「OL・愛の調教」
                        赤星直也:作

おことわり

  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断
  転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「
刑事罰
  と「
民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

登場人物(主な登場人物)
   寺島舞子:平和証券会社、会社員         富坂武史:資産家
   川村幸二:  〃   、課長           〃 嘉代:武史の母
   小野清美:  〃   、会社員

第1話 損失の償い

 営業開始早々の事務所で「寺島、困ったことになったぞ!」女性に男性が声を掛
けた。
「課長、何かあったんですか?」
「富坂さんだよ。お前が契約した富坂さんが怒ってるぞ」
「それは、私のせいではなく、世界経済が低迷しているからです…」
「そんな言い訳、聞くと思っているのか。お前が、絶対損はないと言ったそうだ」

 「そんな事は言ってません。損も、ありえますよと、説明しました!」
「そんな事はどうでもいい。とにかく、謝ってこい。富坂さんは、内の大事なお客
様なんだから」
「わかりました、これから行ってきます」
「そうしてくれ。機嫌が直るまで、会社に来なくていいぞ!」男性から言われ、女
性が事務所から出ていった。

 女性の名は寺島舞子と言って、証券会社の営業を担当している。
男性は川村幸二といい、舞子の上司で課長をしている。
川村は、上得意の富坂からの苦情を受けて、舞子を謝らせに行かせた。
「困ったな。どういって、説明したらいいんだろう?」舞子は思案しながら富坂の
家に向かった。

 富坂の家は、住宅街の一等地にあり、広々とした敷地に立っている。
舞子は、その家の玄関に立ち「平和証券の寺島です!」インターフォン越しに声を
掛けた。
暫くして「寺島か…。とにかく上がれ!」期待はずれの顔で、富坂は舞子を応接室
に案内した。
 
 応接に入ると「どうして、あんたが来たんだ。川村はどうした?」
「申し訳ありません。川村は用事がありまして、替わりに私が…」
「俺も、なめられたな。女をよこすとはな…」富坂の言葉に「そんな事、ありませ
ん。女でも優秀な人材は、いくらでもいます!」
「その1人が、あんたか?」

 「そうは思いません。ただ、女を甘く見て欲しくないだけです…」舞子の言葉に
富坂も考え込んで「それで、この損はどう償うんだ?」切り返す。
「それは、この通りです!」舞子は床に正座して、土下座した。
「何だ、それだけか。そんな事では、腹の虫が治まらないな。平和との付き合いは
今回で終わりだ!」

 富坂が手を引くと言い出すと「待ってください、それだけは待ってください。私
がクビになります…」泣き声で、土下座を続けた。
その泣き声に「何だ。もう泣いているのか。これくらいでなくなら、辞めた方がい
いぞ」嘲笑している。
「確かにそうかも知れません。でも、富坂さんに許して貰うまでは、この通りです」

 「いくら土下座したって、償いにはならないな」
「償いですか…。富坂さんは、どのような償いをお望みですか?」舞子の問いに、
暫く間を置いて「1週間付き合え。但し、素っ裸になってだが…」
「私に、素っ裸になれとおっしゃるんですか…」舞子の口がブルブル震えている。
 
 「そうだ、1週間だけだ。もし、付き合うというならこれを、お前に預けてもい
いぞ」テーブルに、カバンを置いて広げた。
それを見るなり「これを、私にですか…」声が続かないが、無理もないことだ。
カバンの中には、新札がビッシリ詰め込まれてある。
「全部で2億ある。素っ裸で付き合うなら、これが、お前の成績になるんだ!」薄
笑いを浮かべて、舞子を見つめた。

 「もし、断ったら、どうなります?」
「付き合いは終わりで、全部引き上げる!」それだけ言うと、黙り込む。
(どうしよう。ヌードもイヤだけど、クビはもっとイヤだし…)舞子は考え込み、
「セックスは、しませんよね?」問い質した。
「勿論だ。あんたが望むなら別だが…」

 「わかりました。お付き合いします。でも、これは会社のためですからね」
「わかった。その意気込みを買おう。とりあえず、裸を確かめさせてくれ」
「ここで、脱げと仰せで?」
「そうだ。今すぐに、素っ裸を見せろ!」
「わかりました。ヌードを、お見せします…」売り言葉に、買い言葉で、舞子は顔
を強ばらせたまま、スーツのボタンを外しだし、それを富坂が見つめている。
 
 ボタンを外すと、スーツを脱ぎ、ブラウスも脱いで、上半身は紫色のブラジャー
だけになった。
「ほう、いい乳しているね」ブラジャーから、こぼれそうな乳房に目を細めた。
「そんな、いい乳と言われましても…」恥ずかしそうな顔をしながら、スカートを
脱いでいくと、お揃いのパンティが覗いている。

 「直に履いているんだ…」
「はい、パンストは嫌いでして…」そう言いながら、パンティを掴んで引き下げ出
すと「客に尻を向けるな。こっちを向け!」怒鳴られた。
「お許し下さい。恥ずかしさに、つい、やってしまいました…」富坂の方を向いて
引き下げていくと、股間の絨毛が露わになってきた。

 (ヘアは、多目だな。剃ってないな…)絨毛を見つめていると、舞子の足がブル
ブル震えているのがわかる。
(いいぞ。これだから、素人はいいんだよな)食い入るように見つめていると、膝
までパンティを下げて足を上げた。

 その瞬間、淫裂が開いて(以外だな。まだ、綺麗な色してる。これは、楽しみだ
ぞ)富坂は満足顔になっているが、舞子は(性器を見られてしまった…)今にも泣
き出しそうな顔をしながら脱いだパンティを、服の下に隠していく。
「次だ、早く見せろ!」
「わかっています…」舞子は絨毛を晒したまま、背中のホックを外し、肩から紐を
脱いで、乳房も露わにした。

 「思った通りに、いい乳してるな。モデルでもやっていけるぞ」白い乳房に、ピ
ンクの乳首が妙に色っぽい。
「そんな、モデルだなんて無理です…」ブラジャーも脱いで服の下に隠して全裸を
富坂に晒した。
 
 「これで、よろしいでしょうか?」恥ずかしさに、顔は真っ赤で、乳首が膨らみ
きっていた。
それに、足がブルブル震え、絨毛まで揺れている。
「いいぞ、もっと見せろ!」富坂は食い入るように乳房、淫裂と見ていき「オ○ン
コ、やったことあるな…」呟くように言った。

 「はい。バツイチですから…」
「何だ、バツイチか。子供は産んだのか?」
「産んでいません…。直ぐに別れましたから…」
「何か事情があるようだな。で、まだ産める体か?」
「はい。生理もありますし、産めます…」

 「そうか。まだ女なんだ。ちょと確かめるぞ」富坂は舞子の淫裂を指で広げた。
「恥ずかしいです。そこはやめて下さい…」赤い顔が更に赤くなり、両手で覆う。
それでも、やめようとはせずに、指を膣に入れた。
「抜いて下さい、セックスはしない約束です!」
「確かめるだけだ!」そう言って、指を抜くと乳房を揉みだす。

 「乱暴にしないで下さい。乳首が張って痛いですから…」言葉通りに、乳首が限
界まで膨らんでいる。
「わかった、これくらいにする。服を着てもいいぞ!」その言葉に、パンティを取
り出して足を通していく。
(恥ずかしかった。膣まで見られるなんて、思わなかったし…)その後ブラジャー
も着けて、元通りになった。
 
第2話 約束の全裸
 
 舞子が服を着込むと、また話し合いが行われた。
「明日から1週間だぞ」
「わかりました。明日伺いますが、セックスは絶対しません!」
「わかってる。俺だってその気はない。ただ、あんたが望むなら別だがな」笑いな
がら言うと(馬鹿にしないで。私は、そんな淫乱じゃないわよ)叫びそうになった
が「それを聞いて、安心しました」冷静に話して、営業所に戻った。

 戻ると「寺島、うまく行ったのか?」川村が、心配そうに声を掛けてきた。
「今のところはです。ただ、1週間、住み込んで手伝いをしろとの、条件がありま
して…」さすがに、素っ裸になって過ごすとは言えない。
「1週間か、仕方ない。休暇を取ってもいい。その変わり、機嫌を取るんだぞ!」
「こころえております。早速ですが、明日からお願いします」

 「わかった、届けを出しておく」舞子は川村の許可を得て休暇を貰い、約束通り、
翌朝にはバックを抱えて富坂の家を訪ねた。
「待っていたぞ。お前の部屋を、用意して置いた!」富坂に案内され、部屋に入る
と「これが私の部屋ですか?」所狭しと置かれ、物置同然に驚き顔になっていく。

 「そうだ。早速だけど、素っ裸になってくれ!」
「わかりました…」約束したからには脱ぐしかなく、次々と脱いで全裸になった。
「脱いだか。まずは、家の中を知らないとな」
「そんな~。私はヘア丸出しのヌードなんですよ!」

 「だから何だ。素っ裸になって付き合うと、約束したはずだ」それには、反論す
る余地はなく「わかりました。このまま行きます」項垂れ、両手で股間を覆う。
「手を後ろで組め。そんな事とすると、返ってイヤらしく見える!」手を退けさせ
られ、絨毛を晒したまま、部屋から出た。
 
 富坂の家は資産家だけあって、豪華な調度品が飾られてあるが、舞子はそんなの
を見る余裕など無く(ヌードを見られてしまう…)それだけを心配している。
富坂が家の中を一部屋ずつ案内していくと「あら~!」全裸姿の舞子に初老の女性
が声を上げた。
それには(ヌードを見られてしまった…)わかってはいたが、やはり恥ずかしさに、
足が震えている。

 「紹介しよう、俺のお袋だ!」
「富坂嘉代です」
「寺島舞子と言います」
「舞子さんですか。で、どうして裸でここに?」それには黙り込んでしまった。

 「母さん、俺から説明するよ…」富坂は、全裸の舞子と1週間暮らすことになっ
た事情を話した。
「そうだったんだ。それじゃ、償って貰わないと。家事も頼むわよ」
「わかりました。家の中ならやりますが、外に出るのだけは許して下さい」
「それは当然よ。でも、いい体してるわね。歳はいくつなの?」
「35才です」

 「35か、まだ子供を産めるわね?」
「産むのは産めますが、男はもう懲り懲りですから、その気はありません…」
「その気がないんだ。残念ね。とにかく、手伝って。メイドが辞めたから大変なの
よ」嘉代は舞子をメイド替わりに使う気だ。

 「契約違反だけど、お袋がああ言うんだ。手当を出すから、やってくれ」
「わかりました、家事もします」舞子は承知した。
「それじゃ、こっちに来て」嘉代と一緒に部屋掃除を始めた。
 
 こうして舞子は、家事を手伝わされて、初めての夜を迎えた。
「富坂さん、お風呂が沸きました」
「その富坂というのは辞めろ。金も払うんだから、ご主人様と言え!」
「失礼しました。ご主人様、お風呂が沸きました」
「わかった。ついでだから、背中も流して貰うぞ」
「かしこまりました…」舞子はメイドになりきり、従順になっている。

 2人が浴室に入ると「舞子、手伝え!」命令し「かしこまりました」富坂の服を
脱がして全裸にしていく。
その後、一緒に中に入り「ご主人様、お洗いします」背中にお湯をかけ、石鹸を塗
り込んでからお湯で石鹸を洗い流した。

 「これで、よろしいでしょうか?」
「前も洗え!」
「かしこまりました」向きを変えて、富坂と向き合うが、どうしても目が肉竿に行
ってしまう。
(オチンチンは、見ないようにしないと…)目を逸らせ、首から石鹸を塗りだした。

 胸、腹と塗っていくと、股間が残されている。
「ここも洗え!」舞子の手を掴んで、肉竿を掴ませた。
「そこは、恥ずかしいです…」
「バツイチが何言ってる。洗うんだ!」命令口調に「わかりました…」渋々、肉竿
を掴んで石鹸を塗りだした。

 すると、萎縮していた肉竿が、徐々に膨らんでいく。
(このままでいいのよ。堅くなっちゃダメ…)そう願っても、肉竿はそそり立つ程
膨らみきった。
 
 「久しぶりに元気がいいな。ついでだから、やってくれ!」
「やってと言われても困ります。セックスはしない約束ですから…」
「何も、オ○ンコさせろとは言ってないぞ。ここでやるんだ!」富坂は舞子を抱き
上げて、太股を跨がせた。
「やめて、入れたら警察に言うわよ!」肉竿が、淫裂を擦るから声を上げた。
「大丈夫だ。オ○ンコ以外にも、やる場所はあるんだ!」腰を引くと、肛門に肉竿
が当たった。

 「ま、まさか、お尻に…」話には聞いたことがある、アナルへの挿入に直面して
いる。
「そうだ。ここなら、オ○ンコじゃないから、レイプにはならないぞ!」狭い肛門
を肉竿が広げていくが「抜いて、お尻はイヤです…」肛門の裂ける痛みに、体が震
えている。

 「バツイチだったな。ここは、やったこと無いのか?」なおも押し込み、腰を動
かした。
「や、やってません…。お願いですから…お尻だけはやめて…」途切れ、途切れに
言う。
「何だ、ケツはイヤか、だったらどこでやっていいんだ?」

 「膣です、膣でしてください…」
「膣か。オ○ンコやってもいいのか?」
「か、かまいません…。ですから抜いて…」舞子は息を乱しながら言う。
「そうか。やってもいいなら、考え直さないとな…」してやったりの顔になり、舞
子を一旦降ろした。
「汚れたぞ、綺麗にしろ」肉竿を洗うように命じ、舞子はそれに従っている。
(セックスは、しないはずだったのに…)悔やみながらも、石鹸で洗い出した。
 
第3話 緊縛
 
 舞子が肉竿を洗うと、肉竿は勢いを増して、更に堅くなっていく。
(これが入ったら、痛いだろうな…。それとも、気持ちいいのかな…)想像しなが
ら洗っていると「それくらいでいいぞ。ここに乗れ!」富坂の太股を跨がされる。

 「いきなり、入れないで下さい…」
「わかっている。自分のペースでやれ!」腰を押さえて、淫裂に肉竿を押し当てた。
(やるしかないわ。クビになったら困るし…)覚悟を決めて、ゆっくり腰を下げだ
した。

 「ズル!」肉竿のめり込む音と共に「うっ!」呻き声を上げ、体を震わす舞子だ。
「痛いのか。ゆっくりでいいぞ!」富坂は乳房を撫でながら、乳首を摘んでいる。
「大丈夫です…」息を殺し、なおも腰を沈めて、全てを吸い込んだ。
「全部、入りました…」
「そのようだな。腰を使えるか?」
「やってみます…」ゆっくり腰を上下に動かし出す。

 (これくらいなら、痛くはない…)肉竿が濡れているから、滑りが良く、膣皮を
程良く擦っていく。
「気持ちいい。これも吸わせろ!」
「そこはダメ、声が出ます!」
「出したいなら、だせ!」乳首を吸い出すと「あ、あ、あ~!」と声を上げ、体を
後ろに反らしていく。

 それでも、富坂は乳房を揉み、乳首を吸い続けた。
(気持ちいい…。こんな感じは初めてだわ…)前夫とは、味わった事のない快感に、
淫裂の中が濡れだし、腰の動きも速まっている。
(これがセックスなのね。今までのは、何だったのかしら?)前夫との行為を思い
浮かべながら腰を動かし続けていくと、淫裂から溢れた汁が漏れだした。

 「舞子、気持ちいいのか。オ○ンコが濡れてるぞ!」
「言わないで。恥ずかしいから言わないで!」首を振りながらも腰は動かし続けた。
(膣から、こんなに漏れるなんて、恥ずかしい)顔を上気させながら、腰を動かし
続けると、膣奥に暖かいのを感じた。

 「イヤ、射精はイヤ~!」慌てて降りようとしても、富坂が乳房を掴んでいるか
ら降りられない。
「降ろして。出来ちゃいます!」手を振り払い、太股から降りたが、すでに、淫裂
からは白い液体が垂れている。

 「イヤよ、射精なんてイヤです!」泣きながら、お湯で淫裂を洗い出すと「洗う
な。そのままだ!」怒鳴られた。
「洗わないと出来ちゃいます…」舞子は、無視して丁寧に淫裂を洗いだした。
「言う事を聞かないなら仕方ない。契約は解除だ!」
「それはやめて下さい。クビになってしまいます」

 「俺の命令を聞かなかったから、仕方ないだろう?」
「産みたくないんです。ですから許して下さい…」
「契約解除がイヤなら、罰を受けて貰うぞ。それでいいのか?」
「はい、罰を受けます」
「そうか、その覚悟ならいいだろう。とにかく、オ○ンコを洗え」舞子は言われる
まま、丁寧に淫裂を洗った。
 
 「洗ったか、これから罰を受けて貰う」2人は浴室を出て、奥の部屋に入った。
部屋に入り、照明を灯すと、拷問用と思われる器材が置かれてある。
(まさか、これでやるのでは…)見るなり、舞子の体が震えだすが「ここに立て!」
言われるまま、十字架に背中を押し付けて立つと、腕を固定されていく。

 「痛いのはやめて下さい…」泣き声で言うが「それでは、罰にならないな」なお
も、腕を固定していく。
「これで、お前は動けなくなったな!」両乳房を鷲掴みにすると「ギャ~!」悲鳴
を上げ、全身を震わせた。
「始まったばかりだ。これくらいで、大袈裟だ!」乳房から手を退け、ロープを持
って胸に巻き付けていく。

 「やめて、そんなのイヤです!」叫ぶが、乳房の上と下に巻き付けられて、脇の
下で結ばれた。
更に、乳房の谷間でも結ばれて、乳房を絞るようにしていく。
「お願いです…。オッパイを解いて下さい…」乳房が絞められ、息が詰まる思いだ。

 「これで終わりじゃないぞ。ここにもやるからな」太股にも巻き付けて、引き上
げていくと、足が開いて淫裂が見えてきた。
「見ないで、そこは見ないで!」一番恥ずかしい部分を富坂に見られ、声が大きく
なっている。
「ここは見られたくないのか。それならじっくり見てやるぞ」腰を屈め、淫裂を指
で広げて覗き込む。
「やめて…。見ないで…」遂に涙が流れ出した。
 
 富坂は、舞子が泣こうが気にする様子は見せず、別な太股にも巻き付けて引き上
げて、足を閉じれないようにした。
「いい眺めだな。これは撮っておかないと」カメラを構えたが「撮らないで、写真
はイヤ~!」性器丸見えの姿を撮らせるわけにはいかないが、手足が効かないから
何も出来ない。
「そんな、性器まで撮るなんて…」閃光が瞬くと、力が抜けて行く。

 それを待っていたのか「写真はイヤなのか?」と尋ねる。
「はい、撮られるのはイヤです」
「そうか、写真はイヤか。それなら、オ○ンコしてもいいか?」それには黙り込ん
でしまった。
「どっちもイヤか、困ったもんだ。あれでやるしかないな」独り言を言いながら太
股のロープを解きだす。

 (良かった、これだけですんで…)安堵の顔になったが、足首に鉄パイプが付け
られ、また開脚させられた。
更に、十字架に縛った腕が解かれ、今度は後ろ手に縛られた。
(終わりじゃなかったんだ…)落胆顔に替わると同時に鉄パイプが引き上げられて、
足が浮き上がり、開脚したままの、逆さ吊りになっていく。

 「やめて、こんなのイヤです!」両手も縛られているから何も出来ず、Yの字で
宙に浮いている。
「こんな事したくはないが、お前が返事しないから、やるしかない!」富坂はムチ
を取りだし、乳房を突き刺す。
「謝ります。謝りますから、許して下さい!」

 「手遅れだ。罰として尻叩きしてやる!」言い終わらない内に「ヒュ!」と音が
して「ギャ~!」悲鳴が上がった。
「始まったばかりだ、まだ早い!」富坂はムチを振り続け、尻に赤い筋ができてい
き「許して…。痛いのはイヤです…」泣き声も、元気がなくなっている。

 「痛いのがイヤか。それならこれでやるか!」ズボンを引き下げ、下半身を剥き
出しにした。
「わかっているよな。俺もやるから、お前もやるんだ!」富坂は目の高さにある淫
裂を広げ、舌でなめだした。
「ダメ…。そこはダメ…!」前夫にもさせなかったクンニに、頭を振り乱して叫ん
だが、指はクリトリスの包皮を巻くり、小粒の半球もなめだした。
「ダメ…。そこはダメ…」叫ぶが、全身を電気が貫く、ショックを感じた。
 
第4話 フェラとクンニ
 
 富坂が、執拗にクンニを繰り返すと(気持ちいい…。変態な事されているのに…)
淫裂が濡れだし(私もしないと…)目の前にある、勃起した肉竿を口に迎え入れる。
不自由な姿勢で、唇を動かしていくと、富坂の指の動きが速まっていく。
(気持ちいい、こんなセックスもあるんだ…)初めてのクンニとフェラに快感を覚
えながら唇を動かしていくと、登りきった肉竿が爆発した。
(射精だわ。精液を出された…)喉奥に液体が漂いだした。

 「出したぞ、飲むんだ!」
「ゴクン!」それを、飲み干すと吊ったロープが下げられ、腕も解かれた。
「舞子、気持ちよかったか?」
「はい、初めて感じました…」
「初めて感じたのか。前の亭主と、オ○ンコはしてないのか?」
「セックスはしてました。ですが、全然、感じなくて…」

 「それで、別れたのか?」
「それもありますが、イヤらしい下着を着せられるのが、イヤでしたから…」
「それだけで別れたのか。つまんない夫婦生活だったんだな」富坂が言うと(確か
に、つまらない夫婦生活だったかもしれない…)前夫とのことが思い浮かぶ。
富坂は「夫婦生活が、楽しくなるように、俺が教育してやらないとだめだな」呟く
ように言いながら、器具を片づけだした。
 
 その夜、舞子は富坂と一緒のベッドに寝た。
「セックスは、しない約束ですからね」
「わかっている。今日は2回出したから、もう無理だ」そう言いながら、舞子の股
間に顔を埋めて、淫裂をしたと指で愛撫していく。

 「ダメ、そんな事されたら、欲しくなっちゃう…」腰を浮かせ、淫汁を流し出す。
(膣が濡れていくわ。膣をなめられると感じるなんて、変態かしら?)疑問に思い
ながらも、腰を動かしていたが「私にもやらせて下さい…」向きを変えて、富坂の
股間に顔を埋めた。

 (やったこと、無いけど…)エロビデオでフェラのやり方は知っているが、やる
のは初めてだ。
(オチンチンを掴んで、後は口で…)肉竿を口に入れ、唇で擦り出すと膨らんで行
く。
(オチンチンが膨らんでいく…)舞子はなおも唇を動かし続け、使用可能になって
いく。

 「また、元気になったな。もっと、オ○ンコやりたいか?」
「はい、オ○ンコして下さい…」
「それなら、ここを跨げ!」馬乗りにさせ、腰を押さえ「ゆっくりやるんだ、急ぐ
と痛いからな」舞子の腰を誘導して淫裂に、肉竿を押し込んでいく。
それには「あ、あ、あ~!」声を上げ、体を反らせた。
 
 「気持ちいいだろう、奥まで入るし」
「はい、気持ちいいです…」「それなら、腰も使え!」腰を上下に動かすと、淫裂
が肉竿を擦っていく。
(気持ちいいわ。こんなやり方もあったんだ…)体を反らせ「あ、あ、あ~!」と
声を上げながら、腰を動かし続けると乳房を掴まれた。

 (オッパイにもするのね)富坂に任せ、乳房を揉まれながら腰を動かしていくと、
ドンドン淫汁が流れていく。
(こんなに濡らして恥ずかしい…)肉竿が、淫汁で濡れているのがわかる。
同じく、富坂も「出るかも知れない…」快感に絶頂が近づいている。
「膣には出さないで下さい。お口で受けますから…」なおも、腰を動かし続けると
「出る、出る!」声を上げた。

 舞子は急いで腰を上げ、肉竿を口に入れると同時に、わずかだが、不快な液体が
喉奥に漂い出した。
噴射を終えると2人は横になって休むが「もっと、セックスの楽しさを、教えても
らえないでしょうか?」舞子が頼む。
「急に、どうした。あんなに、オ○ンコしないでと言っていたのに…」

 「考えが変わりました。イヤな思い出しかなかったので、嫌っていましたが、楽
しくやる方法もあると知りまして…」
「そんなに、俺とのオ○ンコが良かったか?」
「はい、凄く良かったです。こんな気分は初めてです…」
「そうか、気分良かったか。それなら教えてもいいが、出来たらどうする?」

 「コンドームを、付けてして下さい…」
「そんな物は、ここにはないぞ!」
「私が買ってきます」
「そこまで言うならいいだろう。その変わり、こっちの頼みも聞いて欲しいな」
「どんなことでしょうか?」
「写真だよ。しかも素っ裸のやつだ」それには暫く考え込み「わかりました、撮っ
てもいいですから、セックスをお教え下さい」承知した。
 
 翌日、舞子が家事をしていると「これから、出かけるぞ!」声が掛けられた。
「わかりました、直ぐに着替えます」
「着替える必要はない。そのままの素っ裸でいい!」それには、顔が真っ青になり、
口がブルブル震えていく。
「外に出る時は、服を着てもいいはずです…」涙を浮かべて頼み込んだ。
「約束は、素っ裸で暮らすはずだったよな?」
「はい、その通りです。ですが、この通りです…」土下座した。
「そこまでされたら、考えてやる。待っていろ!」一旦部屋を出てから何かを持っ
てきた。

 「これを着ろ!」舞子はそれを受け取り、首から通して行くが「オッパイが見え
ます!」声を上げた。
確かに服だが、薄い布地だから、ブラジャーを着けない限り乳房が透けている。
「素っ裸よりいいだろう。我慢しろ!」そう、言われれば従うしかなく「わかりま
した…」と答え、2人は車で街に出た。
 
第5話 全裸の買い物
 
 富坂は繁華街には入り、車を停めた。
「あんたの嫌いな服を買うぞ」
「イヤらしいのを、着るんですか?」
「そうだ、これも教育だ!」そう言って車を降り、舞子も降りた。
2人が歩いていると「オッパイが…」舞子を指差し、声を上げた。

 (そうだった。胸が透けているんだった!)慌てて、胸を手で覆うと「手を退け
て見せてやれ!」注意される。
仕方なしに、手を退けて歩いて行くが「見て、恥ずかしくないのかしら?」「いく
ら立派だからって、見せるなんて変態よね」軽蔑の言葉が掛けられる。
舞子は(好きで、見せてるんじゃないわ。これには、訳があるのよ)下を向き、黙
って、歩くが富坂は平然としている。

 2人は、なおも歩いて裏通りにある、小さな店に入ったが(イヤよ、ポルノショ
ップだなんて…)恥ずかしさに、舞子は顔を上げられない。
「いらっしゃいませ!」店員が声を掛けると「下着をくれ!」と注文する。
「下着には、色々種類がありまして…」カタログを見せた。
「そうだな、これと、これがいいな」

 「サイズは、いくらでしょうか?」
「わからない。ここで確かめてくれ!」富坂は舞子の服を、捲り上げていく。
それには、店員も驚き顔になっているが、下半身が現れ絨毛も覗くと「困ります、
ここでは困ります!」制止する。
「サイズがわからなくちゃ買えないだろう。ほら、これでわかるはずだ!」首から
脱がせ、舞子を全裸にした。
(こんな所で、ヌードだなんて…)覚悟はしていたが、人前での全裸に、体も震え
ている。

 「わかりました。調べさせていただきます」店員は舞子の乳房や尻、股間と触っ
ていく。
(触らなくても、見ればわかるはずよ…)手を振り払いたいが、絨毛も触わり「わ
かりました。これがいいと思います」棚から取り出す。
「ここで着てもいいのか?」
「構いませんが…」

 「これを着ろ!」舞子は渡された黒い布地を身にまとうが、隠す役目はせずに、
乳房を下から持ち上げて、大きく見せている。
「次はこれだ!」ストッキングを履かせて、ガーターベルトで留めさせた。
(イヤよ、これだけは着たくなかったのに…)前夫からもいわれたが、拒んでいた
から尚更だ。
 
 富坂は、そのほかにも買い込み、舞子は服を着させられて店を出た。
「さてと、次は薬局だな」車に乗って、郊外のドラックストアに向かった。
「今度は、服を脱いでいけ。写真も撮るからな」
「そんな、ヌードで行くなんて…」
「お前の顔など誰も知らないぞ。イヤなら、約束はなかったことになるが…」
「折角、ここまでやったのよ。約束は守ってください…」泣き声を上げながらも、
狭い車内で服を脱いだ。

 「先に行ってるからな!」
「待って、1人にしないで!」舞子は、役目のしないブラジャーと、ストッキング
とガーターベルトだけを身に着けて、店に飛び込んだ。
店の中には、数人の買い物客がいたが、乳房と絨毛を露わにした姿に騒然となった。
(ヌードを見られているわ。早くしないと…)急いでカウンターに行き「コンドー
ムを下さい」店員に告げる。

 「こ、コンドームですか…」全裸で現れた客に驚きながらも、乳房と絨毛を交互
に見つめている。
「早く、下さい!」
「かなり、お急ぎのようですね…」舞子を見ながら、注文したコンドームを置いて
「お急ぎでしたら、これもいいですよ」膣に塗るゼリーも置く。
「それも下さい」これ以上裸を見られたくないから急いで買い求めて車に飛び込ん
だが、富坂はまだ戻ってない。

 「早く来てよ、ここから抜け出したいのに…」焦る気持ちを抑えていると「待た
せたな」やっと現れた。
「早く行って下さい」
「わかってる。次は写真撮りだからな」車を走らせ屋敷に戻った。
 
 屋敷に戻ると、舞子は服を脱がされる。
「いいね、これは最高だよ」持ち上がった乳房を撫で、絨毛も撫でだしたが(こん
なのイヤよ、商売人が着るやつじゃないのよ!)相変わらず嫌がっている。
「まずは、縛ってからだ!」昨日のように、十字架に腕を縛られ、足を開かされる。
(恥ずかしいわ、こんなヌードを撮られるなんて…)やはり、カメラを向けられる
と、恥ずかしさが増して、顔を背ける。

 それには「顔を上げろ!」怒鳴られ、カメラを見つめて収まった。
その後、太股にロープが巻かれて、開脚した形でも撮られていくと、今までとは違
った快感を覚えている。
(恥ずかしいけど気持ちいい。何だか、セックスしたくなってきた…)目が虚ろに
なり、膣も濡れていく。

 それでも、我慢していたが(もうダメ、我慢できない…)「お願いですから、セ
ックスを教えて下さい…」呟くように言った。
「まだ早いぞ。夜まで我慢にしろ!」
「そんな事言わないで下さい。縛ったままで構いませんから教えてして下さい…」
「仕方ないな。頼まれたら、イヤとは言えないし」富坂はカメラを置いて、服を脱
ぎだす。

 (やっと、セックスしてもらえる…)富坂を見つめていると、肉竿が淫裂に当て
られた。
(オチンチンが入ってきた…)ヌルヌルの膣だから、すんなりと入り込む。
「気持ちいいか?」
「はい、凄くいいです。もっとして下さい…」

 「わかった。やってやるよ!」太股を押さえ、ピストンを始めると、舞子は「あ
、あ、あ~!」声を上げた。
(いいわ、凄く気持ちいい…)満足げに声を出していると「出る!」動きを停めた。
(やめないで、もっとして下さい!)恥丘を押し付けたが、肉竿は抜かれた。
 
 「舞子、あんなにイヤだったのに、こんなに濡らしているぞ」指を膣に入れて、
ネバネバした指を見せる。
「成り行きです、成り行きでこうなりました…」
「成り行きね。お前は、マゾの素質があるんじゃないかな」
「マゾですか…」
「そうだ、辱められると感じるタイプだ。心当たりないか?」

 「そう言えば、ヌードでコンドームを買った時、膣がむずむずしていたし、逆さ
に吊られた時も、ムズムズしていました…」
「やっぱり、お前はマゾだ。これからタップリ仕込んでやるぞ!」
「嘘よ、私は、そんな変態じゃないわよ!」

 「変態かどうかは、本人の気持ち次第だけど、もっと知りたいんだろう?」指が
膣の中に入ると「は、はい…。もっと、セックスを知りたいです…」指に合わせて
腰が動き出す。
「だったら、マゾと認めろ。そうしたら、教えてやるぞ」
「認めます…。私はマゾです…」
「正直でよろしい。直ぐに始めるぞ」富坂は準備を始めた。
 
6 マゾ教育
 
 富坂は、舞子の乳首にリングを取り付け、鈴を垂らした。
「こうやると、音が出てな」乳房を上下に揺すると「チリン、チリン!」鈴が鳴る。
「それが、どうかしましたか?」

 「鈍いな。こうやったらどうなるんだ!」淫裂にバイブを押し当てた。
「イヤ、そんなのイヤ~!」逃れようと腰を動かし「チリン、チリン!」音が鳴っ
ている。
「わかったか。乳が揺れるとこうなるんだ」乳房を揺らせて音を出した。

 「これも付けるぞ!」レザーの首輪も付けてから、縛った腕を解いていく。
腕が利くようになった舞子は、濡れた淫裂を拭くが「これは脱げ、代わりにこれを
付けろ」ガーターベルトを外させ、金色のウェストチェーンを付けさせが「何か変
だな。これが邪魔してる…」股間の絨毛を撫でだした。
「ヘアが邪魔してるって、もしかしたら、剃れとでも?」

 「そうだ、剃れ!」
「ヘアがないなんてイヤです、笑われます!」
「お前はマゾだぞ。そんな事気にする間。何なら、俺がやってやるが…」
「そうして下さい。自分からは出来ません…」
「わかった。今すぐやるぞ」富坂は一旦出てから「ここに寝ろ!」舞子を寝かせた。
 
 (本当に、ヘアを剃る気かしら?)目を閉じて足を広げると、富坂の手が絨毛を
撫でていく。
手は絨毛を漏れなく撫でて、時折、淫裂にも触れている。
(本気で、ヘアを剃る気だ…)無毛の淫裂を想像すると、太股が震えだす。
「恥ずかしいのか。震えているぞ!」カミソリを恥丘にあてて、引いた。
「ジョリ、ジョリ!」絨毛が根本から消されて、地肌が見ている。

 カミソリは、数往復すると恥丘から絨毛がなくなり、淫裂の周りに残っているだ
けだ。
「危ないから、動くなよ!」今度は、淫裂の周りを剃っていく。
剃り残しがないように、丁寧に剃っていくと、指が膣に触れて「ピク!」と動いて
いるが、カミソリは動き続けて、全ての絨毛が露わになった。

 淫裂からはみ出した肉襞が露わになり、先端も黒ずんでいる。
「見ろ、これがお前のオ○ンコだぞ」手鏡で見せると「恥ずかしい…。見たくもあ
りません…」目を逸らしたが(ヒラヒラも黒ずんでいる。歳なのかしら?)あまり、
セックスしてないが、歳による変色に落胆を隠せない。

 そんな舞子に、追い打ちを掛けるかのように「これから出かけるぞ」声を掛けた。
「待ってください、私はヌードですが…」
「そうだ。服を着る必要はない。素っ裸を見てもらうんだから」
(そんな、人に裸かを見せるだなんて、いやよ…)躊躇していると「来い!」腕を
掴まれて車に乗せられた。
 
 車は一般道を走り出すが、全裸の舞子は両腕で乳房を押さえている。
「手を退けろ。それではトレーニングにならない」その言葉に手を退けて、乳房を
露わにしていくが、恥ずかしさに乳房が揺れ、乳首に付けられた鈴が「チリン、チ
リン!」と鳴っている。
「いい音してるな」富坂は満足そうに聞きながら車を走らせて、ビルの前で停めた。

 「降りろ、ここで撮るぞ!」富坂が降りると、舞子も降りるが「見て、裸よ!」
「素っ裸だ!」声が上がって、人垣が出来ていく。
その人垣の前で、ポーズを作りカメラに収まっていく舞子だが(恥ずかしい、フル
ヌードを見られるなんて…)「チリン、チリン!」と鈴の鳴りやむ事は中なかった。
 舞子は、富坂の言うがままに、ポーズを作っていくが「いいね、パイパンオ○ン
コは最高だな」「変態よ。ヘアを剃って、剥き出しだにするのは、変態にしかでき
ないわ」そんな声が聞こえている。
(私は、変態じゃないわよ。トレーニングしてるだけよ)自分に言い聞かせながら、
淫裂が熱くなり、濡れていくのを感じて、目が虚ろになっていく。
 
 それを感じ取ったか「ここまでだ!」富坂は車に乗り込み、舞子も乗り込んだ。
「感想はどうだった?」
「恥ずかしかったけど、濡れてます…」
「そうだろう。今度は別な場所でだ」また車を走らせてビルに向かい、地下の駐車
場で停めた。

 そして、エレベーターに乗り、10階で降りて歩いて行くと、静まりかえって人
と会うことはなく、小さな事務所に入っていく。
「ここは俺のビルだ。安心していいぞ」窓のカーテンを開けると、隣のビルが丸見
えになっている。
富坂は窓際に椅子を置いて「ここでやるんだ!」と命じる。

 「何をですか?」
「オ○ンコ弄りだよ。最近は、オナニーと言うそうだが…」
「見せて、やるんですか?」
「そうだ。やれ!」言われるまま、窓際に座って、淫裂を撫でだした。

 始めは、気づかなかった隣だが、オナニーを始めると、気づいたのか、窓にへば
り付いてこちらを見つめている。
「見られているぞ。もっとやれ!」舞子は足を限界まで開き、淫裂も指で広げて撫
でていく。
その様子を、富坂は撮っていくが「あ、あ、あ~!」声を上げ出す舞子だ。

 「指だけで、気持ちいいのか?」
「はい。出来たら、セックスしたいです…」
「オ○ンコか。ゴム、持ってないぞ」
「無くてもいいです。出しても構いませんから、して下さい…」
「見られているぞ。いいのか?」
「その方が、気持ちよさそうですから…」
 
 富坂は暫く考え「わかった。やってやるぞ」ズボンを脱ぎだした。
「舞子、まずは口でやれ!」下半身を剥き出しにすると、肉竿を口に当てた。
それを拒まず、唇で擦りながら淫裂に指を入れて、掻き回しだしたが、向こう側で
は、騒然として見つめている。
それを、焦らすかのように「ウグ、ウグ!」唇を動かし続けたが「これでして下さ
い」催促する。

 「わかった。やってやるが、これでだぞ!」舞子を退け、椅子に座って馬乗りに
させた。
「わかっているよな?」
「はい、やってみます」肉竿に淫裂を押し付けて、吸い込んだ。
「見ろよ、口を開けて見てるぞ」
「それでしたら、もっと激しくします…」富坂の肩を手で押さえて、腰の動きを速
めた。

 乳房が揺れ「チリン、チリン!」鈴が鳴り「クチャ、クチャ!」淫裂から濡れた
音が出ていく。
「気持ち良さそうだな。それなら俺も…」乳房を揉みながら絶頂へと向かい、爆発
した。
それを受け止め「暖かい、膣の中が、暖かい…」漂う液体に酔っていると「撮らせ
ろ!」白い液体が流れ出た淫裂をカメラに撮っていく。

 「見ろよ、口を開けてるぞ」
「それでしたら、もっと見せてあげます…」自分から指で淫裂を広げて、白く濡れ
た膣を露わにしている。
 
第7話 上長の訪問
 
 舞子は、その後も縛られて鞭打ちされたり、全裸で町を歩かされたりと、繰り返
して最後の日を迎えた。
「いよいよ、今日で最後だな」
「はい。名残が惜しくなりました…」
「そう言うな。約束したのは1週間だけだ」
「その約束でした…」

 「それより、会社が、お前の様子を見に来るそうだ!」
「来なくてもいいのに…」
「会社だから仕方ないよ。それより、わかっているよな?」
「覚悟してます。このままのヌードでやります」
「その覚悟があるならいい。期待してるぞ」舞子の乳房を揺らせて「チリン、チリ
ン」と鳴らせた。

 「ご主人様、これがお気に入りですか?」
「まあな。これも好きだぞ」無毛の淫裂を撫でた。
「私との、セックスも好きですか?」
「ああ、最高だよ。今夜が最後のオ○ンコになるな」
「そのようですね。機会があったら、またしてくださいね」
「いくらでも、やってやるよ」笑顔で答えた。
 
 それから数時間してから、川村が訪ねてきたが、舞子と同僚の小野清美を伴って
いる。
2人は、対応に出た舞子に驚いている。
「素っ裸だ!」「ヘアがない!」全裸で、無毛の淫裂を平然と晒す舞子に、声も続
かない。

 「そんなに、驚かないで下さい。これが、お詫びですから…」テーブルにコーヒ
ーを置くと、乳房が揺れて、鈴が鳴っていく。
「乳首、痛くないですか?」
「ああ、これね。痛くはないわよ。それに、寝る時は外すから、跡が残らないの」
乳首を撫でていく。

 「ヘアは、どうしたの。性器まで見せて、恥ずかしくないの?」
「剃って貰ったの。初めは、恥ずかしかったけど、慣れたらこの方が、気分がいい
し…」舞子の言葉に、2人は顔を見合わせて、黙り込んでしまった。
「そんな、湿っぽい顔しないで。ご主人様がもうすぐ来ますから」その言葉通りに
「待たせたな」富坂が現れ、本題に入った。
 
 「富坂さん、損失の件ですが…」
「我慢するよ。素っ裸になって、頑張ったんだからな」舞子を抱き寄せ、乳房と淫
裂を撫でだした。
「そんな事言われたら、恥ずかしいです…」
「恥ずかしいことないぞ。自慢していいんだ。こんな事は、誰にでもやれるわけで
はないし」乳首も摘んで、吸い出す。

 「今は仕事中です。後で…」目を閉じ、気持ちよさそうな顔して言う。
「そうだな、仕事中だった。川村君、寺島君の名前で2億追加するよ」
「寺島の名前で、2億ですか…」
「ダメなのか?」
「そんな事ありません。喜んでお受けします…」しかし、川村の顔は笑顔にならず、
同じように清美の顔も笑顔にならなかった。

 川村と、清美は1時間程話してから帰ったが怒りが込み上げているようだ。
「くそ。素っ裸で2億も取るなんて、許せない!」
「そうよ、きっと体も売ったはずよ。あれは売春よ」
「このままでは、収まらないな」
「私だってそうよ。あんなの、女の恥よ!」2人は話しながら会社に向かった。
 
 2人が、舞子に敵意を持ったとも知らず、最後の夜を迎えた。
「今日は、最後だから、お袋に撮って貰うぞ」嘉代はビデオを構えている。
「最後だから、これでやろう」舞子を四つん這いにしていく。
「いいか。これは、奥まで入る体位だ!」両手で腰を押さえ、肉竿を突き出した。
「ち、膣の奥まで…オチンチンが…突き刺している…。あ、あ、あ~!」声を上げ、
体をくねらせた。

 「入っただけだ。これからが本番だ!」肉竿のピストンが始まって「いいわ、凄
く、いい~!」声を上げ出す。
それに、垂れ下がった乳房が揺れて「チリン、チリン」と音が鳴っている。
「こんなセックスなら、いつしてもいい…」淫裂からは、淫汁が流れて、太股まで
履いたストッキングを濡らしていく。

 「俺も、こんなに気持ちいいのは、久しぶりだ…」富坂も興奮気味に腰を振って
いくが、絶頂を迎えている。
「出して。このまま出して。出来てもいいから、出して下さい…」
「わかった。このまま出すぞ」動きを停めて爆発していく。
「暖かい…。とろけそう…」満足そうに俯せになっていくが、肉竿が抜かれ、白い
液体が漏れ出ている。

 「気持ちよかったか?」
「はい。今までで、一番よかったです…」
「俺もだ。もう1回やりたいな」
「それでしたら、私がお口で」起きあがると、富坂の前で正座して、肉竿を掴んで
口に入れた。
「助かるな、直ぐに元気になるし…」満足げに頭を撫でてから、乳房も撫でていく。
それには「ウグ、ウグ!」肉竿を唇で擦って答えた。
 
 翌朝、舞子は来た時と同じく、バック1つを持って屋敷から出ていこうとしてい
る。
「色々。お世話になりました」
「何かあったら、また来いよ!」
「はい、そうします」丁寧に挨拶してから、会社へと向かっていくが「あの子、い
い子だったわね。勿体ないわよ」嘉代は残念そうな顔だ。

 「仕方ないよ、1週間の約束だから。それよりも、写真の整理しないと」
「武史も、気に入ってたんだね」
「ああ、今時珍しい子だからね。本当に素っ裸になったのには驚いたよ」
「それはいいとして、妊娠は大丈夫かしら。昨日、タップリ出したわよ」
「出来たら、産ませるよ。いいだろう?」
「私はその方が、嬉しいわ。孫も嫁も出来るし」
「そう願おうよ」2人は、舞子が去った後、名残を惜しむかのように話していた。

 一方舞子は「今日から、復帰します」課長の川村に挨拶していた。
「ご苦労だったな。素っ裸が楽しいなら、ここでもやってくれよ!」その言葉に舞
子は顔色を変え「会社のためです。契約解除されないようにやってました。おかげ
で、2億も増えたじゃないですか!」
「それは、わかってるわ。でも、体を売って契約を取るなんて、売春婦と同じよ」
清美も言い出した。

 その言葉に「舞子が売春ですって?」事務所内に驚きの声が上った。
「寺島、本当にオ○ンコやったのか?」男性の同僚から問いただされた。
「そんな事するわけないわ。馬鹿にしないで!」
「あら、そうかしら。あそこの家で、素っ裸になっていたじゃないのよ。しかも、
乳首に鈴まで付けて」

 「あ、あれは契約を守るために仕方なくヌードに…」
「そうかしら。セックスもしたんでしょう。2億の契約を取るんだから、やったは
ずよ」
(違うわ、確かに、セックスしたけど、あれは私の教育で、やったのよ!)叫びた
いが、それは出来ず、ブルブル震えている。
 
第8話 妬み
 
 「寺島、どうなんだよ」同僚が問いつめても、舞子は答えることが出来ない。
それをいいことに「俺が訪ねたら、寺島は素っ裸になっていたんだ。しかも、ヘア
を剃って、オ○ンコ丸出しにしてたぞ!」
「え~。ヘアを剃っていた?」また驚きの声が上がった。
「そうよ。しかも、性器を触られて、喜んでいたわよ」

 「信じられない。寺島が、そんな事をしていただなんて!」
「本当にやっていたのよ。ヘアも剃って」清美は訴えるが、信じられないと言った
顔をしている。
「証拠を見せてあげる。舞子、脱ぐのよ。昨日みたく、素っ裸になるのよ!」
「イヤよ。どうして、脱がないといけないのよ」

 「寺島、脱げ。これは業務命令だ!」
「イヤです、絶対に、脱ぎません!」
「それだったら、力ずくだ。抑えろ!」川村の言葉に、舞子は腕を掴まれ「脱がな
いなら、私が脱がしてやるわよ」ニヤリと笑うと、舞子の制服に手を掛けた。
「やめてよ、放して~!」
「暴れたってダメよ。ここで、見て貰うのよ」清美はボタンを外し、上着を脱がせ
た。

 「どっちから、行こうかしら?」
「下だ、パイパンが先だ!」川村の声に「そうね、こっちが面白そうね」スカート
のホックを外してファスナーを下げた。
支えを失ったスカートは、一気に足下に落ちて、紫色のパンティがブラウス裾越し
に覗いている。

 「これが邪魔よ。これから先に行かないと…」ブラウスの、小さなボタンを外し
ていく。
「やめて、正気になって!」
「何言っているの。正気でないのは舞子よ」なおも外していくと、胸が開いて揃い
のブラジャーが覗いてくる。
 
 清美は、全てのボタンを外すと、前を広げて脱がしていく。
同僚も手伝い舞子はパンティとブラジャーだけにされた。
「いよいよね。これを見たら驚くわよ」手を伸ばして、腰のゴムを掴んだ。
「やめて。それだけはやめて。オッパイだけにして!」
「そうは行くか。あそこでやっていたのを再現させないと…」
「そうよ。素っ裸になって、見て貰わないとね」清美の手が下がって、下半身も見
えてくる。
(会社で、こんな事をされるなんて…)必死に、脱がされまいとしても、押さえつ
けられ、何もならない。

 「いい、驚かないのよ」清美の手が一気に、足下まで下がると「イヤ~!」「お
~!」悲鳴と、驚きの声が同時に上がった。
「見て、言った通りでしょう!」自慢げに、足首からパンティを脱がせて、淫裂を
剥き出しにした。
「凄いや、これがオ○ンコか…」
「そうよ、歳だから黒ずんでいるけどね」自慢げに淫裂を広げて肉襞を摘んだ。

 「チンポは、どこに入れるんだ?」
「あんた、やったこと無いの?」
「恥ずかしいけど、ソープも行ったことないし、オ○ンコ見るのは初めてなんだ」
「童貞か。仕方ない教えてあげる。ここよ、この穴に入れるのよ」足を更に開かせ、
淫裂を広げると、空洞が見えるた。

 「ここか。ここに入れるのか。寺島はやったのか?」
「見て、膣が開いているでしょう。これはオ○ンコやった証拠よ。それに、この白
い粉は、淫汁が乾いた時に出来るの」
「小野さん、詳しいね。尊敬しちゃう。オッパイも教えて!」
「そう言われたら、張り切っちゃう」調子に乗ったのか、背中のホックも外してブ
ラジャーも脱がせた。

 「以外ね、こんなに大きいなんて!」露わになった乳房を鷲掴みした。
「ヒ~!」悲鳴を上げる舞子に「こう、やっていたんでしょう、ここにも!」妬み
か乳首も潰す。
「やってません…。こんな事やってません…」
「嘘言うな。オ○ンコ丸出しだったんだぞ。そんな事言うなら、見せしめだ!」
 
 川村は紐を取りだし、舞子の両手を後ろ手に縛り、足も開かせて、閉じられない
ように縛っていく。
「解いて、見えちゃいます!」
「見られたくて仕方なかったはずよ。ここに、入れられたんでしょう?」指が無防
備の膣に入った。
「入れないで、お願いです…」足も閉じられず、どうすることも出来ない。

 「毎日、こうやらせて、契約取ったんでしょう?」清美の指が動き出した。
「そ、そんな事…してません…」指がリズミカルに動き回ると、膣も反応していく。
(恥ずかしい、こんな場所で濡れていくなんて…)堪えても、本能で膣が濡れだし
た。
「見て、気持ちよくて、濡れているわよ」指を抜くと、ベトベトした液体が糸を引
いている。

 「寺島。オ○ンコやりたいなら、俺がやってやるぞ」川村は乳房を揉み出す。
「セックスなんて、したくありません…」
「そりゃそうよ。課長とオ○ンコしたって、契約取れないもんね」また指を入れて
動かしていく。
(悔しいわ。こんなに侮辱されるなんて…)涙が流れ出した。
「あら、指でも嬉しいんだ。だったら、これでしてあげようか」ソーセージを膣に
入れた。

 「抜いて、それは抜いて!」
「遠慮しなくていいのよ。行きたいんでしょう?」ソーセージでピストンしていく
と「あ、あ、あ~!」声を上げてしまった。
その声に「寺島が気持ちよさそうにしてる!」同僚が驚くと「聞いたでしょう、売
春して契約取ったのよ。営業の恥よ」清美の言葉に皆が頷いた。
「いいか、寺島は我が社の恥だ。こんな女とは、もう付き合うなよ!」川村の言葉
にも皆が頷く。

 「その方がいいわ。売春婦にはこれがお似合いだし」膣に入れたソーセージを口
に押し込んだ。
「自分の、オ○ンコ味よ。おいしいでしょう?」なおも、押し込んでいく。
それには(酷いわ、これも、会社のためにやったのに…)嗚咽を上げ、涙を流し続
けた。
 
 舞子は、昼近くまで、乳房と淫裂を晒していたが「これで勘弁してやるから、署
名しろ」腕が解かれ、用紙が渡された。
「私に、辞めろと言うのですか?」
「そうだ。我が社に、売春婦は必要ないからな!」
「酷いわ、全て、会社のためだったのよ。課長だって、機嫌取れと行ったじゃない
ですか…」

 「そうは言ったが、売春しろとは、言ってない。早く書いて、出て行ってくれ」
舞子は泣きながら署名し、脱がされた服を着込んでいく。
「自己都合にしておく。首にならないだけ、ましと思え!」捨て台詞もはかれ、舞
子は机から私物を取りだし、会社から出た。

 会社を出た舞子は、アパートに戻り、1人泣き続けて、涙が停まることはなかっ
た。
「悔しいわ。あんな事言われるなんて…。これからどうしたらいいの、ローンだっ
てあるのに…」
夕方まで泣いていたが、考えは思いつかない。
周りは薄暗くなり、寂しさが襲い、昨夜まで一緒にいた富坂が恋しくなっている。

 「会いたい…。もう一度会いたい…」抱きあった事を思い浮かべると、手がスカ
ートを捲り上げて、股間を撫でていく。
「入れて。出してもいいから、入れて…」パンティを引き下げ、淫裂を触り出す。
「そこよ…。入れて!」目を閉じて指を膣に入れた。
「いいわ、凄くいい!」妄想しながら、膣の中を掻き回し続けた。
 
第9話 呼び出し
 
 翌朝、舞子は下腹部の痛みを感じた。
「もうすぐだわ、もうすぐ来る…」急いで、淫裂にナプキンを押し当てて、準備し
ていく。
「妊娠しなかったんだ。時期が悪かったのね…」気を取り直して「とにかく相談し
ないと」アパートから出て、富坂の屋敷に向かった。

 富坂は、予告無しに現れた舞子に驚きながらも家に上げ、応接室に案内し、2人
が向き合って座ると「なにかあったのか?」問いただした。
「はい、会社で、恥ずかしい思いをしました…」昨日、会社でされたことを残さず
話した。

 暫く考え込んで「それで、どうしたい?」と尋ねる。
「売春婦扱いした清美が、許せません!」
「それで、俺に手を貸せと言うのか?」
「はい、出来たら、そうして欲しいです…」
「わかった。手伝うよ。その変わり、わかっているよな?」
「心得てます…」舞子は立ち上がると、服を脱ぎだし、上着、ブラウスと脱ぐと乳
房が現れた。

 「準備がいいな。感心した。下はどうなってる?」
「今からお見せします…」スカートに手を掛け、引き下げると、黒いガーターベル
トとストッキングを履いていたが、股間をパンティが覆っている。
「そんなの着けて、どうした?」
「お許し下さい。女である証が来ましので…」

 「生理が来たのか?」
「はい、来てしまいました。ですから、1週間程お許し下さい。終わったらヘアも
自由にして構いませんから」
「その覚悟ならいいだろう。まずは、口でやれ!」
「かしこまりました」正座して、チャックを引き下げて肉竿を取り出した。
(これで、またセックスしてもらえる…)思い浮かべながら、口を付けて「ウグ、
ウグ!」と擦りだすと「そうだ、それでいい…」富坂も、満足そうに乳房を揉んで
いく。
 
 そして、昼過ぎになって、富坂は川村と清美を呼んだ。
何も知らない2人は、笑顔で機嫌を取っているが「呼んだのは、他でもない。追加
契約は無かったことにしたい!」言い出すと、顔が青ざめた。

 「訳をお聞かせ下さい!」
「簡単だ。あの子の意気込みに惚れて契約したんだ。あの子が辞めた以上、契約す
る気はないな。それに、付き合いもこれまでとさせて貰うよ」その言葉に2人は顔
を見合わせ「富坂さん、何とか考え直してもらえないでしょうか?」と頼み込む。

 「小野君と言ったよね。あの子が、したことをやるというなら考え直すが、出来
るかい?」
「わ、私に、ヌードになれと…」
「そうだ、素っ裸だ。それに、痛い思いもして貰う」
「で、できません。そんなの、できません…」首を振って拒んだ。
それには「やってくれ。会社のためだ。素っ裸でも、何でもやってくれ!」川村は
言う。
「そう言われても、恥ずかしい思いをするのは、私だけです!」あくまで拒もうと
した。

 「やっぱり出来ないだろう。あんたは、所詮、上辺だけの女だからな!」
「そんなの酷いです。私にだって、根性はあります」
「見せてもらえるか、その根性を。1週間とは言わないが、4日は見せて欲しいな」
富坂は清美を挑発していく。
「わかりました。こうなったら私の根性をお見せします…」清美は顔をブルブル震
わせながら、スーツを脱ぎだした。
 
 上着、ブラウスと脱いでピンクのブラジャーを露わにすると背中のホックを外し
た。
「笑わないでください。貧弱ですから…」断りを入れて、肩紐を外して脱ぐと、小
ぶりな乳房が現れた。
乳房の先端には、ピンク色素の落ちた乳首が膨らんでいる。

 乳房を露わにすると、顔を赤く染めながら、スカートに手を掛け、引き下げ出す。
すると、ブラジャーと同じくピンクのパンティが現れる。
「私のヘアは薄いですけど…」体を震わせながらパンティを引き下げて、足首から
脱いだ。
清美は全裸になったが、恥ずかしいのか、太股がガクガク震えている。

 「確かに、あの子よりは少ないな…」そう言いながら、富坂の手が淫裂の中に入
っていく。
「そ、そんなのだめです…」手を押さえたが「確かめるだけだ、手を退けろ!」怒
鳴られ、手を退けた。
すると、腰を屈めてじっくりと覗き込み「少し、遊びすぎたようだな。黒ずんでる
し」肉襞を掴む。

 「そんな事してません。歳のせいで、黒ずんだだけです…」
「そうか、信じよう」素直に引き下がった。
「さてと、川村さん、この裸をどう思う?」
「き、綺麗だと思います…」

 「綺麗か。ここに、入れたいと思わないかね?」淫裂を広げた。
「そ、それは無理です。相手があることですから」
「だったら、1人でやるんだ。意味わかるよな」
「まさか、ここでやれと…」
「そうだ、やらないなら、この子の根性が無駄になるぞ」乳房も撫でていく。
 
 それには「やります、ここでやります!」ズボンを引き下げ、肉竿を取り出すと
手で擦りだす。
清美は「私のヌードで、オナニーするなんて…」顔を背けた。
「見るんだ。それに、オ○ンコも広げて見せてやれ!」富坂の声に、震える手で淫
裂を広げて川村の肉竿を見つめる。

 (カチカチになっている…。間違いなく射精する…)そう思いながら見つめてい
ると「出る、出る!」先端から白い液体が飛びだし、淫裂に掛かった。
「イヤです、出来たら困ります!」慌てて、手で覆うが、白い液体がすでに付いて
いた。
「オ○ンコ、洗いたいか?」
「はい、洗わせて下さい…」
「今、呼ぶから待ってろ!」富坂がベルを押すと「お呼びでしょうか?」乳房丸出
しの舞子が現れて「舞子、ここにいたんだ…」驚く清美だ。

 「そうです。これからは、ここでお世話になることになりました…」
「お世話になる?」
「俺の、秘書だ。それに、投資の顧問もな。それより、風呂に連れて行け!」
「かしこまりました」舞子は、清美を浴室に連れて行くが「舞子さん、昨日のこと
は謝りますから、許してもらえないでしょうか?」詫びを入れた。

 (そうは、行かないわよ。あなたも同じ思いをして貰うわ。その前に、お仕置き
だけどね)黙ったまま歩いて「ここです」ドアを開けたが「許してもらえないのね」
呟くながら中に入り「う、う、う!」と嗚咽を上げていく。
(泣いたってダメよ。恥を掻いて貰わないと、許さないからね!)その嗚咽を聞き
ながら、舞子は準備を始めた。
 
第10話 仕返し
 
 舞子は、自分が着けたのを持って「これを付けて!」清美に渡した。
それを受け取り、着けていくが「風俗みたいで着たくない…」嘆きの声を上げる。
「イヤなら、着なくてもいいのよ。私は会社のためと思ってやったけど…」
「着ます。私だって、会社のために…」ストッキングに足を通し、ガーターベルト
で留めた。

 「これも付けて」乳首に鈴を付けさせた。
「これが、おもしろのよ。揺れると音が出て…」清美の乳房を揺らすと「チリン、
チリン」と音が鳴る。
(恥ずかしいわ。こんなの、付けたくない!)そう思っても、舞子がやった以上は
やるしかなく、我慢した。

 「後はヘアね。ご主人様にお任せだわ」ニヤリと笑い、清美と応接室に向かった。
2人が入ると、川村は居らず富坂だけがいて「戻ったか。まずは手入れだ。準備し
ろ!」と命じる。
「もう、出来ております」
「そうか。それなら、舞子がやれ!」
「かしこまりました…」舞子が、石鹸を泡立てていくと、清美の太股がブルブル震
えだした。
「清美さん、剃るからね」泡を絨毛に塗り、カミソリで剃りだすと「う、う、う!」
嗚咽を上げだすが、舞子は剃り続け、淫裂が剥き出しになった。
 
 「ご主人様。終わりました」
「そのようだな。記念に撮ってやるぞ!」
「イヤ、写真はイヤ~!」撮られまいと、乳房と股間を押さえて、うずくまった。
「そんな事なら、お仕置きだ。来い!」舞子がされたように、両手を後ろ手に縛ら
れ、Yの字に逆さに吊り上げられた。
「お願いです、降ろしてください!」泣き叫ぶが、尻をムチで叩かれ「ギャ~!」
悲鳴を上げても、容赦なくムチで叩かれた。

 尻には、無数の赤い筋ができて「やめて下さい!」泣き叫んでいる。
「そんなに、痛いのがイヤならこうだ!」淫裂を指で撫でだした。
「ご主人様。それでしたら、清美にもさせませんと…」富坂のズボンを引き下げ、
肉竿を取り出すと「やるのよ!」清美の頭を押し付け、口に入れさせた。

 「ウグ、ウグ!」口を振って拒むが、舞子は頭を掴んで、前後に動かしていく。
「気持ちいいな。それなら俺も!」指が膣の中に入り、動き出す。
清美は拒んで「う、う~!」首を動かすだけで、何も出来ない。
「ご主人様、気分はどうですか?」
「もうすぐだ、もうすぐ出るぞ…」その言葉通り、程なく清美の口から白い液体が
漏れだし「清美、出されて良かったわね」舞子が手を放すと、声を上げて、泣き出
した。

 その夜、舞子は富坂に抱かれていたが、パンティを履いたままいる。
「ご主人様、スッキリしました」
「それは良かった。明日は素っ裸の写真を取るかな」
「そうして下さい。それから私にも、お口でさせて下さい」肉竿を軽く掴んで擦り
だす。
「舞子もやりたいのか?」
「はい。清美だけには、負けたくありません…」そう言うと、肉竿を口で擦り出す。
「いいぞ、凄くいい。上手になったな…」満足そうに乳房を揉んでいく。
 
 それから1周間後、富坂は舞子を伴って、川村と清美がいる事務所を訪ねた。
「どうして、来たかわかってるだろうな?」
「は、はい。ですが、小野が嫌がってまして…」
「それなら、連れて来い!」
「わかりました」川村は清美を連れてきた。

 「やって、くれるよな?」
「許して下さい。他でならやりますが、同僚の前では許して下さい…」
「イヤか、それなら、この写真を配ってもいいかな」清美が人前でオナニーしてい
る写真を見せた。
淫裂が口を開き、淫汁で膣が濡れているのがわかる。

 「やります…。ですから、この写真はなかったことに…」
「勿論だ。これで終わりにする」その言葉で清美は服を脱ぎだし、スーツ、下着を
脱いで全裸になり、乳房と剥き出しの淫裂を露わにしていく。
「準備はいいか?」
「は、はい…」4人は、応接室から職場へと向かったが、全裸の清美に驚きの声が
上がった。

 「驚かなくていい。小野君が寺島君にした、無礼を詫びたいそうだ!」川村はも
っともらしい事を説明して「始めてくれ!」合図した。
「それでは、舞子さんに、お詫びのヌードダンスを始めます…」
「それだったら、これを付けてやらないと」乳首に例の鈴を付けた。

 「始めてくれ!」その声で清美が踊り出すと、乳房が揺れて「チリン、チリン!」
と静まりかえった事務所に響いていく。
足を上げ、淫裂を惜しげもなく晒していくが、目は涙でにじんでいる。

 そして、10分程で踊り終えて応接室に戻ると、清美は声を上げて泣き出した。
(いい気味よ。これでスッキリしたわ)満足そうな顔になった舞子だ。
「服を着てもいいわよ」その声で乳首から鈴を外し、服を着ていくが「う、う、う
!」と嗚咽が
停まることはなかった。
 
 その夜、屋敷では「ご主人様、出来るようになりましたから、して下さい…」舞
子は全裸になっていく。
「わかった。今日からは、ゴム無しでやるからな」
「それじゃ、出来ちゃいます!」
「出来たら産んで育てろ。俺も、面倒見るぞ」
「ありがとうございます。それでしたら、私が、上になってやらせて下さい」
「そうしてくれ」富坂が横になると、舞子が馬乗りになって、肉竿を淫裂に迎え入
れていく。

 「気持ちいい。舞子も上手になった。また写真も撮るぞ」
「恥ずかしい写真も、撮って下さい」腰を動かしながら言うと「わかってる。電車
の中でも撮るか…」
「面白そうですね。大勢の前でヌードだなんて…」話していく内に、舞子の膣が濡
れだした。

 「濡れてきたぞ。興奮してるのか?」
「はい、想像しただけで、ビッショリに濡れてます…」
「舞子は敏感だからな。どれ、俺も行くか」
「それなら、私と一緒に行って下さい!」腰の動きを速め「クチャ、クチャ!」音
が響き渡り、やがて「出る、出る~!」「行くわ、行く~!」2人の声が響いて、
結合部から白い液体が漏れ出ていく。

 「ご主人様、舞子は幸せです…」甘えるように首に抱きついた。
「俺も、舞子が好きだぞ」唇を押し付けて返し、夜遅くまで抱きあった。
 
 それから数日が過ぎて、清美が2人の元を訪ねてきた。
清美は2人の顔を見るなり「お願いです、私もここに置いて下さい。覚悟は出来て
ますから」そう言って、着ている服を脱ぎだした。

 「舞子、どうする?」
「何事も、私が優先するなら構いませんが…」そう言うが、心配顔だ。
「その通りだと思います。私は2番目で構いません…」清美は、下着も脱いで全裸
になった。
「そうか、それなら、2人同時に磔だな。準備しろ!」その言葉に、全裸の2人は
部屋から出て、準備を始めた。

 そして、十字架を挟み、前と後に2人は足を開いて縛られた。
「いい眺めだな、まずは舞子からだ」太股を抱えて腰を振っていく。
「オッパイにもしてください…」喘ぎながらも頼み込んでいる。
「わかった、噛むぞ」乳首が噛まれ「いいわ。痛いけど、気持ちいい~!」声を上
げている。
その声に(次は私だわ。私も噛んで貰おう…)待っている清美は、すでに、淫裂か
ら汁が流れている。
 
                              
~完~