Home】 【Menu 「性母 マリア伝説」

                         赤星直也:作

おことわり

   この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。

   また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断り

   します。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が

   与えられますので、ご承知下さい。

 

登場人物

     神山マリア:修道女、23才        榊原竜一:25才、実業家

       エミリ:マリアの子(?)       舛田明美:22才、OL、竜一の妻 

 

1 自殺志願

 

 北海道のある地方都市にぽつりと人里離れた場所に修道院が建っている。

その修道院は崖の上に立てられていて海を見下ろせ、たった1人の女性が切り盛りをしていた。

その女性は23才になったばかりの神山マリアである。

本来ならばもっと大きな修道院で修行をするはずだが、本人の強い希望で人里離れたこの修道院

で修行することになった。

マリアは、いつものように礼拝を終えて修道院の掃除を行い、洗濯物を干していた。

 

 「あら、人がいる!」マリアは修道院の先にある崖に立っている人影に気づいた。

その人影の動きには不自然さがあり「もしや、自殺では?」マリアは持っていた洗濯物を放り捨

ててその人影に向かって走った。

その人影もマリアに気が付いたのか「来るな!」大きな声で叫ぶ。

「だめ、自殺なんてしきゃだめ。訳を聞かせて!」マリアはゆっくり近寄る。

「あんたには関係ないよ。来るな!」あの人影は男性だった。

それでも、マリアはゆっくり近寄り男性の両手を握りしめた。

「だめ、死んじゃだめよ。訳を聞かせて」男性は泣きながら地面に崩れていく。

(人に言えないわけがあるのね…)

マリアは「ねえ。ここじゃなんだから、修道院に行きましょう」マリアは男の腕を掴んで修道院

に向かって歩き、男性も無言で歩いてく。

「ここは、私1人で運営しているのよ」誇らしげに歩きながらマリアが言う。

 

 修道院に入るとマリアは男をリビングに案内しソファーに座らせてコーヒーを入れていく。

「私は神山マリアというの」

「マリア…。まさか!」男性は修道女の言うことが信じられなかった。

「疑ってるのね。ほら、マリアよ」マリアは若いときに取った免許証を見せた。

「本当だ。疑ってゴメンなさい。僕は榊原竜一です」

「竜一さんですか…」

「ええ、竜一です」マリアは竜一の顔が少し明るくなったのに気が付いた。

「ところで、竜一さん、どうして死のうと考えたんです?」マリアは核心をついた。

そのとたんに竜一はまた泣き出した。

「言いたくないならいいわよ」

「いえ、聞いて下さい。僕は裏切られたんです。婚約者と友人に!」

「でも、何も死ぬことはないでしょう」マリアはやさしく言う。

「それはそうですが、悔しくて、悔しくて!」

「何が悔しいの?」

マリアの問いに竜一はポツリポツリと話していく。

 

 「僕は見たんです。婚約者と友人が素っ裸でセックスをしているのを!」竜一の言葉にマリア

の顔が赤らむ。

(いやだわ、セックスなんて!)それでもマリアは聞き返す。

「それで?」

「婚約者が抱かれながら言うんですよ。僕のチンポより友人のチンポが良いって。僕とセックス

をしたこともないのに!」

マリアに顔がさらに赤らんで(チンポなんて!)マリアは竜一の肉竿が自分の膣の中に入る様子

を想像していく。

(だめ、ふしだらな想像はだめ!)マリアは必死で想像を打ち消していく。

「それで死のうとしたの?」マリアは自分の空想を気づかれまいと聞き返す。

「そればかりじゃないんです。事業がうまくいかなくて借金が相当あるんです…」

「それで、婚約者が逃げようとしたわけね」

「その通りです」再び泣き出す竜一だ。

(困ったわ。どう説得しようかしら?)マリアは声が出せなかった。

「マリアさん、僕は生きていく勇気がもうありません。婚約者にも見捨てられましたから」

 

 「婚約者に見捨てられたからって何も死ぬことないわよ」

「それに僕のチンポが小さいと屈辱まで言われて生きていくのが辛いんです」

「チンポがなんですか。人間は心です!」マリアは何を言って良いのかわからなかった。

「死ぬ前に一回でも良いからセックスをしてみたかった!」竜一が呟くように言う。

(この人、童貞なのかしら?)マリアは「経験がないのですか?」恥ずかしそうに聞いた。

「ええ、生まれて一度もセックスの経験がありません…」

「男性って、風俗店で処理をなさるんじゃないですか?」顔が真っ赤になってマリアが言う。

「僕はそんなことしてません」きっぱりと言い放つ竜一だ。

一方のマリアは黙ったままだ。

「死ぬ前にぼくのチンポを見て下さい。そんなに小さいのでしょうか?」竜一はとんでもないこ

とをマリアに言った。

「わ、私そんなの見たことありませんから比較できません…」慌てて返事をする。

「それでもいいです。マリアさんの見たままでいいです」竜一はズボンを脱ぎだした。

(この人、本気だわ!)マリアは竜一の様子を黙って見ている。

次ぎ次と脱いで竜一の下半身を隠す物が何もなくなって小さく萎縮している肉竿が露になった。

 

 (ホントに小さなチンポだわ)マリアは恥ずかしそうに竜一の股間を見た。

「マリアさん、触って下さい」

「ちょっとだけですよ」マリアは右手で萎縮している肉竿を掴んだ。

(柔らかいんだ!)初めて触る肉竿にマリアの手が震えているが、竜一の肉竿はマリアが触れる

と膨張を始めた。

「きゃー!」大きく膨らむ肉竿に悲鳴をあげるマリアだ。

(お、大きいわ。こんなのが私の膣の中に入ったら裂ける!)マリアは右手を退けて、両手で顔

を覆った。

「私のチンポは小さいでしょうか?」竜一は尋ねる。

「大きいわ。それに太い!」顔を両手で覆って答えた。

「もっと、調べてから言って下さい」竜一はマリアの手を引いて勃起している肉竿を掴ませた。

(暖かい。それにカチカチに堅い!)マリアの肉竿を掴んだ手が震えている。

「どうです?」

「堅いわ。大きいし、太いのね!」初めて見る大人の勃起した肉竿に声をうわずらせて答えた。

「それを聞いて安心しました。これで安心して死ねます」

 

2 全裸のマリア 

 

 「本当に死ぬつもりですね」マリアが聞き返す。

「ええ、生きていても仕方がないし。でも、一度で良いからセックスをしてみたかった…」竜一

は悔しそうに言う。

(どうしよう。一回だけでもセックスしてあげようかしら?)マリアは悩んだ。

そして決断し「どうです。私とセックスしてみませんか?」マリアが言う。

「いいんですか?」目を丸くして竜一が聞き返す。

「一度だけですよ。それに、ここでなく、マリア様の見ている前でですよ」

「はい、マリアさんとなら何の不足もありません」

「じゃ、いらして!」マリアは竜一をマリアの像があるミサ室に案内していく。

 

 ミサ室はガラス窓から明るい日差しがさしている。

(マリア様、こんな私をお許し下さい)マリアはマリア像に膝まつき、十字を切ってから修道着

を脱いでいく。

修道着を脱ぐと真っ白なスリップからパンテイとブラジャーが透けて見える。

(恥ずかしいから見ないでよ!)マリアは竜一に背中を向けて脱いでいく。

スリップを脱ぐとパンティから脱いだ。

足をあげると股間から真っ黒な絨毛が覗き、さらにブラジャーも脱いで全裸になった。

マリアは両手で乳房と淫裂を隠しながら振り向いた。

「マリアさん、綺麗だよ…」マリアの手では豊満な乳房を隠せなかった。

乳房の大半が露になり、股間の絨毛も手からはみ出している。

「恥ずかしいわ。そんなこと言わないで!」マリアは顔が真っ赤で目が充血している。

竜一も上半身の着ている衣服を脱いで全裸になり、隠す物は何もない。

(あんなに太くなっているわ。膣が裂けないかしら?)竜一の肉竿に不安になっているマリアだ。

 

 竜一はマリアを抱きしめて唇を重ね、乳房を揉んでいく。

(変な気分だわ。でも悪い気分じゃない)マリアは目を閉じている。

竜一の口が下がって乳首を吸いだすと「あ、あー!」思わず喘ぎ声をあげた。

「マリア様、お許し下さい!」マリアはお祈りをしていく。

竜一はマリアの豊満な乳房を味わうかのように揉むと(いいわ、気持ちいい。マリア様、お許し

ください…)快感がマリアを襲っていく。

竜一は口を下げて、淫裂の上部にある突起を舌でなめると「ヒ~!」と悲鳴をあげた。

「だめ、そこは汚いからダメ!」

「汚くないよ。マリアさんのなら」舌は大胆になって淫裂の中に入っていく。

「いや、そこはやめて!」マリアは竜一の頭を両手で押さえた。

そうしないと立っておれず(感じるわ。これがセックスなのかしら?)気持ちよくなっていくマ

リアだった。 

 

 「もういいでしょう?」

「いいわよ。でも痛かったらやめてね」マリアは腰を降ろして床に座って仰向けに寝る。

相手の竜一も腰を降ろしてマリアの上に覆いかぶさると、肉竿が腹部に当たっている。

竜一は自分で肉竿を掴んでマリアの淫裂に押しつけた。

(入ってくるのね、チンポが!)淫裂に暖かい物が入ってきた。

ゆっくり竜一は腰を突き上げたから「あ、あー!」マリアは思わず悲鳴をあげた。

肉竿は根本まで子宮深く入り(熱い、子宮が熱い!)膣の中が肉竿によって熱くなっている。

マリアの淫裂からは赤い液体が流れ、処女を喪失したのだが痛さを全然感じてない。

肉竿はゆっくりと、ピストンを始めていく。

(いいわ、気持ちいい…)修道女なのにマリアは「あん、あん!」と悶え声をあげていた。

竜一は肉竿のピストンのピッチを徐々にあげていく。

「マリアさん、気持ちいいの?」

「そうなの。初めてなのに…。マリア様、お許しを…」マリアの淫裂からは淫汁が溢れている。

 

 竜一はピストンしながら考え事をしている。

死のうか、生きようかまだ迷っていて(やっぱり死のう!)竜一がそう思ったとたんにマリアの

淫裂が肉竿を締め付ける。

(い、痛い…。死ぬなと言うのか!)すると一瞬に緩んでいく。

(俺に、生きろと言うのか?)ピストンを始めると前より淫汁が流れていく。

(まさか。そんな訳ないよな…。やはり死のう…)再び肉竿をちぎれるくらいマリアの淫裂が締

め付ける。

(わかったよ、もう死なないから放して下さい…)淫裂が一瞬に緩んでいく。

竜一は決心し(生きていきます。もう死ぬことはしません。マリア様!)ピストンを早めてい

くと再び淫汁が溢れて「あん、あん!」マリアは全身をエビのように反らせていく。

竜一はマリアの乳房を揉みながらピストンをしていく。

「い、いいわ。感じるわ…」2人は登りつめていく。

限界の竜一は「だめだ、でそうだ!」肉竿を抜こうとした。

(抜かなくていいのよ。安心して中にだしなさい…)

「え、何か言った?」ピストンしながらマリアに尋ねる。

「感じるって言った…」悶えながらマリアが答える。

 

 (空耳だったか!)竜一は爆発寸前の肉竿を抜こうとすると(中に出してもいいのよ…)再び

声がした。

(いいんですか、マリアさんが妊娠しますよ)竜一はそう思った。

(大丈夫よ。マリアさんは妊娠しませんよ…)再び聞こえる。

(まさか、マリアの像が…)竜一は(必ず、生きて行きます。もう二度と死ぬようなことは考え

ません!)そう思って肉竿から熱いエキスをマリアの膣内に噴射していく。

(そうよ。死ぬなんて考えちゃいけません…)また声がした。

「いいわ、暖かい…」淫裂からは白い液体が流れ出てくる。

「マリアさん、俺、精一杯生きていくよ。マリアさん僕の妻になってもらえませんか?」

「だ、だめです。私は神の僕ですから」

(そうです。マリアは私の僕ですよ…)また声がした。

「でも、大事な処女を僕が奪ったのですよ」

「そんなの気にしなくて良いわ。それより、シャワーを浴びましょう!」

マリア両手で股間を押さえながら立ち上がり、浴室に向かって歩いていく。

竜一もその後に続いた。

 

3 再開

 

 2人はシャワーを浴びていく。

「マリアさん!」竜一はマリアの乳房を揉んでいくと「だ、ダメよ。もうだめ!」マリアは拒む。

「でも、欲しい!」「だめ、ここでは絶対にだめ!」マリアは竜一の手を叩いた。

「わかりました。もうしません」すまなそうに言うとマリアは淫裂を丁寧に洗っていく。

マリアは「背中を洗ってあげるね」竜一の背中を石鹸で洗っていく。

「マリアさん、本当に処女を奪ってすみません…」

「いいのよ。気にしなくても」笑顔でマリアが答えた。

 

 2人はシャワーを浴びると再び衣服を脱いだミサ室に戻ってきた。

竜一は衣服を着込むと「僕はもう死ぬようなことしません。でも、マリアさんが妊娠していたら

僕の妻になって下さいね」念を押す。

「いいわよ。あなたの赤ちゃんができたらだけど!」笑いながらマリアが言う。

「僕、自信がでてきました」

「そうよ、そのいきよ。自信を持って!」コーヒーを入れながらマリアが言う。

2人は向かい合って話をしながらコーヒーを飲んでいく。

「それじゃ、また来ます。妊娠しているか確かめさせて下さい」

「ええ、またいらして。待ってるわ」竜一はコーヒーを飲み終えると修道院から出ていった。

元通りの静けさが戻ると「いい人だった。きっと幸せになれる人だわ」マリアはそう思った。

そして、家事をしていき、いつものように1人での生活が戻った。

 

 しかし、その夜はなかなか眠れなかった。

昼間の事が思い出され、なかなか眠れずにいる。

マリアの右手がいつしかパンティの中に入り、左手もブラジャーも持ち上げて乳房を掴んだ。

そして淫裂と乳房を弄くっている。

「お許し下さい。こんなマリアをお許し下さい…」マリアはブラジャーのホックを外し、パンテ

ィも脱いで全裸になってしまった。

そして、指で淫裂を撫でだし「い、いいわ…。気持ちいいわ…」淫汁が流れてくる。

また、もう片手が乳房を揉んでいき、淫裂の指はいつしか、膣の中に入っていく。

「あんー!」自分の指に喘ぎ声をあげ、乳首を摘んだりして快楽にひたっていく。

それは一晩続くられた。

 

 それから、半年後、竜一が再びマリアの修道院を訪れた。

しかし、1人ではなく「マリアさん、紹介するよ。舛田明美さんです」女性と一緒だ。

「初めまして、舛田明美です」

「神山マリアです。竜一さん、結婚なさったの?」

「ち、違います。まだ婚約中です」マリアの言葉に顔を赤らめる明美だった。

「そうですよ。まだ結婚もしてませんよ」

「そうなんだ。がっかりしたわ」マリはの顔が落胆した顔になっている。

「それより、マリアさんのお腹を見させて下さい。お願いします」

明美の言葉に驚くマリアだ。

「僕が全て話しました。マリアさんとセックスをしたことも…」

「そうなんだ。いいわよ」マリアは修道着を脱いで下着姿になった。

「ほら、あなたの子供はできてないわ。安心して明美さんと結婚なさったら」マリアの言葉に顔

を赤らめる明美だ。

「マリアさん。そこでお願いなんですが聞いてもらえますか」

「私ができることだったら!」

「実は、ここで結婚式を挙げたいのです」

思わぬ言葉に驚きを隠せないマリアだったが「いいけど、何もして上げれないわよ」

「ありがとうございます。それに、マリアさんに僕たちの愛の誓いを見て欲しいのです」

「明美さんはそれでいいの?」マリアが聞く。

「ええ、竜一さんが望むならかまいません。私からもお願いします。立ち合って下さい」顔を赤

らめ、俯く明美だった。

「わかったわ。喜んで立ち合う」下着姿のマリアが笑顔で答えた。

 

 「それじゃ、準備をしなくきゃ」マリアは修道着を着込んでいく。

「あのー、私も手伝います」

「僕も!」「悪いわね。じゃあ、手伝って!」マリアはミサ室に2人を連れていく。

「テーブルここに運んで、リビングにあるから」マリアは2人にいろいろと指示していく。

そしてどうにかミサ室も結婚式の準備もできあがった。

「あら、だいぶ綺麗になったわね。これなら大丈夫だわ」マリアは聖書と十字架を持ってきた。

「もう一つお願いがあるんですが聞いて下さい」

「いいわよ。何なの?」

「結婚式は隠さずにしたいのです」意味ありげに竜一が言う。

明美は真っ赤な顔で俯いて黙ったままで、マリアは意味が分からなかった。

「ここなら、隠し事はできないわよ」

「違うんです。つまり、裸で結婚式をあげたいのです。マリア様に僕たちの全てを見て欲しいの

です」

思わぬ言葉にうろたえるマリアだ。

(どうしよう。マリア様どうしらいいの?)マリアはマリア像に膝まつき十字を切った。

しばらくして立ち上がったマリアが「いいわ、ヌードの結婚式ね。私もヌードになるわ」

「ありがとうございます」竜一はマリアの手を掴んだが「あら、相手が違うでしょう。新婦は明

美さんでしょう」

「いけない、つい嬉しくて!」竜一は明美の手を掴んで嬉しそうな顔をしていた。

  

4 全裸の結婚式 

 

 「結婚式の前にシャワーを浴びた方がいいわね。汚れた体じゃあはずかしいよ」

「そうよね。私も浴びようかしら」マリアの言葉に明美も賛成した。

「僕も浴びるよ」「じゃあ、3人で浴びましょう」3人は浴室に入っていく。

3人は石鹸で体を洗っていくと「明美、あれをしてくれないか」竜一が意味ありげに言う。

「恥ずかしい。見られたら笑われるし!」

「大丈夫だよ。僕もするから」

「そこまで言うなら、あなたのためにする…」明美は石鹸を泡立てて自分の絨毛に塗っていく。

マリアは怪訝な顔で見ているが、明美は恥ずかしそうな顔でカミソリを持って絨毛を剃りだした。

「明美さん!」マリアが叫ぶが「竜一さんが望むならこれくらい平気です」カミソリを持った手

が動いていく。

それに連れて。明美の恥丘の黒みが減っていき、絨毛に隠されていた明美の淫裂が現れてきた。

まだセックスの経験のない淫裂はピンクをしている。

 

 (恥ずかしい、見ないで!)明美は震える手で自分の絨毛の全てを剃った。

「綺麗だわ。明美さん!」ピンクの淫裂から飛び出している2枚の肉襞を掴んでマリアが言う。

「恥ずかしい」顔を赤らめると「大丈夫よ。私も剃るから!」マリアも明美同様に絨毛を剃って

いく。

マリアの淫裂も明美と同じくピンク色の肉襞2枚がはみ出している。

「マリアさんも綺麗よ」明美は肉襞を掴んで言う。

「ありがとう。明美さん!」2人はお互いの淫裂をなであっていく。

「僕のも剃ってくれよ」「いいわよ」明美は大きき勃起した竜一の肉竿を掴んで絨毛に石鹸を塗

り、カミソリで剃っていく。

「あら、男のチンポってこんな色なの?」初めて見る肉竿に明美が食い入るように見ている。

「私、こわいわ。こんな太いのが私のアソコに入るなんて!」

「大丈夫よ、明美さん。私だって平気だったんだから」

「そうよね、女は皆がそうしてるもんね!」明美はマリアと話しながら竜一の絨毛を剃った。

3人の股間は子供のようにピンクの地肌になっている。

「それじゃ、戻りましょう」3人はタオルで体を拭くとミサ室に戻ってきた。

 

 そして、結婚式が始まった。

3人は緊張した顔つきで立ち、マリアと明美の乳房が小刻みに震え乳首が大きく勃起していた。

また、竜一の肉竿も大きく勃起しており「竜一さん、あなたは明美さんを妻として愛を誓います

か?」

「はい、誓います」竜一はマリアの持った聖書に手を掛けて宣言する。

そのあと明美も聖書に手を掛けて竜一との愛を誓った。

「それではマリア様の前で愛を誓って下さい」マリアの言葉に明美と竜一はキスをしながら抱

き合っていく。

「明美!」「竜一さん!」2人は名前を呼び合いながら床に腰を降ろして、竜一は明美の乳房を

揉みながら乳首を吸う。

「あ、あー!」喘ぎ声をあげる明美は両手を竜一の背中に伸ばす。

(羨ましいわ。私もして欲しい!)マリアは立って見ている。

竜一は明美の淫裂に肉竿を入れようとしたが「こわい!」明美は脅えている。

「大丈夫よ。こわくないわよ」マリアはしゃがんで明美に口付けをする。

「マリアさん」明美はマリアの垂れ下がった乳房を掴んで揉んでいく。

(いいわ、気持ちいい。マリア様、私をお許し下さい!)乳房を揉まれながら口付けしている。

 

 竜一は一気に腰を突きだして肉竿で明美の膣深くまで突いたが、明美の淫裂から処女喪失の印

が流れ出した。

「痛くない!」明美は喪失したにも関わらず痛みを感じなかった。

(明美さん、マリアさんの膣をなでてあげて…)

「何か言った?」明美はマリアに尋ねた。

「何も言わないわよ!」明美は不思議だった。

(もしかして?)竜一から聞いた話を思い出し、手を伸ばしてマリアの淫裂を撫でていく。

「明美さん!」マリアの淫裂から淫汁が流れている。

明美は指をマリアの膣の中に入れていく。

「い、いいわ。感じるわ!」

「私も気持ちいいわ。竜一さん、もっと突いて!」

「僕も気持ちいいんだ。不思議なくらいに燃えているんだ」ピストンが速まっていく。

明美は処女を失ったばかりだったが淫裂から淫汁が流れている。

マリアも明美の指で膣から淫汁を垂らしている。

 

 (竜一さん、明美さんは良い子よ。幸せになってね…)竜一には聞き覚えのある声だった。

(はい、必ず幸せにしてあげます!)心で誰かに誓った。

(安心したわ。私から結婚祝いに明美さんに予知能力を授けます。でも悪いことに使ったら不幸

になりますからね…)竜一には能力の使い方を体験していた。

マリアの淫裂で充分味わされたからだ。

(試して良いですか?)

(いいわよ…)竜一は心の中で思った。

(僕たちは不幸になる!)そのとたん、明美の淫裂が竜一の肉竿をちぎれるくらい締め付けた。

「い、痛い!」悲鳴をあげながらも(必ず幸せになれる!)すると一瞬に明美の淫裂が緩んで淫

汁がドンドン流れてくる。

(ありがとうございます。ところであなたは誰ですか?)

(それは言えません。ただあなた達の幸せを願うものです…)

(わかりました。これ以上詮索しません!)竜一はピストンを激しくしていく。

 

 「でそうだ。でる、でる!」竜一は頂点に登りつめていた。

そして、動きを止めて腰を明美に密着させると同時に明美の淫裂から白い精液が流れ出た。

「竜一さん、暖かい。これが精液なのね」膣の中に暖かい液体を感じている。

「シャワーを浴びてきたら?」

「その方が良い見たいね。あなた、マリアさんにもしてあげて。寂しそうよ」

「わかった、マリアさん、いくよ!」

「ええ、して、一杯して!」マリアは四つん這いになってお尻を差し出した。

竜一はタオルで汚れた肉竿を拭いてマリアの腰を両手で押さえながら淫裂に挿入していく。

「あん、あん!」髪の毛を振り乱しながら悶えていく。

(出してもいいのかな?)

(だめよ。中に出してはだめ。出していいのは明美さんだけよ。忘れないでね…)

(わかりました。絶対に明美以外の女性には射精はしません)竜一はピストンを早めていく。

(だめだ。このままだとでちゃう)竜一は一旦肉竿を抜いた。

それと同時に白い液をマリアの背中に噴射していく。

マリアも淫裂から淫汁を太股まで垂らしていた。

 

5 成功への道  

 

 シャワーを浴びた明美が戻ってきた。

「ぼく、もうだめ。休ませて!」

「じゃ、マリアさんと楽しんでいい?」

「いいよ。見させて!」明美は仰向けになって「ハー、ハー!」と息をしているマリアに覆いか

ぶさりて乳房を掴んだ。

「明美さん!」マリアは拒まなかった。

明美は自分の乳房をマリアの口元に近づけ「小さいオッパイだけど・・」言う。

「小さく何かないわよ。自信を持って!」マリアは明美の小振りな乳房を揉みながら乳首を吸う。

「あ、あん。マリアさん!」悶え声をあげながらも明美はマリアの乳房を揉んでいる。

その後も、竜一と明美の2人は夜遅くまでマリア像が置かれたミサ室で愛し合った。

 

 翌朝、マリアは明美の料理を作る音で目が覚めた。

マリアは急いで衣服を着込んで音のするチッキンに向かっかう。

「おはようございます」

「おはよう。でもお客がこんな事しきゃだめよ」

「でも、やらせて下さい。お願いです」

「仕方ないわね。でも旦那様はどうしたの?」

「疲れて寝てます」

「あれからも愛し合ったの?」

「はい、2回も!」顔を赤らめて答える明美だ。

「幸せでしょう?」「はい!」素直に返事をする明美に「あら、ごちそうさま!」マリアも嬉し

かった。

それは、自分が助けた竜一幸せを掴んだからだ。

「おはよう」竜一も起きてきた。

「ほら、旦那の世話をしないとだめよ」マリアは明美を竜一の所に追いやり料理を作っていく。

できた料理をマリアはテーブルに運んでいく。

「できたわよ」明美と竜一が現れ「それじゃ、頂きましょう」3人は朝食を食べていく。

「マリアさん。子供ができたらまた来て良いですか?」

「勿論歓迎よ。必ずきてね」それは本心からだ。

朝食を食べ終えると明美と竜一は修道院から出て行き、修道院に1人残されたマリアは普段の生

活に戻っている。

 

 一方の明美と竜一は新婚生活を始めた。

毎晩2人は愛し合い「明美!」「あなた!」口付けから始まって乳房を揉んでいく。

「あ、あん、あん!」明美は喘ぎ声をあげ、堅くなった肉竿を明美の淫裂に挿入していく。

「いいわ、あなた」明美は足を開いて竜一を迎え入れ「いくよ」ピストンが始まった。

その時に修道院の事を思い出した。

(予知してみよう!)竜一はこれから何をしたらいいか考え(情報関係の仕事で成功する!)と

心に言い聞かせた。

すると「あん、あん、あん!」明美が体を反らせながら悶え、淫裂から淫汁が溢れてシーツまで

濡らしていく。

 

 「そうか、情報処理か。でもどんな仕事があるのかな?」いろいろ考えた。

(ゲームソフトで成功!)そのとたんに、肉竿がちぎれるくらい淫裂が締まっていく。

「い、痛い!」悲鳴をあげ(インターネットで成功する!)一瞬にして淫裂が緩んで再び明美が

淫汁を出していく。

(そうか、インターネットか。そう言えばアメリカではインターネットで株の売買をやっている

そうだが、ひょうとしたら?)竜一はふと考えた。

そして(インターネットで株の売買をする会社を作って成功する!)と心に言い聞かせた。

「あ、あ、ああー!」明美は体をエビのように反らせ、激しく腰を動かして自分から肉竿を欲し

がってきた。

淫裂から淫汁がオシッコのように流れてシーツがビッショリ濡れている。

「そうか、株をインターネットで売買するのか!」竜一はピストンを早めていく。

明美の淫裂もそれを欲しがっている。

「もう、限界だ。でる、でる!」

「だめ、もっと、もっとして!」明美の淫汁で竜一の肉竿はベットリと濡れている。

 

 (仕事のことを忘れよう!)それと同時に射精をしていく。

明美の動きもおさまり、2人は沈黙していたが、明美が泣き出した。

「どうしたんだ?」

「私が嫌いになったでしょう。私、淫乱よ。それに、こんなにシーツを濡らしているし」

「それでか?」

「そればかりか、体が勝手に動くの。竜一さんのチンポが膣に入ったら突然に動くの」

「それは、僕のチンポが明美との相性が最高に良い証拠だよ。淫乱じゃないよ」竜一は明美を抱

きしめる。

「本当に、淫乱じゃないわよね」

「ああ、淫乱じゃないよ」竜一は本当のことを言おうかと迷ったが明美言わない事にした。

 

 その次の日から竜一は証券業務について勉強を始めた。

インターネットは本来からの仕事だからすんなりと入れたが、証券の取り扱いがわからなかった

からだ。

大手の証券会社を回っている内に会社に不満を持って退社した青年と出会い、竜一はその青年と

話をしている内に意気投合して役員として迎えて会社を設立した。

会社は倒産した証券会社の支店を買い取り、そこの大型コンピューターを使って営業を始めた。

この事は新聞、テレビ、雑誌が取り上げて良い宣伝になり、また、インターネットでも宣伝した

せいで会員の申し込みが殺到し、株の売買量は準大手証券にもひけを取らない。

2人が始めた会社は見る見るうちに大きくなって売買手数料が数億円までにもなっている。

しかし、竜一はおごることなく次の事業を考えていく。

そして、今夜も明美を相手に抱き合っている。

ピストンをしながら竜一が思い込むと「あん、あん、あん!」明美の淫裂は淫汁を出したり、肉

竿を絞めたりと繰り返していた。

 

6 神の声

 

  それから3年が経った。

竜一が起こした会社は株式会社となって発展し、竜一の個人資産も数十億にまでなっている。

また、明美も2人の子供を産んでいる。

「なあ、明美、北海道の修道院に行ってみないか?」

「私も、そう思っていたの。子供ができたら、行く約束だったしね」

「じゃ、明日行こう」

「いいの?仕事の方は?」

「ああ、大丈夫だ。一日くらい休んでも」竜一は電話で部下に明日北海道に行き事を告げた。

翌日、2人は子供を家政婦に託して修道院に向かった。

 

 修道院では相変わらずマリアが1人で切り盛りをしていた。

「マリアさん!」明美が声を掛けると「あら、お久しぶりね。元気そうでよかったわ」マリアが

近寄ってくる。

「とにかく中でお話しましょう」明美と竜一はマリアに修道院の中に案内されていく。

修道院の中は3年前と何も変わっていなかった。

「マリア様にお礼を言わなくちゃ」

「そうよね。あなた達が幸せになれたのはマリア様のおかげかも」3人はミサ室に入った。

「マリアさん、3年前と同じ事をしていいですか?」

「いいけど、私、恥ずかしいわ。この年でしょう、お腹が出ているのよ」

「僕はそんなの気にしませんよ」

「わかったわ。今回で終わりにしましょうね」

「はい、そのつもりです」2人は衣服を脱いでいき、マリアも修道着を脱いで下着姿になったが

相変わらず真っ白なパンティとブラジャーだ。

「マリアさん、綺麗よ。変わってないわ」明美も下着姿になっていた。

明美とマリアはパンティ、ブラジャーと脱いでいき、竜一も服を脱いでいく。

3人は全裸になって向かい合った。

 

 明美の腹部には出産した時のミミズ腫れができていて乳首も子供に吸われてピンク色が消えて

いた。

しかし、マリアの乳首は相変わらずピンク色だ。

「マリアさん綺麗よ!」明美はマリアの乳房を揉みながら乳房を吸っていく。

「あ、あん!」喘ぎ声をあげるマリアだ。

マリアも明美の乳房を揉むと白い液が乳首から吹き出す。

「母乳なの?」

「ええ、二人目がまだオッパイを欲しがってるの」明美は片手を乳房から淫裂に移した。

真っ黒な絨毛が生い茂っており、マリアも明美の淫裂を撫でていく。

2人はいつしかシックスナイン体位でお互いの淫裂を舌でなめている。

「明美、いくぞ!」

「ええ、いいわよ」上になって尻を持ち上げている明美の腰をしっかり両手で押さえて淫裂に肉

竿を根本まで挿入していく。

「あ、あん、あん!」悶え声をあげていく明美だ。

 

 その時の(竜一さん、幸せそうね…)あの時の声がした。

(はい、とても幸せです)ピストンをしながら心で思った。

(それはよかった。もう、明美さんの能力は必要なさそうね…)

(はい、ここまできたら、もう、自分の力で切り開きます)

(そうよ。たとえ失敗しても、死ぬことを考えちゃダメよ…)

(わかってます。もうそんなこと考えません)

(それから、今日だけはマリアさんに竜一さんの精液を入れてあげてね…)

(いいんですか?)

(ええ、いいわ。マリアさんは女性として今月が最後なのよ。妊娠がもうできなくなるのよ…)

竜一は驚いた。

(ま、まさか死ぬんですか?)

(違うわ。もう、生理がこないのよ…)

(でも、妊娠の恐れはあるでしょう?)

(そう、これが最後なの。だからマリアさんに産んで貰うの…)

(い、いけない。修道女が妊娠したら事件だ!)

(マリアさんはこれが使命なの。竜一さんに迷惑はかからないから、出してあげて…)

(わかりました。必ず出します!)竜一は決心した。

竜一は明美から肉竿を抜くと仰向けになっているマリアの淫裂に肉竿を挿入していく。

「い、いいわ。気持ちいいわ!」竜一はマリアの太股を自分の太股に乗せてピストンを始めた。

「あ、あ、あー!」淫裂から淫汁を出しながら体を反らせて悶え声をあげていく。

 

 (明美さん、旦那さんを貸してね。マリアさんに射精させたいの)明美も聞き覚えのある声だ。

(でも、妊娠したら大変でしょう?)

(マリアさんは子供を産んで育てるのが使命なの。これが最後のチャンスなの…)

(でも、夫の子が!)

(心配しないで。胎内で精子は変化するのよ。神の僕として生きていく精子に…)明美は泣き出

した。

(可愛そうよ、マリアさんが。皆から軽蔑されてしまう!)

(気にしなくて良いの。出産は人間と違って簡単なの。それにそんなにお腹が膨らまないから気

づかれないの。だから信用して射精をさせて…)

(わかりました。ところで、マリアさんも神の僕として生まれたのですか?)

(そうです。あなた達のように幸せな夫婦の精子を元にして生まれたのですよ…)明美は泣きな

がらマリアの乳房を揉んでいく。

 

 「明美さん、泣かないで。それが私の使命なの」マリアはやさしく明美の乳房を揉んでいく。

「マリアさん!」明美は涙を手で拭いていくと、その間に「でる、でる!」竜一は頂点に登りつ

めてマリアの胎内に精液を送り込んだ。

(ありがとう、竜一さん…)

(質問です。本当にマリアさんは死なないのですね?)

(心配しないで。半年後には出産するの…)

(半年後?)驚く竜一に(そうなのよ。神の僕は成長が早いのよ…)

(じゃあ、また会えるんですね)

(そうよ、いつでもいらしていいわよ。でも、私とはもう会えないかもよ…)

(わかってます)3人はしばらく沈黙した。 

 

7 二つの修道院  

 

 それから1年後、竜一の仕事も順調に進んでいく。

会社も大きくなって行き、竜一が1人で動かせるような事には行かなくなっていった。

「潮時だな!」竜一は明美と相談し「あなたが望むならやめてもいいわよ。私、あなたに付いて

行く」

「ありがとう。実はもう決めたんだが・・」竜一は明美にこれからのことを話していく。

「賛成。私も気になっていたし」

「本当か、じゃ、いいんだね」竜一は明美に抱きついた。

 翌日、竜一は会社の重役を前に引退を発表した。

それは新聞各社の記者も駆け付けて質問責めにあい、竜一はこれまでの経過を記者達に説明して

いた。

そして「ここまでこれたのはあの修道院で結婚式を挙げたからです。それ依頼、運が開け、つき

捲り現在に至りました」

「それで、北海道にお住まいになるんですか?」

「はい、あの近くの農園を買いましたのでそこで過ごします」この話はマスコミを通じて一斉に

報道された。

竜一夫婦はマスコミも取材や会社の関係者など気にせずに、早速引っ越しした。

「ここが、新しい住まいね」子供を連れた明美は改修したばかりの家の前に立った。

「そうだ。ここから再出発だ」一通り、荷物を整理してから家族は修道院に向かった。

そこはこの前と何も変わっていなかった。

「マリアさん!」竜一が声を掛けると「あら、お久しぶりね」マリアが子供を抱いて出てきた。

 

 「これが子供なの?」「そうよ。私とマリア様の子よ!」「お名前は?」明美が連れている2

才の子が言う。

「エミリというの」

「ふーん。エミちゃんだ」

「そうよ。エミリの友達になってね」マリアが笑顔で言う。

「出生届けはどうなさったんですか?」

「私の養子としたの。可愛そうだけど捨て子として届けて養子として育てているの」

「1人で大丈夫ですか?」

「平気よ。皆がそうしてきたんだから」明るい顔でマリアが答えた。

 

 竜一達が話していると、1台の車が停まって若い2人が降りてきた。

「やっぱりここだ。ほら榊原さんもいるし!」

「あなた達、何者なの?」明美が聞き返すと「実はここで結婚式を挙げたいんです。榊原さんは

ここで結婚式を挙げて幸せを掴んだでしょう」

「ええ、そうだけど、それはあなた達の考えしだいよ」

「わかってます。でも、ここからスタートしたいんです」

「でも、本当に質素ですよ。いいんですか?」子供を抱いたマリアが答えた。

「いいです。ここであげたいんです。ここが出発点ですから」

「じゃ、中に入って!」マリアと若いアベックが修道院の中に入っていく。

その間、子供を明美が預かっていたが、また1台車が停まってアベックが降りてきた。

「ここだわ。この修道院よ」

「あなた達はどうしてここに?」

「ここで結婚式を挙げたいのよ。榊原さんでしょう?」

「ええ、そうだけど」

「じゃあ、私達の気持ちもわかって!」

「でも、あなた達の気持ち次第ですよ」

「それはわかってます」明美は前と同じ事を言う。

 

 このようにして修道院には結婚式を挙げたいアベックが押し寄せ、それを町が見逃す訳がない。

観光協会は寄付を申し入れて修道院を建て直すように薦める。

「このままでいいのよ!」マリアは断ったが教会上層部の決断で、改修が決まってしまった。

落胆するマリアと明美だった。

「マリアさん。私、悔しい!」「私だって悔しい!」明美とマリアが泣き出した。

(マリアさん、明美さん、泣かなくても良いわよ。また別なところに引っ越しましょう…)あの

声がまたした。

その声に「お願いです。私の農場に引っ越してきて下さい!」明美は叫んだ。

「そうだよ。僕の農場に修道院を作れば良いんじゃないか」竜一にも聞こえて言う。

(ありがとう。そうさせてもらうわ。マリアさん決まりましたね…)

(ええ、私もそのほうがいいと思う)マリアにも聞こえた。

 

 翌日から、広い農場の片隅で修道院の建設が始まった。

小さな町に観光協会と竜一の二つの修道院が作られていく。

その間、マリアは竜一の家ですごしている。

そして、竜一の寄進した修道院が落成した日の夜、あの時のように3人はマリア像の前で全裸に

なって抱き合っていく。

「あん、あん!」マリアの上に明美が覆い被さってマリアの乳房を揉みながら乳首を吸っている。

竜一はその明美の腰をしっかり押さえながら淫裂に肉竿を挿入してピストンをしていく。

(良いわ、感じるわ。あなた!)明美の淫裂からは淫汁がビッショリと垂れていた。

(竜一さん、修道院ありがとう。お礼として明美さんに能力を授けます…)また、あの声がする。

(能力って何ですか?)竜一は不思議に思って思いこむ。

(それは、あなた達が窮地に立ったときにわかります…)と返ってきた。

 

 翌朝から修道院でマリアが切り盛りし明美も手伝いをしている。

その一方で観光協会と上部で建てた修道院も落成して結婚式が行われていた。

それは派手に行われ、教会の一部から批判が上がったが、金が欲しい教会上部は黙認している。

マリアの修道院は質素で本来の修行を目的とするためには最適だが、あまり訪れる人はいない。

しかし、竜一と明美の夫婦は毎月一回、マリア像の前で全裸になって抱き合っている。

マリアが仰向けになり、明美が上に乗り、その明美を竜一が後ろから肉竿を淫裂に挿入していく。

明美の垂れ下がった乳房をマリアが揉み、それは繰り返し行われた。

 

8 エピローグ 

 

 それから25年が過ぎた。

竜一夫婦とマリアは頭に白髪が多くなっている。いつものように農作業をしていると、何かに取

りつかれて落胆した様子の青年が目に付いた。

「あれは!」竜一はその青年を説得して修道院に連れていくと修道院はマリアに変わってエミリ

が切り盛りしている。

青年はエミリに全てを打ち明けた。

「そうだったの」エミリは一糸まとわぬ全裸を青年に晒し、青年も一糸まとわぬ裸になった。

 

 2人はマリア像の前で抱き合い、エミリは乳房を揉まれながら淫裂に肉竿を挿入される。

「気にしないでいれていいのよ」その言葉に肉竿がエミリの膣深くまで入り込み、エミリの淫裂

から真っ赤な処女喪失の印が流れ出た。

そしてピストンが始まりエミリの膣深く精液を送り込んだ。

青年はすまなそうにエミリに口付けをしてマリア像を見つめる。

その青年の顔があの思い詰めた顔から希望に満ちた顔に変わっていく。

青年は衣服を着込むとエミリに挨拶をしてから修道院から出た。

 

 そして、半年後にあの青年が希望に燃えた顔で女性を連れてエミリの修道院に現れた。

「エミリさん。お腹を見せて下さい。僕の子ができたかどうか確認させて下さい」

「いいわよ」エミリは笑顔で修道着を脱いで「ほら、大丈夫でしょう」

「安心しました。実はお願いがありまして」

「わかってます。結婚式をあげたいんでしょう」

「ええ、しかもマリア像の前で生まれたままの姿でしたいのです」連れの女性が赤い顔をしなが

ら言う。

 「わかったわ。いらして!」下着姿のエミリはミサ室に2人を案内していく。

そして「私もヌードになるわ」パンティ、ブラジャーと脱ぐと、股間のヘアが一本も生えてない。

連れの女性も衣服を脱いでいくと豊かな乳房が露になっていく。

乳首が恥ずかしさで堅く勃起し、股間はエミリと同じく絨毛が綺麗に剃ってあり、ピンクの淫裂

から肉襞が飛び出していた。

エミリは聖書と十字架を持って2人に愛を誓わせている。

その後2人は抱き合って淫裂に肉竿を挿入していくが、それは竜一と明美がした事と同じだ。

青年にも竜一が聞いた声が聞こえたかどうかは不明だが数年後に青年が事業に成功して幸せな家

庭を築いた事をマスコミが伝えていた。

それに、竜一が寄進した修道院の近くの広大な農園を購入したことも伝えている。

                                   ー完ー

Home】 【Menu