落ち行く女教師
                               赤星直也:作
第1話 桃子の受難

 「はい、息を吸って。はい、吐いて!」白衣を着た医師が、手術台に上がった女性に
言っている。
「フー。スー!」言われた通りに、女性が呼吸をしていく。
手術台に乗っているのは、高校で英語教師をしている相田桃子だ。
桃子は「二重が欲しい!」と前から希望していて、整形手術を受けることにした。
手術を行うのは岸田三郎である。

 普通は看護婦が助手に付くが、今回の手術には看護婦が一人もおらず、 かわって、男
性が白衣を着て、器具の準備をしている。
(麻酔が効いてきたみたい。眠くなってきた…)桃子は意識が遠のいていく。

 それを見て「院長、麻酔が効きましたよ。そろそろ、始めますか?」助手が言う。
「そうだな、そろそろ始めよう。それにしても上玉だぞ、これは!」
「そうですね。顔は申し分なく、スタイルも抜群ですし、やりがいがありますよ」白衣
を着た2人は、事もあろうか桃子のシーツを捲った。

 桃子は学校で着ている、いつものスーツ姿だった。
「院長は上をお願いします。私は下をやりますから」
「わかった、俺は上だな」2人は桃子のスーツを脱がしに掛かり、スカートが下げられ、
足から脱がされていく。
「ほう、白か。まだバージンかも知れないな」真っ白のパンティに思いを巡らしている。

 同時に、上着も脱がされ、ブラウスのボタンも外され脱がされた。
「ブラも白だぞ」桃子はパンティとブラジャーだけの姿にされ、手術台に仰向けになり
寝ている。

 「岸田君、カメラを頼むよ、最初は僕にやらせてくれ」
「わかりました。この次は僕が最初にやりますからね」岸田はビデオカメラを持ち桃子
に向けた。

 「まずは、オ○ンコからだ」真っ白なパンティが引き下げられていく。
「ほう。毛が少ないな、この子は」股間を覆っている絨毛が現れた。
桃子の絨毛は多い方ではなく、淫裂をやっと隠す程度だった。
「オ○ンコが見えそうだぞ」膝まで下げられたパンティが、足首から抜かれて、桃子の
下半身が露わになっている。

 「次はオッパイだ」黒川は背中に両手を回して、ホックを外した。
カップが緩んで、乳房の膨らみが見えてくる。
「かなり大きいな。でかパイかな?」白いブラジャーが掴まれ、剥がされた。

 すると、押さえが緩んで桃子の乳房が、飛び出し揺れていく。
「でかいな、これは楽しみだ」黒川は桃子の腕から、絡まった最後の布を脱がして、全
裸にした。

 だが、桃子は生まれたままの姿にされたのも知らずに眠っている。
「これは楽しみだ、処女かもな」黒川は着ている白衣を脱ぎだす。
一方、岸田は桃子の全裸を、カメラに撮っていて「オ○ンコが覗いていますよ、ヘアが
少ないですね」
「でも、バージンだぞ。やりがいが、あるってもんだ!」

 黒川は、全裸になると桃子の乳房に顔を埋めて、乳房を掴むと揉みだした。
「柔らかいくて、形のいいオッパイだ。オ○ンコも楽しみだな」
黒川が、勃起した肉竿を桃子の淫裂に押し込んでいくと、岸田も逃すまいと、ビデオで
しっかりと撮っている。
肉竿は封印に突き当たったのか「バージンだ。しっかり撮れよ」腰に力を入れ、一気に
肉竿を突き刺した。

 一瞬だが、意識がないのに、桃子の顔が歪んだ。
それと同時に、桃子の淫裂から鮮血が流れ「やっぱりバージンだったのか…」恨めしそ
うに、岸田は犯されている桃子を、カメラに撮っていく。
桃子を犯した黒川は、肉竿の動きを早め「気持ちいい。今度は意識のある時にやりたい
な」腰を振りながら、乳房を掴んで握り締めた。

 「もうすぐだ…」黒川の肉竿の動きが速まり「うー!」黒川が肉竿を押し込んだまま
動きを停めた。
暫くしてから、淫裂からは血の混じった、白い液体が流れ出してきた。
肉竿からの放出を終えると「スッキリしたよ」黒川が肉竿を抜くが、淫裂からは栓を抜
かれたように、どっと、精液と鮮血が流れていく。

 「院長、出しましたね。しかもたっぷりと…」
「ああ、久しぶりだから、たっぷり出たよ」黒川は汚れた自分の肉竿をガーゼで、綺麗
に拭いていく。

 「今度は私がやりますよ」岸田はカメラを黒川に渡し、桃子の淫裂を綺麗にしていく。
淫裂に付いている、鮮血と精液が取り除かれ、それが終わると、岸田も生まれたままの
姿になっていく。
「君は太いね。若いって、いいもんだな」岸田の肉竿はそそり立っていた。

 岸田は乳房を掴みながら、肉竿で淫裂を犯していくが、相変わらず桃子は無表情だ。
意識のないまま、乳房を掴まれ犯されている。
やがて、肉竿を激しくピストンしていた岸田は「うー!」腰を密着させた。
すると、再び淫裂から白い液体が流れてきた。
「すっきりしました」放出を終えると、岸田も起きあがり肉竿を拭いている。

 やがて、桃子の麻酔が切れてきた。
「う、うー!」桃子は淫裂に痛みを感じて「痛い、痛い!」桃子は両手で股間を押さえ
た。
(ヘアだ…。と、いうことは?)「いやー!」麻酔が覚めた桃子は、自分の置かれた立
場を理解できた。
「酷い、レイプだなんて…」泣きながら、両手で胸と股間を押さえた。
そんな、桃子の両手を押さえて、黒川が再び犯しに掛かった。

 「もう一回、やらせてくれ!」
「いや。もう、いや!」再び犯されて、拒む桃子の淫裂には肉竿が食い込んで、顔を歪
めながら、耐えている。
桃子は泣きながらも、どうすることができない。

 「いい、オ○ンコだ。締まりがいいしな…」乳房を掴み、乳首を摘みながら、腰を動
かしている。
「いやー。抜いて!」叫ぶが、再び桃子の体内に黒川が噴射を行った。
(膣の中に出された…)グッタリする桃子だが、辱めはそれで終わりでなかった。

 「俺も、楽しませてもらうよ!」今度は岸田が犯しにかかった。
岸田は嫌がる桃子を四つん這いにした。
「やめて、いやよ!」叫ぶ桃子の淫裂に肉竿が入って「ひー!」悲鳴をあげながら、頭
を左右に振っている。

 「抜いて下さい。お願いですから、抜いて下さい!」
「嫌がるなよ、これがいいんだよ」岸田は桃子の腰を両手で押さえ、肉竿の出し入れを
早めたのか、垂れ下がった桃子の乳房が、前後に揺れ動いている。
(犯された…。しかも、2人に…。それに、ビデオに撮られている…)桃子の目にビデ
オカメラが目に入って「撮らないでー!」むなしく、桃子の叫び声が響いている。
 
 桃子は、その後も黒川と岸田に犯され、解放されたのは夕方で「う、う、ぅぅ!」嗚
咽をあげながら、脱がされた衣服を着込んでいく。
「いいか、警察に訴えてもいいけど、こっちにはビデオがあるんだ。それに、『私、オ
○ンコされました!』なんて言えないだろう?」その言葉に泣き出す桃子だ。

 「このビデオを裏に流したくなかったら、明日、朝の9時に来るんだ。日曜だから来
れるはずだ!」
「来なかったら、これを裏に流すからな!」黒川と岸田は桃子を脅している。
(絶対に訴えてやる。バージンを奪ったくせに脅すなんて!)桃子はスーツを着込むと、
走るように病院から出て行った。

 病院を出た桃子は、迷いながら町中を歩いていた。
「警察署だ!」ふと、見上げるといつの間にか、警察署の前に来ていた。
(どうしよう、訴えたらマスコミの餌食になって、教師も首になるし…)立ち止まって
見上げている。
そんな桃子に「どう、なさいました?」入り口にいた警官が、不審に思って声を掛けて
きた。
「いいえ、なんでも!」桃子は、早足で警察署の前から去った。

 (結局、訴えて困るのは私だし…)考え直したのか、アパートに戻った。
戻るなり「あら、相田さん!」向かいの桂子から挨拶されたが「こんにちわ」桃子は目
を伏せながら、自分の部屋に入り、しっかり鍵を掛けた。

 (汚されたのを、落とさないと…)桃子は衣服を脱ぎ、生まれたままの姿になると、
浴室に入って行く。
「ここを、犯された何て…」淫裂を洗っていくと、犯された事が思い出される。
「う、う、う!」嗚咽を上げながら、淫裂の中を丁寧に洗うが、丁寧に洗っても悪夢が
消えることはなかった。

 翌朝、桃子は寝不足気味で目を覚ました。
「どうしよう。行かないとビデオが裏に流されるし…」不安を抱きながら桃子は着替え
ていく。
そして、黒川に言われた時間に、間に合うように部屋から出ると「あら、相田さん早い
のね」桂子と顔が合ってしまった。
「ええ、ちょっと用事がありまして…」(昨日のレイプは、知らないはずだし…)俯い
てアパートから、犯された黒川の病院に向かう。

 病院に着くと、黒川と岸田の他に人相の悪い男がいる。
「待っていたぞ!」黒川が声を掛けると「この子か、いい顔だな。客に受ける顔をして
いるな」その男は、桃子の顔を撫でていく。
(きっと、やくざだ!)直感が働き「いや。触らないでよ!」その手を押さえた。

 「八幡さん。それよりも、例のビデオを、見てからにしないと…」
「そうだったな」八幡と呼ばれた男は、桃子から手を引いた。
(この人、八幡と言うんだ!)桃子は黒川と岸田に連れられ、車に乗せられた。
「どこに行くのですか?」怯える桃子に「安心しな。殺すようなまねはしないから」車
を運転する八幡は、寂れた道路を走って、ビルの地下駐車場に入った。

 車が停まり「着いたぞ!」八幡は車を降りビルの中に入り、その後を追うようにして
「降りるんだ」黒川にせかされて、桃子も車から降りて歩いて行く。
ビルの中に入ると、そこはスタジオのように思えた。
「何を、させる気なの?」桃子が不安になって聞くと「ちょっと、出演してもらうだけ
だよ」

 それを、聞くなり「帰る!」桃子は逃げようとしたが「そうはいかないぜ。こんな上
玉を逃がしてなるものか。押さえろ!」
八幡の声で、新たに手下が現れ、桃子は簡単に、取り押さえられてしまった。
「準備はできています。早速始めましょう!」桃子は引きずられるように、スタジオに連
れ込まれていく。

 スタジオは、照明が灯され、煌々と桃子を照らしている。
「よし、掛かれ!」その声で、3人が一斉に桃子に襲い掛かった。
「いやよ、やめてよ!」桃子は床に押し倒され、着ていたスーツが脱がされていく。
「やめてー!」叫んで抵抗しても、男3人に掛かっては、どうすることもできず、スー
ツはあっけなく脱がされ、下着姿にされてしまった。

 「いや、やめて~」叫ぶ桃子は、真っ白なパンティを掴まれ、引き下げられた。
股間を覆う布地が無くなり、真っ黒な絨毛が現れた。
「やめて~!」パンティは裏返しになり、膝まで下げられた。
「ほう、オ○ンコはあまり使ってないな。まだ、経験不足だから締まりがいいかも」真
っ黒な絨毛に包まれた、ピンクの淫裂が男達の前で露になっている。
(性器を見られている…)体が震える桃子だ。

 「どれ、オ○ンコをじっくり見せてもらうか!」膝まで下げられたパンティが、更に
下げられ、足から抜かれた。
桃子が身につけているのは、ブラジャーだけになっている。
「いや、やめて!」嫌がる桃子だが、力に任せて両足が開かれ、絨毛に包まれた淫裂が
見えている。
(性器の中まで見られている…)頭の中が真っ白になっている。

 「これも、いらないな」桃子の乳房を隠している、真っ白なブラジャーも剥ぎ取られ
てしまった。
「見ないでよ~!」全裸にされた桃子は抵抗したが、押さえられ、乳房が揺れている。
(素っ裸にされてしまった…)恥ずかしい部分を隠す事ができず、声を上げる事しかで
きない。

 そんな桃子に「ほう、いいオッパイしてるな!」男達は乳房を掴んで揉みだす。
「イヤよ、触らないで~!」淫裂の中まで晒し、乳房を揉まれる恥ずかしい姿が、ビデ
オに撮られている。