Home】 【Menu 「復讐の果てに」

                         赤星直也:作

おことわり

 

    この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。

    また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断り

    します。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が

    与えられますので、ご承知下さい。

 

登場人物 

     桜木研一:元大学生、レイプの前科    白鳥陽子:白鳥財閥の令嬢

     〃 聖子:研一の妹          〃 玲子:陽子の妹 

                        〃 亮太:白鳥財閥の総帥、陽子の父親

 

1 出所後の再開 

 

  いいか、二度と戻って来るんじゃないぞ」

「わかってます。もうこんな刑務所に何か二度と戻りたくありませんよ」刑務官に見送られて一

人の青年が高い塀に囲まれ、厳重に警備されている門から出てきた。

「お兄ちゃん!」まだ若い女性が開いた門から出てきたばかりの青年に詰め寄っていく。

「聖子か、おふくろは元気で暮らしているのか?」その言葉に女性は首を横に振って「お母さん、

亡くなったわ。去年の3月だったけど」青年の胸に泣きついた。

「すまなかったな。俺がバカだった」青年も自分のしたことを後悔した。

「それにしても、陽子だけは許さない。俺を弄んで刑務所送りにさせたんだからな」青年の顔が

怒りの顔になっていく。

 

 出所したのは桜木研一で婦女暴行の罪で6年間刑務所に服役していた。

刑務所では模範囚としてまじめに服役し、その為に懲役6年の刑だったが減刑されて4年での仮

出所となった。

研一が暴行したとされる相手は白鳥財閥の令嬢である陽子だ。

陽子と研一は同じ大学で同じサークルだったために友達の間柄だが、陽子に見合いの話が持ち上

がり、見合いを断るために「私、犯されて結婚できる資格がありません」と父親に嘘をついた。

陽子の嘘を信じ込んだ父親が陽子が研一に犯されたと警察に訴えて刑務所送りとなってしまった。

研一は無実を訴えたが陽子が用意した偽の証拠に勝てず、6年の刑が確定してしまった。

「兄ちゃん、とりあえず私のアパートで生活して」聖子は研一と共に自分の住む東京へと向かっ

て行った。

聖子は東京の外れの住宅地に住んでいる。

「兄ちゃん、疲れたでしょう。風呂を入れるね」聖子はアパートに入るなり風呂を沸かしていく。

「ありがとう、刑務所ではゆっくり風呂には入れないんだ」そう言うと部屋の中を見ていく。

「おふくろ!」研一はタンスの上に置かれた母親の写真を見つけ「許さないぞ、陽子。お前に必

ず復讐してやる!」研一は復讐を1人心に誓った。

「兄ちゃん、沸いたわ。先に入って、着替えも用意して置いたわ」

「悪いな。先に入るよ」

研一は浴室のドアを開けて裸になり、お湯で体を洗って湯船に浸かっていく。

「湯加減はどう?」聖子がガラス戸越しに声を掛ける。

「丁度いいよ」研一は気持ちよさそうに返事をした。

「それじゃ、背中を流してあげる!」

「ありがとう。聖子!」ガラス戸が開いて聖子が入ってきたが「せ、聖子!」聖子の姿を見て驚

いた。

聖子は一糸まとわぬ全裸で両手を下げて隠そうとしない。

Cサイズの乳房、真っ黒の股間が研一の目にはまぶしいほど輝いて見える。

 

 「兄ちゃん、辛かったでしょう。私が慰めてあげる!」聖子は研一の正面に膝を付けて肉竿を

掴んでいく。

「聖子、俺達は血の繋がった兄妹だぞ」研一は聖子をやめさせようとした。

「そんなのどうでもいいの。お兄ちゃん、してあげる」そして勃起している肉竿を口に含んで顔

を前後に振りだした。

「あ、あ、あー!」研一は妹のフェラに自然と登りつめて行った。

「せ、聖子。でちゃうよ!」聖子は慌てて肉竿を口から出した。

そして「兄ちゃん、して。お腹の中にして!」聖子は洗い台に座った研一に抱きついた。

「せ、聖子!」聖子の淫裂に研一の肉竿が入り込んでいく。

「兄ちゃん、暖かいわ。気持ちいい!」実の兄の肉竿が淫裂に入り込んで悶えていく。

聖子は研一の首に両手を掛けて自分から腰を動かしていく。

「兄ちゃん、オッパイを揉んでいいのよ。したことないんでしょう?」

「ああ、いいんだな」「いいわよ」研一は実の妹の乳房を揉みだした。

「い、いいわ」聖子の腰の動きが速まっていった。

「だ、だめだ。聖子、出ちゃうよ!」

「いいのよ、お腹の中に出してもいいのよ」

「いけないよ。僕の子供を妊娠しちゃだめだよ」

「いいのよ。兄ちゃん!」

 

 研一は逃げようとしたがするが聖子が肉竿を淫裂に入れたまま離さなかった。

「でる、でるよ!」研一は必死に堪えるが聖子の膣奥へ射精をしてしまった。

「聖子!」研一はすまなそうに言うと聖子は「いいのよ、兄ちゃん!」悪びれることなく言う。

「どうしてだ?」不思議に思って聞き返した。

「兄ちゃん、私、子供が産めない体にされたのよ。白鳥陽子さんに!」

「何だって!」聖子の告白に驚きの声を上げる研一だ。

「兄ちゃんが服役している間に数回、陽子さんの家に呼ばれたの」

「それで?」

「そこで陽子さんの父親や使用人に幾度も犯されたわ。男ばかりでなく陽子さんにも辱めを受け

たの。そして妊娠したの」

「じゃあ、中絶の失敗でか」

「そうなの。陽子さんに病院に無理に連れていかれて中絶させられたの。それでもう子供が産め

ない体にされたの」

聖子の思わぬ言葉に研一は再び怒りがこみ上げてきた。

「兄ちゃん。もっとしてね!」聖子は乳房を研一の胸に押しつけてくる。

「ああ、本当にいいのかい?」

「ええ、安心して出していいのよ」聖子は研一の背中をさする。

「わかった。もう、一回しようか!」

「ええ、して!」二人は全裸のまま抱き合いながら浴室から寝室に戻ってきた。

そこには聖子が敷いた布団があり、二人は唇を重ねながら愛撫を始めた。

「あん、あん!」悶えながら聖子は淫裂へのピストンを受け入れ、奥まで研一の肉竿が入るよう

に体を思い切り開いている。

「兄ちゃん、いいわ、いいわよ!」研一は4年ぶりに女性を抱いている。

しかし、その相手が実の妹だった。

 

 二人はそんなことのこだわらず愛し合っていく。

「聖子、後ろからさせてくれよ」

「いいわ。四つん這いでしょう」聖子はお尻を研一に向けて四つん這いになった。

「行くよ」研一は聖子の腰をしっかりと両手で押さえながら肉竿でピストンを始めていく。

「あ、あん、あんー!」聖子は淫裂から蜜を出しながら悶えた。

「聖子!」研一は再び聖子の膣深く精液を送り込み、聖子の淫裂からは白い精液が太股まで垂れ

ている。

「兄ちゃん。久しぶりですっきりした?」聖子が淫裂にタオルを当てながら研一に尋ねると「聖

子。ゴメンな。俺のせいで」「兄ちゃんのせいじゃないわ。白鳥陽子さんが悪いのよ」聖子は立

ち上がって浴室に向かった。

(どうしたら陽子に復讐できるなだろう?)研一は布団の中で考えている。

しかし、睡魔が襲っい、久しぶりのふっくらした布団の中で意識が徐々に薄れていった。

 

2 身辺調査

 

 研一は「カタカタ」と聖子の持った包丁がまな板に当たる音で目が覚めた。

「あら、起きたの」聖子が朝食を作っていた。

「悪いな」研一は布団を退けたが、全裸だったので股間の朝立ちの肉竿がそそり立っているのが

聖子に見えた。

「兄ちゃん、まだ溜まっているのね。抜いてあげる」聖子が研一の布団に入ってきた。

「聖子、男は朝は必ず立つんだよ」

「たまってるんじゃないの?」

「男の生理現象なんだ。溜まってるんじゃないよ。それに、朝に立たないのは異常なんだ」

「そうなの。4年間だからたまっているのかと思って。でも、今夜もしてね」

「ああ、してあげるよ。それより、本当に妊娠しないのか?」

「ええ、病院で何回も見てもらったから間違いないわ。私、陽子さんが憎いの」

「聖子、俺も陽子が憎い。復讐をしたいよ」

「兄ちゃん、陽子さんに復讐をしよう!」聖子は研一に話しかけた。

「わかった。俺も言おうと思っていたんだ」二人は心を一つにして陽子への復讐が決まった。

「まずは陽子の身辺調査からはじめないとな」

「でも、兄ちゃんが出所したのを知ってるから危険よ」

「そうだな、まずは変装してからだよな」

「私言い考えがある。兄ちゃん、女になりなさいよ」

「そうか、名案だな!」

 

 研一は陽子に言われて女装していく。

「これ、きついわね。でも、我慢してね」聖子は母の形見の服を研一に着せていく。

「ほら、立派な女性よ」姿見を覗き込むとスカートからすね毛の剃られた足は女性の足と同じだ。

胸も膨らみ、顔に化粧を施し美人とは言えないが立派な女性になっている。

「それじゃ、調査を始めましょう。それに買い物もね」聖子と研一は連れ添ってアパートから出

ていった。

二人はまず白鳥の家から調査を始めた。

「ほら、出ていったわ。あれが陽子さんよ」陽子は数人の見送りで車に乗って走り去った。

「きっと、白鳥学園よ。アソコの理事長をしてるから」

「行ってみよう!」研一は聖子の後を追うように付いていく。

バスと電車を乗り継いで1時間程で白鳥学園と書かれた校門の所まで来た。

校庭には女子生徒が動き回っているが、白鳥学園は女子だけの高校である。

二人は陽子が乗っている車を見つけた。

「ねえ、車がないと無理ね」

「そうだな。車の免許を取るしかないか」

「そう、しないさいよ。30万は私が用意して置くから」

「聖子、すまないな。必ず返すからな」

 

 翌日から、研一は自動車教習所に通っている。

服役中に免許が失効したための再取得となっていて、教習を終えると女装して陽子の様子を調べ

回っているが、その間に聖子は働いている。

聖子は兄が犯罪者ということでまともな仕事などなく水商売をしていた。

昼間は研一の世話をし、夜になると働きに出かけていく。

そんな生活も1ヶ月ほど過ぎた。

「ほら、免許証だ」研一は聖子に見せびらかす。

「それじゃ、いよいよ実行ね」

「ああ、聖子も忙しくなるぞ」

「そうだよね、兄ちゃん、暫くできなくなるからして欲しいの」聖子は来ている服を脱いでいく。

「綺麗だよ、聖子!」研一が聖子の胸を撫でると「兄ちゃん!」聖子はブラジャーを外して乳房

を揉ませている。

「して、いっぱいして!」さらにスカートを脱いぐと真っ白なレースのパンティからは絨毛がは

みでている。

「兄ちゃんがしたい事をしてもいいわよ」研一は「ゴクン!」と生唾を飲んで聖子のパンティを

引き下げていく。

聖子が片足ずつ上げて、生まれたままの姿になると黒の絨毛に包まれた淫裂が顔の前にある。 

「これがクリトリスか?」

「そうよ、クリトリスよ」研一は包皮を捲ってピンクの突起を撫でた。

「い、いいわ。感じていく!」聖子の太股が震えて、淫裂がパクパクと動いている。

「ヘアーが邪魔だな。剃るぞ!」

「いいわ、兄ちゃんがしたいようにしていい」研一はハサミで絨毛を短く切っていく。

(恥ずかしいけど、変な感じだわ)聖子は絨毛を切られていくが快感が芽生えていく。

絨毛を切り終えると女性用シェーバーで剃りだした。

(か、感じるわ…)振動が淫裂を快く刺激している。

「聖子、汁がでているよ」

「兄ちゃん、早く入れて。欲しいの!」

「わかった、直ぐ終わるから」

 

 研一はシェーバーを置いて聖子を仰向けに寝かせた。

そして服を素早く脱いで勃起している肉竿をゆっくり挿入していく。

「いいわ、奥まで突いて!」

「今日も出すよ」

「ええ、中に出してもいいわよ」肉竿のピストンが始まった。

「あん、あん!」聖子の悶える声が部屋に響いている。

「クシュ、クシュ」と淫裂も音をあげ研一も頂点に登りきっている。

「でる、でる!」それと共に動きを止め「暖かい、兄ちゃん!」聖子は膣奥で研一の精液を感じ

ている。

「よかったわ!」聖子は研一を抱きしめて研一を離そうとしない。

淫裂からは白い液体が流れているが、二人は暫く黙ったままだった。

「聖子、車が欲しいが買えるか?」研一がぽつりと言う。

「お金なら心配入らないわ」

「そうか、安心だ。それに隠れ家が必要となるな」

「それならいいのがあるの。空き家が安く借りられるから」

「じゃあ、復讐の計画を立てる時期だな」

「もう、引けないわね」

「そうだ、後には引けない!」研一と聖子は陽子への復讐計画を練った。

「まずは、誘拐をしないとね」

「その後が問題だ。警察に知られないように隠れ家まで運ぶんだ」

「復讐はどんな方法なの?」

「令嬢の一番恥ずかしい姿を見せるんだ。大勢の前でな」

「それだけじゃ、だめよ。裏ビデオを流さないと。それに、二度と理事長になれないようにしな

いと!」

「聖子、何か考えがあるのか?」

「ええ、最も恥ずかしい思いをさせて二度と立ち上がれないようにしてやるわ」聖子は天井を見

つめている。

 

3 誘拐とレイプ

 

 研一は女装して陽子の後を追い続け、週に一回買い物をする事を突き止めた。

そのチャンスを狙って誘拐する計画を立てていく。

そして、その日が来た。

何も知らない陽子は買い物を終えて駐車場に戻ってきた。

「あのー失礼ですが白鳥陽子さんでは?」それは女装した研一だった。

声も練習して女性になっている。

「はい、白鳥ですが?」まだ気が付かない陽子は素直に返事をした。

「実はこれを見て欲しくて!」研一がハンカチを取りだし差し出すと「何かしら?」陽子がじ

っと見つめる。

(今だ!)研一がハンカチを陽子の顔に押し当てた。

「う、うー!」一瞬の事だった。

陽子は得体の知れない臭いを感じ(アルコールの臭いだわ)陽子はエーテルを吸い込み意識を失

って崩れていく。

「陽子さん、しっかりしなさいよ」研一は陽子を車に押し込んで走りだす。

(兄ちゃん、うまくやったわね)その後を聖子が車で追いかけた。

研一は2時間ほど車を飛ばして売れ残った住宅が建ち並ぶ住宅街を走っている。

無人の住宅が並んでいるので人と会うことはなかった。

研一は隠れ家に入り聖子もその後に続き、陽子の車をガレージの中にしまい込んむ。

「これでいいだろう」車を降りてぐったりと眠っている陽子を肩に乗せて家の中に入った。

 

 家の中に入ると研一は陽子の着ている服を脱がしていく。

「さすがにいい生地だわ」聖子もそれを見守ると陽子は真っ白なお揃いの下着だった。

「シルクね。さすがだわ」聖子は陽子のパンティを下げるとの手入れされた絨毛が現れた。

「お嬢さんとなると違うわね。手入れをしてあるわ」絨毛はビキニラインに沿って手入れされて

いて、群からはみ出た絨毛は一本のない。

「オッパイはどうかな?」研一がブラジャーのホックを外すとカップからCサイズの乳房が飛び

出した。

「大きいわね。それに柔らかそうだわ」聖子は陽子の乳房を揉んでいく。

「あら、乳首が堅くなっていく!」無意識の陽子だが乳首が勃起していく。

「それよりもアソコを丸見えにしよう」研一は聖子に言うと「そうね。丸見えにしないと」聖子

はバックからカミソリと髭剃り用スプレイを取り出した。

「兄ちゃん、剃るわよ」聖子が陽子の手入れされている絨毛にムースを掛けると真っ白な泡が黒

い絨毛を覆っていく。

その後、カミソリでその絨毛を剃っていくと絨毛は見る間に面積が狭くなっていた。

淫裂周辺は綺麗に剃られて、ピンクの肉襞が淫裂から2枚飛び出している。

「綺麗なピンクだわ」聖子は手を休めてクリトリスの包皮を捲った。

「ここもピンクね!」陽子の体をチェックしているかのようだ。

聖子は確認しながらも股間の絨毛を全て剃った。

「兄ちゃん、済んだわよ。陽子さんとする?」

「今はだめだ。目が覚めてから犯す」

「そうよね、泣きわめく姿を撮さないとね」聖子と研一は眠ったままの陽子を縛り付けていく。

両足は開かされ、両手もバンザイする格好でだ。

 

 「しばらく待つしかないな!」研一はその間にもビデオをセットしていき、準備が完了したの

は1時間ほどたってからだ。

「兄ちゃん、コーヒーよ!」聖子がコーヒーを運んできた。

それと同時に陽子もどうにか意識が戻ってきたらしく「う、うー!」うなり声を上げている。

「あら、お目覚めね」聖子は濡れたタオルで陽子の顔を拭いていく。

「ここはどこ?」意識の戻った陽子は周りを見つめて言うと「ここは隠れ家だよ」女装をとって

男姿になった研一が立っている。

「研一さん!」陽子は脅えた顔になって、手足を動かそうとしたが両手、両足が縛られれている

のに気が付いた。

「解いて、研一さん!」陽子は全裸にされたのにも気が付き必死になって暴れている。

「だめだ。あんたには償って貰わないと!」研一は陽子の乳房を揉みだした。

「いやー。触らないで!」顔をしかめながら悲鳴をあげていく。

「そうよ。レイプビデオはそうでなくちゃ!」聖子がビデオをもって撮している。

撮されている映像がテレビにモニターされているから「いや、撮らないで!」自分の恥ずかしい

姿を見た陽子は自由が効く首を必死に振って抵抗をしている。

研一はゆっくりと乳房を揉んでいき、時折乳首を摘んだ。

(このままだったら、必ずレイプされるわ)陽子は「お願い、解いて。お金だったらいくらでも

差し上げます」と言い出した。

 

 「相変わらずお金か。俺はあんたに復讐するんだ。オ○ンコでな!」研一は陽子の頬を軽く叩

いた。

「いや、犯さないで!」泣き出す陽子だが、研一はズボンを脱ぎパンツを脱いで全裸になった。

(いや、あんなのが入ったら裂けちゃう!)陽子は研一の太い肉竿に脅えている。

「恐いのか、入りやすくしてやるからな」研一は陽子の膣に指でゼリーを塗っていく。

冷たい感触が陽子の淫裂を覆っているが、研一は丁寧に塗っている。

「いや、触らないで!」悲鳴をあげるが研一の指は膣の肉壁を撫でていく。

「いやよ、指を入れないで!」淫裂に入る指を拒んでいるが、無視して淫裂の肉襞にゼリーを塗

り終えると再び陽子の覆いかぶさった。

そして、勃起している肉竿をゆっくり陽子の淫裂に押し込んでいく。

「ヒー!」悲鳴をあげる陽子だ。

モニターにも淫裂に入り込んでいく肉竿の様子が映し出されている。

(犯されてしまう…)陽子はモニターを見ながら泣き出した。

「まだ、経験してないんだな」研一は陽子がまだ処女なのに気づいた。

「お願い、今までのことは謝るから許して下さい」

「いや、許せない。僕は4年間、服役していたんだ」研一の勃起した肉竿が陽子の処女膜を簡単

に貫いた。

「痛い~!」悲鳴をあげると同時に処女喪失の赤い印が流れ出た。

「陽子さん、処女だったんだ。これで私と同じね」ビデオを撮っている聖子が言い放つ。

しかし、ショックで陽子は放心状態だ。

「とりあえず、綺麗にしてからもう一回だ」研一は陽子の処女喪失の印をタオルで拭いていく。

勿論、自分の勃起している肉竿も拭いた。

「それじゃ、もう一回だ」

 

 研一は再び肉竿を挿入していく。

「裂ける!」肉竿が根本まで入り込むとピストンを始めた。

「ひー!」陽子は悲鳴をあげ続けているが右手で乳房も掴んでピストンをしていく。

(焼けるように熱いわ。これがセックスなんだ)処女を失った陽子は暖かい研一の肉竿を胎内に

迎え入れている。

ピストンを続けると登りつめて「陽子、中に射精するからな」「いや、お願いです。それだけは

許して下さい」泣き声になっている。

「でも、お前の親父は射精したろう」

「あれは謝ります。ですから許して下さい」泣き叫ぶ陽子だ。

「ダメだ、だすぞ」研一はピストンを止めて身震いを始めた。

「いやー!」陽子は膣の中に暖かい液体が送り込まれたのがわかり、射精と同時に淫裂からは白

い液体が流れ出た。

 

4 レイプ志願?

 

 研一は起きあがり、立っているが陽子は犯されたショックで放心状態だ。

「陽子さん。確かに処女は頂きましたよ、これからは恥ずかしい事をして貰いますからね」研一

は陽子の淫裂から流れ出た精液を拭き取っていく。

「もう、起きなさいよ」ビデオを取り終えた聖子は無理に立ち上げた。

「乱暴はしないで!」後ろ手に縛られた陽子は抵抗燃せず起きあがった。

「それじゃ、これを着てもらうか!」研一は全裸の陽子に用意して置いたレインコートを着せた。

しかし、ボタンは一つしか掛けないから乳房が半分覗いていた。

「これから行くか!」研一は陽子を後ろから押して外に出ていき、聖子も後から付いてきた。

「どこへ行くんですか?」不安げに聞き返す陽子に「なあに、散歩程度ですから!」研一は軽く

言う。

3人は聖子の運転する車に乗って走り、10分ほどで道路の建設現場に着いた。

そこには5人ほどの男性が機械を使って地面を削っている。

「降りるんだ!」「いやよ、オッパイが見えてる!」

「オッパイがイヤならオ○ンコを見せよう!」研一は陽子の着ているコートのボタンを外して肩

から脱がせた。

陽子は一糸まとわぬ全裸になり、乳首が堅く勃起している。

「いやー!」全裸にされた陽子は恥ずかしさで叫んだ。

 

 しかし、研一は容赦なく全裸の陽子を車から引き下ろし、工事現場に連れていく。

「いや、見ないで!」陽子の叫び声に機械を運転していた労働者も気づいて操作を止め陽子の方

に近寄ってきた。

「ほう、いいお乳とオ○ンコだな」「やりたいな!」5人の股間が大きく膨らんでいる。

「1万でやらせてやるよ。中だしもいいぞ」

「本当か?病気は持ってないだろうな」

「勿論だ。いいとこのお嬢さんで犯されるのが趣味なんだからな」

「そうか、変態か。じゃあ、1万だ。やるぞ」金を渡すと嫌がる陽子をプレハブの中に連れ込ん

でいった。

「いやー。やめて!」プレハブから陽子の悲鳴が聞こえてくる。

「俺にもやらせてくれ!」「俺もだ」男達は次々と研一に1万円を渡してプレハブに向かって走

っていった。

「聖子、見てみようか」研一と聖子もプレハブに向かって歩いていく。

 

 プレハブの中では陽子は仰向けにされて男達に犯されていた。

「いやよ!」泣きながらもピストンされて、別な男達は乳房を揉んでいる。

「楽しそうだね。たっぷり楽しんで下さいよ。滅多にない機会ですから」見下して研一が言う。

「いや、助けて!」

「何行ってるの。犯されたいと言ってたでしょう?」

「そんなこと言ってません!」陽子が言い返すが男達は陽子の全裸にむさぼり付いていく。

「でる、でる!」陽子は見ず知らずの男に子宮深く射精されてしまった。

(射精されたわ!)陽子は泣き出した。

「今度は俺だ!」

「いや、もう許して!」

「金は払ったんだ。オ○ンコをやらせろ!」別な男がピストンを始めていく。

陽子はもう、暴れる気もなくなって男達にされるがままで、男達は次々と陽子の膣深く射精をし

ていき、最後の5人目も陽子の膣内に射精をした。

陽子の無毛の淫裂からは白い液が流れていて「どうお、私もこうされたのよ。あなた達に!」聖

子は陽子の乳房を靴で踏みつけた。

「い、痛い。謝りますから許して下さい!」苦痛で顔を歪めながら陽子が謝る。

「これくらいじゃ、許さないわよ。起きなさいよ!」聖子は陽子の髪の毛を引き上げていく。

「痛い!」悲鳴をあげながら起きあがる陽子だ。

 

 全裸の陽子は再び車に乗せられて隠れ家に戻って来た。

「どうだ、レイプされた感想は?」研一は陽子に尋ねると「お願いです。もう、許して下さい。

賠償しますから」

「陽子さん、お金じゃないの。欲しいのはあなたの誠意なの」

「ですから、こうして謝ってます。賠償もします」泣き声で陽子が言う。

「わかってないわね。もっと、恥ずかしい事をして貰うしかないわね」

「そのようだな!」その言葉に顔を引き吊らせていくようこだ。

「とりあえず、今日はこれだけだけど、明日はきついからな!」研一は陽子を縛ってある紐を解

いて自由にした。

「陽子さん、逃げるなよ。部屋には鍵を掛けて置くからな」

「に、逃げませんよ」見透かされて動揺する陽子だ。

「それから、自宅に電話をしないとだめだ。怪しまれるからな」研一は携帯電話を渡した。

「いいな、変なことを言ったらこのビデオを裏に売るからな」脅しを掛ける。

「わかってます…」陽子はボタンを押して自宅に電話を掛けている。

「あ、お父さん。今夜はお友達の家に泊まるから帰らないからね」陽子は研一に言われたとおり

に怪しまれないように電話を掛けた。

「よし、今夜はゆっくり眠りな。風呂も沸いているぞ」研一は陽子を浴室に連れていく。

陽子は浴室で犯された淫裂を丁寧に洗っていくと「お父さん!」悔しさがこみ上げて泣き出した。

無毛の淫裂を泣きながら丁寧に洗っていく。

(私はもう、お嫁に行けない体なんだ…)そんな思いで襞から膣の中まで洗っていた。

浴室から戻った陽子は逃げれないように衣服は与えられず、全裸のままで部屋の外から鍵が掛け

られた。

 

 その夜はなかなか寝付かれない陽子だった。

(どうしよう。ヌードでは外にも出れないし、明日は何をされるのかしら?)不安な陽子だった。

いろいろと考えたがいい案が浮かばない。

(連絡を取りたいけどどうしたらいいのかしら?)そんなことを考えたが結局、眠れないまま朝

を迎えた。

ドアが開いて「そう、ぐっすり眠れたかしら?」聖子が朝食を持ってきて、陽子はそれをむさぼ

るように食べた。

「お腹いっぱい食べてね。今日はがんばって貰わないと」研一と聖子の企みを知らない陽子は出

された朝食を全て食べた。

「それじゃ、行こうか。その前に逃げられないようにと」

「いや、もう、縛らないでください」しかし、研一は陽子の両手を後ろ手にして縛った。

そして、昨日のコートを肩に掛けると「今日は全部掛けてやるから」3個のボタン全て掛けた。

それが終わると研一は陽子と聖子を後ろ座席に乗せて走らせていく。

「どこに行くの?」不安げに陽子は尋ねるが「行けばわかるよ」研一はそれだけ言って後は何

も言わない。

車はいつしか高級マンションが立ち並ぶ住宅街を走っていた。

 

5 脅迫

 

 研一は立ち並ぶマンションの前で車を止めた。

「降りるぞ」「ここは、玲子が住んでいるところだわ」

「そうよ。玲子さんが住んでいるところよ」

「お願い、玲子は関係ないわ。許して下さい」

「それは陽子さん次第よ」聖子が歩きながら答えていく。

3人は管理人に挨拶してからエレベーターに乗って陽子の住む部屋に向かった。

まだ8時ということで人とは会うこともなく玲子の住む部屋までこれた。

「ここね。じゃあ、ヌードよ」聖子は陽子の着ているコートのボタンを全て外した。

「いや、妹にはみられたくない!」顔をそむけている陽子だ。

コートは肩に辛うじて止まっているが、正面からだと陽子のヌード姿がまともに見られ、昨日剃

ったばかりの股間にはごま塩のように絨毛が生え始めている。

「いいな、お前が出るんだ。早くしないと、お前のヌード姿を通りすがりにも見られるからな」

研一はチャイムを押した。

(玲子、早く出て!)陽子は長く感じられた。

乳房と淫裂を晒した姿を見ず知らずの通行人には見られたくなかったからだ。

「どちらさまですか?」

「玲子、私よ、陽子よ。早く開けて!」

「あ、お姉さん、待って、今開ける」ドアの鍵が外された。

それと同時に隣のドアの鍵も外された。

(早くしてよ、ヌード姿を見られるのよ)ドアが開くと同時に陽子は飛び込んだ。

それと同時に聖子と研一も飛び込みドアを締めてしっかり鍵を掛けた。

 何も知らない玲子は「姉さん、どうしたの?」陽子を見るなり驚きの声を上げた。

陽子は肩からコートが外れて一糸まとわぬ全裸姿になっていた。

「こ、これには訳があるの」両手を縛られて乳房と無毛の股間を実の妹の前に晒している。

「姉さん、素っ裸じゃないの。それにヘアまで剃って恥ずかしくないの?」妹に言われ顔が赤ら

むが乳房と股間を隠したくても、両手を後ろ手に縛られてはどうすることもできない。

「そう言うなよ。姉さんが可愛そうだ。それにあんたもこうなるんだ」

 

 研一はナイフを玲子も頬に押し当てた。

「妹にはしないで」「傷はつけないよ。でも妹さんしだいだ」

「わ、わかったわ。乱暴はしないで」

「良い子だ。さっそくヌードになって貰おうか」研一はナイフを玲子から陽子の胸に押しつけた。

「速く脱ぎなさいよ」聖子がビデオを手に持って言うと「わかったわよ。脱げばいいんでしょう」

玲子は着ているパジャマを脱ぎだした。

お揃いの淡いブルーのパンティとブラジャーになると背中を向けてブラジャーを外そうとした。

「だめ、こっちを向いて脱ぐのよ」仕方なく玲子は振り向いて背中のホックを外した。

カップから乳房が揺れて飛び出し、恥ずかしさで顔が赤らんでいる。

さらに両手を下げてブラジャーを腕から抜いて上半身を隠す物は何もない。

次に玲子は両手をパンティにやって膝まで下げ真っ黒な絨毛を露わにする。

(恥ずかしい。でもお姉さんが!)玲子はパンティから片足ずつ上げて抜いていく。

足が抜かれたパンティは小さな布きれとなってしまった。

(恥ずかしい…)玲子が両手で胸と股間を隠すと「手をどけなさいよ」ビデオを撮っている聖子

が怒鳴る。

玲子はゆっくり両手を退けて後ろにやと「陽子と違って、びっしり生えているな」研一は玲子の

股間を撫でた。

「触らないで下さい」玲子は研一の手を退けた。

 

 「姉妹そろってわからないやつだな。仕方ないか」研一はポケットから紐を取り出して玲子も

陽子同様に後ろ手にして両手の自由を奪った。

「どうして、こんな事をするのよ。恨みでもあるの?」何も知らない玲子は研一に尋ねた。

「陽子、玲子に教えてやれよ。お前が俺にしたことを!」研一は玲子の乳房を揉みながらいう。

「ご免なさい。私は研一さんにとんでもない罪を負わせたの」陽子は泣きながら玲子に自分が無

実の罪を被せた事を説明していく。

そればかりでなく聖子に対する陵辱も説明した。

「お姉さん、ひどいわ。それじゃあ、あんまりだわ」玲子は陽子を責めた。

「ご免なさい、もうしません!」

「遅いわよ。私は子供を産めない体にされたのよ」聖子が怒鳴った。

「とにかく、玲子さん、そう言うわけだ。あんたは人質になって貰うからね」

「私をレイプするの?」脅えた顔で玲子が研一に尋ねる。

「それは、お姉さん次第だ」研一は玲子の乳首を吸いながら淫裂を撫でている。

「だめ、そこはだめ!」乳首を吸われた玲子はうわずった声になっていた。

「どうしたら許してもらえますか?」泣きながら陽子は叫んだ。

「とりあえず、今日一日は素っ裸で仕事をするんだ。それから、生徒のまで自分の犯した罪をわ

びるんだ」顔が引き吊る陽子だ。

「それじゃ、私の人生がダメになってしまう」

「俺はもうダメになったよ。ムショ帰りというレッテルも貼られたしな!」研一の言葉に泣き出

す陽子だ。

「いいな、いやなら、妹も犯すからな」研一はファスナーを下げて肉竿を取りだし立っている玲

子の背後から淫裂に押しつける。

「いや、入れないで!」玲子の淫裂に研一の熱い肉竿が入ろうとしている。

「やめて、ヌードで過ごします。それに犯した罪も説明しますから妹は犯さないで下さい」陽子

は覚悟を決めた。

(もう、どうなってもいいわ。妹だけは巻き込みたくない!)

 

 「それじゃ、いこうか。陽子さん」聖子は陽子の縛られている紐を解いていく。

「いいか、逃げたり、変なことをしたら妹を犯すからな」

「わかってます」

「姉さん、罪を償うのよ、わかった?」妹に言われて唇を噛みしめる陽子だ。

陽子はコートだけを着込むと「陽子さん、私が約束を守るかどうか見守るからね。それに兄ちゃ

んとは連絡をし合うから」携帯電話を陽子に見せた。

(ごまかせないわ。これでは!)陽子は緊張した顔になっている。

陽子と聖子は玲子の部屋から出ていき、残された研一と玲子は向かい合っている。

「いい体付きだな。やりたくなったよ」思わず研一が言うと「い、いやよ。お姉ちゃんとしたん

でしょう」

「そう、嫌うなよ」玲子の乳房を揉みながら乳首を吸った。

「い、いやー!」玲子は拒むが(気持ちいい、これがセックスなのね)目が虚ろになっていく。

研一は乳房から淫裂へと手を伸ばした。

「あっ!」指が膣の入口に当たり「犯さないで!」喘ぎながら玲子は言う。

「わかっているよ。まだ処女なんだな」玲子は思わず顔が赤らんだ。

 

6 ヌードの全校集会

 

 一方、陽子は聖子と共に白鳥学園の校門をくぐっていた。

「おはようございます」生徒達が理事長の陽子に挨拶をしていき、陽子も「おはようと!」と言

い返す。

生徒は陽子のコートに不審な顔をしているが何事もなかったように通り過ぎていく。

「理事長、おはようございます」

「教頭先生、今日も全校集会がありますよね」

「はい、これから体育館でやりますが何か?」

「いいえ、何でもないの」陽子は慌てて言う。

「それじゃ、行きましょうか」陽子は教頭に連れられて体育館に入った。

体育館では生徒達が整列をしている。

「それでは全体集会を始めます。理事長、訓辞をお願いします」教頭が開始を告げた。

(こんな大勢の前でヌードになるのね)深く息を吸ってから陽子は舞台に上がった。

舞台に立つと陽子は「皆さん、昔、私はとんでもない罪を犯してしまったんです」それには、ざ

わめく生徒達だが、なおも無実の罪で刑務所に送った事も告げた。

生徒達はがやがやと雑談を始め「静かにしなさい!」陽子は生徒達を叱って背中を向けボタンを

外していく。

(そうよ、早くあなたの恥ずかしい姿をさらしなさい)聖子はじっと見つめている。

ボタンを外し終えると一気にコートを脱いだ。

「きゃー!」「ヌードだわ!」生徒の間から悲鳴が上がっていく。

 

 陽子が振り向き、自分の全てを見せると「ヘアが生えてない!」股間のパックリと割れた淫裂

に驚きの声があがる。

「罪滅ぼしに、ヘアを剃って坊主になりました。今日一日はこのヌード姿で過ごします」

「えー!」生徒の間から驚きの声があがり、教師からもあがった。

陽子は両手を後ろにやって乳房と淫裂を堂々と見せた。

恥ずかしさで乳首が大きく勃起し、淫裂からは2枚の肉襞が飛び出ている。

男子教師は(すげえ、オッパイとオ○ンコを丸出しにするなんて!)(やりたい。理事長とオ○

ンコやりたい)股間が大きく膨らんでいる。

陽子のヌードに男子教師は皆が興奮しているが、訓辞を行って舞台から降り職員室に向かい、乳

房を揺らせながら歩いている。

校長も後から付いていくが「理事長、ヌードはいけません。教育上いけません」「いいのよ。罪

滅ぼしなんだから」陽子はヌードで過ごすことを決めた。

職員室に入ってから陽子は教師達を待つと教師の全員が職員室に集まった。

「皆さん、先ほど言った通りです。私は今日一日このままで過ごします」

「でも、来客が会ったらどうなさいます?」

「いいんです。その時はヌードで対応しますから」作り笑いをする陽子だ。

そしていつものように訓辞を行ってから理事長室に向かって歩いていく。

(恥ずかしかった…)理事長室に入るとドアを締めてソファーに座った。

「どうでした。ヌードを見られた感想は?」聖子が入ってきた。

「恥ずかしいです。でも今日一日はこのまま過ごします。約束ですから」

「兄ちゃんも約束を守っているわよ」

「それを聞いて安心したわ」二人が話をしていると、ドアが開いて「理事長、ここに印鑑をお願

いします」まだ若い男の事務員が入ってきた。

「ここね」陽子は机から印鑑を取り出すが、事務員は陽子の乳房を食い入るように見つめている。

(オッパイを見られている…)知らない振りする陽子だが顔が赤らんでいく。

「理事長、オッパイを触らせて上げなさいよ。かわいそうにあんなに膨らんでいるのよ」確かに

事務員の股間が大きく膨らんでいる。

「オッパイだけよ。それ以外を触らないで」

「いいんですか!」事務員は笑顔になった。

印鑑を押し終えると陽子は立ち上がり事務員と向かい合い「オッッパイを揉んでいいわよ!」

目を閉じて両手を後ろにやった。

その言葉に、事務員は両手で乳房を揉みだし「柔らかくて大きなオッパイですね」乳首も摘みな

がら揉んでいく。

(もう、元には戻れない…)乳房を揉まれながら陽子はこれからの事を考えている。

「それでは、失礼しました」乳房を飽きることなく揉んだ事務員が出て行く。

その後も陽子は事務員の持ってきた書類に印鑑を押していき、皆が乳房を食い入るように見つめ

ていた。

 

 そして、授業も終わって部活が始まった。

「理事長、是非ご覧下さい」新体操部の部長が理事長室に入ってきた。

新体操部は今度のインターン杯の優勝候補なので陽子が力を入れている部活だから新体操部員の

待つ体育館に歩いていく。

体育館では柔軟体操が行われており、生徒達は陽子の股間を見つめている。

(あんなに襞が飛び出ている。私のは襞がないのに)生徒達は大人の淫裂が気になっていた。

「理事長。膣から襞が飛び出したのはいつころですか?」生徒の一人が陽子に質問した。

陽子は顔から火が出るほど恥ずかしかったが「大学2年頃から割れ目が発達したの」と言う。

それを聞いて「陽子さん、生徒に膣を見せてあげたら。女性同士だから恥ずかしくないでしょう」

聖子がとんでもないことを言い出した。

「私もみたいわ」「私も見たい!」生徒達は陽子の淫裂を見たがっている。

「わかった。見せてあげる…」床に腰を降ろすと両足を開き、両手で自分の淫裂を開いていく。

「私のもそんな形になるの?」生徒達はピンクの淫裂を食い入るように見つめている。

最初は新体操部員だけだったが、いつしか体育館にいた生徒が輪を作って淫裂を見ている。

「理事長、クリトリスってどこにあるの、私見てみたい!」

「それはここよ!」割れ目の上部にある突起の包皮を捲り、3ミリ程度の小粒を見せていく。

「オナニーは、そこを撫でるってホントなの?」

「知りません。私はオナニーなんかしたことないから」

「それじゃ、オナニーやって見せてよ」生徒は理事長の陽子を見下していた。

(ふん、裸を見せたい変態のくせに)部員の顔が陽子を軽蔑した目になって「仕方ないわ、後で

見せて下さい」部員達はそれぞれの練習を始めていく。

「理事長も新体操をやってみたら?」聖子が冷やかすと「そうよ、やってみようよ」部員が陽子

を引き連れていく。

「できないわよ」全裸の陽子が拒んだが「はい、足を上げて!」強引な部員に負けて真似をして

いく。

「綺麗な割れ目ね。理事長、処女なの?」部員が冷やかすと「そんなこと聞かないで!」答えら

れない。

陽子は乳房を円を描くように揺らせ、時折、足を上げてパックリと割れた淫裂を見せていった。

新体操部員はその淫裂を食い入るように見つめている。

  

7 本番ビデオ

 

 陽子は1時間程で理事長室に戻ってきた。

「それじゃ、帰りましょうよ」聖子は陽子と共に白鳥学園から玲子のマンションへと向かって

車を走らせている。

勿論、陽子は全裸の上にコート1枚だけの姿で、玲子のマンションには5時近くに着いた。

部屋に入ると玲子はソファアに座っていたが、相変わらず両手を後ろ手で縛られている。

「玲子、大丈夫だった?」

「ええ、犯される事はなかったわ」

「約束は守ったぞ。それじゃ、行こうか」

「いやよ、外にはでたくない」全裸の玲子が拒んでいる。

「安心しろ。素っ裸じゃないから」研一は玲子にもコートを着せていく。

「お願い、玲子には何もしないで下さい」陽子は研一に土下座をしている。

「安心しな。だが、あんた次第でどうなるかわからないぞ」

「おとなしくします」陽子達4人は部屋から出て、研一の運転する車で走っていく。

車は10分ほどで事務所らしい建物の中に入った。

「着いた、降りろ」玲子は不自由なので陽子が手伝い歩いていくが「ここはどこなの?」不安に

なって聞いた。

「行けばわかかるよ」4人がドアを開けて中に入ると数人の男達がいる。

「待ってたよ。こっちだ」サングラスを掛けた男が中に案内してその後に続いていく。

 

 一行はいくつものドアを開けて大きな扉を開けると「あん、あん!」スピーカーから女の悶え

る声がする。

それに、ガラス越だが、全裸の女性が乳房を揺らせ、男性の腹の上に乗って腰を動かしている。

(セックスしている!)陽子と玲子は気づき、ビデオでその様子を撮っているのもわかった。

「ここはビデオのスタジオなんだ」

「も、もしかして私にもさせる気なの?」

「そうだ。いやなら妹さんを犯すぞ」顔が真っ青になって全身が震えていく。

「こっちのスタジオに入ってくれ」案内していた男はドアを開けた。

「ほら、いくんだ」陽子と玲子は押されるようにして中に入った。

「待ってたよ。早速着替えてくれ!」監督らしい男が指さす先には衣服が置かれてある。

「ほら、着替えるんだ」研一は陽子のボタンを外してコートを剥ぎ取った。

「いやー!」悲鳴と共に陽子の全裸姿が現れた。

「準備がいいね。それに、いい体つきだ。さすがに白鳥の令嬢だな」監督は陽子の体を見ながら

言うが、陽子は恥ずかしさで胸と股間を隠した。

「隠すよりも着るんだ!」監督から怒鳴られ、仕方なく置かれている衣服を着込んでいく。

パンティ、ブラジャーと着込み、ストッキングも履いてガーターベルトで止めていく。

その上にドレスを着ると「やはり、白鳥のお嬢さんはドレス姿が最高だな」感心しながら見てる。

さらに、簡単なメイクもされて「準備完了だな。照明つけて!」監督の声でスタジオが明るくな

って男優が入ってきた。

「君たちは外に出て!」研一達は陽子を残して外に出た。

しかし、ガラス越しに中の様子が見られ、モニター用のテレビが数台置かれている。

「スタート!」監督が声を掛けると、男達が陽子に近づいていく。

「いや、来ないで!」陽子はセットの中を逃げ回っていくが、押さえつけられて絨毯の上に押し

倒された。

そして衣服を剥ぎ取られて「いやー!」陽子の悲鳴が外にも聞こえる。

それには「お願い、姉さんを助けて。お願いです」両手を後ろ手で縛られた陽子が言い出した。

「だめよ。それに、あんたも出演して貰うから」聖子がニヤリと笑った。

「いや、帰して!」「ふざけるなよ!」研一の平手が玲子の頬に当たった。

玲子は痛さで泣き出したが、泣いているのは玲子ばかりでないく、スタジオの中の陽子も泣き叫

んでいる。

陽子は下着姿にされ、3人に押さえられて手足を動かせない。

「まずは、オッパイからだ」男達は陽子のブラジャーをナイフで切り裂いていく。

「助けて!」悲鳴をあげるが乳房がむなしく揺れていく。

そのあとパンティも切り裂かれてストッキングとガーターだけにされてしまった。

「いや、やめて!」陽子の悲鳴がスタジオに響き、ピンクに割れた淫裂もモニターに映っている。

 

 「次、、本番!」1人の男が服を脱ぎ、全裸になると、股間の肉竿が大きく勃起している。

男は陽子の両足を開かせてゆっくりと肉竿を挿入していく。

「お、お姉さん!」玲子が泣き出したが「私もされたのよ。あんたのお父さんと使用人に!」聖

子が玲子に言う。

陽子は淫裂深くまで肉竿を挿入されて、ピストンが始まった。

「あ、あっ、あー!」悲鳴とも悶え声とわからない声を上げていく。

その間も、陽子の手を押さえている二人が片側づつ乳房を揉んでいる。

「さすが、白鳥のお嬢さんはいいオッパイだな。揉みごたえがあるな」陽子は抵抗できず男のさ

れるがままだ。

その内に「限界だ、出すぞ」男の動きが止まった。

「いやー、中はいやー!」しかし、淫裂から白い液体が流れている。

「交代だ」射精を終わった男は別な男と変わって「俺は四つん這いだ」陽子は四つん這いにされ

後ろから男にピストンされて「うっ、うっ」泣きながら堪えている。

このようにして次々と陽子の淫裂深く男達は精液を噴射し、淫裂からは白い液体が太股まで流れ

ストッキングを濡らしている。

やがて「はい、ご苦労様!」スタジオには監督の声が響いた。

  

8 姉妹レズビアン

 

 撮影が終わると研一は玲子を連れてスタジオの中に入った。

「いや、絶対にいやよ」玲子は逃げようとするが研一が無理に中に連れ込んでいく。

「ほう、この子か。レズが似合う顔つきだ。決まった。姉妹レズでいこう。それに1人加えて3

Pだな」監督は機嫌よく言う。

「玲子、いやならお前を犯すぞ。もし、陽子とレズをするなら絶対に犯さないと約束する」

「本当に、犯さないでよ。約束よ」

「ああ、犯さないよ。しかし、チンポを口でなめるのはして貰うよ。それにオ○ンコのヘアも剃

るからな」

「いや、それはできないわ。口でするなんて汚いし」

「だったら、姉さんのビデオを裏に流してもいいのか。今なら間に合うぞ」

「わかったわ。絶対に裏には流さないと約束してよ」

「ああ、わかったよ」研一は玲子のコートのボタンを外して脱がせた。

「こっちも準備がいいね。本当にいいか体つきだ」監督は玲子の全裸を見ている。

研一が玲子の縛られた両手を自由にすると玲子は乳房と股間を両手で隠していく。

「それじゃ、姉さんと同じくガーターベルトとストッキングを着けて」監督の言葉にアシスタン

トが玲子に用意して置いたストッキングを差し出した。

(恥ずかしいけど仕方ない)玲子は背中を向けてストッキングを着けていく。

玲子が屈むと股間の淫裂が絨毛から覗いている。

まだ、処女の玲子は襞があまり発達しておらず、割れ目からは飛び出していない。

玲子はストッキングを履き終わるとガーターベルトを腰に巻き付けた。

 

 「準備はいいようだな。お姉さんの方はどうだ?」

「いま終わりました」陽子の淫裂を洗っている女性が言うと「よし、撮影開始だ。お姉さんは妹

のヘアを剃るんだ!」陽子は理性が消えて言われたまま動いている。

「玲子、剃るね!」玲子の絨毛にスプレーを吹き付けてからTカミソリで剃っていく。

玲子は両足を開いたままで、絨毛の剃られた恥丘は淫裂が露になってく。

玲子の淫裂はまだ襞が飛び出してはいないが、綺麗なピンク色だ。

「よし、抱き合うんだ!」監督が声を掛けた。

「玲子、いくわよ」「姉さん」二人はお互いに抱き合い「玲子!」陽子は玲子の唇に唇を重ねて

いく。

そにあと、玲子を仰向けぬに絨毯の上に寝かせて乳房同士を重ね合う。

「いいぞ、次はオッパイだ」陽子は唇を玲子の乳房に移して両手で揉み出す。

「姉さん!」玲子が悶え始めて、乳首も吸う。

「いいわ…。気持ちいい…」玲子は虚ろな目になっていく。

その後も二人は抱き合い、陽子は玲子の淫裂を舌でなめだした。

「あん、あん!」玲子は悶え声を上げて淫裂からは淫汁が流れていく。

そこに「玲子、俺のを口でするんだ」研一が全裸で現れた。

 

 玲子は研一に勃起した肉竿を掴んで擦っていく。

(熱いわ。それに堅い!)玲子は上半身を起こして研一の肉竿を口に入れて舌でなめだした。

「いいぞ、いいぞ!」気持ちよさそうに研一が声を上げて玲子の乳房を揉んでいく。

研一はゆっくりだが登りつめて「だすからな!」研一は玲子の頭を押さえ、腰を押しつけた。

(いや、やめて下さい!)そう叫びたかったが、口の中はに肉竿がを挿入あるから声が出せない。

玲子は咽の奥に暖かいのが感じられ(精液だわ。いやよ!)生臭さが広がって行く。

研一は射精を終えると肉竿を抜いたが、玲子の口から白い精液がよだれのように垂れている。

一方、陽子は玲子の淫裂上部にある突起の包皮を捲って舌でなめている。

「あ、あんー!」(いいわ、お姉さん。これがクリトリスのクンニなのんね)悶え声をあげなが

ら、淫裂から淫汁を流している。

(玲子、感じている)陽子は姿勢を変えて69の体位を取った。

(姉さんの膣が見える。指でやるのね)玲子も中指を淫裂に入れていく。

「あ、あんー!」陽子が悶え声をあげると玲子は指をピストンする。

陽子も淫裂から蜜が流れ出し「陽子、入れるぞ」射精したばかりの研一の肉竿が勃起している。

肉竿は腰を持ち上げている陽子の淫裂に入り込んだ。

「あうー!」悶え声が上がるが(すごい、こんな太いのがお姉さんの膣に入った…)真下から玲

子は見ている。

「いくぞ!」研一は陽子の腰を押さえてピストンを始めて「ピシャ、ピシャ」と音を立てて、淫

裂から淫汁が玲子の顔に飛んでいく。

玲子はじっと見ているが(これがセックスなのね。痛くないのかしら?)見ている内に玲子も股

間が熱くなっていった。

(玲子が欲しがっている…)陽子は研一に後ろからピストンされながらも玲子のクリトリスをな

めているが、淫裂から流れる淫汁が増えたのに気づいた。

 

 陽子は指を玲子の膣の中に入れ(膜だわ。これ以上は無理ね)陽子は処女膜を破らないように

指のピストンをしながらクリトリスを舌で転がすようになめていく。

「あ、あ、あー!」玲子は体をエビのように反らせて淫裂から淫汁を流し絨毯を濡らしている。

「どうだ、玲子。俺とやってみないか?」

「痛かったらやめてよ」

「ああ、約束するよ」研一は陽子の膣から肉竿を抜いて陽子の足元に腰を降ろした。

そして、足元を決めて肉竿を挿入してた。

(あ暖かい、膣が暖かいわ)陽子は今度は玲子の乳房を揉んでいく。

玲子も垂れ下がった陽子の乳房を揉んでいくと「いくよ」研一は肉竿の根本まで一気に挿入した。

「ヒー!」玲子は悲鳴をあげ、処女喪失の赤い血が流れてきた。

(これで、二人の処女は貰ったぞ)研一は汚れた肉竿を気にせずピストンをしていく。

「い、痛い。抜いて。お願いです!」しかし、ピストンを早めていく。

「ひー!」玲子は悲鳴をあげ続けるが「我慢するんだ。もうすぐだすから」研一はピッチをあげ

「でる、でる!」動きを止めた。

玲子は子宮の奥が熱くなり(もしや、射精されたの?)と感じ「いや、中はいや!」しかし、遅

かった。

研一は絞るように玲子の膣深く精液を噴射し、淫裂からは喪失の印と精液がどっと流れ出ている。

(私は、もう処女じゃないんだ…)玲子は処女喪失に放心状態だ。

 

9 SM教育 

 

 「どうだい、次はあれをしようか?」監督が言うと「いいね、やりましょう」研一はそう答え

「別なスタジオにセットして置いたよ。それじゃあ行こう!」

監督は別なスタジオに案内し、陽子と玲子も乳房と股間を両手で隠しながら後に付いていくと監

督は真っ暗なスタジオに入った。

「真っ暗だわ」中に入った陽子と玲子は呟くと「電気をつけて!」監督の声で照明が灯された。

それと同時に「いやよ。帰して!」陽子と玲子はドアを開けて外に出ようとする。

「そうはいかない。たっぷり、味わって貰わないと!」ドアに鍵が掛けられて外には出られなく

なった。

スタジオの中には天井からいろいろな器財が吊り下がり、テーブルの上にはロープ、バイブ、ム

チなどが置かれている。

「いや、こんなのいや」陽子と玲子はは自分がどうされるかわかったから逃げようとしたのだ。

二人は開かないドアを必死で叩くと「おとなしくするんだ!」陽子と玲子は男優によって押さえ

つけられ、両手を後ろ手に、手首と肘を縛られた。

さらに乳房の上部と下部にも巻き付けられて乳房を絞り、二人の乳房が無惨にも変形している。

「痛い、お願い解いて!」痛さで二人は泣きだした。

 

 「これくらいで泣かれちゃ困るよ。もっと痛い思いをするんだから」研一は陽子と玲子の乳首

を指で潰した。

「痛い!」「ギャー!」2人は悲鳴をあげていく。

「そうだ、あんたの妹さんにも参加して貰おうか。女王様の役だ。マスクをして貰うからいいだ

ろう?」

「聞いてみるよ」研一は男優が渡した鍵でドアを開けて外に出て行き、しばらくしてから聖子と

研一が入ってきた。

「監督、やってもいいそうだ」

「それは助かる。あんたはこれを着けてくれ。素っ裸だがマスクをするから安心してやってくれ」

聖子は衣服を脱いで全裸になった。

「妹さんもいいからだつきだな。もったいないな」聖子は顔が赤くなっていく。

聖子はレザー製の乳房を持ち上げるブラジャーを着けると、前より乳房が大きく見える。

下半身も淫裂がくり抜かれたパンティとストッキング、ガーターベルトだけだ。

聖子はマスクを着けて鏡を見て(これならいいわ。誰だかわからないわ)安心した聖子はテーブ

ルの上にあったムチを取り上げ、先端で陽子の乳首を突いた。

「痛い、やめて!」突然の事に思わず悲鳴をあげた。

「それじゃ、こっちはどうかしら?」今度は玲子の乳首を突き「キャ~!」スタジオに悲鳴が響

いていく。

「いいぞ、もっとやるんだ!」監督も熱が入り、聖子はムチで陽子と玲子も尻を叩いていく。

「痛い!」悲鳴と共に尻肉に赤い筋ができた。

「いいぞ、今度は足を吊り上げるんだ」

2人の足首に天井から下がったロープが縛られて、ロープが引き上げられていく。

「いやー!」陽子は足が引かれ、腰が浮くまで引き上げられてVの字に開脚された。

「ほう、綺麗なオ○ンコだわ」「いやー、見ないで!」陽子の淫裂がパックリと開いている。

「次はお前だ!」玲子も腰が浮くまで引き上げられ、Vの字に開脚されてて淫裂が開いている。

「卑猥だわね」聖子は2人の淫裂にムチを入れた。

「ヒー!」「ぎゃー!」一番敏感なクリトリスをムチで打たれて悲鳴をあげていく。

「痛かった、ゴメンね」聖子はハイヒールのかかとで陽子の乳房を踏んだ。

「ぎゃー!」乳房に食い込むかかとに悲鳴をあげた。

「お願い、許して!」泣きながらわびる陽子だった。

 

 「今さら、遅いわよ!」反対側の乳房をも踏んだ。

「いやー!」聖子が足を退けると二つの乳房には窪みができている。

「今度は玲子ね」

「いや、やめて下さい!」乳房を踏まれ「いやー!」やはり悲鳴をあげた。

もう片方も踏まれ、陽子同様に乳房に窪みができている。

「これくらいで騒がないのよ」ムチで淫裂を軽く叩くと「ひー!」玲子は泣きながら悲鳴をあげ

ている。

「お姉さんもしないとね」

「いや、やめて!」陽子はもがくが逃げれず、淫裂をムチで叩かれ「いやー!」悲鳴が上げた。

「痛かったでしょう。今度はいい思いをさせるね」テーブルからバイブを取って「おしゃぶりよ」

陽子の口の中に押し込んだ。

「う、う、うー!」堅いバイブが陽子の咽まで入り込と、数回ピストンさせてから抜き、パック

リ開いた膣腔に押し入れる。

「ひー!」悲鳴をあげるが唾液の付いたバイブがゆっくりと膣深く入っていく。

根本まで入ると手元のスイッチを入れ「いや、いや、抜いて!」振動が膣の深くまで響いている。

「玲子さんもしようね」陽子にした事を玲子にもすると「ひー、ぬ、抜いて!」振動で悲鳴をあ

げている2人だ。

 

 最初は嫌がっていた陽子だが振動が心地よくなっていき(変な感じだ…。熱くなって行く…)

淫裂から淫汁が流れている。

「ほら、お汁がでてきた。気持ちいいのね。変態趣味の陽子さん!」

「いや、言わないで。変態なんかじゃない!」

「あら、そうかしら」バイブのピストンを始めると「あ、あん、あん!」悶え声をあげた。

「オ○ンコが好きなのね」「違います」陽子は言い返しす。

「嘘つかないで。こんなにおつゆが流れているわよ」聖子はゆっくり出し入れを繰り返す。

(気持ちいいけど、いいなんて言わないわよ)陽子は快感を堪えている。

「嘘つきの相手はできないわ」聖子はバイブを抜くと「あんた、ここに当てなさい」男優にクリ

トリスにバイブを押しつけさせた。

「ひー!」まともにクリトリスが振動している。

「いい、絶対にやめないでよ。失神しても構わないから」聖子は今度は玲子のバイブをピストン

しだした。

「い、いやよ」玲子は処女を失ったばかりだが淫汁が流れている。

「気持ちいいの?」

「はい、気持ちいいです…」

「オ○ンコ好きなの?」

「わかりません」

「どう、もっとして欲しい?」聖子は意地悪く抜くと「入れて。入れて下さい」

「玲子さんは正直ね。オ○ンコか好きなんですね」再び出し入れをしていく。

「はい、オ○ンコが好きです。もっと、深く入れて下さい」快感で玲子は理性を失っていた。

 

 「そうでしょう。好きそうな顔をしてるわよ」聖子は男優にバイブを渡して代わりにピストン

をさせていった。

「さて、陽子さん。どうですか。感じますか?」

「感じません。これくらいで感じません」しかし、淫裂から溢れた婬汁がストッキングを濡らし

ている。

「嘘つきは懲らしめないと」男優に陽子の乳房の上に馬乗りにさせて口を無理に開かせた。

(何をする気なの?)不安な陽子の目の前に男優が肉竿を引き出し、口の中に押し込んだ。

(いやー、汚い~!)必死に口を閉じようとしても肉竿はピストンを始めた。

「う、うー、うー!」首を振って拒んだが、肉竿は爆発した。

(いやよ、汚いのを出すなんて!)口の中に暖かい液体が漂っている。

萎縮していく肉竿が抜かれると白い液体が糸を引いて流れていく。

この様子はプロのカメラマンによってビデオに納められていった。

 

10 学園での陵辱 

 

 撮影は12時近くに終わった。

陽子と玲子はそれぞれ自宅に戻されたが、陽子には過酷な恥ずかしさが待っていた。

「いいか、明日も学園には素っ裸で行くんだ」

「もう、許して下さい。あんな恥ずかしいことはもういやです」

「いやなら、2人のビデオを裏に流すぞ」

「やめて下さい。裏にはながさないで」

「だったら、ヌードで学園に行くのよ。警察に訴えてもいいけど2人のビデオが裏に流れるわよ」

「俺も学園にいくから!」(逃げれないわ、私は地獄に堕ちていくのね!)黙って頷く陽子だ。

翌朝、陽子は不安な顔で学園に向かった。

勿論、コートの下は一糸まとわぬヌードで、車を降りると研一が近寄ってくる。

「陽子さん、綺麗な体を隠す必要はありません」顔を引き吊らせる陽子だ。

「わかってます。ヌードになります」陽子はコートを脱いで車から降りた。

生徒達も陽子のヌード姿に気が付くが「それじゃ、行きましょう」3人は校舎に向かって歩いて

いく。

「理事長、今日もヌードですか?」生徒が尋ねると「今日もよ。今日はヌード撮影をしてもいい

わよ」聖子は飛んでもないことを言い出す。

「え、いいんですか。じゃ、皆に言っておきます」女生徒は走っていく。

「いや、カメラはいやです」

「今さら、何いってんだ!」研一も吐き捨てるように言った。

 

 陽子は渋々全裸のまま校舎に入ると「理事長!」男性教師が驚いて見ている。

教師の目は股間に集中し(毛が生え始めている。それにしても理事長とオ○ンコをやりたいな)

淫裂を見ながら想像している。

(いやよ、そこはもう見ないで!)恥ずかしさで顔が赤くなり、乳首も堅くなっていた。

「先生、空いてる時間はありますか?」聖子は言う。

「4時間目が空いてますが?」「私は1時間目があいてます!」男性教師は次々と答える。

「それでしたら、空いてる時間に理事長室に来て下さい」聖子はニヤリと笑って言う。

「わかりました。必ず伺います」教師達は職員室に入り、陽子も入っていつものように訓辞を行

って理事長室に入った。

 理事長室に入ると「失礼します」早速男性教師が入ってきた。

「理事長、何か御用ですか?」

「理事長はあなたの願いを叶えて下さるそうです。ですからズボンを抜いて下さい」

「え、そんなことしていただけるんですか?」教師は素早くズボン、パンツと脱いで下半身を露

にさせると勃起した肉竿が青筋を立てている。

「陽子さん、両手を机にやってお尻を向けなさい」聖子は命令調に言う。

(いや、もうセックスしたくない。でも逆らえないし!)尻を向けて足を開いた。

教師は「前からしたかったんですよ。理事長!」陽子の腰を押さえて肉竿をゆっくりと挿入して

いく。

「い、痛い。丁寧にお願いします」

「そんなの無理ですよ。我慢できませんから。それではオ○ンコをはじめます」肉竿が奥まで入

り「いー!」悲鳴をあげる陽子だ。

肉竿が根本まで入るとピストンが始まりあ、あー!」淫裂深く入る肉竿に悶え声をあげていく。

「出したかったら中に出していいのよ」

「だめ、中はだめです…」喘ぎながら拒むが「お言葉に甘えて中に出させて貰います」猛爆発寸

前だから一気に膣深く射精をしていく。

 

 「理事長、よかったです。また、オ○ンコをさせて下さい」教師は脱いだズボンとパンツを履

いていくが、陽子は机に俯せで荒い息使いをし、淫裂から白い精液が太股まで垂れ流れている。

「理事長、オッパイも揉ませて欲しいんですが」

「陽子さん。オッパイも揉ませてあげなさいよ」仕方なく、体を机から浮かせると後ろから両手

が伸びて乳房を揉みだした。

「あ、あん、あん!」陽子は再び悶え声をあげて、教師5人と理事長室でセックスをした。

しかし、辱めはこれだけではすまなかった。

放課後になると生徒が理事長室に入り「理事長、ヌードの撮影を始めましょう!」催促に来た。

「待たせちゃだめよ。早く行きましょう」聖子と研一は陽子を伴い、生徒の後に付いていくと視

聴覚室に入り、3人も入るとカメラを持った生徒が待ちかまえていて、カメラが向けられた。

「いや、こんな姿撮らないで!」乳房と股間を両手で隠すが「だめだよ、ヌードモデルが隠しき

ゃ」生徒が両手を退けるように言う。

「そこに座って下さい」机が退けられて畳2枚が敷かれていた。

 陽子は生徒の言われたままポーズを取り、足を開いて淫裂も撮られていく。

(こんな姿を撮られたくない…)しかし、生徒はカメラで陽子のヌード姿を撮っていく。

「陽子、本番も撮ってもらおう」研一が衣服を脱いでいく。

「わくわくする。本物もセックスが見れるのね」

「いやです。子供の前ではいや!」逃げようとしたが研一に押さえつけられ、勃起した肉竿が陽

子の膣の中に入り込んできた。

「い、入れないで!」陽子は叫ぶが、研一は気にも留めず根本まで押し込んでいく。

「す、凄いわ。これが大人のセックスなのね」生徒達は感心してみている。

 

 「これからが本物のセックスだ」研一は肉竿のピストンを始めていく。

「あ、あー!」嫌がっていた陽子も喘ぎ声をあげ、生徒達がカメラで撮っていく。

(いや、撮らないで!)陽子は叫ぼうとしたが声にならない。

返って「あん、あん!」と悶え声をあげだし、淫裂からは淫汁が流れてきた。

「理事長が漏らしている!」生徒が気づいた。

「気持ちいいから流れるのよ。女性は皆がそうなの」聖子が解説する。

「それじゃ

あ、理事長は気持ちいいんだ!」

(そう、気持ちいいの。もっと、奥まで突いて!)陽子は自ら腰を持ち上げている。

研一はピッチを速め「クシュ、クシュ!」と淫裂から音がでていく。

「いいわ、いいわ」生徒の前で陽子は悶えていると「だすぞ!」研一の腰の動きが止まった。

それと同時に陽子の淫裂から白い液体が流れ出る。

「射精だわ!」生徒は保健で習った事を実際に見ている。

無毛の淫裂からは白い液体がお尻まで流れていて、生徒達は陽子の様子をカメラで撮ってく。

陽子はその後もいろいろなポーズでヌード姿を撮られた。

 

 陽子が自宅に戻ってきたのは7時過ぎで、自宅に戻ると陽子はシャワーを浴びていく。

(もう、セックスはされたくない…)射精された淫裂を丁寧に洗っていると、使用人が携帯電話

を持ってきた。

「お嬢様、電話が入ってますが?」

「そこにおいといて!」陽子はバスタオルを体に巻いて浴室から出てきて電話にでた。

「もし、もし、白鳥ですが」

「俺だ!」陽子は聞き慣れた声に脅えた。

「明日は土曜日だ。午後から付き合ってくれ。勿論、玲子も付き合って貰う」陽子は奥歯がガタ

ガタと鳴っている。

「いやだったら、ビデオがどうなるか、わかっているだろうな!」

「わかったわ。午後からね」

「学園に迎えに行くからな」研一はそう言って電話を切った。

 

11 陵辱姉妹 

 

 翌朝、陽子は憂鬱だった。

いつものように学園に車で出かけ、駐車場に車を止めて降りた。

「あら、理事長。ヌードじゃないの?」数人の生徒が歩み寄ってくる。

「もう、ヌードにはならないの」

「それじゃ、困るわ。ここでヌードになってよ」

「いやです!」陽子がきっぱりと拒むと「仕方ないか。こんな写真があるんですが」陽子はそれ

を見ると顔が蒼白になっていく。

それは昨日のヌード写真だ。

研一とのセックスしているシーンで淫裂に肉竿が入り込んでいるのが見える。

陽子は金縛りにあったように動けなくなり「仕方ないわね。脱がせようよ!」生徒は陽子を押さ

えつけて衣服を剥ぎ取っていく。

「いや、やめなさい!」必死に拒むが、数の多さでツーピースを脱がされ下着姿になっている。

「これも脱ごうね!」ブラジャーが脱がされ乳房が揺れている。

「やめなさい!」しかし生徒達はパンティをも脱がせた。

「ほら、こんなに生えてきたわ!」股間を撫でながら言い、陽子は駐車場で生徒に全裸にされて

しまった。

「服を返して!」両手で乳房と股間を隠すが「だめね。隠せないようにしないと」両手を後ろ手

に縛られ、乳房も縛られていく。

「やめて、こんなのいやよ!」真っ白なロープが乳房に食い込んでいる。

「お似合いだわ。理事長」生徒達は嫌がる陽子を校舎に連れていく。

「あら、マゾ趣味があったのね」生徒達は乳房を掴み、「ヒー!」その度に悲鳴をあげていく。

全体朝礼でも陽子は両手を後ろ手で縛られたままの恥ずかしい姿で挨拶をさせられた。

  

 陽子はどうにか理事長室まで来れたが「理事長、今日もお願いします」「今日はやめて」しか

し、男性教員はズボンを脱いで、背後から肉竿を挿入していく。

「いや、やめて下さい!」拒んで言うが根本まで入れるとピストンをしていく。

「抜いて下さい!」涙声になっいるがピストンは停まらない。

そこに「あれ、先客か!」また教師が理事長室に入ってきた。

「待っててくれ。直ぐ終わるから」「仕方ないか。オッパイでも揉んで待つよ」陽子は2人掛か

りの辱めを受けている。

その後も陽子は男性教師に辱めを受け昼過ぎに研一が現れた。

「姉さん!」玲子は陽子の乳房を縛られた姿に驚いていると「玲子、見ないで!」顔を背ける陽

子だ。

「心配するな。玲子も同じ姿になって貰うから」

「いやよ!」玲子は叫んで逃げようとしたが聖子が押さえつけた。

研一は嫌がる玲子の服を剥ぎ取り、玲子も全裸にされて乳房、両手と縛られてしまった。

「お似合いの姉妹よ。裸が本当に似合うわ」

「いや、そんな言い方しないで」泣きながら玲子が言うと「泣かないの。これから大勢にあなた

達のヌードを見てもらうんだから」

「いや、許して下さい」

「そうはいかないわ」研一と聖子は2人を連れて理事長室から駐車場に向かって歩いていく。

 

 「乗るのよ」「いや、お願い、許して!」全裸の陽子と玲子は乗るのを拒んだが研一に力ずく

で後ろの席に2人並んで乗せられた。

「お願い、許して下さい。見られたら困ります」

「そうね。見られたら困るわよね。でも、スモークガラスよ。安心して」聖子は軽く突き放す。

「じゃ、行くぞ!」研一が走らせると、玲子と陽子は不安な顔をしながら体を深く沈めて前から

は見えないようにしている。

車は15分ほど走ってビルの地下駐車場に入っていく。

「着いたぞ。降りるんだ!」

「いや、降りたくない!」全裸の陽子と玲子は泣きながら拒んだ。

「仕方ないわね」聖子は2人に革製の首輪をして鎖を掛けると「降りないならこうよ」鎖を引く。

「く、苦しい!」まずは陽子が車から降りて、その後玲子も降りてきた。

一行はエレベーターに乗って上に上がり、5階で停まった。

ドアが開くと「いやー!」全裸の陽子と玲子は悲鳴をあげた。

エレベーターの前には大勢が並んでいて「すげえ、オ○ンコとオッパイをだしたままだ」「オッ

パイを縛られて痛くないのかしら?」4人は人混みの中を歩いていく。

「あれ、白鳥財閥のお嬢さんじゃないか?」

「まさか。白鳥お嬢さんのそっくりさんだよ」研一が言う。

「それにしても、生えてないオ○ンコを見ると興奮するよ」2人に感心したようだ。

「だったら、剃ってみようかな」アベックの女が言うと「ほんとか、だったら、俺に剃らせてく

れよ」アベックは陽子と玲子の淫裂を見ながら話し合っているが、両手と乳房を縛られた2人は

俯いたまま黙って歩いていく。

 

 そして、ドアを開けて中に入ると薄暗かった。

2人に突然、スポットライトが当てられ、全裸の2人の乳房と股間が露になっている。

「おー!」歓声が上がっていくが、無毛の淫裂に驚いているようだ。

陽子と玲子は鎖に引かれて奥へと歩き、中央まで来ると照明がついた。

そして2人は劇場のステージに立っていたのがわかった。

「いやー!」陽子と玲子は逃げようとするが、鎖が邪魔で逃げれない。

「逃げないの。あなた達の恥ずかしい姿を見てもらうのよ」聖子はニヤニヤしている。

「それじゃ、始めよう!」合図と共に陽子は男達によって仰向けに寝かされた。

「なにするの、やめて!」悲鳴をあげるが両手を縛られていて抵抗ができない。

そんな陽子の淫裂にV型のバイブが入り「いや、抜いて!」嫌がるが根本までバイブが入れられ

た。

「次だ!」今度は玲子が陽子の上に乗せられた。

「いや、やめてー!」玲子の淫裂にもイブが入り、V型のバイブで2人は重なっている。

さらに、陽子の両足が玲子の腰を挟む形で足首を縛られてバイブから逃げれなくなった。

そればかりでなかった。

2人の乳首が細い凧糸で繋がれ「準備完了だわ。さあ、いくわよ」聖子がバイブのスイッチを入

れた。

「いやー!」「痛い!」バイブが振動を始め、悲鳴が上がっていく。

逃れようと体を起こすと2人の乳首が引っ張りあい、乳房が円錐に伸びきっている。

「お願いです、やめて下さい」2人は泣きながら哀願するが「これから、あんたの望通りにして

あげるよ」先ほども男がムチで玲子の尻を打っていく。

「痛い!」しかし体を起こせない。

起こすと2人の乳首が引っ張られもっと痛い思いをしなければならないからだ。

男はさらに細身のバイブを陽子と玲子の肛門にも入れていく。

「いやー。痛い!」体を動かせない陽子と玲子はされるがままで、肛門のバイブも振動を始めて

いくと「あ、あ、あー!」いつしか喘ぎ声に変わっている。

そして、2人の淫裂からは淫汁が流れている。

「お姉さん!」玲子はぴったりと体を陽子に密着させ、4つの乳房が重なりあう。

「玲子!」陽子は唇を玲子に重ねて、玲子も拒まず舌を入れていく。

2人は淫裂とお尻のバイブで悶えていて、劇場の観客のその様子を見ている。

陽子と玲子の2人はその後も辱めを受けさせられた。

 

12 再出発 

 

 劇場では2時間ほどいたぶられて恥ずかしい姿を大勢に見られて、2人は全裸のまま再び車に

乗せられて玲子のマンションに戻ってきた。

「いいか、これからも恥ずかしい思いをして貰うからな!」研一は玲子と陽子を降ろすと帰った

が玲子はこれからが心配になって「お父さんと相談しようよ!」今までのことを父親に話す事を

決めた。

「仕方ないわ。私もこれ以上辱めを受けたくないし」陽子も賛成し、2人は衣服を着込んでか

ら実家に向かった。

そこで父親に今までのことを全て話した。

勿論、陽子が無実の罪で研一を刑務所に送った事も打ち明けた。

「何て事をしたんだ。それじゃ、無実だったのか。私も研一君の妹さんを犯しがとんでもない

ことをしてしまった」悔やむ亮太だった。

亮太は暫く考え「陽子は研一君に一生を尽くせ。そして白鳥から消えて貰う」思わぬ事に唖然と

する陽子だ。

「早速、明日いってみよう」亮太は使用人に研一の住まいを調べさせ、ほどなくして、使用人か

ら「隠れ家が見つかった!」との報告が亮太に届いた。

 翌日、亮太は陽子を伴って、隠れ家に出向き、研一に今までのことをわびて謝り、陽子を研一

の為に差し出すことなどを告げる。

「これで許してもらえないでしょうか」2人は土下座して聖子と研一に詫びている。

「わかった。これ以上2人を虐めてもしかたないしな」

「それに、なくなったお母さんのお墓を建てて欲しいの」

「いいです。それで許してもらえるなら」亮太達はホット溜息をついた。

その日をもって陽子の顔が白鳥財閥から消え、一切の行事や祝い事にも出席しない。

それには、亮太も笑って何も答えない。

研一達もアパートに戻ったが、今度は新たに陽子が加わっている。

いつもなら聖子と抱き合う研一だが陽子に覆い被さり乳房を揉んでいた。

聖子は「出して下さい、必ず産みますから」そう言いながら淫裂を突かれて射精されていく。

それが毎日のように繰り返され、数ヶ月後には陽子に変わって聖子が研一の肉竿で突かれ出した。

「兄さん、遠慮無くやっても良いわよ、生まれないから安心して」研一はその言葉で「四つん這

いでやりたいんだ」聖子を四つん這いにして後ろから突いていく。

「あ、あ、あ~!」悶え声が部屋に響くが陽子は羨ましく見るだけだ。

(私もやって欲しいけど、赤ちゃんがいるし)陽子は研一の子を宿していた。

「陽子さん、ごめんね。産み終わったら兄さんとやっても良いわよ」

「産んだら交代よ、私も後ろからされたいし。でも、時々ならは研一さんとやっても良いわよ」

そんな会話が繰り返されていた。

 

 そして、1年が経った。東京のオフィス街に新しいビルが建ち、1階にはコンビニもある。

そのコンビニのオーナーは研一と聖子で2階には研一達が住み、赤ちゃんを抱いた陽子がいる。

「まーちゃん、パパの所へ行こうね」子供を抱いてコンビニに入ると「陽子、大丈夫か、無理す

るなよ」

「無理したら、二人目埋めないわよ。ここは私と兄ちゃんにまかせて」聖子も働いていた。

この1等地に立つビルの所有者が実は白鳥陽子である事は聖子も陽子も知らなかった。

亮太がせめてもの罪滅ぼしにと陽子の名義で買い求めたビルで、それは誰も知らなかった。

                                      

                                    ー完ー

Home】 【Menu