に

向かった。

 

 3人はスナックに入った。

「大森さん、そんなに征子さんが好きなの?」

「ああ、好きだよ。でも最近冷たいんだよな」

「好きな人が出来たのよ、パイロットの内山さんよ」

「大森さん、好きだったら強引に奪ってやんなさいよ!」

「そんな事言ったって無理だよ」

「そんな事無いわよ、強引にセックスして、恨みを晴らしてやりなさいよ。それに、妊娠させち

ゃうのよ」

「それはそうなんだけど…」迷う大森に「私達、大森さんを応援するわよ。頑張らないと」けし

かけると「わかったよ、強引にセックスをして妊娠させてやるぞ。征子に思い知らせてやる!」

「そうよ、そうすれば征子さんは内山さんと別れて大森さんに戻ってくるわよ」智恵と美紀は大

森に征子をレイプさせようと企んだ。

大森もその気になって、2人の計画に乗ってしまった。

「約束よ。誰にも言わないって。それに写真を撮った方が良いわね、素っ裸の写真を」

「どうしてだ?」

「だって、写真がある限り、大森さんに従うしかないしね」

「そうだよな、どうせならセックスしている写真も撮りたいな。後で記念になるし」

「そうよ、撮りなさいよ。征子さんの恥ずかしい部分も必ず撮るのよ。弱みを握らないとね」

「オ○ンコもだな。わかったよ、必ずやってやるぞ」

「ちょっと待って。美紀、大事な事を忘れているわ。もう内山さんとセックスできないようにす

るのよ」

「どうやってするんだ、そんな事?」

「簡単よ、ヘアを剃ってしまいなさいよ。恥ずかしくて内山さんに性器を見せられないでしょう」

「そうだよな。ツルツルオ○ンコじゃあ、恥ずかしくて見せられないよな!」大森は機嫌良く飲

み続けた。

 

 スナックで大森と別れた智恵と美紀は同じベッドのなかで抱き合った。

「ねえ、どんなお仕置きをしたらいいのかしら?」智恵は美紀の乳房を揉みながら言う。

「機内で素っ裸なんてどうかしら。面白いと思うのだけど」美紀も智恵の唇を吸う。

そして、淫裂を指が触っていくと「それもいいわね。町中を素っ裸で歩くのも面白いわよ」智恵

も乳房を揉んでいた手が美紀の淫裂に伸びた。

「あ、あ、あ!」「ん、ん、ん!」2人は喘ぎ声を上げ続けた。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next