Home】 【Menu「恥辱の夜間飛行」

                         赤星直也:作

おことわり

 

    この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。

    また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断り

    します。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が

    与えられますので、ご承知下さい。

 

登場人物

 

   立花沙羅:スチュワーデス、労働組合の委員長   田上一也:新日本エアライン社長

   鈴木美香:  〃    、  〃 副委員長   諸星康平:  〃   人事部長

   伊藤由紀:  〃    、  〃  書記長   片桐 亘:  〃  パイロット

                           相原浩二:  〃    整備士  

1 沙羅を狙う男達

 

 初夏の6月の東京。

ビジネス街の中心地、丸の内にある新日本エアライン社のビルでは会議室で白熱した労使の交渉

が行われ「ダメです。絶対に許せません!」若い女性が声をはりあげて怒鳴った。

「そうしないと会社の経営が成り立たない!」男性も負けずとはりあげて言う。

「ダメな物はだめです」女性がきっぱり言い切ると「交渉決裂だな」落胆して男性が言う。

「そのようです!」若い女性数人と60才近い男性が言い合っていた。

新日本エアシステムではこの夏から会社経営を圧迫している人件費の削減と合理化のためにパー

ト制を導入しようとしており、パートのスチュワーデスを会社側が提案し、それを沙羅達乗務員

組合が認めようとしなかった。

「それじゃあ、またの機会にしましょう!」沙羅がいい放すと「仕方ないか。打ち切りだな」苦

渋の顔で社長が宣言する。

「それでは失礼します」数人の若い女性が会議室から出て行くと会社幹部の男性だけが残された。

「生意気な委員長だな。何とか懲らしめてやらないと収まらん!」田上が怒りをあらわにしてい

ると「社長、私に提案したいことがありますが聞いて貰えるでしょうか?」人事担当の諸星が言

う。

「何だね、言ってみなさい!」機嫌が悪い社長が言い放った。

「我が社も最近、乗客が伸び悩んでいます」

「それは知っている」田上は(くだらん、いつも言われてる!)内心でそう思っていた。

「そこで、チャーター機にはトップレスのスチュワーデスを使ってみてはいかがでしょうか?」

思わぬ提案に会議室にどよめきが広がった。

「一体、誰が裸になってオッパイを晒すんだ。そんなの無理に決まっている!」田上が言い切る

と「裸になるのは委員長の立花沙羅、副委員長の鈴木美香です。これなら、一石二鳥ですが」諸

星は自信ありげに言った。

「裸にするための手だてはあるのか?」ここで、田上が初めて興味を示した。

「はい、あります。社長の許しが貰えれば直ぐにでも開始します」

「委員長の裸か。どうせなら素っ裸が見たいな。ついでに書記の伊藤も素っ裸にさせろ」社長は

人事担当の諸星に許可を出した。

「わかりました。直ぐに取りかかります」諸星は会議室から1人出て行った。

「社長。大丈夫でしょうか。心配ですが」副社長が声を掛けてきた。

「大丈夫だ。あいつのやることに抜かりはない。これで、あいつらの裸で泣く姿が楽しめるぞ」

田上の目尻が下がっていた。

会社の幹部は社長の言葉を信じて乗務員組合3役の乳房を揺らすヌード姿を想像し、ニヤニヤし

ながら会議室から出て行った。

 

 労使交渉から数日がたち、沙羅はアメリカからのチャーター便で成田に午前10時に着き、昨

夜の夜間飛行で疲れた体を休めるために自分のマンションへと車を飛ばしている。

マンションは勿論、沙羅が一人で住んでいる。

沙羅は国内線勤務なので羽田空港からだが、今回のチャーター便は国外からなので成田からだ。

それで、成田空港からマンションへと向かって走っている。

都内へは交通渋滞もなく12時にはマンションに着き、駐車場に車を置いて自分の部屋に戻ろう

とエレベーターに乗り込んだ。

そこに、慌てた三人の男が大きな荷物を抱えて乗り込んでくる。

「すみません。荷物が邪魔します」笑顔で言うと沙羅もニッコリと笑顔で返す。

(大きい荷物ね、何かしら?)最後に乗り込んだ男が5階のボタンを押した。

(あら、私と同じ階だわ)沙羅はなにげなくランプを見つめているとドアが締まり、静かに上昇

していく。

1、2、3、4、と数字のランプが点灯していき、5の数字を点灯させた。

エレベーターも動きが止まってドアが開いてスチュワーデスの制服を着た沙羅が先にドアから出

て自分の部屋に向かい歩き始めた。

大きな荷物を持った男達は沙羅の後を追うようにドアから出て歩きだし「コツ、コツ!!と廊下に

靴音が響いている。

沙羅は部屋のドアを開けようと鍵を差し込むと、例の大きな荷物を抱えた三人の男が近寄ってき

て「511、512、513、ここだ!」そして、沙羅と男の目が合った。

 

 男はドアの前で立っている沙羅を見つめながら「515号室の立花沙羅さんですね?」と尋ね

る。

「はい、私が立花沙羅ですが…」

「片桐様からのお届け物です」

「機長からの送り物って何かしら?」

「とにかく、重いからお部屋の中までお運びします」沙羅は男の言った「片桐」と言う言葉を信

じてドアを開けた。

「それだったら、中までお願いします!」沙羅は何も疑わずに男達を部屋に入れてしまった。

「荷物はどこに置きましょうか?」

「そうね、ベッドの脇に置いて!」

「はい!」三人は沙羅に言われたままベッドの脇まで荷物を運んだ。

「ねえ。その箱、邪魔なの。処分して!」

「え、棄てるんですか?」

「バカね、中身だけ置いていくのよ」

「これを開けてもいいんですか?」

「勿論よ。早くして」沙羅は言い切り、ベッドにスチュワーデスの制服姿のまま腰を降ろし足を

組んだ。

すらりとスカートから伸びた足を黒いストッキングが包んでいる。

タバコに火を付け(片桐さん、何を送ってきたのかしら?)大きな荷物を眺めていると、男達は

大きな段ボールから開けた。

最初の箱にはビデオ撮影セットが入っており、次の箱にはロープや女性の淫裂用バイブなどのS

M用具が一杯詰まっていた。

「それ、貸して!」沙羅はその中のバイブを男から受け取り「いやらしいわ。これで何をしろと

言うのかしら…」独り言を言った。

 

 それを待っていたかのように「それで、こうしろと言うんだよ」三人の男達が一斉に襲い掛か

った。

「イヤ~!」悲鳴を上げようとした瞬間に沙羅の口にハンカチを押し当てられ、上からガムテー

プが貼られ、口を塞がれて声が出せない。

それと、同時に床に仰向けに倒され両手を男に押さえられて、手の自由が奪われた。

「さっそくだが、ビデオの主人公になって貰うよ」別な男がビデオの撮影準備を始めていく。

かなり本格敵な器材で、取り扱いにかなり慣れているようだ。

「タイトルは『犯されたスチュワーデス 沙羅』でいいかな?」

「それでいいよ。こっちは準備完了」

「それでは、制服を脱がされる沙羅のシーン、スタート!」

その言葉に沙羅の着ている制服の上着のボタンを外しに掛かった。

(いや~!)叫んでも声にはならず「う―!」とむなしい叫び声となっている。

沙羅は抵抗を試みたが、所詮は女は女で、男の力に負けて足をパタパタするしかできない。

「沙羅さんパンツが見えるよ!」男が言う通りで、足を動かすとスカートが捲れてパンティが覗

いていく。

(これではどうすることもできない…)男は上着のボタンを外すと二人掛かりで脱がしていく。

男達は手慣れた様子でネクタイ、ブラウスと次々に脱がしに掛かり「うまく撮れているぞ!」ビ

デオを撮っている男が言う。 

それには(このままでは、ヌードを撮られてしまう…)抵抗したいが全くできず、ボタンを外さ

れたブラウスは、胸が開いて真っ白なブラジャーが覗いている。

男は容赦なくブラウスも剥ぎ取って上半身は白いレースのブラジャーだけにした。

その、白いブラジャーからは豊かな乳房が半分ほどはみ出している。

「こりゃ、たまらん!」ブラジャーの上から沙羅の乳房を揉みだし(やめて!)沙羅は叫ぶが口

を塞がれて小さな呻き声にしかならない。 

 

 さらに、男達は背中にあるブラジャーのホックを外した。

乳房を包んでいるカップが緩んに、それと同時に沙羅の豊満な二個の乳房が飛び出し、ピンクの

乳首が大きく勃起している。

「これは必要ないな」ブラジャーも剥ぎ取られて沙羅は上半身を隠す物が何もない。

(見なくていい。オッパイなんて見なくていい!)叫んで首を振るが声にならず、豊かな乳房が

「プルン、プルン!」と揺れている。

それを見てか「本当にいい形のオッパイだ!」ブラジャーを剥ぎ取った男が両手で乳房を揉み始

め、乳首も摘んでいく。

(イヤよ、触らないで~!)それは声にならず、呻き声に過ぎず、最大限の抵抗をしたが、いく

ら抵抗しても男の力に再び押さえられ、ビデオに沙羅の乳房を揉まれている姿が撮られていく。

「次はスカートを取れ!」ビデオを撮っている男が命令を下すと、両乳房を揉んでいる男の両手

が乳房からスカートのホックに変わり、ホックを外してファスナーを下げだす。

(それだけは、イヤ~。やめて~)無駄だとわかっていても叫ぶが、呻き声が部屋に響いていく。

それに、抵抗すれば抵抗するほど豊かな乳房が左右に揺れて男を刺激して、スチュワーデスの紺

のスカートが膝まで下げられて太股までの薄い黒色のストッキングと真っ白なパンティが覗いて

いる。

沙羅の白いパンティは超ビキニで透けた布地だから、真っ黒な絨毛が透けて見え、淫裂をやっと

隠す程の幅で、ちょっとでも横にズレれると淫裂が見えてしまうから、恥ずかしさで目を閉じた。

「凄いや、マン毛が透けて見える!」ビデオを撮っている男が叫ぶと、沙羅は大事な絨毛を見ら

れた事に顔が紅潮し、目尻からは涙が流れだした。

 

 両手を押さえている男は「次に行こうや。俺も見たいんだ。ほら早く!」と催促すると「慌て

ない、慌てない!」男はナイフを取り出し「最後の仕上げはこれだ!」ナイフを沙羅の頬に押し

つけて口のテープを剥がした。

「パンテイを切り裂いてほしいだろ?」沙羅を脅して辱める気だ。

「そんなのイヤ!」当然拒んだ。

「これでもかい?」ナイフで先端で乳首を突き刺し「お、お願い。止めて!」乳首に痛みが走っ

ている。

「パンティをズダズダに切り裂いて欲しいんだろう?」両手を押さえている男も言い「はい、私

のパンティを切り裂いて下さい…」脅しに負けて小さい声で呟いた。

「聞こえない!」男が怒るように怒鳴り「み、皆様にお願いします。私、沙羅のパンティを切り

裂いて下さい!」3人に聞こえるように今度は大きな声で言った。

「よし、わかった。沙羅の願い通りにパンティを切り裂いてやるぞ!」乳首を刺しているナイフ

をパンティの左腰に差込み引いた。

その瞬間に、パンティは右足の太股に巻き付き、一瞬にして沙羅の股間が剥き出しとなり、黒い

絨毛は全貌を現し、炎のように恥丘に生い茂る絨毛の中からピンクに割れた淫裂が覗いてる。

「以外に綺麗なオ○ンコだな」

「見ないで、そこは見ないで!」沙羅の顔が強ばり、紅潮している。

男は右足に絡まったパンティをも切り裂き沙羅を黒いストッキングだけ身につけたの全裸にした。 

 

 白い肌に黒いストッキングは男達を刺激し「期待通りのオ○ンコだな。たまらん!」ビデオを

撮っている男も興奮して叫んだ。

(そんな、期待通りのオ○ンコだなんて…)沙羅は俯き、黙ったままだが「次はストッキングを

脱がせ!」指示が出たが「いや、自分からで脱ぐんだ。片足ずつ高くあげてな!」意味ありげに

言う。

(そんなことしたら、性器を撮られてしまう…)沙羅の顔が更に強ばっている。

「やれよ、やらないならこうだ!」ナイフが沙羅の淫裂に当てられた。

「自分で脱ぎますからナイフを退けて下さい…」淫裂に金属の冷たい感触が伝わっている。

「わかっているようだな。両手を外してやれ!」沙羅は自由が戻ったが、これから最も恥ずかし

い行為を自分でしなければならない。

淫裂からナイフが退られると、沙羅は仰向けのまま右足を上げた。

黒い絨毛に覆われた股間から淫裂が覗いており「綺麗なオ○ンコだ!」声が上がる。

沙羅が恥ずかしさを堪えてストッキングを脱ぎだすと「本当に形といい、色といい申し分ないオ

○ンコだな」ビデオを撮っている男も感心して言う。

沙羅は『オ○ンコ』が女性の性器を指すことをよく知っており(性器を見られているんだ…)恥

ずかしさで目を閉じたまま右足からストッキングを脱いだ。

「次は左!」沙羅は右足を降ろして左足を上げて男の言うままトッキングを脱いで生まれたまま

の姿になり、ビデオに収まっていく。

 

 「これで完了だな」沙羅の生まれたままの姿を見つめているが、沙羅は恥ずかしさで両手で股

間を隠している。

「いや、まだやる事があるぞ。次はここだ!」男の指が黒い絨毛を摘む。

(ヘアを剃り気だ!)「お願い。そこはいやです」叫ぶが「この黒い毛が邪魔でオ○ンコが見え

ないんだ。お前が自分で剃るんだ!」強い口調だ。

「いやです。そんなこと恥ずかしくてできません!」

「いやなら、もっと喰い込むぞ。それでもいいのか?」ナイフが淫裂に押しつけられた。

「そ、剃ります。ですから早くどけて下さい…」

「分かればよろしい」沙羅は男達から見えるように化粧台のイスに座らされ、カミソリとスプレ

ーを渡された。

「皆にも見えるようにもっと足を開いて!」と男に命令され、恥ずかしさを堪えて両足を思い切

り開いた。

足の付け根では黒い絨毛に囲まれてピンクの縦に割れた淫裂が覗いている。

(恥ずかしいけど、剃るしかない…)沙羅は覚悟を決め、淫裂の周辺にムースを吹きかけた。

ムースは雪のように白い泡で黒い絨毛を覆いつくす。

沙羅は泡を絨毛に練り込むと、Tカミリで下から上に向かって絨毛を剃りだした。

勿論、ビデオでこの様子も撮っており、カミソリが動く度に黒い絨毛が取り払われてピンクの淫

裂の全貌が現れる。

沙羅は屈辱に耐えながらも手を動かし続け、淫裂周辺の絨毛を剃り終えた。

剥き出しになった淫裂は、先端からはみ出す2枚の肉襞や突起までが見えている。

「本当に綺麗なオ○ンコだな」男達は剃り上げられた淫裂を見て感嘆している。

(これ以上恥ずかしい思いはイヤだし…)カミソリを置くと「全部剃れ!」と命令される。

「お願い、これだけは残させて下さい!」

「どうしてだ?」

「同僚はヘアがあるのに、私だけヘアがなかったら…」泣き声になっている。

「全部はイヤか。それなら、どんなことでも我慢できるか。オ○ンコもやらせろ!」

それには更に顔が強ばり(このままでは、レイプされるに決まっているわ。せめて、ヘアだけは

残さないと…)

「わかりました。そのかわり、ここは絶対に剃らないからね!」沙羅は男達に犯されるのを覚悟

した。

 

2 陵辱された沙羅

 

 「いい心がけだ。まずは立ったままで自己紹介しろ!」ナイフを持った男が命令し、沙羅は乳

房と股間を両手で隠して化粧台のイスから立ち上がった。

「素っ裸を見せるんだ!」恥ずかしい命令に、両手を後で組み、乳房と剃り上げた淫裂を晒した。

(まともに性器を見られいる…)顔が相変わらず紅潮したままで、カメラも恥ずかしがる沙羅を

撮っていく。

「自己紹介をやれ!」

「私は立花沙羅と申します。職業はスチュワーデスで、新日本エアラインに勤務しており、年齢

は24歳です…」

「ここの住所は?」

「東京都○○区△△町4丁目5番地ライオンズマンション515号室です…」

「セックスの体験は?」

「10回ほどしました…」この質問に沙羅の全身がさらに紅潮していく。

「足を上げてオ○ンコを見てもらえ!」

「沙羅のオ○ンコを皆さんにお見せします…」男に言われるまま、沙羅は右足をイスに乗せて淫

裂の中まで見えるようにし、両手の指で淫裂を広げた。

当然、膣の中やクリトリスまでが見みえ「沙羅のオ○ンコの中までご覧下さい…」今にも泣き出

しそうな顔で言うが、これで終わりではない。

「セックスの相手は誰だ?」

「10回とも機長です…」淫裂を広げたまま、俯いて答えた。

「夜の処理はどうしている?」

「たまにオナニーをします…」

「それなら、オナニーしているところを見てもらえ!」

(オナニーまで見せるなんて…)拒むこともできず、ベッドに腰を降ろして仰向けになった。

(恥ずかしいけど、やるしかない…)両足を広げると、淫裂が開いてピンクの突起や膣腔が覗く。

「これからオナニーを始めます…。皆様、沙羅のオナニーをご覧下さい…」指で割れ目の先端に

ある突起から愛撫を始めた。

ピンクの突起は指の刺激で勃起し、指で包皮を捲って撫でていくと「あ、あ、あー!」沙羅は男

達が見ているにも関わらず、勝手に喘ぎ声が出た。

暫く突起を撫でていたが、膣の中に指を入れて動かし出すと「あ、あ、あ~!」また声が上がる。

「今、何を想像しているんだ?」

「オチンチンが…オ○ンコの中に入っているところ…」沙羅の指がゆっくりと出入りを繰り返し

ていく。

「指では細くて物足りないだろう。これを使え!」男は沙羅の指を抜き、電動バイブを淫裂に押

し込んでいく。

「そんなのイヤです…」拒むが、淫裂は既に濡れているからスムーズに入り込んで行く。

「気持ちいいだろう。自分でやれ!」バイブを沙羅に握らせた。

男達が見守る中、更に奥まで押し込むと(気持ちいい。指より感じる)根本まで入ったバイブを

引き出しまた入れるとを繰り返してピストンを始めた。

ピストンを始めてから直ぐに淫裂からネバネバした体液が流れ出し、カメラもそれを捉えている

そんな事など気にも留めず「いいわ…。もっと奥まで…」沙羅は自我の世界に入り込み、腰が持

ち上がって動き出した。

それを見ている男達も興奮して1人が服を脱ぎだし、全てを脱ぐと股間の肉竿が大きく勃起して

いて今にも爆発しそうだ。

 

 全裸になった男は「本物が欲しいだろう。入れるからなめろ!」勃起した肉竿を沙羅の口に押

し込んだ。

沙羅は淫裂にバイブを入れたまま、勃起した肉竿を舌でなめだした。

「そうだ、それでいい。口でもやれ!」言われるままに口の中に迎え入れて「ウグ、ウグ!」唇

で擦り出す。

沙羅はフェラをするのは初めてではなく、機長とセックスする時は必ずフェラから始まるから慣

れている。

沙羅が唇で肉竿を擦り続けていると「やりたいんだろう。言うんだ!」沙羅をベッドに押し倒し

て、バイブを抜くと淫裂の入り口に肉竿を押し当てた。

「お願いですから、立花沙羅とセックスしてください…」屈辱だが言うしかない。

「そんなに、俺とオ○ンコしたいのか?」

「はい、オ○ンコしたいです…。ですからオチンチンを入れて下さい…」望む事を言った。

「そんなにオ○ンコしたいなら、やってやるぞ!」肉竿が淫裂を突き刺した。

「あ、あ、あ~!」肉竿が入り込んだが、準備ができているからすんなり入り込む。

(気持ちいい…。レイプされているのに気持ちいいなんて…)足を開いて深い結合を催促した。

「もっとやって欲しいのか?」

「はい、もっと奥まで突いて下さい…」その言葉に興奮し、激しく肉竿のピストン運動を始めた。

「あ、あ、あ~!」沙羅は悶えるような声をあげ、淫裂からは婬汁を流し出し、カメラもそれを

捉えている。

「俺とのチンポはどんな感じだ?」

「凄くいいです…。オ○ンコの奥まで感じてます…」言わせようとしている事を言った。

「そうか、俺のチンポがいいか」満足そうにピストンを続け、豊満な乳房を揉み始めた。

暫く、乳房を揉んでいたが、両乳首を摘んだ。

「痛いからやめて~!」悲鳴に近い声をあげると「痛いのはイヤか。だったらオ○ンコに出させ

ろ」膣奥へ射精する気だ。

「イヤ、それは絶対イヤ!」首を振って拒むと「当然だな。オ○ンコがイヤなら口に出させろ!」

「そんなのイヤです!」沙羅が拒むと指先に力が入り乳首が変形していく。

その痛みに負け「お口に出してもいいです…」渋々に承知した。

「それなら、仕上げだ!」肉竿の動きが早まり「あん、あん、あん!」沙羅の身体が弓のように

反りだした。

 

 やがて、男は絶頂に達し、爆発寸前の肉竿を素早く沙羅の口に押し入れ、頭を掴んで肉竿を前

後に動かした。

(咽にオチンチンが当たる…)息苦しさを感じながらも「ウグ。ウグ!」と呻き声を上げ、それ

から間もなくして顔を左右に振っている。

沙羅の口から白い液体が涎のように流れだした。

射精が済むと肉竿が口から抜かれ「おえ~!」沙羅は吐き出したが、白い糸を引いている。

「そうだ、それでいい!」ビデオを撮っている男が叫ぶが「吐くな、飲むんだ!」射精した男が

言い放し、仕方なく口の中に残っている精液を唾と一緒に飲み込んだが生臭い臭いが残っている。

「飲んだ感想を説明しろ」

「沙羅はオチンチンから出る精液エキスを飲みましたが、とても生臭いです…」屈辱であった。

言い終わると「次は俺だ!」沙羅はベッドから床に引きずり落とされて四つん這いにされた。

「いくぞ!」と肉竿を後ろからゆっくりと押し込んでいく。

「あん、あん、あん!」沙羅は再び悶え声をあげだした。

根本まで入り込んだ肉竿が淫裂深く入り込んで刺激している。

「気持ちいいだろう。カメラに向かって実況放送しろ」屈辱な事を命令する。

(逆らっても仕方ないし…)「沙羅は四つん這いになり、後ろからオ○ンコをチンポで突かれて

います…。奥まで突かれて気持ちいいです…」言わせたい事を言った。

「気持ちいいなら、もっとやるぞ!」沙羅の腰を両手で押さえ、ピストン運動を始めた。

「あ、あ、あ~!」かなり刺激が強いのか、沙羅は頭を左右に振り、垂れ下がった乳房が円を描

くように揺れている。

 

 その行為に「おい。交代だ!」カメラを持った男が射精を終えた男と交代して、沙羅の脇に座

り、前後に揺れている乳房を揉みだした。

両乳房を揉みながら「今の状況を説明するんだ!」屈辱を味わせようとしている。

「沙羅は四つん這いでオ○ンコされています…。それに、オッパイも揉まれてます…。二人を相

手にして、オ○ンコはグシャグシャに濡れています…」その言葉に乳房を揉んでいる男も興奮

して、服を急いで脱ぎ、全裸になった。

そして、沙羅の前に膝を立てて座り「欲しいだろう。いうんだ!」勃起した肉竿を目の前に差し

出す。

「沙羅はオチンチンが欲しいです…。それをお口に入れて下さい…」言い終わると肉竿が押し込

まれた。

「ウグ、ウグ!」後ろからピストンされると口も前後に動いて自然に肉竿を擦っていく。

「いいね、画になるな」ビデオを撮っている男も興奮し、射精を終えたばかりなのに、もう堅く

勃起している。

口の中に肉竿が押し込まれた沙羅は息苦しさであえいでいると、膣奥に熱かいのを感じた。

(まさか、射精…。そんなのイヤ…)逃れたいが、逃れられず淫裂に全てを出し切ってから抜か

れ、白い精液が淫裂から流れ出す。

「俺にも出させろ!」口を攻めていた男が沙羅を抱き抱えて座り込み、肉竿を淫裂に押し込んだ。

「あ、あ、あ~!」喘ぐが3人目の肉竿が淫裂に入った。

男は結合すると沙羅の腰を押さえて仰向けになり、沙羅は男の腹の上で騎上位の体位をとる。

「いや。これは絶対いや!」さすがに女が男を求めている騎上位はイヤだ。

(私、淫乱じゃないからね…)沙羅のプライドが拒むと「これでもイヤか?」ナイフが顔に押し

当てられる。

「わかりました。お望み通りにします…。ですが、膣の中では射精しないで下さい…」

「一回も二回も同じだろう。早く出させて洗えばいいじゃないか」肉竿を押し込んだ男も淫裂の

中に中に射精する気だ。

(やるしかない…)覚悟を決めてゆっくりと腰を上下に動かしだすと淫裂からは白い精液が流れ

出ていく。

下の男は沙羅の腰を掴んで動きを早めよう催促し、それの応えて腰の動きを早めた。

「オ○ンコの感想はどうだ。オッパイも揉んで欲しいだろう?」

「はい、オ○ンコが気持ちいいです…。ですからオッパイも揉んで下さい…」屈辱をまた味わう

と揺れている乳房が揉みだされる。

「いいね、凄くいいよ。オ○ンコもバッチリだ!」ビデオを撮っている男も興奮している。

確かに、淫裂に肉竿が食い込む様子が丸見えで男を刺激している。

沙羅は(犯されているのに気持ちいいなんて…)腰の上下運動を早めると、動く度に「クシュ、

クシュ」と淫裂から音がなる。

男も沙羅の腰を掴み動きに合わせているが「もう限界だ!」腰を押さえ、動けないようにした。

「止めて、中はイヤ~!」膣への射精を避けようとするが、腰を押さえられ逃げることができず

にいると、男が身震いを始めた。

「そんな~!」膣の中が温かくなるのを感じ(また、射精された…)膣から漏れ出た白い精液が

男の股間を濡らしていく。

 

 射精が済むと沙羅を寝かせるが、淫裂からは白い精液がドット溢れ出ている。

「う、う、う!」膣では射精しない約束が破られ嗚咽を上げていると「早く洗ってこい、そんな

に産みたいのか」沙羅は男に無理に立たせされて浴室に連れて行かれた。

浴室に入ると沙羅は真っ先に淫裂にシャワーを浴びて膣の中を洗う。

(こんなに出された…)淫裂からお湯に混じり白い精液が流れ出るが、淫裂に痛みはない。

沙羅は幾度も淫裂を洗い、それが済むと乳房と淫裂を両手で覆い戻ってきた。

「私とセックスしたから満足したでしょう。早く出ていって!」

強い口調に「どうしてそんなに俺達を嫌うんだ?」と尋ねる。

「明日は休暇なの。それにこれから、お友達が来るのよ!」

「それは、それは。で何時迄に出て行けばいいんだ?!」後ろから乳房を揉みながら再び尋ねた。

「三時に来るの。だから早く帰って!」

「セックス相手か?」別な男が淫裂に指を入れて尋ねた。

「そんなんじゃないわ。会社の仕事仲間よ、バカにしないで!」淫裂に入れられた指を払いのけ

ながら答えた。

「出ていくけど、オ○ンコしたのを警察に訴えるか?」別な男が尻を撫でながら言う。

「あなた達次第よ。早く出て行くならて訴えないけど、いつまでもいるなら訴えるわよ!」沙羅

は電話に近寄り受話器を持った。

「訴えたければ、やってもいいよ。その代わり、こうだ!」その声で男達は一斉に沙羅に襲い掛

かって行く。

「キャ~!」悲鳴を揚げようとした瞬間、口が塞がれ、別な男が電話を取り上げ受話器を戻す。

「この尼!」男は両手を後ろから押さえた。

「ところで、今何時だ?」

「1時半だぜ」

「そうかもっと楽しもうか!」意味ありな言葉に「そうだよな。ごちそうが来るんだから、いた

だかない手はないよな」話がまとまったようだ。

「こいつには、SMのモデルをしてもらおう!」と沙羅を見つめるが「いや。そんなのいや!」

沙羅の顔が引き吊っている。

 

 男達はお構いなしに、箱からSM用の紐を取り出した。

「これがなんだか分かるか?」と沙羅に見せると沙羅の身体が震えだす。

「わかっているようだな。これで縛るんだよ」沙羅の両手を後ろ手に縛り付け、首に掛けた。

沙羅は両手を下げると紐が首を締め付けるから自由が利かない。

次に、別な紐で乳房の上と下を縛り、その二本を絞るように縛られ、紐が二つの乳房を絞るよう

に食い込んでいる。

あまりの痛さはないが、恥ずかしさに「お願い、オッパイから紐を取ってください…」恥ずかし

さで、泣きながら哀願した。

「モデルになるんだぞ。だめに決まっている!」変形した乳房を撫でてから乳首を吸い出す。

「イヤ、やめて下さい…」容赦ない仕打ちに泣き出すが、その様子もカメラが撮っている。

「そうだ、ここも剃ろうぜ!」わずかに残された絨毛を撫でる。

「剃らないって約束したはずよ。セックスまでしたでしょう。剃らないで~」

「考えが変わったんだ。オ○ンコはお前が頼んだからやってあげたんだぞ」男は沙羅の両足を1

メートルほど開脚させて、棒で閉じられないように固定した。

「いや、ヘアは剃らないで~!」叫ぶが恥丘に残された絨毛にスプレーが掛けられ、手で練り込

まれるとTカミソリで剃っていく。

「やめて下さい。セックスの相手をしたでしょう!」泣き出す沙羅を無視して恥丘は綺麗に剃り

上げられてしまった。

淫裂は少女のと同じで、違いはピンクの肉襞が飛び出していることだ。

(恥ずかしい、ヘアが無いなんて…)足を閉じようとして、足首が固定されているから閉じるこ

とができず、膣腔やクリトリス、肛門までもが覗いている。

恥ずかしさに「解いて、お願いです…」声をあげたが、再び口が塞がれて声も出せない。

 

3 美香への陵辱

 

 3時になると「ピンポーン!」ドアのチャイムが鳴った。

「ご馳走がきたぞ」「うまくやれ」男の一人が何喰わぬ顔で「どうもありがとうございました。

またお願いします」声をあげてドアを開けた。

「あ、失礼しました」美香と由紀の顔を眺めながらドアから外に出ていく。

何も知らない二人は「沙羅、遊びにきたわ」「上がるね」制服姿のままのままドアを開けて、部

屋の中に入って来た。

それを確認して、外へ出た男が再びドアを開け、中に入り内側から鍵を掛けた。

美香と由紀は沙羅を見つけ「沙羅、なあに、その格好」「いやだ、沙羅。ヘアを剃ったりして」

全裸で乳房を縛られ、淫裂を露わにした姿に驚いている。

(逃げて。危ないから逃げて!)そう叫んだつもりだが声にならず「どうしてそんな格好してる

の?」「恥ずかしくないの?」事情を知らない二人は全裸で縛られている沙羅に詰め寄ると「俺

達が裸にしたんだよ!」リーダーの男がナイフを美香の首に当てて口を塞いだ。

「………」美香が声が出せないでいると、もう一人も由紀にナイフを押し当てた。

「いいか、言う事を聞かないと刺すぞ」男達は美香と由紀に脅しを掛ける。

(お願い、私だけで満足したでしょう。もう帰って…)泣きながらも、恥かしい姿の沙羅が哀願

するが声にはならない。

「まずは縛れ!」由紀が紐で後ろ手に縛られて床に寝かされ、両足も縛られ、自由を完全に奪わ

れて動けくことすらできない。

 「これで良しと。まずはお前から素っ裸になってもらうか」美香がまず狙われた。

「いや、ヌードなんてイヤよ!」美香が抵抗するとナイフが目の前に差し出されて大人しくする

しかない。

「物分かりのいい子だな」由紀を縛った男が美香の上着のボタンを外しだすとカメラが捉えて屈

辱をビデオに撮られようとしている。

ボタンが外されると上着が剥ぎ取られ、ブラウスからブラジャーが透けて見えるが、ナイフが美

香の顔に押しつけられ抵抗できず「お願い、止めて!」震えながら言うだけだ。

しかし、男達は容赦なくネクタイ、ブラウスと剥ぎ取って、美香の上半身を隠すのは真っ白なレ

ースのブラジャーだけにしたが、レースからピンクの乳首が透けて見える。

「結構、いいオッパイじゃないか」ブラジャーの上から乳房を撫でられた。

確かに巨乳と言えないが程良い大きさの乳房だ。

「お願い、それ以上はやめて!」震え声で言うが「フロントか。だったら簡単だ。見せてもらう

か」両手で乳房の谷間のホックを外した。

その瞬間、カップが左右二つに割れ、飛び出た乳房が揺れている。

「いいじゃないか。楽しみが増えたな」カメラで撮っている男が言うと「ヌードは撮らないで下

さい…」慌てて両手で胸を覆う。

「撮れないじゃないか。その手を退けろ」ナイフが首に押しつけられた。

「退けますから乱暴にしないで下さい…」美香は両手を下げて乳房を晒した。

 

 「いい形だな。素っ裸を撮って欲しいだろう?」無理に言わせる気だ。

(恥ずかしけど…)顔を強ばらせながら「ヌードになりますからビデオで撮ってください…」ど

うにか言った。

美香は役目をしないブラジャーを脱ぎ、上半身を露わにしたが、乳首が固く勃起している。

「素っ裸を撮って欲しいなら下も脱がないと!」その言葉に、美香は両手でスカートのホックを

外しスカートを下げた。

すると、ブラジャーと揃いのレースできた白いパンティを履いていて、黒い絨毛がうっすらと透

けてる。

「お願いです…。何でもしますからこれで、許して下さい…」美香は今にも泣き出しそうな顔だ。

「そうはいかないな。素っ裸を撮って欲しいと言ったじゃないか」ナイフの先端が乳房に押し当

てられる。

「脱ぎます、お望みのフルヌードになります…。ですが、笑わないで下さい…」乳房を揺らせな

がら意味ありに言った。

「素っ裸を見て笑う男はいないぞ。安心して脱げ!」ナイフが退けられた。

(恥ずかしいけど、脱ぐしかないわ…)覚悟を決め、両手で腰のゴムを掴むと引き下げた。

パンティは裏返しとなり、股間を覆う布地が退けられて黒い絨毛が現れたが、手で股間を隠しな

がらパンティを足首から抜いて全裸になった。

「手を退けろ、撮れないじゃないか!」カメラを持った男の声に渋々手を退けると恥丘には絨毛

が生えているが淫裂の回りは綺麗に剃られて剥き出しで、割れ目から肉襞が飛び出ている。

(見られている…。ヘアのない性器が…)恥ずかしさに顔が真っ赤になっている。

「これは、いいよ。オ○ンコも撮って欲しいだろう?」また屈辱を味わらせる気だ。

(オ○ンコを撮ってなんて言えない…)暫く沈黙したが「美香のオ○ンコを撮って下さい…」呟

くように言うと「足をあげてくれよ」男達はニヤニヤしながら股間を見つめている。

当然「そんな事できません…」美香が拒むと美香の淫裂にナイフが当てられ「ここを見て欲しい

だろう。正直に言わないと」脅しに掛かる。

「言う通りにします。ですから…」「期待してるぞ」ナイフが退けられると、右足を挙げてY字ブ

リッジに近いポーズ取り、淫裂を晒すとカメラが捉える。

(性器を撮られている…)泣き出しそうな顔をしていると「お前の名前は?」質問が飛び出す。

美香は逆らっても意味がないから「鈴木美香です」と言うと「オ○ンコを見てくださいと言うん

だよ」注文が飛んだ。

「私は鈴木美香と言います…。どうぞ、私のオ○ンコを見て下さい…」泣き声になった。

「オ○ンコは何回やった?」淫裂の肉襞を掴んで聞いた。

「わかりません…。数えられません…」

「数え切れないほどオ○ンコやったのか?」

「はい…。やりました…」屈辱に涙も流しているが「チンポをなめたことあるか?」容赦ない。

「あります…」

「だったら、俺のをなめろ!」男は美香の足を降ろさせるとズボンを下げて、勃起した肉竿を晒

した。

 

 美香は男の前で膝を付き、右手で肉竿を掴み口に迎え入れ「フグ、フグ!」唇で擦り出す。

「上手じゃないか。かなり経験しているな」両手が美香の乳房を掴んで揉みだすが、相変わらず

口で肉竿を擦り続けた。

そのの愛撫に「本物でやらせろ!」男は美香の腕を掴んで、床に押し倒した。

「いや~!」嫌がる美香だが、容赦なく淫裂に男の淫棒が入り込んで「オ○ンコして欲しいんだろ

う」前にも増して屈辱な事を言わなければならない。

「み、美香とオ○ンコして下さい…」蚊のなるような声で言うと「聞こえないよ。もっと大きな

声で言わないと」両乳房を握りしめた。

「お願いですから、美香とオ○ンコして下さい…」涙が停まらないが「そうか、そんなにオ○ン

コしたいのか。もっと入れるぞ!」肉竿のピストンが始まった。

「やめて…。い、いや…」美香も声が序々に小さくなって「あ、あ、あ~!」喘ぎ声に変わって

淫裂からは婬汁が漏れて肉竿の動きに合わせ「クシュ、クシュ!」と湿った音が出ている。

沙羅と由紀は(レイプされても気持ちよさそう…)結合部を見ているとピストンが早まる。

「いいわ…。気持ちいい…」見知らぬ男のレイプに悶え声を上げるが「残念だけど、ここまでだ」

美香の右手首と右足首、左手首と左足首を縛り沙羅と同じく1メートル程の棒で両足を閉じられな

いようにした。

恥ずかしい姿に「いや、こんな格好いや~!」首を振るが、四つん這いと同じく尻を高く持ち上

げ、頭で体を支えどうすることもできない。

それに、後ろから見ると淫裂が開いて突起や膣腔まで覗いている。

男は後ろから美香を辱め「もっと奥までオ○ンコされたいだろう?」卑猥な事を言わせる気だ。

「もっと、オ○ンコの奥をオチンチンで突いて下さい」言い終わらない内に肉竿が美香の奥まで

突き刺し始め「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげだした。

美香は犯されているにもかかわらず、深い結合を求めて腰を後ろに下げると「オ○ンコに出して

欲しいだろう?」また屈辱を味わらせるつもりだ。

(膣での射精なんて、イヤに決まっている…)黙っていると肉竿が淫裂から抜かれ「私のオ○ン

コに射精して下さい…」理性が欲望に負けて言った。

「わかった、オ○ンコに出してやる!」肉竿が淫裂に入り、再び動き出して「あ、あ、あ~!」

喘ぎ声がまた上がり、淫裂から漏れ出た婬汁が太股まで流れている。

「あん、あん、あん!」美香は快感で恍惚としていと、男は雄叫びをあげ、淫裂からは白い液が

流れ出た。

 

 射精を終えると肉竿が抜かれ、淫裂からは一気に精液が流れ出る。

しかし「ハア、ハア!」荒い息づかいの美香だが「お願いです、シャアワーで浴びさせて下さい」

冷静さもあった。

「わかった。オ○ンコを洗ってやるが。その格好のままだ」男達は手足を縛られた美香を抱えて

浴室に連れ込み、シャワーを淫裂に当てて洗い出す。

指で淫裂を広げられ、シャワーを浴びせられても美香はされるがままにしていると白い液がお湯

と一緒に流れ出て膣は綺麗になった。

しかし「これは必要ないだろう」恥丘にわずかに残る絨毛が撫でられる。

「お願い、ヘアは残して!」美香は驚くが、浴室の床に両足を開いたまま仰向けに寝かされた。

男はスプレーを絨毛を吹きかけ「オ○ンコの毛を剃って欲しいだろう?」と言わせる気だ。

(逆らっても仕方ないし)「美香のオ○ンコの毛を剃って下さい…」悔しさに太股が震えている。

「そんなに剃って欲しいなら剃ってやる!」男はカミソリで美香の絨毛を剃りだした。

(恥ずかしい姿にされる…)泣いているが美香の恥丘に残された絨毛はあっけなく消され、割れ目

の先端にあるクリトリスが剥き出しだ。

「記念に、パイパンオ○ンコも撮って欲しいだろう?」無理に言わせる気だ。

「はい、美香のパイパンオ○ンコをビデオに撮ってください…」悔しさを堪えているが、お構いな

しにカメラに収められていく。

美香は足を閉じたいが叶わず、女性が最も恥ずかしい格好を続けるしかなかった。

さらに「これは、なんだ?」意地悪くクリトリスを撫で出す。

「そ、それは美香のクリトリスです…」犯されたうえに、恥ずかしい思いをさせられ、美香を抱

えるようにして浴室から戻されたたが、相変わらず縛られたままなので、尻を突き出す格好のま

ま淫裂を晒している。

 

4 由紀も陵辱 

 

 「最後は俺にやらしてくれ!」ビデオを撮っていた男が別な交代してズボンを下げ、立ち上が

ると縛られている由紀に狙いを定めた。

「いやよ、来ないで!」両手両足を縛られた由紀は部屋の中を這って逃げようとするが直ぐに男

に捕まってしまった。

「まだ、バージンみたいだな」そう言いながら、服の上から乳房を揉み始めた。

それには「いや、放して!」由紀も暴れて抵抗したが、例によってナイフが由紀の唇に押し当てら

れ、抵抗を諦めるしかない。

「いいかい、自分で脱ぐんだよ」男はさらに「いやなら、もっと深く入れるよ」そうなれば恐怖

を感じて首を縦に振った。

「物分かりのいい子だ。復唱しながら脱ぐんだ」そう言って由紀の両手、両足を縛った紐を解い

ていく。

「わかっているだろう。始めろ!」カメラを構えた男が催促すると「ゆ、由紀…。上着を脱ぎま

す…」震えながらボタンを外しだす。

(は、恥ずかしい…)恥ずかしさを堪えて上着を脱ぐと「由紀、ブラウスを脱ぎます…」小さな

ボタンを外しだすともっと「大きな声で言え!」怒鳴られ「由紀、ブラウスを脱ぎます!」言い

直し、ボタンが外れたブラウスは胸を開いて白いスリップ姿から黒い下着が透けて見える。

「由紀、スカートを脱ぎます!」スカートのファスナーを下げてホックを外すと足元にスカート

が落ちて真っ白なスリップだけの姿になって立っている。

「由紀、スリップを脱ぎます!」(み、見られちゃう…)顔が赤くしながら、右肩からスリップ

の紐を外すと、黒いブラジャーが現われた。

さらに左肩も外すと、スリップが音もなく落ちて由紀はパンティとブラジャーだけになった。

恥ずかしさに胸と股間を隠すと「その手をどけろ!」怒鳴られ「これで許して下さい」由紀はため

らいながら両手で股間を押さえたが、当然に胸が露になっった。

黒いブラジャーを着けていたが、カップの部分が透明な布地なので乳房が見え、乳首が勃起して

いるのもわかる。

「凄いや、大胆だ!」男の声に由紀の顔がさらに赤くなっていく。

恥ずかしさに俯くと「ブラジャーを外せ!」それには右手だけで背中のホックを外しすと乳房が

カップから飛び出し揺れていく。

 

 「由紀、オッパイ丸見えのブラジャーを脱ぎます!」由紀は股間を押さえながらブラジャーを

脱ぐと乳房が揺れている。

由紀は身に着けているのはパンティだけになり、股間部分を両手でしっかりと押さえながら「こ

こは、許してください!」涙声で言う。

しかし、「両手を退けろ!」ナイフを持った男が再び、由紀の背中にナイフを押し当てられて、渋

々両手を退けると黒いパンティはブラジャー同様で大事な部分が透明で絨毛が覗いている。

「マン毛が丸見えだ!」男達は歓声をあげるが(見られたてしまった…)由紀は俯いたまま涙を

流している。

それでも容赦なく「パンツも脱いで!」ビデオの男から催促され「由紀、パンティを脱ぎます」

両手を腰にやり、膝まで下げると片足づつ抜いて由紀も全裸になったが「オ○ンコを見て欲しい

んだろ?」過酷な言葉だ。

それでも「ゆ、由紀のオ○ンコ見て下さい…」身体を震わせながら足を開いて絨毛に覆われた淫裂

を晒した。

「それじゃダメだ。ヘアが邪魔してオ○ンコが見えないぞ」

「そうだな、オ○ンコ毛も剃って欲しいんだろう?」ナイフの先端を背中に強く押し当てた。

「 ゆ、、由紀のオ○ンコ毛を剃って下さい…」泣き顔で言う。

「そんなに剃って欲しいなら、剃ってやるよ」スプレイを掛け、白い泡を絨毛に混ぜ込んでカミ

ソリで剃り始めた。

由紀は「うっ、うっ、うっ…」嗚咽を上げながら絨毛が剃られるのに耐え、恥丘の邪魔が全て取

り払われて、ピンクの肉襞などが丸見えになった。

 

 「お前も自己紹介しろ!」

「い、伊藤由紀です…」

「年齢は?」

「23歳です…」

「セックスの経験は?」

それには由紀の顔がさらに赤くなり「3回しかありません…」俯いて言う。

「3回か。バージンじゃなかったのか。オナニーは?」

「たまにします…」

「なぜ、もっっとセックスしないんだ。レズか?」男達は爆笑した。

「相手がいなかっただけです…」

「だったら俺が相手をしてやるぞ」沙羅をビデオで撮っていた男が由紀を床に押し倒し、勃起し

た肉竿を由紀の割れ目に押し込んでいく。

「痛い、お願いやめて~」男は聞き入れず淫裂に押し込んでいく。

「やめて~。裂ける~!」由紀は両手で男を払いのけようとした。

だが、由紀に抵抗は許されず、別な男にナイフを突きつつけられ「犯してほしいんだろ。早く言

えよ」さすがに拒んだ。

「いやよ、できないわ」

「だったら、ビデオを会社に送るがいいのか?」

「い、言います…。ゆ、由紀を犯して下さい…」悔しさで泣きだした。

「ほう、犯して欲しいのか、淫乱だな。俺が犯してやるぜ」膣の入り口で停めた肉竿を一気に奥

深く押し込んだ。

「ヒー。裂ける~!」悲鳴と共に由紀は放心状態になった。

「締まりがいい女だぜ。いい気持ちだ」男のピストンがさらに激しくなっていく。

5分ほどして「でる~!」雄叫びを上げて動きを止めた。

「気持ちよかった」萎縮していく肉竿を抜くとピンクの割れ目から白い精液が流れ出ていく。

由紀は相変わらず仰向けのまま両足を開き、放心状態だ。

「俺にもやらせてくれ」ビデをで撮っている男が由紀に覆い被さった。

由紀はもう抵抗するこ気もなく男のされるままだった。

 

 「楽しめよ」ビデオを撮る役目を交代した男が言うと「勿論たっぷり楽しむよ」ピストンが始

まっていく。

しかし、由紀は涙を流したままだ。

暫くしてから「出るぞ!」男は雄叫びをあげて動きを止めた。

由紀は(出されたわ。くやしい。犯された上に射精までされた…)淫裂からさらに白い液が流れ

ていく。

その間にも、沙羅と美香も後ろから肉竿を挿入されて射精された。

射精されると犯された三人は縛ってある紐がすべて解かれて自由になり、急いでシャワーを浴び

膣の中を綺麗に洗う。

それが済むと濡れたまま、乳房と恥丘を隠して部屋に戻ってきた。

部屋では男の1人が電話を掛けており「拭けよ」別な男がタオルを3人に渡す。

沙羅達が体を拭いている間に、二人が再び、ダンボール箱に機材をしまい込んでいく。

「いいか、警察に訴えてもいいが、テープが裏に売られるからな。黙っていたら、決して売らな

いぞ」男達は脅しを掛けた。

「わ、分かったわ。訴えない。その変わり、約束を守ってよ!」

「ああ、約束するよ!」3人の男はダンボールを持ってマンションから出て行った。

「どうしよう、訴える?」沙羅が二人に聞くと「い、いやよ。マスコミの餌食よ」「私も、いや

よ」美香と由紀が言う。

「そうよね。相手も分からないしね」3人はやむなく泣き寝入りを決めた。

 

5 会社の策略

 

 悪夢から忘れるかのように沙羅はいつものように国内線の勤務をしているが、あの犯された事

は決して誰にも告げなかった。

それは片桐にもで、沙羅は勤務を終えると片桐を誘って自分のマンションに連れ込んだ。

「片桐さん、見て欲しいの」沙羅はスチュワーデスの制服を脱いでいく。

(アソコを見てどんな反応をするかしら)沙羅は次々と脱ぎパンティだけになった。

乳房が揺れるなかパンティを両手で下げていく。

そして、膝まで下げると沙羅の無毛の股間に驚いて「あ!」片桐が声をあげた。

「恥ずかしいけど剃ったの。どう、私のオ○ンコ!」パンティを脱いで顔を赤らめて言う。

沙羅が言うオ○ンコからはピンクの肉襞がはみ出している。

「綺麗だよ。前から見たかった」片桐は指で飛び出ている肉襞とピンクの突起を触っていく。

「そ、そこはだめ。感じていく!」思わず沙羅が声をあげると「いいじゃないか。このツルツル

マンコをみたらやりたくなったよ」片桐も服を脱ぎだし、パンツを下げた。

「ほ、欲しいの。いっぱい欲しい!」沙羅が萎縮している肉竿を口に含むと「あ、あー!」片桐

の肉竿が一気に膨らんでいく。

「もう、いいだろう?」片桐は我慢できず、沙羅をベッドに押し倒して無毛の淫裂に肉竿を挿

入していく。

「あ、あ、あ~!」沙羅は悶え声をあげて「い、いいわ。もっと奧に入れて…!」体がエビのよ

うに反っている。

「いくよ!」ピストンが速まって「クシュ、クシュ!」と淫裂から音が出ている。

音ばかりでなくネバネバした婬汁も流れている。

「気持ちいいのかい?」

「ええ、す、凄くいいの。中にして」乳房を揉まれながら答えると「危ないよ。大丈夫かい?」

「今週は安心日なの」「だったら、出すよ」片桐の肉竿から膣深く暖かい精液が噴射された。

「暖かい。凄くいいわ」膣の中が燃えるように熱くなっていく。

その後も乳房を揉まれながらも沙羅は「あ、あ、あ~!」と悶え声をあげ続けた。

 

 そのころ、新日本エアラインの会議室で密かに取引が行われていた。

「苦労しましたから高く買って下さいよ。絶対にコピーはしてませんから」沙羅達を犯した男達

がそこにいた。

「で、いくら欲しい?」

「1人1千万として三千万でどうでしょうか?」

「高い。高すぎる!」諸星が叫ぶと「こっちだって命がけですよ。警察にチクられたら20年は

ムショ暮らしですから。分かって下さいよ」

「じゃあ、2千万でどうだ?」諸星が言うと「2千5百万です」「わかった。2千4百万!」

「ガッチリしてますね。負けました。2千4百万でいいです」根負けしたか男が言う。

「くどいようだがコピーしてないだろうな。コピーが発覚したら警察に告訴させるからな!」

「わかってますよ。本当にそれしかないんですから。信用してください」

「信用しよう。口座に振り込んでおくが名目はコマーシャル撮影だぞ」

「はい、わかりました。今後ともよろしくお願いします」交渉がまとまった。

男達がタバコを吸いだすと「ところで、抱いてみてどうだった?」諸星が尋ねる。

「沙羅はともかく、由紀はよかったな。締め付けがすごいよ。チンポが痛かった」

「美香はちょっと使いすぎだ。オ○ンコがチンポをくわえ込んで行くみたいで、おまけにガバガ

バだった」男達は言いたい放題だ。

「俺もやりたかったな」諸星が羨ましそうに言うと「なあに、直ぐに3人とオ○ンコできますよ。

このビデオがあれば!」

「そうだな、これさえあればどんなこともできるよな。チンポをなめさせることもな」諸星の顔

が微笑んでいた。 

 

 そんな事など知らない片桐は沙羅のマンションから出て行く。

美香も沙羅と同じで自分のマンションにいつもの整備士の相原と全裸になって抱き合っていた。

「いいわ…。いいわ…」美香の無毛の淫裂に相原の肉竿が奧まで突き刺さっている。

「今度は僕に剃らせて欲しいな」

「そんなにしたいなら剃ってもいいわ」美香も『犯されたました!』とは言えなかった。

そこで自分から絨毛を剃ったと説明していた。

「やってくれるかい?」

「ええ、してあげる!」仰向けになった相原の上に美香が馬乗りになって肉竿を掴み、淫裂に迎

え入れて腰を上下に動かしていく。

「いいよ。気持ちいいよ!」

「私も感じるわ。中に一杯出して欲しいの」乳房を両手で揉まれながら美香が言うと「いいのか

い。だしても」「ええ、ピルを飲んでいるの。出して。一杯中に出して!」美香は相原の肩を押

さえながら激しく腰を動かしている。

「グシュ、グシュ」と淫裂から蜜が流れ出ている。

「だ、出すよ!」爆発寸前の相原が美香の腰をしっかり押さえつけると「出して、美香の中に一

杯して!」催促すると膣の中が暖かくなっていく。

(出したのね。膣が熱いわ)射精で美香は興奮している。

「よかったよ」相原が乳房を揉むと「私もよかったわ」美香も淫裂から精液を垂らしながら唇

をねた。

 

 それから数日が経ち新日本エアシステム社では会議が行われていた。

会議室には会社の重役が並び「諸星君、始めたまえ!」「はい、社長!」諸星はビデオのスイッ

チを入れると大きなプロジェクターにいきなり女性の全裸が映し出され「お~!」と歓声が上が

った。

その女性は沙羅と美香それに由紀で、会社側にとっては目の上のたんこぶの組合3役が素っ裸に

なっている。

「社長、凄いですね。これならパートもうまくいきますよ」田上は「勿論だ。しかし、相手の立

場を考えてやらんとな」何か考えがあった。

「とにかく、最後までみてくれ」田上の言葉で食い入るように眺めている重役達だ。

プロジェクターには沙羅が犯されるシーンが映し出された。

「ほー、気持ちよさそうに。私もやってみたいね」

「もう、少しで相手をさせますよ」人事担当の諸星が自信ありげに言う。

「考えでもあるのか?」

「それは社長がご存じでしょう」諸星は田上を見やると「わ、ははは!」田上が笑う。

「社長、説明して下さい」他の重役が詰め寄っていく。

「このビデオを3人に見せたらどんな顔になるかな。しかも、大勢の前で」

「なるほど!」(生であいつら3人の裸が見れるのか)重役達の目尻が下がっていた。

「諸星君、手はず通り進めてくれよ」

「はい、社長。今週に労使交渉を再開しましょう」田上がさらに言う。

「相手の立場も考えて20%にしよう。それに10%のボーナスアップだ」

「それでは我々の敗北です」他の重役が言うと「最初はそれでいい。裸にしてしまえばこっちの

いいなりだ。それで徐々に比率をあげていく」田上の言葉で会社側の方針が決まった。

しかし、沙羅達は会社側の策略にまだ気づいていない。

 

6 再開された労使交渉 

 

 沙羅達が辱めを受けてから2週間がたち、会社からの労使交渉の依頼が乗務員組合にあった。

今回は3役と会社のトップだけの交渉だという。

「また、パートの話ね」組合側も討議が行われ「このままではボーナス闘争に入れない!」組合

側は執行部の決定として交渉に応じることに決まった。

沙羅達は交渉の日に新日本エアシステムの本社ビルの会議室に入った。

会議室の中には会社者側の3人がイスに座っている。

(いよいよ、生で裸が見れる!)顔が殺気がかっており(変だわ。重苦しい)3人はいつもと違

う雰囲気に気づいた。

会社側は社長、それに副社長二人の3人で「それでは始めよう」社長が先陣を切った。

「今度、パートのスチュワーデスを採用したいが賛成してくれるね」

「それは、前回に断ったはずですが!」

「採用の人員を20%にする。それではどうかな」沙羅達は顔を見合わせた。

(それくらいなら認めるしかないわ)3人は頷いている。

(でも、ボーナスの事もあるし、もう一息よ)

(分かったわ。もう少し粘るわ)「組合としては飲めません。10%なら認めます」

「20%だといったろう!」副社長が怒鳴った。

「10%です。これ以上認めません!」沙羅が言い放つと待ってましたとばかりに田上が「ここ

で、休憩しよう」と言う。

「ええ、休憩にしましょう」会議室のドアが開いてコーヒが運ばれてきた。

それと同時に会社側の重役も一緒に入ってきた。

 

 「3役だけのはずでは?」コーヒーを飲みながら沙羅が言う。

「もうすぐ、交渉成立だから入れたんだ」

「まだ賛成していません」「まだ、決めてません!」美香と由紀も怒鳴った。

「まあまあ、怒らないで。とにかく、これを見て欲しい!」諸星が用意しておいたビデオのスイ

ッチを入れた。

それと同時にビデオが再生され大型プロジェクターにいきなり女性の三人が写しだされた。

その女性は3人とも全裸で乳房が豊かで恥丘は絨毛が生えておらず、少女のようにパックリと割

れた淫裂が映っており、淫裂からは肉襞が飛び出している。

そしてテロップが流れると「淫乱スチュワーデス3人衆」と書かれてあった。

「や、やめて下さい。セクハラです!」声を震わせて沙羅が言うと「まあ、もっと見ようよ」ニ

コニコしながら田上が言う。

そして再生が進んでいくと「いやー。やめて!」思わず沙羅が泣き叫んだ。

プロジェクターには両手を押さえられて衣服を剥ぎ取られて行く沙羅が映っていたからだ。

「お願いです。もう、止めて下さい…」沙羅は頭を左右に振って泣いている。

「せっかくだからもう少し見ましょう」田上は笑顔で言うと(速く裸を見せろ!)重役達がギラ

ギラした目で沙羅を見ている。

その間にもビデオの再生が進み、沙羅が全裸になって絨毛を自分から剃りだした。

淫裂が丸出しになり、その淫裂からは肉襞が飛び出ている。

「もう、許して下さい…」沙羅は両手をテーブルに着け泣いている。

 

 「おや、委員長が泣いたんじゃ仕方ありませんな。それではこっちにしましょう」諸星はビデ

オを切り替えた。

会議室のビデオはマルチシステムだからスイッチで切り替えられるようになっていた。

その為に簡単に、セットして置いたビデオが再生されていく。

切り替えられたビデオが再生されるなり「い、いやー!」今度は美香が泣き出した。

プロジェクターには全裸の美香が四つん這いになって後ろから肉竿を挿入されているシーンが映

し出されている。

さらに、肉竿を口の中にくわえていた。

「や、やめて下さい!」泣き出す美香だが背後からピストンされている。

そして、淫裂から白い液が垂れだし、口からも白い液が垂れていく。

「副委員長、この子は気持ちよさそうにオ○ンコしているね!」ニヤニヤしながら諸星が言うと

美香も我慢できず両手をテーブルに乗せて声をあげ泣きだした。

 

 「もう、やめて下さい!」書記の由紀が(今度は私の番だわ)全身を震わせ歯がガチガチと音

を立てている。

「まあ、まあ。じっくり話し合いましょう!」ビデオの切り替えスイッチを押す。

プロジェクターに全裸の女性の淫裂に肉竿が入り込んでピストンされている。

そして、淫裂から白い液が流れ出すが、別な男に肉竿が入れられ、乳房を揉まれながらピストン

されている。

「もう、許して下さい!」由紀は自分が犯されるシーンを見れず、テーブルに両手を乗せて泣い

ている。

「おや、これじゃあ、鑑賞会になりませんな!」重役達が笑顔になっている。

「もう、やめて下さい。帰らせて下さい!」沙羅はどうにかそれだけ言えた。

「いや、これから交渉ですよ」

「パートの20%採用は認めるんだね」

沙羅達は泣き顔のまま「組合に計らないと決定できません…」

「だったら、ぜひ討議してくれ」田上は笑っており組合3役は黙ったまま何も言わない。

「でも、それではあんた達の立場がないだろう。10%ボーナスアップでどうかね。これが会社

側の誠意だ」

「わかりました。組合に計ります」項垂れている3人だ。

「よかった。交渉がまとまりそうだ」安心した田上達重役が笑顔になっている。

(さて、いよいよ、始めるか!)田上が諸星に合図をする。

(いよいよ、裸にさせるんだな)それは他の重役にもわかった。

羅達は俯いたまま立ち上がってドアに向かって歩いていくと「ちょっとまってくれ、まだ話があ

る」会議室から出ようとする沙羅達を田上が引き留めた。

 

7 ストリップ 

 

「まだ何かあるのですか?」脅えながら沙羅が尋ねると「ぜひ、聞きたい。ビデオの女性はあな

た達かね?」

(言えない。絶対に!)突然の事で無言だった。

沙羅達が答えられないのは当然で、誰だって恥ずかしい姿を撮られて「これは私です」なんて言

えない。

「まあ、君たちを脅迫するつもりはないが、ここで裸になって確認させてくれないか」

「社長は、もしこれが君たちならビデオを差し押さえたいとおっしゃてるんだ」諸星が付け加え

る。

「裸になってこれは自分だと証明したくないならビデオの差し押さえはしない。裏に流される」

田上は張り上げるように言う。

「こんなに大勢の前でヌードになるのですか?」泣きながら沙羅が尋ねると「ああ、ここでだ。

皆口が堅いから安心してくれ!」田上が言う。

(どうしよう。ヌードになるしかないわ)

(ビデオを売られたらダビングされるに決まってる)3人は顔をみやって暫く考えているが(早

くオッパイとオ○ンコを見せるんだ!)重役達の目が輝いている。

「わかりました。ヌードになります」決意した沙羅は制服のボタンを外しだすと美香と由紀も同

様に上着のボタンを外しだした。

ボタンが外されると胸が開いてネクタイとブラウスが露になっていく。

(見られている…。やっぱり恥ずかしい…)上着をテーブルに置いてネクタイも外した。

ブラウスからは白いブラジャーが透けて見えている。

そして、ブラウスのボタンを外していくと前が開いてハーフカップのブラジャーが覗く。

(ほう、思ったよりもでかい乳だな)重役の目尻が下がっている。

3人はブラウスも脱ぐとブラジャーからは豊満な乳房が半分飛び出している。

(いやらしい目でオッパイを見ている…)沙羅は重役の視線が乳房に集中していくのがわかった。

それは美香も由紀も感じている。

ブラウスを脱ぎ終わるとスカートのホックに両手をやった。

(恥ずかしい…)それでもファスナーを下げるとスカートは足元に一気に落ちていく。

「ほうー、若い子はいいな。羨ましい。抱いてみたいな」沙羅達はパンティ姿になっている。

3人はパンストを履いてなく太股までの黒いストッキングをガーターベルトで吊っている。

(見ないで、はずかしい…)3人は恥ずかしさで体が震えていた。

「ストッキングはそのままでいいから、パンティを脱ぎなさい!」田上が指示を出す。

(ツルツルのオ○ンコが見れるぞ!)重役達の目がパンティの股間の部分に集中している。

「分かりました…」3人はストッキングを止めているボタンを外してパンティを下げつと淫裂を

覆う布地が裏返しになって恥丘を露にしていく。

(み、ヘアのない性器を見られてしまう…)目を閉じて両手を膝まで下げた。

「ほう、綺麗に割れてますね。それにピンク色はいいね」

「飛び出た襞が何ともいえないな」重役達は沙羅達の無毛の股間を批評していく。

(そんな事言わないで下さい。死ぬほど恥ずかしいのに…)両足を抜いてパンティも脱いだ。

「ストッキングを直しなさい!」3人はボタンで止めていく。

「だめだ。隠さないんだ。見せなさい」

「それにオッパイも出さないと!」目を輝かせながら言う。

3人は股間を隠している両手を退けて淫裂を露にした。

「ほー!」歓声が上がるが、恥ずかしさを我慢して両手で背中のホックを外した。

繋ぎ目が外されたブラジャーはカップが緩んで乳房が飛び出す。

「でかいオッパイだぞ!」再び歓声が上がるが、我慢してブラジャーを脱いで全裸になった。

屈辱で3人は涙を流している。

「両手を後ろにやって!」田上に言われた通りに両手を後ろにまわすと、乳房と淫裂が丸見えに

なっている。

「両足を開いてオ○ンコの中までみせてくれよ」

「お願いです。ここまでで許して下さい!」由紀が泣きながら言うと「ビデオではもっと見せた

じゃないか。テーブルの上で見せてくれよ」田上が勝ち誇ったように言う。

「わ、わかりました」泣きながらもテーブルの上に乗って一列に並んで腰を落とした。

そして(恥ずかしい…。見ないで下さい…)両足を広げていく。

「これがオ○ンコか、綺麗なオ○ンコだな。どれ、触ってみるか!」田上は沙羅のパックリと割

れた淫裂を指で撫でながら膣の中に入れていく。

「どうだ、感じるかい?」

「い、言えません!」沙羅の目からは大粒の涙が流れ出していく。

それは同じ事をされている美香と由紀もだった。

田上は「いいだろ、入れさせてくれよ」「い、いや、絶対にいやです!」しかし、田上はズボン

を脱いでいく。

沙羅は拒もうとするが重役達に両足を開脚したままの姿で押さえられてしまった。

「いや~!」「やめて~!」それは美香と由紀の悲鳴だった。

沙羅同様に数人に恥ずかしい姿のまま押さえつけられている。

「入れるよ!」田上の勃起した肉竿が沙羅の淫裂に入っていく。

(犯された…。大勢の前で…)沙羅の涙が止まらない。

田上は沙羅の腰を押さえてピストンを始めたが「う、うううー」嗚咽をあげながら堪えている。

それは美香と由紀も同じで「う、う、う、」嗚咽をあげている。

2人も腰を押さえられて肉竿を挿入されていた。

 

 「お願いです。もう、許して下さい…」沙羅が泣きながら田上に許しを願っている。

それは「闘う女委員長」の姿が消え失せて、あまりにも哀れな女性でほかならない。

美香と由紀も沙羅と同じく哀れな女になっている。

「どうだ、いい気持ちだろう」田上が言うと「もう、許して下さい。お願いします」頬まで涙が

流れている。

「社長、今日はこれで終わりにしてはいかがでしょう?」諸星には考えがあった。

「仕方ないな。今回はこれまでだ」ホットした沙羅達だが「今後は労使の懇談会を週一回開くが

いいな」思わぬ提案が田上から出された。

「それはいいですね。人事担当としては賛成です」諸星も賛成していく。

「決まりだな。懇談会は全員、素っ裸になって労使が契り合おう。委員長賛成してくれるね」田

上が言うのには「毎週、オ○ンコさせろ」と意味する。

乳房と淫裂を晒した3人は全身を震わせえて「卑怯です。こんな形でセックスするなんて!」沙

羅達組合3役が抗議した。

「交渉には卑怯もくそもないよ。策略が決めてなんだ。これからはオ○ンコの相手を楽しみにし

てるよ」諸星も沙羅の乳房を掴んだ。

「お願いです。もう、許して下さい。これ以上恥ずかしい思いをさせないで下さい…」乳房を揉

まれながら沙羅が言うと「あのビデオは三千万もしたんだ。それなりに払って貰わないと」諸星

は沙羅から美香、由紀と乳房を揉んでいく。

さらに「これはピルだ。これからはこれを毎日飲むんだぞ。妊娠したくないだろうし」渡す。

「それでは次回の交渉と言うことで!」会社側の重役達は脱いだズボンを履いていく。

沙羅達もテーブルから降りて脱ぎ捨てた下着を履いていくが、涙が止まらなかった。

 

 「これは会社側としての命令だが君たち3人は国内業務から外れて貰うことになった」

「それはどう言うことですか?」沙羅がスカートを履きながら聞き返すと「今度からチャーター

便専用のスチュワーデスを担当して貰う。これに社運を賭けるんだ!」田上が強調する。

「それから、これが君たちの制服だ!」副社長が3個の紙袋を1人1人に渡していく。

「こ、こんなの恥ずかしくて着れません!」中を覗いた由紀がいい放すが無理もなかった。

ブラウスは襟こそあるが胸の部分から下が切り取られていて乳房が飛び出すようになっている。

乳房だけでなく、スカートも超ミニでチャイナドレスと同じく両脇にスリットが入っていた。

「これは機内での制服だ。イヤとはいえないよね。乗務以外はいつもの制服でよろしい」田上が

言うと「下着は許されない。ロングのストッキングだけ履くんだぞ」諸星も付け加えた。

「そ、それじゃあ、見えちゃいます。アソコとオッパイが…」沙羅が抗議すると「いいじゃない

か。こんなビデオが販売されるよりもいいだろう」重役達がニヤニヤしている。

「ヘアも剃ってオ○ンコを見せるんだ。でも、オ○ンコの上側は剃らなくてもいいぞ。短くする

だけでいい」諸星が付け加えた。

沙羅達組合3役は泣きながら承知するしかなく、顔から「女性闘士」の面影が消え失せている。

  

8 ヌードのスチュワーデス

  

 翌日、沙羅達は早速代議委員会を開催して組合執行部役員の前で会社側の提案を説明している。

「委員長は賛成なんですか。まず、判断をお聞かせ下さい」執行委員が詰め寄ると「私としては

これ以上の抵抗は無理だと思います。20%だけと言ってるし、それにボーナスも今回は10%

アップすると言ってるし」

「そうですね、潮時ですね。合意の協定を結びましょう」執行委員も会社側の提案を承認した。

「それでは次回の交渉で、協定を結びます」沙羅が宣言して、組合の代議委員会が終わった。

執行部役員は組合室から出て沙羅達3人が残っている。

「沙羅さん、私恥ずかしい。ヌードで勤務するなんて…」

「でも、ビデオが売られたら困るわ。実名と住所まで入っているのよ」

「そうよね、機内だけだから我慢するしかないわね」沙羅は室内の照明を消していく。

「そうよね。機内だけだもんね」美香と由紀も自分に言い聞かせるようにして納得していく。

照明の消された暗くなった室内から3人が出て行った。

そして、労使の交渉が開催された。

3人の女性は一糸まとわぬ全裸になっており、恥ずかしさで乳首が堅く勃起している。

また、恥丘には数ミリほどの絨毛が生えているが淫裂周辺は綺麗に剃られてピンクの肉襞が飛び

出している。

裸は女性だけでなかった。

会社側の重役も全裸になっていて、全員の肉竿が勃起している。

「それでは結果から聞こうか」田上が焦る気持ちを抑えて言う。

沙羅が両手で乳房を隠しながら「組合は会社側提案を受け入れます」と俯いて答える。

「そうか、妥結だな。それでは労使結合の儀式だ」男性がイスから立ち上がっていく。

全員の肉竿が爆発寸前まで堅く勃起していた。

「今日は女性が主役になって貰うよ」重役達は絨毯の上に仰向けに寝ていく。

「こ、これは許して下さい。せめて普通ので!」沙羅は騎上位ではしたくなかった。

「ダメだ。これでやるんだ!」仕方なく沙羅達は勃起している肉竿を掴んで淫裂に押しつける。

「うー!」顔をしかめながら腰を沈め肉竿を淫裂深くに迎え入れる。

「いいぞ、気持ちいいぞ!」乳房を揉まれながら腰を動かしていく。

(痛くはないけど何も感じない…)腰を動かしながらも乳房を揉まれていく。

「いいぞ、これが沙羅のオ○ンコか!」乳房を揉みながら爆発してしまった。

「イヤー、中はイヤ~!」淫裂から白い液が流れ出た。

「ピルを飲んでいるだろう」いくらピルを飲んでいるからと言っても膣の中に出されれるのは女

性にとって屈辱だった。

「でも、いやなんです…」沙羅が泣き顔で言う。

美香と由紀も膣の中に射精されて白い液が淫裂から流れ出ている。

 

 沙羅達は次々と相手を変えて淫裂に肉竿を迎えて射精された精液がこぼれている。

30分程過ぎると重役全員に膣の中に射精をされた。

射精を終えた重役は次々と衣服を着込んでいく。

「さっそくだが、明日19時の成田からのチャーター便に乗って貰うよ。勿論、僕たちも乗る

からね」田上が言う。

「そ、そんな!」下着を着けている沙羅達は顔が青ざめていく。

「もし、拒んだら差し押さえたビデオを売却するよ。結果は分かるね」これは脅しで、黙ったま

まに首を縦に振るしかない。

翌日の18時に沙羅達は成田発サンフランシスコ行きのチャーター機に乗り組んでいた。

「新日本エアライン、サンフランシスコ行き115便のの搭乗を始めます」空港にアナウンスが

響いていく。

「いよいよだね」呟く沙羅に「ええ、いよいよね」美香、由紀も呟いている。

沙羅達は胸の上側までのブラウスを着込み、首にスカーフを巻き付けている。

さらに股間ギリギリのスカートだ。

勿論、三人はブラジャーをしてないので乳房が飛び出し、乳首が勃起している。

乗客は次々とタラップから機内に乗り込んでくる。

「ほう、これが新らしいサービスか!」乗客は3人の乳房を揺らしている姿を眺めている。

(恥ずかしいわ…)笑顔で挨拶していく。

  

 そんな中、乗客に混じってパイロットの片桐と整備士の相原が乗り込んできた。

「これは凄いな。オッパイを平気で見せるなんて。噂の通りの露出狂だったんだ」片桐は沙羅の

乳房を揉んだ。

「こ、これには訳があるんです」

「社長から聞いているよ。どうしてもヌードで搭乗させてと三人がせがんだそうじゃないか」相

原も言う。

沙羅と美香はもう何も言えなくなり(ひ、ひどいわ。片桐さ…ん)俯いたままだ。

片桐と相原は美香と由紀の乳房を揉むが2人は拒めなかった。

伊房を揉んだ片桐と相原達はコックビットに入り、沙羅達も最後の乗客を迎えいれた。

無事搭乗を終えたチャーター機は19時に滑走路に出て走り出す。

エンジンが全開になり、スピードも一気に速まり、115便は浮き上がって上昇をしていく。

115便は薄暗い夜空に吸い込まれて両翼に赤と青のライトを点灯させてなおも上昇していく。

離陸してから10分後に水平飛行に入った。

ベルトを外してOKのサインが点灯し、それと同時に「本日は新日本エアラインの記念すべきチ

ャーター機をご利用いただきありがとうございます」機内放送が始まった。

「ほら、行くのよ!」軽蔑するような目で管理職のスチュワーデスが3人を後ろから押した。

「行くしかないのね」3人は別れて機内の乗客が待つドアへと向かう。

「失礼します!」沙羅が震えながらドアを開けると「オッパイだ!」乗客は待ってましたと歓

声を上げて迎え入れる。

3人は乳房を揺らせながら機内サービスを始めたが、体を屈めると短いスカートからお尻が飛び

出してしまう。

乗客はそれに気づいて楽しんで見ている。

(見られれているわ。性器を…)恥ずかしさで顔が赤くなっていく。

中には「オ○ンコ丸見えだぞ」とからかう乗客もいるが(お願いだから性器だけは見ないで…)

と笑顔で応えた。

「新日本エアラインではチャーター機のサービスとしまして3名のスチュワーデスがヌードで相

手します。オッパイのお触りも構いません。ご搭乗の皆様、どうぞ、スチュワーデスのオッパイ

でお楽しみ下さい」機内放送が流された。

(聞いてないわ、そんな事!)沙羅は顔が強ばらせたが「どれどれ!」乗客に乳房を掴まれてし

まった。

「ら、乱暴はしないで下さい!」乗客は先を争って乳房を揉み出した。

「い、痛い。順番にお願いします!」諦めて3人は乳房を乗客に触らせている。

だが、中にはスカートを捲る輩もいた。

「だ、だめ。そこはだめ!」沙羅はしっかりと両手で股間だけは隠しているが、代わる代わる乗

客に乳房を辱められた。

それは沙羅だけではなく、美香や由紀も同じだった。

一通り、機内を回って乗務員室に戻った3人は泣き出した。

そこへ管理職のスチュワーデスが戻ってきて「ヌードで搭乗したかったんでしょう。願いが叶っ

てさぞ楽しかったでしょうね」と見下している。

しかし、沙羅達は『脅されてヌードになったのよ。』とは言えなかった。

一方、「社長、成功のようですね」諸星が田上に話し掛けた。

「ああ、これならうまく行きそうだ。それに会員制だから秘密も守れるしな」微笑む田上と諸星

だ。

「それに、裸になるスチュワーデスをもっと増やしたいな」

「そうですね、執行委員を1人残らずヌードにしましょう」そんな会話が交わされている。

 

エピローグ

 

 数ヶ月後は週2便新日本エアラインのチャーター機が日本とサンフランシスコを往復している

成田をいつも19時発の夜間飛行で沙羅達はもうヌードになれて恥ずかしさが消えている。

体に身に付けているのは太股までの黒いストッキングと帽子、それに首に巻いたスカーフだけで

乳房と淫裂を乗客に晒している。

飛行機が水平飛行に入ると沙羅は乗客のいる機内を回って「オッパイをどうぞ」男性客に自分か

ら乳房を差し出して揉まれながらも「オ○ンコも触っていいですよ」と自分から言い出している。

「いつも剃っているのかい?」

「はい、お客様にオ○ンコが見えるようにしてます」淫裂に指を入れられながらも笑顔で乗客に

応えている。

そして、チャーター機の指揮も管理職にかわって沙羅が行うようになっている。

そんな中に恥ずかしそうに顔を赤らめているスチュワーデスがいた。

「オッパイをどうぞ!」乳房を揉まれて体がガクガク震えている。

「初めてかい?」乗客に乳房を揉まれながら「はい、初めてです。オ○ンコもいいですよ」顔が

真っ赤になっている。

「それじゃ、初めてのオ○ンコを弄るか!」絨毛の生えてない淫裂に指が入っていく。

「気持ちいいです」わざとらしくスチュワーデスが言う。

それは一人だけではなかった。

数人のスチュワーデスが全裸で恥ずかしそうに真っ赤な顔で機内を回っている。

「オッパイとオ○ンコをどうぞ!」真っ赤な顔で言い、乳房と淫裂を弄られて恥ずかしそうに俯

いている。

初めて人前でヌードになったスチュワーデスは組合の執行委員で、スチュワーデスのすべてが乗

務員組合の役員だった。

その後も乗務員組合役員は全員が乳房と剃毛した淫裂を晒しながら115便の夜間飛行に搭乗し

ていた。

 

ー 完 ー

 

Home】 【Menu