「淫らなスッチー」

                     赤星直也:作
おことわり


  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断
  転用もかたくお断りします。違反した場合「
著作権法」によって「刑事罰
  と「
民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

登場人物


  中里智恵:関東航空スチュワーデス    佐藤真一:石田金融社員
  〃 悠也: 〃  整備士        鳩山芳和:鳩山グループ、会長
  秋山理恵:関東航空スチュワーデス    〃 育代:芳和の妻
  〃 幸正:無職、理恵の夫

第1話 罠のアルバイト

 「ただいま。あなた、今帰りました!」スチュワーデスの制服を来た女性が、玄関
のドアを開けて入ってきた。
「お帰り。ご苦労さん」男性が、玄関に現れて「悠也、キスして!」2人は狭い空間
で抱き合い、お互いの口を重ねていく。

 2人は、3年前に結婚していて、夫の名は中里悠也といい、関東航空の整備士をし
ており、妻は中里智恵といって、夫と同じ会社のスチュワーデスをしていた。
「あら、また催促が入っている!」郵便を調べた智恵が言う。

 「この前、説明したのに…」顔を曇らせる2人は、最近になって、このマンション
を買ったばかりだ。
 それは、智恵のライバルである、理恵がマンションを買ったからだ。

 「あなた。理恵がマンション買ったんだって。負けるわけにはいかないわ。私達も
買おうよ!」智恵は、悠也に無理矢理、頼んで購入した。
しかし、2人の資金は少なく、ローンで購入したが、2人の給料では返済額が多くて、
返済も滞ることもあり、その返済の催促が来たのだ。

 「明日にでも、行ってみるわ」
「いいよ。僕が行くよ!」悠也が智恵を制し「分かった。あなたに、まかせる」智恵
は裕也に任せた。

 翌日は日曜日だが、智恵はフライトが入っていたので、マンションから羽田へと向
かうが、悠也は、まだベッドの中にいた。
「どんな、言い訳をしようかな…」ローンの言い訳を考えているが、いい考えなど、
思い付かない。

 思い付かないまま、昼近くに金融会社を訪ねたが、担当者と会うなり「あんた、返
す気あるの?」と叱責される。
「当然、あります。でも、今は生活が大変で、余裕がないんです…」それでも、言い
訳する悠也だ。

「あんたね、苦しかったら、アルバイトでもしたら?」
「アルバイトですか…」
「そうだよ。あんたの奥さん、スチュワーデスだったよね。2人でしてみないか?」
悠也は暫く考えた。

 「で、どんなアルバイトですか?」
「ショーだよ。夫婦の絡みを見せるんだ!」
「できる訳、ないでしょう。そんな事!」大きな声を上げる悠也だが「そんな事、言
う資格あるのかい。だったら、すぐに金を返せよ!」胸ぐらを掴まれた。

 「つ、妻が言うことを聞かないよ。無理だ!」脅された悠也は言葉が震えている。
「そうか、無理か。だったら、奥さんを貸してくれ!」
「そんな。妻を貸すだなんて…」後は声にならない。

 「1日だけ、素っ裸になってもらだけだ。オ○ンコだけは、やらないと約束する」
そう言われたが、悠也は黙ったままだ。
「奥さんを貸してくれるなら、借金から50万分棒引きしてやるよ」50万の棒引き
と言われ、悠也は断る勇気が消え失せた。

 悠也は、その場では結論が出せず、マンションに戻ってきたが「どうしよう…?」
1人で悩んでいた。
「ローンが減るんだったら、我慢するしかないか…。でも、智恵が辱められるのを、
見たくはないし…」悩む悠也だが、決断を下せないまま、智恵の帰ってくる時間が迫
ってきた。

 「そうだ。夕食を作らないと!」急いで台所で料理を始める悠也だ。
夕食ができあがると、智恵が帰ってきた。
悠也は、昼間の事は言わず、黙ったままだが「私、休みなの」智恵が言いだす。
「なんだ。僕は仕事なのに…」しかし(よかった。智恵の辱めを見なくて済むし…)
妻の辱めを受ける姿を、見なくてすむので安堵している。

 その夜、2人はベッドの上で激しく、燃え上がっていた。
「いいわ、あなた。凄くいいわ!」淫裂深く、肉竿がピストンしている。
「今日は休養充分だから、たっぷり出すからね」
「いいわよ。しっかり受け止める…」乳房を揉みながら抱き合う2人だ。

 翌朝「行って来るよ」「気をつけてね」悠也は妻の智恵を残して、仕事に向かう。
一方「今日は、ゆっくり休もう…」智恵はリビングでくつろいでいると、9時近くに
「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「はーい!」返事をしながら、ドアに掛けより「どちら様ですか?」尋ねる。

 「石田金融です…」その言葉に(ローンの返済だ…)顔を歪め、ドアを開けると2
人の男性が立っている。
「お話が、ありまして…」
「わかりました。ここではなんですから、奥で…」智恵は2人は中に入れ、リビング
に案内した。

 「粗茶ですが…」智恵はお茶をだした。
「早速ですが、返済が滞ってまして…」
「もう暫く、待って貰えないでしょうか?」
「こちらも商売ですからね。それより、どうです、奥さんがアルバイトしては?」

 「でも、勤まるかしら?」
「我が社の、パンフレットのモデルになって貰えれば、50万棒引きしますが…」
「確か、奥さんはスチュワーデスでしたよね。制服を着ての、撮影になりますが…」

 「やらせて下さい。そのアルバイトを!」50万棒引きと聞いて、目が輝いた。
「今すぐなら、間に合うでしょう。急いで着替えられますか?」
「はい、すぐに着替えます!」

 智恵は寝室のドアを締めて、制服に着替えていく。
「50万、棒引きされるならモデル位、平気よ!」機嫌よく制服を着込んでいる。
制服を着込むと、軽く化粧もしてリビングに戻ってきた。

 「お待たせしました」
「いいね。本職のモデルはいいよ」
「そんなこと、言わないで下さい」お世辞に照れる智恵だ。

 「早速、スタジオに行きましょう。連絡しておきましたから!」
「はい、わかりました」3人はマンションから、スタジオに向かい、ビルの中に入っ
ていく。

 「ここが、スタジオなんですよ!」
「えっ。ここが、ですか?」怪訝な顔の智恵を連れていくが、そこは劇場で、智恵を
辱める為の場所だ。
そんな事とは知らず、智恵は中に入って行く。

 「ここって、楽屋じゃないですか?」
「そうです、楽屋です。それに、モデルはモデルですが、裸を見せるモデルです」
「いや。そんな事、聞いてないわ。帰して!」
「そうはいかないな。たっぷりと、ヌード姿を見せて貰わないと…」2人が智恵を抑
えた。

 「いや。いや~!」叫ぶ智恵だが、2人に抱えられて舞台へと連れて行かれた。
劇場は、平日だというのに客席の半分が埋まっている。
「いや、いやー!」叫び声が、その客席にも響いて「おい、何が始まるんだ?」怪訝
な顔をしながら、舞台を見つめている。

第2話 全裸の智恵

 舞台に上がると「お願い、やめて下さい!」嫌がる智恵は、背後から腕を羽交い締
めにされ、自由が全く効かない。
「ほう。大きいオッパイだぞ!」制服の上から胸を撫でられた。

 「いや、触らないで!」足をバタバタして抵抗するが、2人掛かりではどうするこ
ともできない。
「おい。俺も見たいから、早く裸にしちゃえよ!」
「慌てるな。今やるから!」上着のボタンが外され、真っ白なブラウスが見えてきた。

 「いや。こんなのは、許されないわよ!」
「それはどうかな。後でわかるよ」ボタンが全て外され「いや、いやー!」上着が脱
がされていく。

 「もう、やめて。誰にも言わないから、やめて!」
「そうは、いかないよ。ここで、素っ裸になって貰わないとね」ブラウスのボタンが
外され、上から順に、胸元が開いていく。

 「思った通りに、大きなオッパイだな!」白いレースのブラジャーが、乳房を優し
く包んでいる。
男は、両手でブラジャーの上から撫でだし「触らないで!」声を上げる智恵だ。

 「触られるのはイヤか。だったら、見させて貰うよ」乳房を揉んでいた手が、背中
に回った。
「いやー!」悲鳴を上げるが、ホックが外され、狭いカップから飛び出した乳房が揺
れている。
それには、観客も「お~!」豊満な乳房に歓声を上げていく。

 「いやよ。やめて!」叫ぶ智恵だが、どうする事も出来ず豊満な乳房が掴まれ(あ
なた。許して!)目を閉じた。
だが、容赦なく、もうう片方の乳房も掴まれ、揉まれていく。
「いいね。人妻は、この恥じらいがいいんだよな…」満足そうに揉んでいる。

 その後、乳房を揉まれながら、乳首を吸われ「あ、あっ、あー!」女性の急所を吸
われ、喘ぎ声を上げた。
(気持いいわ。こんな事されても、気持いいの。許して…)顔を背けている。

 しかし、これだけで済むわけがなく、スカートのホックが外された。
(まさか、性器を?)智恵は、必死にスカートを押さえようとしている。
「いや、それだけはいや。許して!」叫ぶ智恵だが、乳房を強く握られ「う、う~!」
息が詰まり、動きが止まった。

 (苦しいわ。オッパイが苦しい…)その、一瞬の隙間をぬって、スカートが一気に
下げられ、ブラジャーと同じく、レースの縁取りの真っ白なパンティが現れた。
「やめて。お願いよ!」叫ぶが後の祭りで、智恵が身に着けているのはパンティだけ
になった。

 そのパンティだが、股間を覆う部分からは、黒い絨毛が透けている。
(性器だけは、絶対に見せる訳にはいかない…)不自由な姿勢で、薄い生地のパンテ
ィを押さえようと手を伸ばしていく。

 だが、男はそれを剥ぎ取ろうとして、両脇のゴムを掴み引き下げた。
「いや。やめて~」智恵の叫び声がむなしく劇場に響いて行き、観客も迫力あるシー
ンに、黙って食い入るように見ている。

 小さな布が、膝まで下げられ股間の絨毛が露わにされた。
「見えた。オ○ンコが見えた!」
「濃いぞ。ヘアがビッシリだ!」智恵の股間が観客に晒されている。
「いや~。見ないで~!」不自由な手で隠そうとするが、手が届かず淫裂が露わにな
っている。

 「奥さん。素っ裸になっの感想は?」腕に絡まったブラジャーから、飛び出した乳
房が掴まれた。
「いやよ。触らないで!」泣き声で智恵は叫んだ。

 すると「素っ裸になった感想はどうかと、聞いているんだよ!」掴まれた乳房が強
く握られ、指が膨らみに食い込み「う~!」と呻き声を上げた。
「感想はどうかと、聞いてるんだ!」更に、指が食い込んだ。
それには顔を歪めて「恥ずかしくて、耐えられません…」やっと言えた。

 「そうか、恥ずかしいか。もっと、恥ずかしいことをするから、我慢してくれ!」
閉じた足が掴まれた。
(いやよ。ここだけは見られたくない…)必死に足に力を入れて、踏ん張った。

 だが、智恵が必死に踏ん張っても、力で男にかなうわけがなく、あっけなく足が開
かされ、観客に淫裂が晒されている。
「ヘアが大目で、オ○ンコがよく見えないぞ!」
「そうだよ。マン毛が邪魔だ!」観客達が騒ぎ出した。

 (勝手な事言わないで。私は騙されて、裸にされたのよ!)智恵は泣きながら「助
けて下さい。もう許して!」と詫びている。
「そうは行かないな。ほら、これも脱ぐんだ!」腕に絡まったブラジャーも剥ぎ取ら
れ、一糸まとわぬ全裸にされて「いや、いやー!」両手を押さえられ、乳房と淫裂を
見られて、泣き出す智恵だ。

 「客が、オ○ンコをもっと見たいそうだ。もっと見せないと…」智恵は、運ばれて
きたテーブルに足を垂らし、仰向けに寝かされた。
さらに、両足を開いたまま、テーブルの足に縛られ、閉じることができない。
(性器を見られてしまった…。悠也、許して…)閉じた目から、涙が流れていく。

 それには「お、オ○ンコだ。ほら、ピンク色のオ○ンコだ!」淫裂の中まで見え、
観客も歓声を上げている。
「どれ、オ○ンコをもっと見せてやるか…」指で智恵の淫裂が広げていく。
「いや、やめて。それだけは、やめて~!」叫ぶ智恵だが、肉襞が広げられて、膣穴
が見え、それに突起も見えている。

 「お願い。それ以上しないで!」恥ずかしさに、太股がブルブルと震えだした。
「だったら、オ○ンコさせろ!」男はズボンを下げだした。
「いや、いや。レイプしないで!」危険を感じて叫ぶと「なんだ、オ○ンコしたくな
いのか。だったら、口でやるか?」フェラを求める。

 「いや。そんなのできない!」
「いやなら本番だ。オ○ンコしような!」勃起した肉竿が、智恵の淫裂に押し当てら
れた。
(このままだと、レイプされてしまうわ。悔しいけど口でするしかない…)「く、口
でしますから、レイプしないで下さい!」恥ずかしさを、堪えて言った。

 「そうか、口でするのか。やるんだ!」仰向けの智恵の顔に、勃起した肉竿が差し
出された。
(これを、しゃぶるのね。悠也さんのより太いわ…)自由になった手で肉竿を掴み、
口へと導き、、肉竿を迎え入れて「ウグ、ウグ!」と、ゆっくり動かしていく

 それには男も「あ、あっ、あー!」気持ちよさそうに、声を上げだす。
「どうせなら、オッパイを揉ませろ!」両乳房を揉まれながら、智恵は肉竿を口で擦
っていく。

 それを見て「俺も、仲間に入れろ!」別な男も加わり、淫裂を指で触りだした。
(だめよ。そこはだめ!)夫以外の愛撫に、淫裂も興奮して(変な感じだわ。悠也、
これも借金の返済よ。許して下さい…)クリトリスを指で撫でられ、その愛撫に反応
して、淫裂はヌルヌルになっていく。

 (膣が、濡れていく…)膣から、淫汁が漏れ出るのを心配していると、口の中に不
快感が広がった。
(射精だわ。悠也も口の中にはしたことないのに、射精された…)涎のように白い液
体が、智恵の口から流れ出てきた。

第3話 モデル

 口の中に射精された智恵は、一気に飲み込んだ。
(臭い!)咽を通るとイヤな味がする。
すると、淫裂を撫でていた男が「オ○ンコはダメだが、ケツならいいだろう?」智恵
の肛門に、肉竿を押し当てる。

 「やめて。お尻なんていやよ。ヒー!」先端が入り、顔を歪め悲鳴をあげた。
「まだ、入り口だ。これくらいで、悲鳴をあげるな!」肉竿が、奥へ奥へと侵入して
きて「抜いて下さい。裂けそう…!」激痛が智恵を襲っている。
「我慢しろ。オ○ンコがだめなんだから、ケツでの相手だ!」肉竿が根本まで入って
しまった。

 「お客にも、見せような!」
「いや、いやー!」嫌がる智恵だが、縛られた両足が解かれ、駅弁スタイルで抱かれ
て、観客には、肛門に肉竿が入っているのが見える。
「すげえ。ケツでもオ○ンコが出きるのか?」客席から声が上がり「見ないで!」両
手で、男の首にしがみついたまま、叫ぶしかできない。

 そんな智恵に、男はわざと体を揺すって「やめて~。あ、あ、あ~!」肉竿が肛門
をピストンしていく。
(凄いわ。こんなの初めてだわ…)初めてのアナルセックスに、興奮している。

 その態度に「どうだ。気持いいだろう?」勝ち誇ったように、肉竿を動かしていく。
「こんなのイヤ。早く抜いて!」正直に言う訳には行かず「我慢しろ。もうすぐ出す
から」なおも動かし続けた。

 (お尻が裂けちゃう…)顔を歪めて堪えていると、腸内に暖かい液体が感じられた。
「イヤー。中はいやー!」悲鳴と共に、肛門から精液が流れ出した。
「ケツに出したぞ!」観客は、肛門から流れ出る精液に、興奮して声を上げている。

 こうして、智恵への辱めは、膣への挿入がないまま、終えた。
「訴えてやるわ、こんな事をして…」泣きながら、剥ぎ取られた下着を着けていく。
下着を着込むと、制服のスカートを履き、その後、ブラウス、上着と着込んでスチュ
ワーデス姿に戻った。

 「訴えるのは自由だが、ほら、受取証だ!」男は約束通りに、ローンの返済として
50万振り込まれた証明書を渡したが「こんなの、いらないわ。警察に訴えてやる」
怒りが収まらない智恵だ。

 「亭主にはどう説明する。オ○ンコを見られたんだぞ。しかも、大勢にな。今更、
生娘じゃあるまいし…」侮辱の言葉に泣き出す智恵だ。
「それより、ローンの残額が減った方が、亭主も喜ぶかもな」

 (そうかも知れない。悠也も喜ぶわ。でも、こんな酷い事されて許せないし…)迷
う智恵だが「お願い、この事は夫には言わないで。それなら、私も黙っている」
「そう、こなくちゃ!」笑顔になり、智恵のスカートを捲って、股間を撫でだした。

 「いや。もう、やめて下さい!」その手を押さえると「残念だな。オ○ンコしたか
ったのに。オ○ンコさせてくれたら、もう50万、割り引いてやってもいいぞ!」名
残惜しそうにスカートを戻した。
(セックスさせたら、50万も棒引きしてくれるんだ…)だが、智恵は聞こえないふ
りをした。

 智恵が制服の皺を伸ばしていると「今度は、本当のスタジオだ!」と言う。
「まだ、やるの?」
「そうだ。本物のモデルだ。ヌードだが…」

 「いや。ヌード写真はいやです!」泣き出す智恵に「安心しな。趣味で集めている
奴がいる。そいつに売る写真だから表には絶対に出ないし、裏にも流れる事はないか
ら安心しろ!」説明する。

 「信じて、いいの?」震えながら聞き返した。
「信じていいよ。ほら、破産したアイドルの大堀久美のヌードも売り込んで、喜ばれ
た。あれは、高く買ってもらえたな…」

 「お金を貰えるの。ヌードを撮らせたら?」
「そうだ。ただし7割だけで、3割は俺達がもらう。それならいいだろう?」
「で、どれくらいになるの?」
「写真の内容によって金額が違う。ハードなら100万以上だがヘア・チョロ出しだ
ったら30万くらいだな」
(ハードなら、70万ローンが割り引いて貰えるんだ…)考え巡らしていく智恵だ。

 智恵はスチュワーデスの制服を着込んだまま、男達と一緒にスタジオに向かった。
スタジオは、劇場から歩いて直ぐにあり「ここだ!」智恵も一緒に入っていくと「待
ってたよ。モデルはこの子かい?」カメラマンらしい男が、智恵を食い入るように見
つめるが、智恵は(そんなに、見ないでよ!)恥ずかしそうに顔を背けた。

 「早速、始めるから準備をしてくれ。制服はそのままだが、下着はこちらで準備す
るから、着替えてくれ!」その言葉に、スタッフが紙袋を運んできた。
(どんな、下着なのかしら?)中を覗いた智恵は「いやー!」叫んでしまった。

 紙袋の中には、うっすら黒みを帯びたストッキングとガーターベルトが入っている。
さらに、カップがくり抜かれたブラジャーも入っており「これを着るんですか?」震
える声で尋ねた。

 「そうだ。時間がないから、急いで着替えて!」カメラマンが言う。
「着替え室は、どこですか?」
「そんなの、あるわけないだろう。どうせ素っ裸になるんだから、ここで着替えろ!」
(いくら何でも、着替えだけは、見られたくないわよ!)「そんな…」怒りで震えて
いる。

そんな思いで「ここではいやです」拒んだ。

 「いいのか、逆らっても。カメラマンを怒らすと、ひどい目に遭うからな。ここは
おとなしく、着替えた方がいいぞ」一緒に来た男が声を掛けた。
「だって、見られてしまうのよ。恥ずかしい姿を…」俯いて小さな声で言う。
「我慢しろ。金が欲しいんだろう?」
(そうよ。お金が貰えるんだわ…)気分を新たにした。

第4話 着替え

 智恵は、震える指でスチュワーデスの上着のボタンを外しだし、そんな智恵をスタ
ッフやカメラマンが見守っている。
(見られているわ。脱いでいく姿を…)顔が真っ赤になっている。

 ボタンを外し終えると、上着を脱いでブラウスのボタンを外すが、指が震えてなか
なか外れない。
(素人は、これだからいいな。この恥じらいが、何ともいえないな…)カメラマンは
ニヤニヤしながら智恵を眺めている。

 智恵はやっとボタンを外し終え(脱ぐしかないのね…)ボタンの外れたブラウスの
胸元を掴み、広げるとブラジャーから、今にもこぼれでそうな乳房が見えてきた。
(でかいな。C以上だぞ!)皆が智恵の乳房を見ている。
(いやよ。そんなに、見ないで…)ブラウスを脱ぎ終えると、背中を向けた。

 「こら。尻を見せてどうする。カメラテストも兼ねているから、正面を向いて脱ぐ
んだ!」カメラマンが怒鳴った。
「そんなこと、言ったって…」今にも泣き出しそうな顔をして、両手を背中にまわし
た。

 (いよいよ、オッパイか。早く見せろよ!)普段ヌードに慣れたスタッフも、現役
のスチュワーデスには、いつもと違い興奮している。
(見られてしまう。オッパイを…)恥ずかしさを堪えて、背中のホックを外した。
「プチン!」それと同時に、狭いカップに納められていた乳房が、勢いよく飛び出し
ていく。

 「いい形だ。早く見せてくれ!」カメラマンも興奮しており(恥ずかしいわ。自分
から、人前で脱ぐなんて…)目を充血させながら、両手を下げ、ブラジャーを脱いで
乳房を露わにした。
すると「ほう!」歓声が上がった。

 「素人だが、いい形だ。プロよりいい形だ!」カメラマンは、智恵の乳房を掴んだ。
「イヤ、イヤです。触らないで下さい!」今まで堪えていた恥ずかしさが、一気に爆
発し、泣き出してしまった。

 「泣く奴があるか。オッパイをこうして、柔らかくしないとダメなんだ!」掴んだ
両手で、乳房を揉んでいく。
「そ、そんな…」乳房を揉まれながら、唖然としていると「ほら、乳首も堅くなった
し」今度は指で乳首を摘んで「あっ!」敏感な乳首を摘まれて、喘ぎ声を上げた。

 (悠也、許してね。これでローンが減るから、許して…)目を閉じカメラマンにさ
れるがままの智恵だ。
「オッパイもいいけど、素っ裸が先だよ」智恵を連れてきた、金融会社の男が言う。
「そうだな。今度はスカートを脱いでくれ!」その言葉に体の震えが強まっていく。

 (恥ずかしいわ。ヘアどころか、性器まで見られてしまうなんて…)智恵の目がさ
らに充血していく。
「ほら、急いで!」
「わかりました…」目を閉じて、腰のホックを両手で外して、ファスナーを下げた。

 (見られてしまう…。ヘアと性器が…)智恵が指の力を抜くと、音もなくスカート
が足元に落ち、白いパンティが現れた。
そのパンティを両手で掴み、一気に引き下げると同時に「おー!」歓声が上がった。
(ヘアを見られている!)太股もブルブルと震えだすが、なおも引き下げ、足を抜く
と(ヘアヌードに、なってしまった…)震える手でパンティを仕舞い込んだ。

 カメラマンは、暫く智恵の絨毛を見ていたが「多いな、ヘアが多すぎる。ここから
ここまで剃ってくれ!」指示すると、女性スタッフが進み出た。
(そんな、ヘアを剃るなんて…。悠也に、なんと言い訳したらいいのよ…)顔が強ば
っている。

 そんな、智恵の事などお構いなしに「危ないから、動かないで下さい」女性スタッ
フは、股間にスプレーを吹き付けた。
真っ黒な絨毛に、真っ白な泡が吹き付けられて、掌で塗られ、カミソリが押し当てら
れた。

 「ジョリ、ジョリ!」カミソリが絨毛を消していき(ヘアが、剃られてしまう…)
智恵は乳房を両手で押さえ、目を閉じている。
「ジョリ、ジョリ!」カミソリは、なおも動いて淫裂を剃りだした。
(そこを剃ったら、性器が丸見えよ。お願い、剃らないで!)しかし、カミソリは絨
毛の大半を消し去り、ピンクの割れ目が見えてきた。

 (人妻だが、まだ綺麗なオ○ンコだ。これは楽しみだぞ!)皆、そんな思いで眺め
ていると、智恵の股間が、綺麗に剃り上げられてしまった。
(恥ずかしいわ。こんな性器だなんて…)自分の股間を眺めて、嘆く智恵だ。

 「終わりました!」女性は剃り終えた股間を丁寧に拭いていく。
(恥ずかしかった…)全裸の智恵は、渡された紙袋の中から下着を取りだした。
(こんなの、着たくないわよ!)うっすら黒みを帯びたストッキングを履いていく。

 その後、ガーターベルトで留めて、ブラジャーもしていく。
カップの部分がくり抜かれて、豊満な乳房が飛び出し、大きい乳房がさらに大きく見
える。

 「いいね。その姿が。そのままでも、いけるぞ!」笑顔のカメラマンだ。
(いや。こんな姿は、イヤよ!)急いでスカートを履き、間を隠すとブラウスも着込
み、上着も着て元通りのスチュワーデス姿に戻った。

 「よし、撮影開始だ!」天井の照明が点けられ、スポットライトも点けられ智恵を
照らしている。
「いいぞ。そのポーズだ!」シャッターが押され「上着のボタンを外して!」言われ
た通りに、ポーズを作っていく。

 「はい、スカートを脱いで!」(性器を撮られてしまう…)顔をこわばらせながら、
ホックを外してファスナーを下げていく。
「ダメ。目を開けて、笑顔だ!」
(できないわ。性器を見られているのに、笑顔なんて…)スカートが足元に落ち、淫
裂を露にしながら、作り笑いをしている。

 「いいね、いいよ!」シャッターが押され、金属音が響いていく。
「はい、ブラウスと上着の胸元を開いて!」
(恥ずかしいわ。こんなオッパイを撮られるなんて…)目が真っ赤になっている。

 それでも言われた通りに胸を開くと、くり抜かれたブラジャーから乳房が飛び出し
ている。
「いいよ、凄くいい。少し横向いて!」このようにして、智恵は乳房と淫裂を晒して
いる姿を、次々とカメラに収められていった。

第5話 言い訳

 撮影は、なおも続けられた。
智恵はブラジャーも脱いで、ストッキングとガーターベルトだけの姿を撮影されてい
ると「はい。男優さん登場です!」(男優…。何をさせる気かしら?)不安に思いな
がら見上げると、全裸の男性がいた。

 「いや。セックスはイヤー!」叫び、逃げようとする智恵だが押さえつけられた。
「いや。セックスは、いやです!」抑えられても、智恵は暴れた。
「奥まで入れないから、我慢しろ!」
「いやー!」勃起した肉竿の先端が、智恵の淫裂に入った。

 (人前で、レイプされた…)涙を流す智恵だが、容赦なくカメラが結合部を撮って
いき(悠也、ご免なさい。好きでやっているんじゃないのよ…)夫に詫びる智恵だが、
乳房が掴まれ、揉まれている。

 「はい。今度は、四つん這いです!」
「いや、もう許して!」智恵の悲鳴がスタジオの中に響いて(素人は、これがいいん
だよな。この抵抗が、何とも言えないよ)カメラマンやスタッフも結合部や、揉まれ
ている乳房を見ている。

 (やりたい。俺も、この子とオ○ンコしたいな)スタッフの股間が膨らんでおり、
智恵は、そんな中で撮られている。
「いや。いやー!」泣きながら、いろいろなポーズをさせられいく。
騎乗位や駅弁も撮られ、最後にフェラもさせられた。

 だが(いやよ。これはいや!)首を振り、肉竿をなめようとはしない。
「フェラをしないなら、根本まで入れるぞ!」そう脅されては、仕方なく男優の肉竿
を掴み口に入れた。
「いいよ、凄くいい!」肉竿をなめている姿が撮られた。

 こうして、撮影は夕方に終わった。
「う、うぅぅ!」嗚咽をあげながら、立ち上がる智恵だ。
「その下着をプレゼントするよ。どうせ、使えないから」
「いらないわよ、こんなの…」
「人の好意は素直に受けるんだ。それを着て、亭主を喜ばせてやれ!」

 (そうだわ。夫に言い訳をしないといけないんだ…)考え直して、撮影で使ったブ
ラジャーも乳房に押し当て着けていく。
「いいね、その姿が。オッパイが最高にいいよ」
(そんなこと言わないで。レイプ同然の事をしたくせに…)口にこそ出さないが、不
満顔で制服を着込んだ。

 そして、制服姿に戻った智恵がマンションに戻ると「あら、悠也が帰ってる…」一
瞬、不安な顔になってしまった。
「ただいま。帰ったわよ!」
「お帰り。待っていたよ」奥から悠也が現れた。

 「どうしたんだ。休みじゃなかったのか?」制服姿の智恵に驚く悠也だ。
「アルバイトなの。この姿でアルバイトしてきたの」
「どんな、アルバイトだ?」悠也の問いに「コンパニオンなの。昼間の宴会なの。結
構、お金になったわ」嘘を並べる知恵だ。

 (ホントに、セックスはしてないだろうな…)悠也は、いくらセックスはしないと
言われても智恵の体が心配だ。
「智恵。欲しい、やらせてくれ!」悠也は智恵の制服を脱がせだす。
「恥ずかしいから、ベッドでしましょう。ね、ベッドで!」しかし、悠也は聞き入れ
ることなく、胸のボタンを外してしまった。

 「ち、智恵!」ブラジャーから飛び出す乳房に、驚く悠也だ。
(何とか、ごまかさないと。ヘアを剃られたことも…)「ご免なさい。ヌード同然の
コンパニオンなの。見て、こんな姿でしたの」恥ずかしそうに、悠也の目の前で制服
を脱いで下着姿になっていく。

 (綺麗だ、智恵が綺麗だ!)悠也の股間が膨らんでいる。
スカートも脱ぐと「見て。あなたの為に剃ってきたの…」恥ずかしそうに、下半身を
露わにすると、恥丘に少しだけ絨毛が残っていた。

 「そうか。ヌード同然でアルバイトしてきたのか…」
「そうなの。でも、セックスは絶対にしてないわ。誓っても!」
「信じるよ、智恵」悠也は智恵の乳房に顔を埋めた。
「だめ。ベッドでしましょう、あなた!」智恵は悠也の頭を押さえ、かろうじて立っ
ていた。

 「綺麗だよ。智恵!」両手が乳房から淫裂に伸びた。
「恥ずかしいわ。夫婦でも見られるのは、恥ずかしい…」淫裂が指で撫でられていく。
「だめ。そんな事をされたら欲しくなっちゃう…」
「欲しかったら、してあげるよ!」悠也は指で、突起を撫で続け「あ、あ、あ~!」
喘ぎ声を上げながら、後ろに体を反らせていく。

 「欲しい、いっぱい欲しいの。あなたオチンチンを入れて…」喘ぎ声を上げながら
悠也の服を脱がせていく。
悠也は、自分からズボンを脱ぐと、肉竿が勃起している。

 「欲しい、あなた!」勃起した肉竿を智恵が擦ると「ここで、オ○ンコしよう」黙
って、頷く智恵だ。
悠也は智恵を抱き上げ、テーブルに座らせた。
「智恵、いいだろう?」足を開かせると、淫裂が口を開いている。

 「恥ずかしいわ。悠也の前でも…」真っ黒なストッキング姿に、悠也も興奮してお
り「いくぞ!」開いた足の間に、悠也が割り込んで、肉竿が淫裂の中に吸い込まれて
いく。
「あなた。入ってきたわ…」悠也は智恵をテーブルの上に仰向けに寝かせ、乳房を揉
んでいる。

 「行くよ!」肉竿が、ゆっくりとピストンしながら、淫裂の奥へと進んで「あ、あ、
あー!」喘ぎ声をあげるが、肉竿の根本まで入ってしまった。
悠也は、乳房を揉みながら腰を前後に振りだし「いいわ。あなた、いいわ!」「僕も
気持ちいいよ」悠也は腰の動きを早めていく。

 (どうしよう。言わない方が、きっといいわ…)レイプ同然の事をされたが悠也に
は黙っているのを決意した。
そんな事など知らず「智恵、変わろうよ。やって欲しいんだ」
「いいわよ、私がするのね」悠也は智恵を太股に乗せて、座り込む。

 「あなた。いいわ、奥まで入っている!」智恵は向かい合った、悠也の肩を押さえ
腰を動かし、悠也も揺れ動く乳房を掴み揉んでいる。
(出したいけど、中出しは当分やらないぞ。できたら、困るし…)そんな悠也の気持
など知らない智恵は腰を振り続けた。

 やがて、智恵の淫裂から流れた淫汁が肉竿を濡らせていく。
それに、智恵の腰が動く度に「クシュ、クシュ!」と淫裂から音が出ていた。

第6話 悠也のアルバイト

 それから、数週間が経ち、悠也は休日なので、家でくつろいでいると石田金融の佐
藤が訪ねてきた。
「中里さん。今日は、お暇ですよね?」
「はい、休日ですから…」

 「それでしたら、仕事を手伝って貰えませんか?」
「仕事ですか…」
「勿論、ただとは言いません。お礼も、それなりに差し上げます」
「どんな、仕事ですか?」

 「行けばわかります。一緒に行きましょう!」佐藤に言われるまま、悠也はマンシ
ョンを出た。
悠也は、佐藤の運転する車に乗って、何時しか高級住宅街まで来たが、道の両脇には
立派な屋敷が並んでいる。

 その一角の、駐車場に佐藤が停めた。
「ここですよ。ここで仕事です」車を降りて屋敷に入って行き、悠也も後を追って入
った。
屋敷に入ると、メイドが出迎え、応接室に案内するが、そこには見覚えのある女性が
いた。

 (確か、秋山理恵じゃないかな?)勤務している、関東航空のスチュワーデス制服
を着ていた。
恵理も、悠也の顔に見覚えがあるのか、強ばった顔をして、目を伏せている。
悠也と恵理は、口も聞かず黙ったままだ。

 そこに「待たせたね!」屋敷の主が現れた。
(鳩山芳和じゃないか…)悠也は雑誌で顔を知っていた。
「今日の事は、全て秘密で願うからね」
「勿論です。私も口の堅い2人を御用意しました」佐藤は、鳩山の機嫌を取るように
話している。

 鳩山は、佐藤と話すと部屋から出て行き、残された悠也は不安になってきた。
「佐藤さん、仕事って何でしょう?」小さな声で尋ねると「セックスですよ。あの人
と、セックスするんです」(そんな、相手は人妻だぞ。それを承知で、オ○ンコしろ
と言うのかよ…)黙り込み恵理を見つめ、恵理も時折、悠也を見ている。

 (俺は構わないが、本当にオ○ンコして、いいのかな?)返って、不安になってし
まった。
「いいですか。セックスと言っても、普通じゃないんです。人前でやるんですよ。そ
れにビデオも撮りますからね」

 「人前で、ですか…」言葉が途切れた。
「今更、いやとは言いませんよね。逃げたら、奥さんの写真がどうなっても知りませ
んからね」
「わかりました、やります。でも、智恵が知ったら、何て言うか心配で…」
「それは大丈夫です。相手も口が堅いですから」佐藤の言葉を信用するしかない。

 暫く経って「準備が出来たから、始めよう!」鳩山が迎えに来た。
3人は、鳩山の後を歩いて、奥の部屋に入ったが、ベッドが置かれ、ビデオカメラが
セットされている。
それに、ワンピースを着た女性もおり(確か、奥さんじゃなかったかな?)見覚えの
ある顔だった。

 「カメラは君に頼むからね」
「わかりました。私が撮ります」佐藤はカメラを構える。

「よし、始めてくれ」鳩山は妻を抱きしめている。
その言葉に「中里さん、遠慮無く、私を抱いて下さい…」
「わかりました。遠慮はしませんからね」恵理を抱きしめ、唇を重ねていく。
そして、制服を脱がしていくと、その様子を、鳩山夫婦が見ている。

 悠也は恵理の制服を脱がし、下着姿にしたが「!」黒味を帯びたスケスケの下着を
着ており、乳房や絨毛が、丸見えになっている。
(凄いや。こんなのを見せられたら、チンポが膨らむよ…)股間が膨らんでいるのが
わかる。

 悠也は、興奮しながらブラジャー、パンティを脱がせて、全裸にした。
恵理は顔を赤く染めながら、乳房と絨毛を露わにしている。
「中里さん、私がします…」今度は、恵理が悠也の服を脱がせて、シャツ、ズボンと
次々と脱がして全裸にした。

 すると、恵理は悠也の前で膝を付け、肉竿を口に迎え入れる。
「あ、あ~!」それには、体を反らせて声を上げ(気持ちいい。早くやりたい…)恵
理の頭を撫でていく。

 暫く恵理は、肉竿をフェラして「今度は、私にして欲しいの。この立派なので…」
肉竿を掴んで、催促する。
「わかりました。やりましょう!」恵理を抱き上げ、ベッドに寝かせた。

 悠也は、恵理を四つん這いにし、後ろから淫裂を突き刺すと「あ、あ、あ~!」乳
房を揺らせながら、声を上げだした。
そんな2人に興奮した鳩山は、妻の胸を掴み、揉んでいく。

 (凄いや。恵理とオ○ンコした上に、金が貰えるなら、もっとやりたい…)悠也は
肉竿のピストンを速めて、淫裂を突き刺し続ける。
「あ、あ、あ~!」恵理も気持ちいいのか、淫裂を濡らし、声も上げている。

 悠也は、更に腰の振りを激しくし、絶頂を迎え、放出間近になった。
「出して。オ○ンコに出していいわよ。グジュグジュにして欲しい…」恵理に言われ
肉竿を押し込んだまま動きを止めた。
「いいわ。子宮が暖かい!」ベッドに崩れる恵理の淫裂から、液体が流れ出ていく。

 それを見て「ご苦労さん。後は任せてくれ」鳩山は佐藤と悠也を外に出した。
(何を、する気なのかな?)気になるが、言われれば従うしかなく、廊下に出て服を
着だすと「いや~!」恵理の悲鳴が聞こえる。
「構うな。気にしなくていい!」佐藤が言っても、気になっている。

 やがて「あ、あ、あ~!」呻くような声も、聞こえてくる。
「始まったな。うまく行ったら、お礼も貰えるかも…」笑顔の佐藤だ。
(お礼か。何の事かな?)黙って服を着込んで、マンションに戻った。

 翌日、悠也は恵理に呼ばれた。
「昨日の事は、誰にも言わないでね」
「わかっています。誓って、喋りません!」

 「いい心がけだね。ご褒美に、また私とセックスしようね。その変わり、智恵は私
の夫として貰うけど」
「何ですって。智恵が恵理さんの旦那さんと、セックスですって?」驚き顔になった。

 「そうよ。今度は、智恵と亭主がやるの。少し痛いけど、金にはなるのよ」
「そんなのできません。智恵を裏切るなんて…」
「あら、そんな事言っていいのかしら。私とオ○ンコした仲でしょう。いやなら、私
が喋っちゃうからね」

 「待ってください。そんな事、智恵には言えませんよ。恵理さんの旦那と、セック
スしろとなんて、普通だったら言えませんよ…」
「そこは大丈夫よ、うまくやるから。ただ、覚悟だけはしてね。それから妊娠しない
ようにこれを毎日飲ませてあげるのよ」避妊薬が渡された。

 「いい、この事は誰にも言わないのよ。お互いの為にね」そう言い残して、恵理が
去っていく。
「智恵が他の男に抱かれるとは…」全裸になった智恵が、恵理の夫に抱かれている姿
を想像している。
「でも、智恵が承知するだろうか…」溜息が出ている。

 その一方、智恵は佐藤から呼び出され、脅されていた。
「やって、くれますよね?」
「そんな事、出来ません!」
「やらないと言うなら、仕方ありません。こんな写真もあるんですがね」この前、劇
場でレイプされた写真だ。

 「卑怯よ。こんな写真で、体を売れだなんて…」涙を流している。
「卑怯と言われても、構いません。やって貰えますよね。タダとは言いませんから」
脅されては、首を縦に振るしかない。

 「そう、それでいいです。秘密は絶対守ります。それから、万が一もありますから
避妊に注意して下さい」佐藤も避妊薬を渡した。
(悠也を裏切るなんて…)詫びながら、黙って受け取った。

第7話 2度目の性行為

 智恵は憂鬱だった。
「悠也以外の男と、セックスをするなんて…」悠也を裏切るのがいやだった。
しかし、その日が来てしまった。

「あなた。せっかくの休みなんだけど、仕事があって…」悠也に嘘を付き、いつもの
制服を着て家を出た。
「智恵が、恵理の旦那とセックスするんだ…」なんか、気が抜けたようになっている。

 そこに電話があり「わかった。これから行くよ!」恵理からの誘いだ。
「智恵がやっているんだから、俺も恵理とオ○ンコをタップリやらないと…」急いで
着替えをし、マンションを出て行く。

 そのころ、智恵は佐藤と鳩山の屋敷にいた。
「いいですね。相手はこの人ですから。それから、妊娠は大丈夫でしょうね?」
「言われた通りに、飲んでいます。それに、安心日ですから…」
「そうですか。それなら結構です」佐藤も笑顔になっている。

 そこに鳩山が現れ、3人があの部屋に入り「準備が出来ました、始めて下さい」佐
藤の合図で、恵理の夫である、幸正が智恵の制服を脱がせ、それを佐藤がビデオに撮
っている。

 そして、智恵は全裸にされると、ベッドの上で抱かれ「あ、あ、あ~!」淫裂深く
肉竿が入っていく。
(許して悠也。変な感じで気持ちいいのよ…)膣の中が濡れていくのが、分かる。

 一方、恵理に呼び出された悠也は、昼間だというのにラブホテルで抱き合っていた。
「出して、一杯出して!」馬乗りになった恵理が、腰を振って「クチャ、クチャ!」
淫裂から音が出ている。
(智恵も、こうやっているのかな?)乳房を握りしめ、子宮の中で放出した。
「いいわ。暖かくていい!」満足そうに声を上げ、その後2人は横になった。

 「そうだ、恵理さん。あの後、何があったんだい?」
「あの後って、セックスした後の事なの?」
「そうさ。外で服を着ていたら、悲鳴が聞こえたし…」

 「ああ、あれね。一緒にいた奥さんに縛られたのよ」
「奥さんに縛られた?」
「そうよ。あの奥さん、サド主義なの。そうすると、燃えるんだって。その後2人も
素っ裸になって、やっちゃったのよ!」

 「やったって、セックスを?」
「そうよ。私を餌にしてやったのよ」
「餌にしてセックスをね…」悠也には信じられない事だった。

 「あの2人、ああしないと出来ないらしいの。だから、お手伝いしているの」聞け
ば聞く程不思議になっている。
「そんな事より、もっと楽しもうよ。幸正だって、智恵とやっているのよ」
「そうだよな。今度は俺がやってやるぞ」今度は駅弁で結合し、腰を振り続けた。

 その夜、悠也は「智恵、一緒に風呂に入ろうよ」と迫った。
「そんな、一緒にだなんて…」負い目がある智恵は、その気ではなかった。
「いいから、入ろうよ!」強引に浴室に連れ込んで、服を脱がしていく。

 「やめて、そんな乱暴はいやです!」服が脱がされ下着姿になった。
(恵理の言った通りだ…)背中や脇腹に赤い筋があり、。悠也は見てみない振りをし
て、下着を脱がし全裸にした。

 「悠也、恥ずかしい。そんなに、性器ばかり見ないで!」悠也は淫裂を指で広げ見
つめている。
「智恵、ここに生えているね。僕が手入れしてあげるね」
(そんな、悠也がヘアを剃るなんて…)声も出せない。

 「いいだろう?」指が淫裂を撫で出した。
「わかったわ。悠也がしたいなら、してもいいわよ」
「ありがとう」悠也は、カミソリで生えかけた絨毛を剃っていくが(せっかく、生え
たのに。でも、悠也には言えない事もあるし…)負い目があるから任せた。

 悠也が持ったカミソリは、あっけなく淫裂を剥き出しにした。
「綺麗だよ。智恵のオ○ンコが!」肉襞を摘み撫でていく。
「いや、オ○ンコだなんて。それより、恥ずかしいわよ」
「わかった、僕も脱ぐよ。それならいいだろう?」悠也も服を脱ぎ、全裸になった。

 「悠也、私としたいの。こんなになって!」膨らんだ肉竿が掴まれた。
「そうだよ。ここでやろうよ」背中から抱き付き、淫裂を肉竿で突き刺すと「いいわ、
悠也。気持ちいい!」壁に両手を付けて、智恵はやっと立っている。

 「僕も気持ちいいよ。出すからね」
「いいわよ。一杯出して!」乳房を揉まれながら、悠也の精液を膣で受け止めていく。
(悠也さん、ご免なさいね。私、他の男に抱かれたのよ…)それは、言えなかった。

 それから暫く経って、また智恵の休日を狙うように、佐藤が現れた。
「奥さん、また仕事があるんだ。裸になってくれるよね?」
「いやよ。もう、ヌードなんてイヤ!」
「そうは、行かないな。ローンだって、たまっているんだ!」

 「必ず、お返ししますから…」
「そうは行くか。ほら、これを亭主に見せていいのか?」全裸写真をちらつかせ「や
るよな。今度はオ○ンコ無しの、素っ裸だけでいいぞ!」そう言われれば、頷くしか
ない。

 「それでいい。下着は、これに着替えてくれ」袋を渡し、知恵はそれを持って、浴
室に入り、着替えていく。
全裸になり、渡された下着を着たが、ブラジャーは役目をせず、乳房が透けている。
それに、パンティもスケスケで無毛の淫裂が丸見えになっている。

 その上に、ストッキングを履き、ガーターベルトを巻き付けた。
姿見に映る自分の姿に「これじゃ、風俗と同じだわ…」呟くように言い、制服を着込
んでいった。

 スチュワーデス姿になると、佐藤の前に戻ってきた。
「いいね、奥さん。俺も金を払うから、オ○ンコさせてくれないかな?」胸を撫でた。
「いや。そんな事、もう言わないで!」泣き声だ。
「わかった、もう言わない。それより急がないと…」佐藤の車に乗って走りだした。

 車は、見覚えのある屋敷の前で停まった。
「この前の家だわ…」
「そうだ。今日はコンパニオンだ。ただし、素っ裸になってだがな…」智恵の背中を
押して中に入っていく。

 屋敷の中は、人で溢れており(こんな、大勢の前でヌードになるなんて…)緊張で
体が震えている。
「こっちだ、急げ!」佐藤は智恵を連れて、ドアを開けた。

 中に入る「智恵!」と声が掛けられる。
「恵理。どうしてここに?」
「智恵こそ、どうしてここにいるのよ!」お互い驚いた顔だ。

 「知り合いか。それは都合がいい。とにかく、2人とも、素っ裸で頼むからな!」
(いやよ、恵理の前でヌードはやりたくない。ヘアがないのよ…)なだれる智恵だ。
同じように(いやよ。智恵の前で、ヌードだなんて…)恵理も項垂れたままだった。

第8話 パーティ

 2人は、黙ったまま声を出そうともせず、沈黙が長く続いている。
その沈黙を破り「旦那様から、呼んでくるように言われました!」メイドが迎えに来
て、一緒に出ていく。

 「こちらです」ドアを開け、2人が中に入ると、30人程の男性が話し合っていた。
(ここでヌードだなんて…)顔が強ばっている。
2人に気づいたのか「皆さん、これから余興を始めましょう」鳩山は智恵の肩を抱い
て中央に連れて行く。

 「やってくれ、全部だぞ!」その言葉に、黙って頷き制服のボタンを外していく。
「いいね。今回はスチュワーデスか…」
「あれは、関東航空の制服だよな…」智恵を見ながら話している。

 智恵は、見守る中で、制服を脱ぎ下着姿になった。
「パイパンだ。パイパンじゃないか!」パンティ越しに、ピンクの淫裂が覗いている。
(言わないで。言わなくていいのよ!)唇を噛みしめ、ブラジャーを外し、豊満な乳
房が露わになり、揺れている。

 「いいね。形といい、大きさといい、色もいいよ」「ピンクの乳首が、何とも言え
ないよ」
そんな批評を聞きながら、腕に絡まったブラジャーを脱ぎ、ガーターベルトを外し、
パンティを掴んで引き下げていく。

 (性器を見られている…)太股が震えており、それでも膝まで引き下げ、淫裂が露
わになった。
「いいね、ピンクだよ」「ホントだよ。あの盛り上がりも、いいね」淫裂を指差し話
していく。

 (見ないで。性器は見ないで!)パンティを掴んだまま、背中を丸めて脚を上げた。
「お~!」歓声が上がり、どうやら、淫裂の中が見えたようだ。
(性器の中まで、見られてしまった…)顔を赤らめて、別な足を上げ、両手には温も
りのある、小さな布が残されている。

 「そこまでで、いいよ。それより、接待を頼む!」ストッキングを脱ごうとしたが
やめさせた。
「わかりました。これでいいんですね?」返事した智恵の声が震えている。
「そうだ、頼んだからね」智恵は、メイドが運んできた料理を運んでいく。

 すると、今度は恵理を中央に立たせた。
「わかっているよね。同じくやればいいから…」
「わかりました…」恵理も、皆が見ている前で制服を脱ぎだした。

 制服を脱ぐと、智恵と同じ下着 を着けていた。
「いいね。こっちも、大きいじゃないか!」
「でも、ヘアは気に入らないな。パイパンの方が清潔でいいよ…」
「そうだよ。この際だから、ヘアを剃って貰おうよ」客同士が話している。

 (いや、ヘアを剃るなんていや。夫に、何て言えばいいのよ…)聞いている恵理は
黙ってブラジャー、パンティと脱いで、ストッキングだけの姿になった。
そこに「いいね。でも、聞いただろうが、このヘアがあると不潔でね。料理に入るか
も知れないし…」鳩山はヘアを剃るように言う。

 「剃ったら、夫が変に思います…」
「だったら、そのヘアを僕が買い上げるよ。それなら、いいだろう?」
「鳩山さん、僕が買うよ。僕にやらせてくれ!」
「わかりました。小沢さんに任せるよ」

 小沢は「聞いた通りだ。このヘアは僕が頂くからね」絨毛を撫でていく。
(いや、ヘアを剃るなんて。でも、お金になるなら…)恵理は買い上げと聞いて、声
を出せなかった。

 すると、メイドがハサミとヘアを剃る用具を運んできた。
「行くよ!」小沢は絨毛をカットしていく。
「キョチン、キョチン!」あっけなく、カットされた。

 その後、スプレーが吹き掛けられ、カミソリで剃られ、恵理の淫裂も剥き出しにな
り、割れ目からは、ピンクの肉襞が2枚はみ出している。
「いいよ。これが最高だよ」小沢は、露わになった淫裂を広げて、中を覗いていく。

 「許して。そこまでは、いやです!」小沢の手を押さえた。
「仕方ないな。今日はこれでいいが、この次はそうは行かないからね」意味ありげな
事を言って、手を退けた。
(この次って、何かしら?)不安を抱え、恵理も料理を配りだした。

 全裸で、男の間を回る2人だが、当然、乳房と淫裂が触られていく。
「いいね。この柔らかさが…」
「ここもいいよ。この盛り上がりがね」代わる代わる2人を触っていく。
こうして、2人は3時近くまで、全裸で客の接待をさせられた。

 客の接待が済むと、2人は黙って服を着ていく。
そして、スチュワーデスの制服を着込んでから、やっと口を開いた。
「智恵さん。今度の事だけど、誰にも言わないで欲しいの…」

 「私も、そう言おうと思っていたの。夫には知られたくないし…」
「約束よ。お互いの為に…」
「約束するわ。でも、どうして恵理さんが、こんな事を?」

 「夫のせいなの。夫が事業に失敗して借金ができたのよ。そこで、アルバイトに…。
智恵は、どうしてなの?」
「私も借金なの。恵理がマンションを買ったから無理して買ったけど支払が無理だっ
たの…」暫く沈黙が続いた。

 「お互い、無理してたんだね。これからは、仲良くしようね!」
「ええ、そうしましょう」2人のわだかまりは取れたが、これから先が不安だった。
その不安が的中して、数日後に2人は、またあの屋敷に連れて行かれた。

 だが、今回は前とは違い、招待客に着ている制服が脱がされている。
「やめて下さい!」「いやです!」叫んでも容赦なく、次々と脱がされ全裸にされて
しまった。
「何だ、こんなに生やして。剃ってやる!」短い絨毛が引き抜かれ「ギャー!」痛み
に悲鳴を上げる2人だ。

 「今度は、私ですからね」
「それでしたら、こっちは私が…」2人が進み出て、智恵と恵理の絨毛にカミソリを
当てた。
「いや、剃らないで。ヘアはいや!」叫んでも無駄で、カミソリが動き出し、生えか
けた絨毛が剃り上げられ、あっけなく無毛の淫裂にされた。

 「いいね、このパイパンが。まずは準備だ!」2人はテーブルに乗せられ、両手、
両足をテーブルの足に縛られた。
「やめて。いやです!」叫んでも、開脚したままで、足を閉じられない。

 「どれ、最初は私が頂きますよ!」智恵は淫裂を広げられた。
膣腔がポッカリと空いており、その膣に、水割りが流し込まれ、冷たさを感じる。
それでも流し込まれ、膣からあふれ出した。

 すると、淫裂に口を付けて、水割りを飲み込んでいく。
「イヤ。こんなの、イヤ~!」叫んでも、淫裂から口が離れず「う、う、う!」屈辱
に嗚咽を上げるしかない。

 それでも、口を押しつけ、流れ出なくなくなってから、頭を上げた。
「フー。オ○ンコ酒は、何時飲んでも良いもんだな」
「そうですよ。次は私の番ですよ」

 「それでしたら、こっちで、私も…」招待客は代わる代わる、淫裂に水割りを押し
流し、口を付けて飲んでいく。
(いや。こんのいや。やめて~!)自由が効かない2人は、されるがままだ。

第9話 思わぬ再開

 翌日、智恵は羽田にある、搭乗員室に入り準備を始めた。
すると「あら、今度のフライトは智恵と一緒なんだ!」理恵が声を掛けてきた。
「そのようね。よろしくね」「こちらこそ、よろしくね」2人は挨拶して、沖縄便に
乗り込み、沖縄へと出発した。

 羽田を離陸して、水平飛行に入ると、智恵達はいつものように、機内サービスを始
める。
智恵が、飲み物をサービスしていくと見覚えのある客がいた。

 「昨日は、どうも!」相手も気づいたか、ニヤニヤしている。
(そんな。どうして、ここにいるのよ…)顔から血の気が引いていくが、乗客は鳩山
だった。

 智恵は冷静を装い「お茶はいかがですか?」と手渡すと「ありがとう、帰ったらま
た頼むからね」と名刺を渡した。
それを受け取り、次の客席へと向かう。

 サービスが終わり、乗務員室に戻って、名刺の裏を見ると何やら書いてある。
(そんな、悠也を裏切るなんて…)ジッと見つめた。
そして、2時間半後、那覇空港に着陸し、乗客を降ろし、機内を点検してから会社の
事務所へと向かう。

 事務所で点検を受けると、宿泊先のホテルへ向かい、一息ついてから「恵理、悪い
けど、用事があるの…」智恵は詫びを言う。
「何だ。一緒に飲もうと思っていたのに…」
「ごめんね。この次は、必ず付き合うから…」申し訳なさそうに頭を下げて別れた。

 同僚と別れた智恵は、鳩山の待つホテルへと向かった。
ホテルのロビーでは鳩山が待っており、「行こう、待っているから」鳩山の後を歩い
て部屋に向かう。
(イヤだけど、悠也に知られてしまうし…)項垂れて歩き、部屋に入った。

 すると「あら、この前の人ね。この人なら、安心ね」鳩山の妻である、育代が声を
掛けてきた。
「そうだ、この人なら口が堅そうだし。それより、準備しろ!」
「わかっているわ、あなたも準備して、意味わかるでしょう?」智恵を見つめて、ニ
ヤリと笑う。

 「わかりました。でも、絶対に秘密にしてください…」
「約束する。それに、礼もするよ」鳩山はカメラを構えた。
「カメラはイヤです。ヌードになりますから、撮るのはやめて下さい!」

 「俺を信用しろ。何かあったら、保証してやるから!」そう言われれば、逆らえず、
制服のボタンを外していく。
(ヌードモデルじゃないのに…)スイッチを押される中、下着も脱いでいく。
「いいよ。そのパイパンが、何とも言えないな」鳩山は、スイッチを押していく。

 そして、全裸になった智恵は、育代に両手を縛られていく。
「どう。これも撮ってね」黒い下着姿で、智恵の乳房を掴み「痛いです。もう、やめ
て下さい…」顔を歪め途切れ途切れだ。

 「そうは、行かないわ。ほら、ここが欲しいと言っているわよ」育代は、淫裂を触
りだした。
「そんなの欲しくありません!」腰を引くが、淫裂に指が入った。
「イヤ。入れないで、指なんてイヤ!」

 「あら、指はイヤなんだ。だったら、これでするわね」樹脂製の、ディルドーを見
せる。
「やめて。そんなのイヤです!」
「ダメよ。そうは、行かないわ」智恵をベッドに押し倒し「あ、あ~!」膣の中に押
し込んだ。

 「ほら、気持ちいいでしょう。ここにも、してあげるわ」乳房を摘み、乳首も吸う。
智恵は「ん、ん、ん!」急所を吸われ、呻き声を上げだした。
(ダメ、乳首を吸わないで…。そんな事されたら…)次第に、膣が濡れていくのがわ
かる。

 「淫乱なスチュワーデスさんね。もう濡れているわよ。オ○ンコしたいのね?」
「したくない…。セックスなんて、したくない…」首を振って言う。
「正直に言うのよ。欲しいでしょう?」ディルドーの動きを早め「あ、あ、あ~!」
背中が浮き腰が動いていく。

 (気持ちいいわ…。こんな、変態みたいな事されても、感じるなんて…)淫裂から
淫汁が流れている。
「どう。オ○ンコ、やりたいでしょう?」育代の問いに黙って首を振る。

 「あら、まだ強がっているわね。だったら、もっとしてあげる!」また乳首も吸い
だした。
それには「あ、あ、あ~。したいです、セックスしたい…」遂に智恵が言う。

 「あなた。このスチュワーデスさん、セックスしたいんだって。淫乱よね」
「そう言うな。オ○ンコしたいなら、俺がやってやるよ」鳩山はカメラを置いて、脱
ぎだし、全裸になると智恵の腰を持ち上げた。

 「イヤ、これはイヤです!」頭をベッドにつけて、尻を突きだしている。
「いいね、このオ○ンコが!」指で膣穴を触ってから、肉竿を入れた。
「入れないで。奥さん、助けて~!」育代に助けを求めた。

 「ごめんね。私が、芳和さんの相手をしてあげたいけど、やっと赤ちゃん出来たか
ら、あなたが相手して」育代は垂れ下がった乳房を揉みだした。
「やめて。こんなの、イヤです!」
「イヤでもやって欲しいの。お礼はするわよ」乳首も摘んで「ん、ん、ん!」呻き声
を上げた。

 (イヤよ。どうして、こんな事しなければいけないのよ…)鳩山の肉竿が、淫裂を
擦っていき「クチャ、クチャ!」音も出ている。
智恵は、肉竿のピストンが速まり「あ、あ、あ~!」と喘ぎ声を上げだした。

 「気持ちいいだろう。俺も、もうすぐだ…」
「イヤ、お腹の中はイヤ。奥さん、やめさせて!」
「そうは行かないの。あなたは飲んでいるから、平気でしょう?」
「そんな~!」
「そう言う事。俺も限界だ、出すぞ!」腰を密着させ動きを止めた。

 暖かい液体が膣の中に噴射され漂っている。
(膣の中で、射精された…)嗚咽を上げだした。
「気持ちよかったよ!」肉竿を抜くと、精液がこぼれ出ていく。

 射精が済むと、育代は智恵の手を解いて、浴室に連れ込んだ。
智恵は、淫裂を丁寧に洗ってから服を着ていく。
「ごめんね。私が相手出来ないから仕方ないの。また、やって貰えるわよね?」

「もう、イヤです。夫を裏切るなんて、イヤです!」服を着ながら言う。
「あらそんな事言って。あなたの旦那さんだって、他の女性とセックスしているかも
よ」意味ありげに言うが「そんな事、絶対にありません!」智恵もキッパリ言う。

 「いずれ、わかるわよ。取り合えず、これはお礼よ」封筒を渡した。
(背に腹は、代えられないし…)屈辱だったが、黙って受け取った。
その後、鳩山夫婦と一緒に高級レストランで食事を摂り、タクシーで宿泊ホテルへと
送られた。

 ホテルに戻ると、恵理が待っていた。
「智恵、もしかして…」
「そうなの。あの人に呼ばれていたの…」それだけ言うと部屋に入って寝込んだ。

第10話 スワッピング

 それから数週間が過ぎた。
智恵と恵理は、相変わらず鳩山の屋敷に呼ばれ、全裸にされ、両手を後ろ手にされて、
招待客に辱めを受けている。

 その招待客の中に、2人には見覚えのある者がおり「そんな…」顔を見るなり真っ
青になってしまった。
だが、相手はニヤリと笑い、黙ったままだ。
(どうしたらいいのよ。こんな姿を見られてしまったし…)涙が止まらない。

 そして翌日、2人は会社から呼び出された。
テーブルを挟み、向き合っている男性が「裸は綺麗だったよ。これからも、やって貰
えないかな?」と言い出す。
「これからも、裸ですか…」声が出ない。

 「そうだ。綺麗なパイパンじゃないか。それに、オッパイもいいよ。もう一度見せ
てくれ!」
「そんなの無理です。ここは、会社ですから…」

 「裸はイヤか。イヤなら、やめて貰うよ」
「やります。ですが、ここで裸は…」
「気にしなくていい。早く脱ぐんだ。それから、秋山君の旦那を、雇ってあげてもい
いよ」

 「知っていたんですか。夫の事を?」
「当然さ。だから、裸を見せてくれ」恵理は覚悟を決め、制服を脱ぎだした。
それを見て(私も、脱ぐしかないわ…)後を追うように、智恵も脱ぎだした。

 やがて、2人は一糸まとわぬ全裸になった。
「いい体だ。撮らせて貰うからね」弱みを握られては逆らず、2人は全裸をカメラに
撮られていく。
「いいね。オ○ンコに、指を入れてくれ」渋々淫裂に指を入れた。

 その後、フェラを求められ、肉竿を2人の舌がなめていく。
「いいよ、気持ちいい!」乳房を揉みながら、声を上げて恵理の咽奥に放出した。
放出が済むと、智恵と恵理は急いで服を着て行き、着終えると男が話しだした。

 それは、新しい事業内容で、関東航空では新しい事業として、遊覧飛行を計画して
いた。
団体客を相手に各地を回る計画だが、それは、はとバスみたいな物で、機内もそれに
合うように、小型機が改造されているという。
「その担当を2人でやって欲しい…」その言葉に2人が頷いた。
「良かった、頼んだよ」2人は思いがけない話に、不安が吹き飛び笑顔になっている。

 話が決まると、数日後2人は改造機の見学に出かけた。
「何だ、もう見学か。仕事熱心でいいね。紹介しよう、今度採用され新人だよ」ニヤ
ニヤしながら2人に引き合わせた。

 恵理は顔を見るなり「幸正さんじゃないのよ!」と声を上げた。
「そうだ。約束した通りにしたよ」新人は恵理の夫の幸正で(そんな、恵理の夫だっ
たなんて信じられない…)智恵は、声を出せない。

 「これから、よろしくお願いしますね」ニヤリと笑って握手を求め「こ、こちらこ
そよろしく…」差し出す智恵の手が震えている。
「智恵、どうかしたの?」
「何でもないわ、ただ、握手なんて滅多にした事ないし…」恵理がいる以上、本当の
事を言えず作り笑いをし、幸正は智恵に挨拶して去っていく。

 暫く、智恵は恵理と2人きりで話していたが「恵理、言いにくい事なんだけど、あ
なたの旦那さんと、私、セックスしたの…」呟くように言う。
「あら、覚えていたんだ。そうよ。その通りよ」

 「恵理、知っていたのね。私達の事を…」
「まあね。借金を抱えた者同士だから、仕方ないのよ」
「そんな。私は夫を裏切ったのが、申し訳ないと思っているのに…」
「そんなに、気にしなくていいわ。私だって、智恵の旦那さんと、セックスしたの」

 「そんなの嘘よ。悠也が、恵理とセックスだなんて…」智恵は泣きだした。
「泣いたって、本当だから仕方ないわよ。だったら、試してみようか?」
「やめて、そんな事…」智恵は、それだけしか言えない。

 それから数日後、智恵が久しぶりの休暇でくつろいでいると、チャイムが鳴った。
「どちら様ですか?」ドアを開けると、恵理と夫の幸正が立っていた。
「珍しいわね。入って!」2人を中に入れると、恵理はいきなり「智恵。幸正にまた
抱かれてくれない?」と言い出した。

 「何言うのよ。そんな事、できる訳ないわよ!」
「イヤでもやって貰うわ。私も、中里さんに抱かれるから」
「そう言う事だ。やらせてくれよ!」幸正が智恵に抱き付き「何するの、やめて!」
抵抗するが、恵理も加わり智恵の服を脱がせていく。

 「おとなしく、抱かれて欲しいの。私も抱かれるから…」智恵の下着も脱がしだし
て「イヤ。そんなの、イヤよ!」足をバタバタするが乳房、淫裂が露わになってしま
った。
「この前のように、楽しもうよ!」智恵を全裸にすると、幸正も服を脱いで、全裸に
なった。

 「あなた、元気いいわね。そんなに堅いなんて!」
「当然さ。あれ以来、忘れられなくてね」智恵の乳房を揉みだし「イヤ、イヤです!」
悲鳴を上げるが、どうする事もできない。
「あなた、思い切り楽しんで。私もやるから…」恵理も服を脱ぎだした。

 そこに「智恵、今帰ったぞ!」悠也が、買い物袋をぶら下げ戻ってきた。
「あら、遅かったわね。待っていたわよ」恵理が向かえに出て、悠也の前で下着を脱
ぎだした。

 「そんな…」それを、唖然として見ていると「あ、あ、あ~!」奥から智恵の声が
聞こえ「まさか、智恵が?」急いで中に入ると「智恵が…」言葉が続かない。
悠也の目の前で、智恵は正幸に乳房を掴まれ、淫裂を肉竿でピストンされている。

 「ち、智恵!」悠也はやっと声を上げた。
「見ないで。悠也、見ないで!」智恵は、顔を背けた。
「智恵が、セックスしている…」まだ、呆然としていると「悠也さん、私達もしまし
ょうよ、智恵も承知しているからいいでしょう?」全裸になった恵理が悠也の服を脱
がしていく。

 「わかった。智恵、俺も楽しむから、お前も楽しめ!」悠也は、状況がやっと飲み
込めた。
「そうよ、お互いに楽しまないと…」恵理は悠也を全裸にして、抱き付いていく。

 「私にさせて。前から、やってみたかったの…」恵理は、智恵に見せ付けるかのよ
うに、悠也に馬乗りになった。
「行くわね!」肉竿を淫裂に迎え入れ、股間を密着して、全てを飲み込むと「いいわ、
凄くいい!」ゆっくり、腰を振りながら、背中を反らせていく。
「俺もいいよ。凄くいい!」悠也も乳房を掴み、上擦った声を上げていく。

 それに刺激されたか「俺もやるぞ。やってくれるよね?」正幸も智恵を馬乗りにさ
せた。
「あなた、許して。変な感じで、気持ちいいの」腰を振ると、淫裂から音がしていく。

 「俺もだ。智恵の前で、他人とのオ○ンコに興奮しているんだ!」悠也も恵理の乳
房を揉んでいる。
「私だって、気持ちいいわよ。凄く、濡れているのが分かるでしょう?」悠也の肉竿
が、恵理の淫汁で濡れている。
「恵理、俺もいいよ。凄くいい!」4人は声を上げて悶えていた。

 やがて、淫裂の中に放出が行われ、暫く、4人は黙ったまま動かない。
沈黙を破って、悠也が起きあがり「智恵、今度は俺とやろうな!」抱え上げて、駅弁
での結合だ。
「悠也、恥ずかしい。これはイヤ。せめて、四つん這いで…」途切れ途切れに言う。

 「智恵、気にしないで。私もやるから。あなた、抱っこして!」恵理も正幸に抱え
られて、駅弁で結合し、2人の淫裂には肉竿が根本まで入り込んでいる。
「いいわ、凄くいい!」恵理も声を上げ、こうして、二組の夫婦は、相手を変えて抱
き合うようになった。

第11話 全裸の機内サービス

 その間にも、関東航空では新事業の準備が進んで、遊覧飛行の試験日を迎えた。
「今回のフライトに、事業の成否が掛かっているんだ。頼むからね」会社幹部の見守
る中、招待客を乗せて、羽田から離陸した。

 飛行機は急上昇し、高度を上げると水平飛行に入ると、智恵と恵理は機内サービス
をしていく。
「何だ、ありきたりじゃないか。それより、このビデを見たいんだが…」智恵に声を
掛けてきた。

 「いいですよ。直ぐに流します…」
(鳩山さんだ。もしかして、あのビデオでは?)不安な顔で受け取り、渡されたテー

プの再生を始め、暫くして、客席のモニターに再生された映像が映し出され「お~!」
招待客が歓声を上げた。

 智恵や理恵は、何事かとかと気になり、モニターを覗いたその瞬、間智恵は「そん
な~!」悲鳴を上げて、座り込んでしまった。
恵理も、真っ青な顔で震えている。
モニターには、数人の男に、スチュワーデスの制服を脱がされていく2人が、映し出
されていた。

 項垂れ嗚咽を上げる2人だが再生は容赦なく進んでいく。
制服、下着と脱がされ全裸にされ、乳房、生えかけの絨毛がアップで映し出された。
その後、2人の絨毛が剃られ、無毛にされていく。

 「ほう。パイパンか。それに乳も大きいね、どうせなら、直に生で見たいですね」
「そうですよ。ここでも、やってみませんか?」
「面白いですね。やりましょうよ!」招待客達は震える智恵と恵理を取り囲んだ。

 「やめて下さい。私には夫がいます…」震えながら言う。
「何も、オ○ンコをやるつもりはないよ。素っ裸になってもらうだけだから」その言
葉を合図に、2人に襲いかかった。

 「イヤ、ヌードなんてイヤ!」悲鳴を上げても、制服に手が掛かり脱がされていく。
「やめて~!」悲鳴を上げるが、制服が脱がされ下着姿にされた。
「いいねですね。レイプしているみたいで」招待客は笑顔で、下着も剥ぎ取っていく。

 2人はパンティ、ブラジャーと脱がされ、全裸にされると、短い絨毛が股間を覆っ
ている。
「いいね。このオッパイが!」乳房が掴まれ、揉まれだす。

 「それより、ここですよ。ここが、いいですよ!」淫裂に指を入れ、広げるとポッ
カリと、口を開いた膣が見えている。
「やめて。レイプはイヤ!」

 「レイプはしないよ。ただ、指でするだけだ」その膣に指が入って「う~!」呻き
声を上げ、顔をしかめた。
「私もやりたいですね。交代でしましょうよ」
「そうですよ、次は私ですからね」智恵と恵理は、乳房と淫裂を辱められた。

 しかし、それで終わりではない。
服を取り上げられ、全裸でいるように命じられた。
「お願い、服を返して下さい!」土下座しても、聞き入れられず、全裸のままでいる
しかない。

 それに、今まで撮られたビデオが流されて「う、う、う!」泣き声を上げながら辱
めを受けていた。
初飛行は、九州上空を旋回して、また羽田に向かって飛び続けている。

 「服を着ていいよ」富士山が見えた頃、やっと服が渡され、2人は急いで着ていく。
そして、着終えると羽田に着陸し、招待客は満足そうな顔で飛行機から降りて行く。
その招待客に、頭を下げている二人は(悔しいわ。あんな事されたのに…)黙ったま
ま見送っていた。

 客が降りると、2人は会社の担当者に、全てを打ち明けた。
しかし「それだよ。それで行こう。評判良かったよ、2人の素っ裸が。これからも頼
むよ」意外な答えが返ってきた

 「そんな。ヌードでなんて、できません!」強く拒んだ。
「タダとは言わないよ。給料もアップする。それに、旦那も搭乗させるから、本番を
やってくれよ」
「本番って、セックスですか?」

 「そうだ。客の前でやるんだ、受けるよ」
「そんのイヤ、セックスを見せるなんて、イヤです!」
「今更、何言っているんだ。ビデオに撮らせたじゃないか。もし、イヤならやめて貰
うよ」会社側は脅しに掛かった。

 「やめろだなんて…」2人は、夫と相談してから返事する事にした。
その夜、智恵は悠也と話し合い、会社側の提案を受け入れる事にした。
同じように、恵理も受け入れていた。

 翌日、二組の夫婦は、会社の担当者を訪ねた。
「そうですか。やって貰えるなら、助かります」
「ですが、この事は、他の人には知られたくないんです…」

 「当然でしょうね。それは配慮します。それから、本番手当として、1回中出しに
つき、2万支給しますよ」
「中出しですか?」
「そうです。オ○ンコに出して下さい。何なら、避妊薬も支給しますが…」

 「わかりました。中出しですが、僕が恵理さんとやっても、貰えますか?」
「差し上げます。2人に出せば、4万出します」
「そうですか。1回の搭乗で4万ですか…」悠也と正幸の頭の中では、金の計算が行
われていた。

 (いい収入だな。うまく行けば、借金だってあっという間に返せるし…)お互いに
顔を見合わせ、頷き合った。
「それから、機内ではお客を退屈させないように、色々工夫して下さい。方法はお任
せしますから…」
「わかりました。私達で工夫します」項垂れた智恵と恵理だが、笑顔の悠也と正幸だ。

 そして、いよいよ営業飛行が始まった。
羽田を離陸すると、2人は機内サービスを始める。
そして、自分たちのヌード写真をモニターに写していく。

「凄いや。これあんた達だね?」客は喜んでいる。
それを見計らい「皆様。これより、私達の全裸サービスをお楽しみ下さい」そう言う
と制服を脱ぎだす。
「いいぞ。ストリップだ!」客は歓声を上げている。

 そして、全裸になると機内を回り、乳房と淫裂を晒していく。
サービスはそれだけではなく、悠也や正幸も全裸になり、客の見ている前で抱き合い、
セックスを始めた。
「凄いな、本番だよ。興奮するよ」目を輝かせて結合部を見ていた。

 その前で「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げながら、子宮の中に射精された。
「凄いや。中出しだよ!」淫裂から流れ出る精液をジッと見ていた。
「いかがでしたか。本番しましたが?」淫裂から精液を流したまま、客に見せていく。

 「良かったよ。凄くいい!」客も乳房を触っている。
「オッパイだけですよ。性器は汚れていますから…」
「わかっている。それにしても、大きいな」興奮気味に、乳房を触っている。

 2人の全裸に、初の営業飛行も評判良く終え、予約で次々と埋まっていく。
智恵達は、会社の期待に応えようと、飽きないようにSMショー、レイプショーなど
も計画した。

 しかし、評判を呼んで、同僚に知られてしまった。
「変態女!」「色魔!」と罵声を浴びせられたが、それでも2人はその罵声に堪えて
いた。
それに、ローンがあるから、やめる訳にも行かない。

 そんな中、関東航空は負債を抱えて、人員整理と路線縮小を始めた。
当然、スチュワーデス達は首を切られたが、遊覧飛行は唯一の優良事業だから、その
ままだ。
それにより、立場が逆転して、智恵と恵理達を罵る者もいなくなったが、首を切られ
たスチュワーデス達は、生活苦に喘いでいた。

 それに目を付けた、佐藤の会社が動きだし、バックには関東航空も絡んでいる。
遊覧飛行を増便させる為、ローンで縛り、全裸での搭乗をやらせようと企んでいた。
その思惑通りに、智恵と恵理の前に、首になったスチュワーデスが挨拶に来た。

 「あら、裸をバカにしていた百合さんじゃないの?」2人は冷たくあしらった。
「あの事は、許して下さい。私もヌードでやりますから…」
「そんな事はいいの。それよりも、謝って欲しいの」

 「どのように、謝ればいいんですか?」
「坊主よ、坊主になるの。それから、夫とセックスするの!」
「坊主ですか?」坊主と聞いて、百合の顔が強ばった。

 「坊主は坊主でも、性器の坊主よ!」
「ヘアなら、剃ってきました…」
「だったら、見せて。今すぐに!」
「わかりました…」百合は服を脱ぎだし、それを智恵と恵理が見ている。

 百合は、下着も脱いで全裸になると、確かに、股間にはヘアがなく、ピンクの割れ
目が剥き出しだ。
「ヘアはわかったわ。それから、レズもするのよ、できるの?」
「何でもやります。そうでないと、ローンが…」百合は智恵に抱き付き、唇を押し当
てていく。

 「そうよ、そうするの。オッパイも、こうやるのよ」恵理も加わり、百合の乳房を
揉んでいく。
「こうですね?」百合も智恵の胸を撫で返した。

 こうして、百合が新たな仲間に加わった。
百合も、セックスビデオやレイプビデオも撮られ、機内に流されている。
それに、3人は全裸で機内を回っていき「いいね。こんなサービスも!」客は満足そ
うに、乳房や淫裂を触っていく。

 それから数週間後、関西航空では、男性客専用の定期便を始めた。
男性専用機が離陸すると、スチュワーデスは一糸まとわぬ全裸になって、機内サービ
スを始めた。

 そのスチュワーデス達は、智恵や恵理に罵声を浴びせた、元同僚だった。
恥ずかしいのか、体を震わせながら、乳房と淫裂を触られている。
勿論、智恵と恵理は相変わらず、遊覧飛行で「いく、いく!」夫を相手に、膣に射精
されていた。

                                     ~完~