「全裸のスチュワーデス」

                                                                   赤星直也

第2話 特別訓練 

 

 「気合いを入れるから、こっちへ来い!」2人は畳が敷かれた道場に連れて行かれた。

「腕立て伏せ20回だ!」

「教官、体操着を持って来ませんでした。明日にしてもらえませんか?」

「バカ野郎、緊急時に明日まで待ってくれと言ったら待ってくれるか。大バカ野郎!」

「申し訳ありませんでした。このままやります!」2人はスーツを着たまま腕立て伏せを始めた。

「1,2,3…」最初は元気が良かったが次第に腕が疲れ手からだが動かない。

「ダメです、もう限界です」20回もできなかった。

「そんな事でどうするんだ。服を脱いでやるんだ!」

「服を脱いだら下着になってしまいます」

「構わん。そうやればできるだろう、脱ぐんだ!」

「イヤです、下着姿だなんていやです!」

「何だ、逆らうのか、仕方ないな、帰っていいよ、訓練を拒否したと報告しておくから」

「それだけはやめて下さい。下着姿になりますから訓練を受けさせて下さい」言い終わらない

内にスカーフを外し、スーツを脱ぎだした。

上着、スカートと脱ぎブラウス、パンスト脱いでパンティとブラジャーだけの姿になった。

(しまった。スケスケを着てたんだ。ヘアとオッパイが見られてしまう…)智恵は恥ずかしそう

に手で乳房と股間を押さえた。

(私もスケスケよ、着るんじゃなかった…)美紀も俯いたまま手で胸と股間を覆っている。

 

 「気を付け!」大きな声が飛んだ。

(は、恥ずかしい、オッパイを見られている!)太股まで伸ばした手が震えている。

飯塚はしっかりと乳房と絨毛を見てから「そんな中途半端だからいい加減な仕事しかできなんだ。

見せたいなら全部見せろ!」全裸を催促する。

「脱いだらフルヌードです。それはできません」両手で胸と股間を押さえ首を振る2人だ。

「だったら、訓練拒否でいいんだな?」

「わかりました。脱ぎますから、見るのは教官だけして下さい」

「誰か来るとまずいのか?」

「ヌードを教官以外に見られるのはイヤです」泣き声になっている。

「わかった、鍵を掛けてやるよ、入って来れないようにな!」飯塚は鍵を掛けて誰も入れないよ

うにした。

(もう、脱ぐしかない。恥ずかしいけど素っ裸にならないと)2人は顔を見合わせ、頷き合って

パンティを掴んで引き下げてた。

「そうだ、いい度胸をしているじゃないか、最初からやればよかったのに」2人が足を上げてパ

ンティから抜く姿を見ている。

(性器を見られた!)太股がブルブル震えている。

パンティを脱ぎ終えると今度はブラジャーを脱いでく。

(フルヌードだわ、これでもう脱ぐのがない)2人は恥ずかしさで目の下が赤く腫れている。

「何だ、恥ずかしいのか、オッパイとオ○ンコを見られたくらいで」

「は、はい。恥ずかしいです」直立したままの2人は小刻みに震えている。

「よし、腕立て伏せのやり直しだ!」全裸になった2人は俯せになり腕立てを始めていく。

「1,2,3…」と始めていくが、腕が疲れてなかなか進まず、それに連れ足が開いていく。

当然後ろに立つ飯塚にはパックリと口を開いた淫裂が見えている。

(性器を見られている…)それでも20回しなければいけないから構ってはいられない。

さらに足を開くと割れ目から肉襞が飛び出ているのが見えるが「19,20!」どうにか腕立て

伏せを20回終え立ち上がり起立していく。

 

 「オ○ンコを見せて貰ったよ。綺麗なオ○ンコだ。今まで何回やったんだ?」

「や、やっていません。処女です!」真っ赤な顔で美紀が言うと「私も処女です。セックスはし

ていません!」智恵も言った。

「そうか、処女か」2人の淫裂を食い入るように見つめて、さらに乳房をじっくり見ている。

「なるほど、処女の訳だ。女同士で楽しんでいるのか。ここに跡があるぞ」乳房に付いたキスマ

ークを触っていく。

「そんな事してません!」乳房を触られた智恵が言うと「嘘付くなよ、こうやって楽しんでいる

だろう」乳房を掴み揉み、乳首を吸った。

それには「あ、だめ、だめです!」慌てて飯塚の頭を押さえた。

「気持ちいいだろう。こうやって楽しんでいるはずだ。お前もな!」

今度は美紀の乳房が掴まれ揉まれ、乳首を吸われた。

美紀も「あ、あ!」声を上げるが(こんな事はいやよ!)「教官、訓練をお願いします」乳首

をこれ以上吸われるのはイヤだから美紀が言う。

「よし、これから訓練だ。おい、オ○ンコを手で隠してどうするんだ。そんな事で勤まると思っ

ているのか!」淫裂を隠す手を退けた。

「どうせなら、もっと見せろ!」淫裂が飯塚の手で広げられていく。

当然「だめ、いやです!」泣き出す智恵に「報告書に書に書かれていいのか、訓練拒否だと!」

「それはいやです!」もう泣き声だ。

「だったら手を退けろ、バージンは破らないから!」恐る恐る手を退けると、飯塚の指が淫裂に

入った。

「あっ、あー!」太股を震わせ(膣の中に指が入っている!)泣き出す智恵だ。

「これで泣くやつがあるか。今度はお前のオ○ンコだ!」美紀の淫裂も広げられ、膣に指を入れ

られて「あっ!」閉じた目からは涙が流れてく。

「オ○ンコはわかった。もう恥ずかしい事はないから隠すなよ」そしてやっと訓練が始まった。

 

 「そんな笑顔で乗客が喜ぶと思っているか!」

「すみません、やり直します」乳房を揺らせながらワゴン車を押していく。

「お飲物は何になさいます?」笑顔で声を掛けた。

「コーヒーがいいな。ついでに生ミルクだ!」

「生ミルクとおっしゃいましても…」

「持ってるじゃないか、ここから出すんだよ!」智恵の乳房が揉まれる。

「やめて、いやー!」

「俺は客だぞ、そんな事でいいのか。オッパイぐらい触らせろ。それにここもだ!」淫裂も触ら

れていく。

「お客様、それで満足いただけましたか?」コーヒーをテーブル置くと「いいよ、ついでに未消

化状態だからやってくれ!」股間を擦り出す。

「イヤ、レイプはイヤ!」逃げようとする智恵に「口でやるんだよ。お前はオッパイとオ○ンコ

を触らせろ!」ファスナーを引き下げ肉竿を取りだした。

「ほら、口でやるんだよ。それとも訓練拒否か?」

「こんな事出来ません。許してください。オッパイと性器は触っても構いませんが…」項垂れて

言う智恵に「やるんだよ、中里。やらなかったら拒否したと報告するぞ」脅しを掛けた。

「わかりました。やりますから、絶対に誰にも言わないと誓ってください」涙を流しながら智恵

が言うと「わかってる、言わないから早くやるんだ」イラだった声になった。

(やるしかないわ、こんな事は許されないのに…)手で肉竿を掴むと口に含んでいく。

「太田、オッパイとオ○ンコを触らせろ!」

(イヤ、性器は触らないでよ!)今にも泣きそうな顔の美紀は乳房を揉まれ、乳首が噛まれる。

「ん、んー!」目を閉じていると淫裂も触れてる。

「ん!」指が淫裂の中に入り動いていく。

「ば、バージンを奪わないで下さい!」

「わかっている。そんな事しないよ。明日はお前が口でやるんだからな」智恵は頭を振り始めた。

「気持ちいい、それでいいんだ!」飯塚が登りつめ「イヤー、こんなのイヤ!」頭を上げた智恵

の口からは白い液体が流れ出ている。

「飲むんだ。俺のザーメンだ。飲むんだよ」

「ゴクン!」(イヤ、こんなの飲みたくないわよ!)不快感が残っている。

「よくやった。今度は離陸する時の説明をしろ!」2人は乳房を揺らせながら特別訓練を受け続

けた。

 

 訓練は5時で終わった。

「今日はここまでだ。よくやったから今日はAを付けてやる。太田もわかったな」

「はい、お口でしますから、絶対に膣へは入れないと誓ってください」泣き声で念を押すと「

わかっている。バージンを奪うような事はしない。やるんだぞ、誰にも言わないから」

「はい、やります」

「よし、服を着ていいぞ。明日も素っ裸でやるから覚悟しておけ!」

(イヤよ、裸で何てイヤです!)黙って服を着ていく2人に「返事はどうした!」罵声が響いた。

「はい、わかりました!」大きな声で返事をする。

「よし、それでいい!」飯塚は出ていき「イヤよ、裸なんて!」パンティを履きながら言う智恵

に「私もイヤよ、ヌードなんて!」美紀もブラジャーに乳房を押し込みながら言う。

2人は制服を着終えると訓練センターからまっすぐ寮に戻っていく。

寮に戻った2人は部屋の浴室でから体を洗っていく。

「オッパイを触られたわ、それに性器まで指が入れられたわ」泣きながら名残を消そうと石鹸で

丁寧に洗っていく。

 

 一方、征子はいつもの店で飲んでいた。

「あら、内山さん、今夜もなの?」

「あれ、征子さんだけか」

「私ではいやですか?」色目を使い内山を誘っていく。

「そう言う訳じゃないよ」慌てる内山に「だったら、ご一緒にいかがですか?」

「そうだね、今日は征子さんと一緒に飲むか」

「あら嬉しいわ、ご一緒だなんて!」征子はわざとスカートの中が見えるように足を組みかえた。

(見えたかしら、今日は黒のパンティよ!)笑顔で何気なく振る舞っている。

(ぱ、パンツが見えたぞ、黒だ!)内山もそれは見た。

(気づいたのね、今度はオッパイよ!)上着のボタンを外し、シャツのボタンも外した。

(どう、これでオッパイの膨らみが見えるでしょう。ハーフカップだからね)征子の乳房の膨ら

みを食い入るように見つめている。

「内山さん、どうせならお隣でいいかしら?」

「いいよ、隣でも!」内山も興奮して声が上擦っている。

隣に座ると乳房がさらに見えて「征子さん、オッパイのサイズはいくつなの?」気になっている。

「イヤだ、内山さんったら。そんな事聞くんだったら手で確かめていいわよ」

「ホントにいいんだね」

「いいわ、その代わり私もいい思いがしたの」それを言い終わらない内に内山の手が乳房を触っ

てる。

(乳首を摘んでいるわ。そんな事より揉んでほしいのに…)目を閉じている征子だ。

(そうよ、オッパイを揉まないとダメよ。それからスカートの中に手を入れて…)気持ちよさそ

うな顔になっている。

「征子さん、今夜は僕に任せてみないかい?」乳房を揉みながら内山が言う。

「任せるって、どんな事なの?」

「こういう事をしようよ!」唇を重ねながら、スカートの中に手を入れて来た。

(そうこなくちゃ、今夜は思い切りエッチをしてやるか!)

「いいわよ、任せるわ」

「だったら行こう、すぐに!」

「わかったわ、待って、行くから」慌てて上着のボタンかけ直していく。

 

 スナックを出た2人は繁華街を歩いていく。

「征子さん、綺麗だよ、今日はいつもと違っているよ」

(当然よ、内山さんとエッチをするんだから!)内山に肩を抱かれて黙ったまま類ていく征子だ。

「ここでいいだろう?」

「任せるわ、内山さんに」2人は怪しげなネオンが点滅するラブホテルに入った。

そして、2人は全裸になって抱き合っていく。

「内山さん、中に出してもいいわよ。出したいんでしょう」

「いいのかい、ホントに出しても?」

「ええ、今日は安心日なの。それに内山さんが望むならだけど…」

「わかった、出すからね」内山は征子の乳房を掴みながら肉竿のピストンを始めた。

「あ、あ、あ~!」淫裂深く肉竿を迎えていく征子は(これで内山さんを頂いたわよ、あんた達

なんか、10年早いのよ!)征子は智恵と美紀の悔しがる顔を思い浮かべながら内山に乳房を揉

まれ「もっと、もっと奥まで入れて!」と声を上げていた。

 

Back】【T o p】【Menu】【Home】【Next