「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第3話 下着

 

 翌日、智恵と美紀は訓練センターに向かっていた。

「イヤだわ、今日もフルヌードだなんて!」

「私だってイヤよ。どうして裸にならなければいけないのよ!」裸になるのはイヤだが、就職の

当てもあるわけでなく採用されるまでは我慢するしかなく「入ります!」大きな声を上げ訓練室

に入り、鍵を掛けた。

「待っていたぞ。早速訓練だ。まずは素っ裸に慣れる訓練からだ。早く脱ぐんだ!」飯塚の大き

な声が訓練室に響いていく。

「はい、裸になります!」2人は復唱してから服を脱ぎだした。

(裸に慣れる訓練なんて必要ないわよ!)渋々とスーツを脱いで下着姿になっていく。

(これを脱いだらフルヌードになってしまう…)恥ずかしさを堪えてパンティ、ブラジャーと脱

いだ。

「脱いだか、よし、確認だ!」直立した2人の乳房と淫裂を調べていく。

「オ○ンコはしてないな」指で淫裂を広げて調べていく。

「オッパイもいい具合になっているな」両手で乳房を掴み揉みだすが(触らないで下さい!)俯

いたままの2人だ。

「ほら、堅くなったぞ、中里の乳首が。太田のも堅くさせるか」指で2人の乳首を撫でだした。

「ん!」「あ!」2人は自然と声を上げ、同時に乳首が膨らみだす。

(やめて、乳首で遊ばないでよ。堅くなってしまったわよ)乳首が膨らんでいくのは智恵と智子

にもわかっている。

 飯塚は我慢する2人を後目に乳房を味わうと「まずは体力づくりからだ。体を慣らす体操から

始めるぞ!」その言葉で全裸の2人は体操を始めた。

体を動かすたびに乳房が「プルンプルン!」と揺れ動き、足を動かす度に淫裂が覗いている。

「いいぞ、オ○ンコが丸見えだ!」

(イヤ、オ○ンコだなんて言わないで、エロじじい!)黙ったまま体操を続けた。

体操が終わると本来の訓練が始まった。

「いいか、脱出する時はこのレバーを引いてからだぞ。わかっているよな!」

「はい、知っております」

「よし、やって見ろ!」レバーを引き、ハッチを開けていく。

「よし、次だ!」こうして、次々と訓練を続けるが、全裸である事以外は普通の訓練と代わりは

ない。

 

 一通り訓練がすむと飯塚は「これから柔道を行う」と言う。

「柔道ですか?」

「そうだ、服は着なくていい。俺も裸でやるから」飯塚も服を脱ぎだした。

ズボン、パンツも脱いで全裸になったが「教官は脱がなくていいです!」股間の肉竿が膨らんで

いた。

(あんなに、膨らませて…)勃起した肉竿に顔を背けると「お前達だけでは不公平だ、俺も脱が

ないとな」全裸になった3人は畳が敷かれた部屋に入った。

「ほら、これが足払いだぞ!」智恵は腕を掴まれたまま畳の上に倒された。

「こんな事でどうする、ハイジャックされたら格闘できないじゃないか!」飯塚が倒れた智恵に

覆い被さった。

「イヤ、やめて、イヤです、レイプしないで!」声を上げる智恵だ。

「レイプがイヤだったらどうすればいいか考えろ!」飯塚は乳房を掴みながら肉竿を淫裂に押し

つけてきた。

「イヤ、レイプしないで、いやー!」悲鳴を上げながら右手で肉竿を掴んだ進入を防いだ。

「そうだ、それでいい。中里、少しだけ入れさせてくれ!」

「イヤ、セックスはイヤです!」

「訓練拒否か?」

「う、うう!」嗚咽を上げて右手を退けていく。

「安心しろ、先端だけしか入れないから!」肉竿は智恵の淫裂に入っていく。

「ヒー!」(お、オチンチンを入れられた…)痛みに悲鳴を上げる智恵だ。

「痛いか、初めてオ○ンコはもっと痛いぞ。早く慣れろ!」肉竿を抜いてから起きあがった。

「今度は太田だ!」

「いや、いやー!」美紀も足払いされ覆い被さられ、淫裂に肉竿が押し込まれていく。

「入れないで、それ以上は入れないで!」先端が膣に押し当てられた。

「入れないよ、オッパイは構わないだろう?」乳房を揉みながら乳首を吸いだす。

(イヤ、こんなのいや。でもAを貰わないと首になってしまうし…)目を閉じ、淫裂に肉竿が入

ったまま乳房を辱められた。

 

 その後「今度はお前達でやるんだ!」智恵と美紀が腕を組み合っていく。

「イヤー!」2人が同じく畳に倒れた。

「痛くなかった智恵さん?」ぶつかった乳房を撫でる美紀だ。

「私は大丈夫よ、美紀こそ大丈夫だった?」智恵も乳房を撫でていく。

「何だ、そうだったな。しばらく休憩だからやってもいいぞ。やるんだ!」

(許可取れたわ、智恵さん行くわよ!)美紀は智恵に覆い被さり、唇を重ねていく。

「う!」(ダメ、見られているのよ。恥ずかしから、帰ってからしましょうよ。美紀さん!)美

紀の手はもう淫裂に伸びている。

(仕方ないわ、教官が見ているけど)智恵も口づけしたまま淫裂を触っていく。

「いい眺めだ。俺もやりたくなったよ」飯塚も加わった。

(イヤ、オッパイを掴まないで。智恵さんならいいけど)美紀の乳房が触られ、乳首も転がされ

ていく。

「あ、あ、あ!」口が開いて声が上がっている。

 

 2人は転がるようにして、今度は美紀が上になっている。

当然智恵の乳房が露わになって(イヤ、掴まないで、いやよ!)智恵の乳房が掴まれた。

「気持ちいいや、美紀、やるんだ、フェラだよ」

「はい、フェラします!」智恵の上に乗ったまま頭を上げ肉竿を口の中に迎え入れていく。

「いいぞ、そうだ、それでいい!」美紀は智恵の上で馬乗りになっている。

「うぐ、うぐ!」顔を振っていく智恵は美紀に乳房を揉まれている。

「気持ちいいぞ。もっとやるんだ!」振りを早めていくと(何なのよ、これ!)美紀の口の中で

放出が始まり、ドロドロした生臭い液体が漂っていく。

(イヤ、射精だなんてイヤです!)頭を上げたると口から糸を引いている。

「飲むんだ!」

「ゴクン!」(汚いのを飲んでしまった!)

「よくやった、太田。お前もAを付けてやるからな」

「ありがとうございます!」口を手で拭きながら返事した。

 

 その後も2人は全裸のまま訓練を受けて5時になった。

「よし、今日はここまでだ。どうせならエッチな下着でも着てこい。それなら素っ裸よりはまし

だろう」

「エッチな下着ならいいんですか?」

「見えるだけじゃダメだぞ。ほら、ベルトで体を縛ってあるようなやつだよ。本物もロープで縛

ってもいいながな」

「そ、そんな下着なんて売っていません!」パンティを履きながら言う智恵に「それがあるんだ

よ。ポルノショップに!」智恵の乳首を摘みなら言う。

「ん!それを付けばフルヌードにならなくていいんですね…」

「そうだ、それを着ての訓練だからな」

「わかりました、教官」ブラジャーも着けて元通りになった。

「期待しているからな」飯塚は服を着終えると出て行き「ポルノショップだなんて恥ずかしいわ」

「私だってイヤよ。でも素っ裸よりはましだし」

「そうね、これから買いに行きましょうか」服を着込むと2人は繁華街に向かった。

まだ、日が沈んだばかりでまだ明るい。

「飲んでいこうよ、酒で勢いを付けておかないと」

「そうね、でもあの店はイヤよ、あいつがいるから」

「勿論よ、あそこならいいじゃない」2人は初めての店に入って時の過ぎるのを待っていた。

 

 一方、征子は内山とまた飲んでいた。

「今夜も来ないのか。どうかしたのかな?」

「あの2人は当分来れないわよ、訓練センター送りになったから」

「何だ、再教育されているのか」

「そうよ、私がそうさせたの、あんな態度じゃ当然だわ。それより、今夜もいいでしょう?」

「遊びだよ、遊びならいいけど」

「遊びでもいいわ、内山さんに抱かれるなら」

「わかった、それなら安心だ。これから行こう!」2人はいつもの店から繁華街に出て、怪しげ

なネオンが点滅するホテルへと向かっていく。

「見て、智恵、あれは内山さんと征子さんじゃないの?」

「そうだわ、間違いないわ!」2人は肩を寄せ合う2人の後を追った。

(そんな、ホテルだなんて!)2人がラブホテルに入ったのを確認した2人は再び歩き出した。

2人が歩く前にポルノと書かれた看板がある。

「行くわよ、智恵!」

「わかっているわよ、美紀!」2人は覚悟を決めて中に入っていく。

「いらっしゃいませ!」店員は女性だった。

「あの、体を巻き付けるベルトありますか?」

「ベルトですか…。ああ、あれね!」店員はカタログを見せた。

「これでよろしいでしょうか?」カタログを見ると、全裸の女性が革製のベルトを巻き付け、乳

房を絞り込むようにしてある。

さらに太股もベルトが淫裂を引き立たせていた。

(卑猥だわ、これならフルヌードがましよ。でも教官が…)2人は顔を見合わせた。

「それを下さい…」小さな声で言う智恵に「私にも下さい」美紀も小さな声で言う。

「お買いあげですね!」店員が念を押した。

「はい!」首を縦に振る2人に「お買いあげありがとうございます」店員は袋に詰め込んでいく。

「ご使用法も入れて起きます。それから、これをサービスします」ビデオを一緒に入れた。

  

 代金を払うと2人は走るようにして寮に戻り、戻るなり部屋に鍵を掛け袋を開けた。

「着てみるわ」「私も!」2人は服を脱いで全裸になった。

「これをこうするのね」革のベルトを体に巻き付けていく。

「智恵さん、色っぽいわ。性器が可愛いわ」美紀は絨毛に包まれた淫裂を触りだす。

「美紀もよ、オッパイが何とも言えないわ」ベルトが食い込む乳房を触っていく。

「そうだ、ビデオがあったわ」美紀はビデオを再生していく。

「イヤだわ、あんな事をするなんて!」「そうよ、私もイヤよ、ヘアを剃るなんてね」モニター

には女性同士でヘアを剃り合っている。

そして、淫裂がアップに映って「イヤだわ、性器を舌でなめるなんて」2人は肩を寄せ合い見て

いく。

(気持ちいいのかしら、性器をなめらると)手が淫裂に伸びた。

「美紀、してみようか?」

「ええ、してみようよ!」ビデオに興奮して智恵は美紀の股間に顔を埋めて淫裂を舌でなめだし

た。

「あ、あ、あ!」仰向けになった美紀も声を上げ腰が動きだす。

「いいわ、凄くいいわ。智恵、いいわよ!」美紀はピンクの小粒もなめられていった。

「あん、あん、あん!」悶え声を上げていく。

「美紀、どんな感じなの?」

「凄くいいの、してあげるわ」今度は智恵が淫裂をなめられていく。

「あん、あん、あん!」悶え声を上げていく智恵だ。

 

 翌日、2人は買ったばかりの下着を着込んで訓練センターに向かった。

訓練室に入ると服を脱いでベルト姿になった。

「いいよ、これが!」飯塚は2人の乳房と淫裂を触っていく。

「オ○ンコしたいな。やらせろよ!」

「イヤ、セックスはイヤです!」

「ケツでいいから、やらせろ」2人は四つん這いにされた。

「入れないで下さい!」

「そうは行くか!」肛門に肉竿が押し込まれ「ひー!」悲鳴を上げる智恵だ。

「う、動かさないで。ダメ、動かさないで!」歯を食いしばり乳房を揺らしている。

「太田、明日はお前とだからな!」肉竿をピストンしながら言う。

(イヤよ、お尻に入れられるなんて!)顔が引き吊っている。

「イヤ、お尻に出さないで!」突然叫ぶと、肉竿が抜かれた。

「気持ちよかったぞ。オ○ンコと同じだ」汚れた肉竿を拭いていく。

「ハア、ハア、ハア!」肛門から精液を垂らしながらぐったりしている智恵の尻を美紀が拭いて

いく。

(明日は私がお尻にされるのね)泣きたい気持ちを堪えている。

その後は普段通りに訓練が行われて、美紀も翌日肛門を犯されてしまった。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next