「囚われの女子アナ」
                                    赤星直也:作

おことわり

   この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。
    また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断り
    します。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が
    与えられますので、ご承知下さい。

登場人物

   田中美樹:関東テレビアナウンサー         浅野佳太:俳優
   久保紀子: 〃   アナウンサー         中野伸吾:俳優
   江藤悠也: 〃   プロデューサー        上月晶子:女優

第1話 オナニー

深夜だというのに、ここのスタジオでは収録が行われていた。
「浅野さん、普段はどんな食べ物を?」若い女性アナウンサーがインタビューしている。
アナウンサーの名前は田中美樹と言い、関東テレビでもベテランの部類に入っている。
インタビューされているのは、俳優の浅野佳太だ。
浅野はドラマや舞台と大忙しで、深夜の収録となってしまった。
「こう見えても、和風が好みなんですよ」笑顔で美樹に話し掛け、美樹も次々と話題を変えて聞きだ
していく。

 やがて、スタッフが合図を送り収録は終わった。
「ご苦労様でした」美樹は浅野に礼を言うと「今度は2人きりで合おうよ」と耳打ちする。
「機会があればですが…」浅野の女癖の悪さを聞いているから、やんわりと断った。
「そうだよな、機会がないと会えないよな」呟くように言ってスタジオから出ていく。
「ふ~。私もなめられたわ。あんな若造に声を掛けられたんだから…」独り言を言いながら、後かた
づけをしてスタジオを後にした。

 美樹はスタジオからまっすぐ自宅に帰った。
自宅は2DKのマンションで、数千万もする。
駐車場に車を停め、エレベーターで部屋に向かうが、深夜という事で誰とも会う事はなく自分の部屋
まで来れた。

 「疲れた…」部屋に入ると、スーツを脱いで、お揃いの白い下着姿になった。
「あの若僧、顔はまあまあだけど、あっちは噂通りなのかしら?」想像しながら、ブラジャーを外す
と顔には似合わず、以外と大きい乳房で、お椀型の形をしており、乳首がピンと上を向いている。
ブラジャーを脱ぐと、パンティを掴かみ、引き下げると黒い絨毛が現れた。
なおも、パンティを膝まで引き下げ、背中を丸めて足を上げると、絨毛の中からピンクの淫裂が覗い
た。
片足を抜き、別な足も抜くと、縮こまった温もりのある、パンティが両手に残される。
美樹は、脱いだパンティとブラジャーを持って浴室に入ると、洗濯機に投げ入れ、シャワーを浴びて
体を洗いだす。

 
 美樹は乳房を真っ先に洗い、両手で揉むようにしながら、石鹸を塗っていく。
「男に、こんな事されると、気持ちいいのかしら?」同僚から貰ったビデオを思い出した。
ビデオでは、乳房を揉まれ、女優が声を上げており、乳房を洗うと淫裂も洗い出す。
「私も、いい男を見つけないと…」指で淫裂を広げ、中まで洗っていくと「そうだ。あのビデオを見
ながら…」思い出したように、急いで体を洗い終えてバスタオルを巻き付けて浴室から出た。

 「えーと、たしかこれだったような…」テープを入れて再生する。
「これだわ、間違いない!」ベッドの上に横になり、画面を見つめると、全裸の男女が映し出され抱
き合う。
「あんな、太いのが入るんだ…」膨らんだ肉竿が、淫裂に入っていくのを見つめていると、淫裂の中
が熱くなってきた。
「私もセックスしたい…」自然に手がバスタオルの結び目を解いて淫裂を撫でだす。

 『あ、あ、あ~!』画面から聞こえる喘ぎ声に、指の動きも早まっていく。
「入れて…。私の膣に入れて…」妄想しながら、指を膣に入れ動かし、別な手が乳首を摘みだし、暫
くすると『お願い、後ろからして』四つん這いになっての結合に変わった。

 「私も、後ろからして…」ベッドに頭をつけ、尻を持ち上げて淫裂を弄っていく。
「いいわ、凄くいい。早く出して!」美樹は自分の指で絶頂を向かえた。
それに合わせるかのように『いいわ、もっと出して!』淫裂から液体を流し出した。
「射精して、私の性器にも射精して…」指を激しく動かし「あ、あ、あ~」と声を上げ、動きを停め
ると、そのまま意識が遠退き眠り込んでしまった。

 翌日、美樹は10時に目を覚ました。
「もう少し寝たいのに…」目を擦りながら起きあがると、美樹の裸体が陽射しにキラキラ輝いている。
「今日は、どれにしようかな?」起きると下着を選んで「これにしよう」白いレースの下着だ。
選ぶと、真っ先にパンティから履いたが、レースは股間の絨毛を透かしている。
「ヘアが見えているけど、たまにはいいかも」股間を確かめると、ブラジャーを着けるがやはり、乳
首と乳輪が見えている。
「こんな姿で、男の前に立ちたいな…」独身の辛さを感じながら、下着を着るとスーツを着込み、勤
務先に向かった。

 テレビ局に入ると「田中君、明日はこれを頼むよ」と上司の江藤から計画書を渡された。
それを見て「え~。私がですか。もっと若い子がいいと思いますが?」声をあげた。
「君しかいないよ、頼むからね」そう言われれば、逆らえず「わかりました」そう言って計画書をジ
ッと見つめた。

 美樹は計画書を読むと、スタッフと一緒に現場に向かった。
「美貴さん、始めての水着ですね。楽しみにしていますよ」とスタッフが声を掛けてきた。
「いやだわ。私が、どうして水着にならないとけないよ!」不満そうに言うと「その内、いい事あり
ますよ。王子様が現れて、プロポーズされたりして…」
「そんな子供じゃあるまいし」恨めしそうにスタッフと話していると目的の場所に着いた。

 「今日は、このままでいいです。でも、明日はお願いしますよ」
「わかったわよ。ワンピースはイヤだから、ビキニでいいでしょう?」
「勿論です。それから、変な事言いますが、ヘアも手入れして下さいね。見えたら困りますから」
「ヘアは大丈夫よ。そんなに、ぼうぼう生えていないし…」
「それならいいですが、万が一がありますから。よそで、実際にあった話ですから、慎重にお願いし
ますよ」
「わかりました、手入れしておきます」うんざりとした顔で、車から降りた。

 美樹が建物の中に入ると、屋内プールが目に止まり「大きいわね、こんな所にあるなんて」信じら
れないと言った顔で、中を調べる。
「あら、ドアが開いている!」完全に締まりきってない、ドアがあった。
何気なく覗くと、全裸の男がいて(オチンチンだわ、オチンチンを出してる…)ぶら下がった肉竿に
動きが停まり、ジッと見つめていると、男は水着を着だした。

 (何だ、もう終わったのか…)ふと、男を見るとこの前インタビューをした浅野佳太だ。
(浅野さんのヌードを見てしまったわ)気まずそうに、その場を離れスタッフの元に戻ると、スタッ
フと一緒に、プールサイドでリハーサルを始めた。
すると「あれ、この前のアナウンサーじゃないか!」浅野が声を掛けてきた。
「浅野さん、どうしてここに?」
「僕は毎日ここで泳ぐんだ。俳優も体力勝負だからね」その言葉にスタッフも「面白いや、明日は浅
野さんにも出て貰おうよ」浅野の出演も決まった。

第2話 収録

スタッフとリハーサルを終え、マンションに戻ると服を脱ぎ「ヘアの手入れだなんて…」不満を言
いながら、パンティも脱いで、下半身を剥き出しにする。
「私のヘアって、多いのかしら?」ビデオでは、女性の絨毛が股間にわずかしかなく、淫裂が剥き出
しになっていた。
「全部、剃った方がいいのかしら?」鏡を見ながら、ハサミで短く切り、浴室に入ると石鹸を泡立て
て、恥丘に塗っていく。

 「とにかく、危ない部分は剃らないと」カミソリを持ち、淫裂の周りの絨毛を剃りだした。
「ジョリ、ジョリ!」絨毛が消えて、淫裂が露わになってきた。
「これが、私の性器なの?」鏡に映し出された淫裂は、まだピンク色をしており、はみ出した肉襞の
先端もピンク色をしている。

 美樹は、丁寧に淫裂の周りを剃ると、恥丘の絨毛も剃りだした。
「少しだけ、残さないと勘違いされるし…」無毛症と勘違いされたくないから、わずかに絨毛を残し
て剃り「これで、いいわ」シャワーで全身を洗うとベッドで横になった。 

 横になって休んでいると、浅野の事が思い出される。
「あのオチンチンが、ここに入ったら痛いだろうな…」思いながら淫裂を触り出す。
「あの人、オッパイも揉みながら、セックスするのかしら?」乳房を掴み乳首を摘む。
「誰でもいいわ。早く私を奪ってよ」浅野に抱かれている自分を妄想をしながら、淫裂と乳房を触っ
ていく。

 「後ろからよ。後ろからして…」四つん這いの妄想をして、指の動きを早めめると、動く度に「ク
チャ、クチャ!」と音が出て行く。
それに、淫汁が流れてベッドを濡らしている。
「出して、私の膣の中に出して!」背中が反り返り、絶頂を向かえ「いいわ、凄くいい!」そう叫ぶ
と、バッタリと動きを停め、胸を波打たせている。
「気持ちよかった。あの人で行くなんておかしいわ。きっとオチンチンを見たからだわ」息を弾ませ
ながら静かにしていると眠り込んでしまった。

 

 翌日、美樹はスタッフと昨日の場所に向かった。
建物に入ると「着替えるから、覗かないでよ!」そう言って、更衣室に入ると中は殺風景で、ロッカ
ーと鏡が置かれているだけだ。
「鍵は掛けたし…」鍵を確認すると、服を脱ぎだし、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。
「ヘアは、これで平気だわ」鏡に写る無毛の淫裂を見てから水着を着ていく。
「そうだわ、乳首が立つといけないし」流行のヌーブラを、パット代わりに乳房に押しつけ水着を着
込む。

 「これでいいわ。乳首のラインも出ないし」淫裂と乳首のラインを確認し、外に出ると「美樹ちゃ
ん、いいスタイルしてたんだね。モデルもいけるよ」スタッフが声を掛けてくる。
「お世辞は嫌い。こんなに、貧弱なオッパイなんだから…」手で胸を隠すと「そんな事ないよ、自
信持った方がいいよ」浅野が話し掛けてきた。
だが(見た事もないくせに、よく言うわね)と黙ったままだ。

 それに気づいたスタッフが「浅野さん、そろそろ始めましょう」と割り込み「そうですね、早くや
ってのんびりしたいし」
「それでは、始めます!」こうして収録が始まった。
美樹は、昨日のリハーサル通りに話していくと、途中から浅野も加わり解説していき「はい、休憩で
す!」収録から1時間が過ぎて休憩となった。

 「ねえ、今夜付き合わない?」浅野がモーションを掛けてきた。
「私は、その気がないですから…」
「でも、男の素っ裸は興味あるんだろう。更衣室を覗いたりして…」その言葉に、顔から血の気が引
いて行く。
「そんな、素っ裸だなんて…」声も震えている。

 「僕は知っているよ。付き合ってくれるなら、誰にも言わないよ」それには(私が覗いていたのを
見られたのかしら…)不安になってしまった。
「返事は、収録が終わってからでもいいよ」ニヤニヤしながら浅野が話す。
(どうしよう。覗き見を喋られたら困るわ。でも、この人は手が早そうだから、セックスを要求され
る…)項垂れて、黙り込んでしまった。

 それから直ぐに収録が開始され、終わったのは5時過ぎだ。
「お疲れさまでした」スタッフが後かたづけをする中、美樹は更衣室に入って着替えていく。
「今夜だけは、付き合うしかないわね…」水着を脱ぎながら、全裸になると濡れた体を拭き、服を着
込み、外に出ると浅野が待っていた。
「今夜だけよ。そのつもりでいて」
「わかっていますよ。僕が送りますから」2人は、スタッフと別れ浅野の車で街に向かった。

 浅野は、行き付けのレストランに入りディナーを注文し、美樹もそれに倣っている。
やがて、出された食事を摂り、店を出るとマンションまで送られた。
「そうだ。帰ったら、これを直ぐに見て。そうしたらここに電話を」メモを渡し、美樹はそれを受け
取り、車を降りると自宅に向かう。

 「全く、なんて子よ!」愚痴を言いながら、服を脱ぎ、渡されたビデオを再生した。
暫く、砂嵐状態が続いてから女性の姿が映し出され「ま、まさか!」それを見て美樹は声を上げた。
女性は服を次々と脱いで、全裸になったが、絨毛は恥丘にわずかに残されているだけで、淫裂が剥き
出しになっている。
「そんな、そんな!」間違いなく、女性は美樹で、隠し撮りをされた。
顔もハッキリ映っているし、乳房や無毛の淫裂も映っている。

 「どうしたらいいのよ。このままだったら、アナウンサーをやめさせられる…」動揺しながら浅野
に言われた番号に電話を掛けた。
「もしもし、浅野さんですか?」
「そうです。あのビデオが気に入って貰えたようですね」
「卑怯よ、あんな事して、何が目的なの?」
「ここでは何ですから、外に来て下さい」
「わかった、今行く」電話を切ると、急いで服を着込み部屋から出た。
(体が目当てね。私の体を奪うつもりだわ)息を弾ませ、入口に向かうと浅野が待っていた。
「今夜は、付き合って貰いますからね」黙ったままの美樹を車に乗せ、暗闇の中を走り出した。

第3話 アジト 

  浅野は、ビル街の中を走り、地下駐車場に車を停めた。
「ここは僕のアジトでしてね。誰も知らないから安心ですよ」そう言いながら、建物に入り、エレベ
ーターで4階まで登り、出ると直ぐ前にドアがあり、2人は中に入った。
「浅野さん、あれはどういうつもりです。私の隠し撮りだなんて…」
「仕返しをしたまでです。私の裸を覗いたお返しですよ」
「あれは、見たくて見たんじゃありません。偶然に開いていたから…」

 「覗いた事には、間違いないでしょう。だから、僕もあなたの裸を撮ったんです」
「あれを、どうする気ですか?」
「あなた次第です。あなたが言う事を聞くなら、闇に放りますが」
「どんな事が、望ですか?」
「裸です。あなたの裸を見たいです」浅野の言葉に、美樹は言葉が詰まった。

 少し間をおいて「私のヌードを見て、どうするの?」聞き返す。
「抜きたいんですよ。あなただって、僕のチンポを想像しながら、やっているでしょう?」
「そ、そんな、オナニーだなんて…」当たっているだけに、言葉が出ない。
「見せてくれますよね。あなたの素っ裸を!」目を輝かせて言う。
(どうしよう。ビデオは秘密にしたいけど、ヌードになるのはイヤだし…)暫く迷ったが「今夜だけ
よ、今夜だけならヌードになるわ」承知した。
「それでもいいです。今夜だけでの裸でも」笑顔で浅野は返事する。

 
 浅野が承知すると、美樹は服を脱ぎだし、スーツ、ブラウスと脱いで下着姿になった。
「いいですね、白のレースも」白い下着に満足げだ。
美樹は背中を向け、パンティを掴むと「ダメだ、こっちを向け、こっちを向いて脱ぐんだ!」浅野に
怒鳴られた。
「そんな、正面で脱ぐなんて…」泣きそうな顔をしながら振り返り、パンティを引き下げていく。
パンテイが下がると、股間が露わになり「いいですね、ヘアを剃ったオ○ンコもいいですね」無毛の
淫裂に上機嫌だ。

 美樹はなおも引き下げ、足を上げて、下半身を剥き出しにした。
「どうせなら、全部剃りましょうよ。なんなら、僕がお手伝いしますが…」
「全部はイヤ。ここだけ残すの!」慌てて、両手で恥丘を隠し、首を振りながら言うと「わかりまし
た。それならいいです」以外にも、素直に引き下がった。

 (よかった。全部は剃りたくないし…)美樹は、淫裂を見られながら、両手を背中に回してホック
を外すと、カップから乳房が飛び出した。
「大きいですね。Cはありますね」揺れる乳房を、ジッと見ている中、美樹は肩の紐を外し、両手を
下げてブラジャーを脱ぎ、全裸を浅野に晒した。
「いいですね。それじゃ、僕もヌードになりますか…」項垂れる美樹の前で、浅野は服を脱ぎ、ズボ
ン、シャツ、パンツと脱いで、美樹と同じく全裸になった。

 「田中さん、見て下さい。これが、僕の素っ裸ですよ」その言葉に、美樹が顔を上げると(オチン
チンが、大きくなっている!)肉竿は美樹の全裸に刺激され、膨らみきっている。
「お願い、セックスは許して。まだ、したくないの…」肉竿に怯え、淫裂を押さえながら言う。
「セックスなんて、しませんよ。田中さんがしたいというなら別ですが。それより、口でやって下さ
いよ」
「口で、何をするの?」
「やだな、知っているくせに。フェラですよ、フェラして下さいよ!」
(そんな、オチンチンをなめろだなんて…)顔が強ばった。

 「やらないんですか。フェラしないなら、僕も考え直しますよ」
「待って、やります。ですから…」美樹は、立った浅野の前で膝を付け、肉竿を掴んだ。
(熱い、オチンチンが熱い!)掴んだ手で、肉竿を吸う回擦ると口を押しつける。
「そうです、それでいいんです…」浅野は手を伸ばし、乳房を揉みはじめ、時折、乳首も摘んだ。
美樹も「ウグ、ウグ!」と頭を振りだすが(オチンチンが咽に刺さる…)吐き気を感じている。

 それでも、口を動かし続けると浅野も絶頂を向かえ、放出寸前になった。
(イヤ、射精しないで。口の中では出さないで!)頭を上げようとしたが、押さえられ逃れられない。
「ウ、ウ~!」首を振るが、咽奥に不快な液体が漂いだした。
(出さないで、イヤ~!)肉竿の先端から、全てを噴射すると「出したよ」浅野が肉竿を抜いた。
すかさず「オェ~!」堪えきれず、両手に吐きだし浴室に飛び込んだ。
「気持ち悪い…」幾度も、うがいをしてから戻ると、浅野がグラスにウィスキーを注いでいた。

 「これを飲んで!」渡されたウィスキーを飲み込むと「田中さん、これからは美樹と呼ばせて貰う
よ」甘えるように浅野は乳房を揉みだす。
「こんなおばさんより、もっと若い子が、いいんじゃないの?」
「そんなこと、ないですよ。美樹さんはまだ若いです」乳首を吸われると、母性本能がくすぐられて
「あ、あ、あ~」声を上げ体を反らせた。
「気持ちいいんですか?」そう言って、なおも吸うと「よくない、こんなのよくない…」言いながら
も、浅野の頭を抱きしめている。

 浅野は、乳房を吸った後、淫裂を舌でなめだした。
「ダメ、そんなのダメ…」敏感な部分をなめられ、太股が震えだし「わかった、もうしないよ」あっ
さり手を引いた。
(よかった。何もされないで)そう思った瞬間、美樹はベッドに押し倒された。

 「やめて、セックスしない約束よ」
「セックスはしないよ。僕と一緒に、寝て欲しいだけだよ」甘えるように、足を絡ませ抱き付く。
「約束よ、セックスしないって!」
「わかっている。このまま一緒に寝るだけさ」浅野はその言葉通りに、手を出さない。
美樹も安心したのか、眠り込んでしまった。

 翌朝、美樹が目を覚ますと浅野はいない。
「よかった、何もされずに済んで」毛布を捲り、起きあがると恥丘の絨毛が消えていた。
「そんな、ヘアがないなんて…」わずかに残された絨毛が消え失せ、オロオロするばかりだ。
「とにかく、ここから出ないと」急いで服を着込み、建物から出て街を歩くと地下鉄が目に入る。
「早く戻らないと…」地下鉄に飛び乗り自宅に戻った。

第4話 約束

 美樹がマンションに戻ると同時に携帯が鳴った。
「もしもし、田中ですが…」相手は浅野だったから「どうしてくれるのよ、ヘアを剃るなんて酷いわ」
怒りをぶつけた。
「面白いからやったんだ。それより、今日は下着は無しだよ」
「馬鹿言わないで。そんな事できるわけないでしょう!」
「イヤか。だったら、メールを送るよ」暫くしてから携帯に画像が送られた。
「酷い、ヌードを撮るなんて…」体の震えが止まらない。

 「気に入ったかい、寝ている間に撮ったんだ。もっとあるよ」
「やめて、お願いですからやめてよ」
「だったら、下着無しだ。わかったね。ごまかしたって、わかるからね」
「わかったわ、直に着ればいいんでしょう」
「そうだ、今すぐ素っ裸になるんだ」美樹は言われた通りに服を脱ぎ、パンティ、ブラジャーと脱い
で全裸になった。

 するとまた電話が鳴った。
「素っ裸になったか?」
「脱いだわ、フルヌードよ」
「そうか、それならカーテンを開けろ」
「イヤよ、ヌードを見られたらどうするのよ」
「そんな事気にするな。とにかくカーテンを開けて素っ裸を見せろ」
「できない。ヌードを晒すなんてできない!」

 「イヤならそれでいい。この写真をばらまくだけだが…」
「やめて、それだけは…」
「いやならやるんだ。カーテンを開けろ」美樹は嫌々ながら窓のカーテンを開けた。
「もっと近づけ、見えないぞ」言われる通り、ゆっくりと窓に寄っていくと「そうだそれでいい。オ
○ンコを広げろ」
「許して、そんなのできない…」
「やれ、オ○ンコを広げるんだ!」強引だから渋々窓に立った美樹は指で淫裂を広げた。
「オ○ンコの中が見えたぞ。もう服を着ていい」浅野が言うと急いで離れ服を着だした。
「一体どういうつもりかしら?」不安を感じながらスーツを着込みむとテレビ局へと向かった。 

 テレビ局に着くと「田中君、これを検討してくれ」江藤がら計画書が渡された。
「バラエティですか?」
「そうだ、君に頼みたい。相手は浅野佳太だ」
「浅野さんですか…」呟くように言うと「早速だけど当たってくれ。君のレギュラーなんだからね」
激励された。
「わかりました、頑張ります」とは言ったが(浅野さんじゃ、何されるかわからないわ)不安になり
ながら書類を見ていく。

 そこに「よ、昨日の収録は楽しかったよ」と浅野が現れた。
「浅野さん、どうしてここに?」
「打ち合わせさ。何でもレギュラーをやって欲しいと言われて」そう言うと江藤と話しだす。
暫くしてから「田中君、2人で決めてくれないかな」と江藤が言う。
「わかりました。会議室をお借りしますね」美樹は浅野と一緒に会議室に入った。

 浅野は会議室に入るなり「見せろ、下着のない姿を!」と言いだした。
「ここじゃイヤ。別な場所でお見せします…」
「ダメだ、ここでだ。見せないなら責任持たないからな」
「わかりました。ヌードを見て下さい…」顔を強ばらせスーツとブラウスのボタンを外していくと上
から胸が開いて、乳房が露わになってきた。
「もっと広げろ!」ボタンを外すとさらに前を広げて乳房の全てを露わにした。

 「いいね、その姿も」浅野はカメラで撮った。
「撮らないで、お願いです!」慌てて胸を隠したが遅かった。
「手を退けろ、それに下も見せろ!」弱みを握られたからには従うしかない。
スカートを捲り上げ下半身も露わにすると淫裂からはみ出したピンクの肉襞が震えている。
「お願い撮らないで。これは撮らないで下さい」頼み込んでも「ダメだ、手を退けろ」と乳房と淫裂
を露わにした姿が撮られた。

 「下着がないのはわかった。本題に入ろう」カメラを仕舞い乳房を揉みだした。
「やめて、乱暴にされると痛いんです」

「わかった、これでやめるよ」淫裂を触ると手を退けた。
美樹は急いで服を直し、新番組の打ち合わせを始めて1時間ほどで終えた。
「今夜も付き合って欲しいな」帰り際に耳元で言う。
「セックス抜きですよ、それならかまいませんが」
「勿論だよ、例のアジトだからね」浅野は鍵を渡し、美樹はスタッフと打ち合わせをしてから夜の7
時にテレビ局を後にした。

 局を出ると車を飛ばし、浅野のアジトと着くと先に浅野がいた。
「待っていたよ、これを見てくれ」局で撮った写真を見せた。
「イヤ、見たくない!」顔を背けたが、美樹が乳房を露わにし、淫裂を剥き出しにしている。
「しかし、よく撮れているよな。これを見たら、パイパンに驚くだろうな」
「それだけはやめて、お願いします」
「それなら、お礼が欲しいな。いいだろう?」
「セックスですか?」
「それも悪くないが、今夜のパーティに付き合ってくれないかな」
「わかりました、お付き合いします」美樹はパーティと聞いて承知してしまったが、後で悔やむ事に
なる。

 美樹が出席を承知すると、2人はアジトから出て、高級住宅街にある屋敷に入った。
屋敷には20人近い男女がおり「確か、女優の上月晶子さんだわ、それに…」俳優や女優、それに音
楽家など有名人ばかりがいる。
美樹は浅野に肩を抱かれて皆に紹介された。
「女子アナか。それもいいね、今夜の生け贄にはこの人だな」主催者の売れっ子俳優、中野伸吾が言
った。

 「そうね、今夜は初めてだから顔見せにもなるしね」
「顔見せじゃなく、オ○ンコ見せだよ」笑い声が上がり美樹は(何よ、この人達。イヤらしい事言っ
て…)不安になってきた。
そんな美樹に晶子達女性が寄ってきて「生け贄って、わかるわよね」話し掛ける。
「何の事でしょう、意味がわかりませんが?」
「鈍いわね、ここで裸を晒してホステスをするのよ」「そうなの、オッパイと性器を丸出しにするの
よ」女性達はニヤニヤしながら言う。

 「イヤよ、そんな事イヤ。私は裸にはならないから」
「あら、そんな事言っていいのかしら。私がお宅のテレビに出るのはイヤだと言ったら、困るのは誰
かしら」
「そうよ、女子アナに侮辱されたと言ったら、あなたの立場はないわよね」
「そんな事やめて、お願いです」
「だったら、生け贄になるのよ」取り囲む女性達の眼が血走っている。

第5話 パーティ 

 美樹は(何よこの人達…)血走った顔に「イヤ、来ないで、イヤよ!」後ずさりするが、押さえ込
まれた。
「脱ぐのよ。全部脱いで、素っ裸になるの!」美樹の服が脱がされ「助けて、浅野さん。助けて~!」
美樹が助けを求めても、誰も助けようとはせず黙ったままニヤニヤ見ているだけだ。
「イヤ、やめて、お願いです!」泣き声で頼んでもスーツを脱がされ、ブラウスからは乳房が透けて
見える。

 「ノーブラよ、いい度胸しているわね」ボタンが外され膨らみが見えてきた。
「綺麗ね、女子アナには勿体ないわ。女優でもやっていけるわよ」ブラウスも脱がされ、上半身を剥
き出しにされた。
乳房を露わにすると、スカートに手が掛けられ「やめて、そこはイヤ、絶対イヤ~!」バタバタする
が「静かにしなさい!」晶子は両乳房を鷲づかみした。

 美樹は「うっ~!」息が詰まって動けず、その隙を狙い飛鳥がスカートを引き下げた。
当然「パイパンよ、ヘアがないわよ!」その声に皆の目が美樹の淫裂に向く。
「まだ、綺麗じゃないか…」綺麗なピンクに、歓声が上がるが「見ないで、お願いです!」性器を見
られ泣き出した。
「泣く事ないわよ。いい事してあげるんだから」泣く美樹をテーブルに仰向けに寝かせ、両手足をテ
ーブルの足に縛り、足も限界まで開かされ、淫裂が口開いている。

 「これで準備はいいわ、後はやってよ」
「わかったよ、任せろ」野中はワインを持ち美樹の淫裂に押し込んだ。
「やめて、へんな事しないで!」冷たいワインが膣の中に入ってきた。
中野は淫裂からワインが溢れ出るとビンを抜いて口を押しつける。
「やめて、汚いからやめて!」腰を動かすが、中野が口で淫裂を吸うと「あ、あ、あ~」声を上げ腰
が浮き上がった。
それを見て「こっちも準備しないと」今度は晶子達女性が脱ぎだし「あんた達も脱がないと」男性も
急かされ脱ぎ出した。

 そして、皆が服を脱ぎ出すころ「フ~。オ○ンコ酒は効くよ」膣の中からワインが出なくなると中
野が顔を上げた。
「交代だ、俺にもやらせろ」別な男がまた淫裂に、ワイン瓶を押し込み「やめて、性器に入れないで、
お願いよ~!」叫んでも膣の中が冷たくなっていく。
「どれ、いただくか…」ビンが抜かれ、また口が押しつけられると美樹は「イヤ、イヤです!」声を
上げ腰を動かしている。
一方、手の空いた男は、女性を四つん這いにして抱き付いていた。
腰を押さえ、肉竿のピストンが始まると「いいわ、もっと奥までして~!」と声を上げている。

 男達が、美樹の淫裂を吸い終えると「今度は私達の番ね」女性達が周りを取り囲み「晶子、始める
わよ」細身のバイブが淫裂に押し当てられる。
「ウィ~ン!」と言う音と共に、振動が淫裂を刺激していく。
それには「ダメ、イヤ、やめて~!」逃れようと腰を浮かせ、動かしていく。
「あんた、敏感なのね。ここはどうかしら?」今度はクリトリスに押しつけた。
「ダメ、やめて、そんのイヤよ~!」太股だけでなく、はみ出した肉襞も震えだした。
「晶子、私も負けないわよ」飛鳥も加わり、晶子に負けじと、乳房を揉みながら乳首を吸いだす。
2人の責めに「ん、ん~!」鼻から息が抜けていき(やめて、そんな事したら声がでちゃう…)淫裂
も濡れて、声を出すまいと堪えていた。

 やがて、膣の中が蜜で溢れ外に流れ出ていく。
「見て、膣が濡れてきたわよ」見ていた者が気づいて声を上げた。
「ホントだ。この際だから、本物でやろうよ」浅野が足の間に入った。
「やめて、レイプはイヤ!」首を振って逃れようとするが無理だ。
「やりたいんでしょう。正直に言いなさいよ!」
「そうよ、素直に言うのよ!」晶子と飛鳥が乳首を噛んだから「ギャ~!」体を震わせた。

 「言うんだ、オ○ンコしたいんだろう?」浅野もクリトリスを潰す。
「言います。セ、ッ、ク、ス、し、た、い…」途切れ途切れに言うと「セックスじゃないよ、オ○ン
コだ。言い直せ!」浅野の指に力が入った。
「ヒ~。お、オ○ンコ、して、下さい…」顔を歪めながら言うと「そうか、そんなにしてやりたいな
らやってやるぞ」肉竿を掴むと淫裂に押し込んだ。
(膣にオチンチンが…)「あっ!」と声が出た。

 「いいわね、好きな事して貰えて。せっかくだから」晶子と飛鳥はカメラで撮り始める。
「イヤ、写真はイヤです。お願い、撮らないで~!」叫んでも、淫裂に肉竿が押し込まれたのを撮ら
れていく。
「それなら、俺も頑張らないとな」浅野は、根本まで入れるとピストンを始め「ヌチャ、ヌチャ!」
淫裂から音が出ていく。
「ダメ、ゆっくり。もっと、ゆっくり…」美樹は淫裂から汁を流し、肉竿に合わせて腰を動かした。
「気持ちいいのね。汁がタップリ流れているし」
「そうみたいだな、俺もオ○ンコしてやらないとな」食い入るように見つめていた。

 やがて「限界だ。出す訳にも行かないしな」浅野は肉竿を抜いた。
「交代だ。俺が次だ!」今度は中野の肉竿が美樹の淫裂を突き刺しだす。
それには、前にも増して「あ、あ、あ~」声を上げ、腰を動かし続けた。

 一方「浅野さん、私に後かたづけさせてね」晶子が浅野の正面に腰を降ろし、濡れた肉竿を掴むと
擦りだした。
「頼むよ、抜きたいし」浅野も乳房を掴み揉んでいく。
「わかった、やるわよ」今度は、膨らんだ肉竿を口に入れ頭を振っている。
「フグ、フグ!」口がヌルヌルした肉竿を飲み込んでいくと「いいよ、凄くいい~!」満足そうに体
を反らしている。

 晶子が口の動きを早めると浅野が噴射を始め「出た、出た!」腰を密着して身震いをし、絞るよう
に、最後の一滴まで出し終えて肉竿を抜いた。
「よかったよ、凄くよかった…」満足したのか、肉竿は小さくなっている。
「今度は、私とオ○ンコして」口を拭きながら晶子が言うと「わかった。次は晶子とやるよ。それよ
り、あれもやるんだろう?」
「勿論よ、男が終わってからだけど」
「そうか、楽しみにしているよ」浅野は美樹を見つめていた。
その目の前で「限界だ、次と交代」中野が肉竿を抜くと別な男が淫裂を突き刺していく。
中野も「私にさせて!」口で処理されている。
こうして、美樹は6人の肉竿で淫裂を突かれた。

 美樹が肉竿から解放されると、女性達が取り囲む。
「やめて、もう膣が壊れそうです…」泣き声で叫ぶと「わかったわよ、その変わり、あんたが口でや
るのよ」クンニを命じる。
「口で、ですか?」
「そうよ、指も使って。意味、わかるわよね?」それには黙って頷いた。
「わかればいいわ、解いて上げる」縛った手足が解かれ、自由が戻ると縛られた後を撫でていく。

 「最初は私からよ、やって!」晶子が美樹の前に立った。
美樹は正面に腰を降ろし淫裂を撫でていく。
「そうよ、わかっているじゃないのよ…」そう言いながら、頭を押さえ淫裂に押しつけた。
(待って、まだ準備が出来ていないのよ)口が淫裂に押しつけられ、仕方なしに舌でなめだした。
すると「あ、あ、あ!」体を反らせながら声を上げた。
(こんな事、したくはないけど…)指で淫裂を広げ、膣の中に舌を入れた。
「いいわ、凄くいい!」美樹の髪の毛を掻き回しながら腰を動かしていく。

 「いい眺めだ。面白よ」浅野や中野はカメラで撮りだした。
(撮らないで。今は撮らないで!)顔を背けたいが、頭を掴まれ動けない。
横から淫裂をなめている様子を撮られていく。
「晶子、もういいでしょう、交代して!」
「わかった。次は飛鳥の番よ」相手が変わり、また指で淫裂を広げ舌でなめた。
この後も次々と相手をさせられた。

第6話 中出し

 それから数日後、美樹と浅野の番組の収録が始まった。
収録が始める前に、ゲストの中野との打ち合わせが行われる。
「美樹、始まる前に素っ裸を見せて欲しいな」会うなり言い出し「そんなの無理です、スタッフもい
ますし…」これ以上裸を晒したくないから言い訳した。
「裸にならないなら帰るよ。それでもいいんだね?」中野は強く出た。
「お願い、虐めないで。他の人に見られたら困りますから」頭を深々と下げるが「美樹、脱げよ、鍵
を掛けて置くから」浅野もなおも言う。

 それには(やるしかない。もし、収録できなかったら私の首が飛ぶし…)強ばった顔をしてスーツ
を脱ぎだした。
ブラウス、スカートと脱いで紫の下着姿になると美樹はパンティを引き下げ股間を露わにすると、そ
こには、コケのように絨毛が生えている。
更に両手で背中のホックを外し、乳房も露わにすると、両手を後ろで組み、2人の前に立った。
「これで、いいですよね?」目の下が赤く充血しており「いいよ、そのままだよ」2人は全裸を晒す
美樹にカメラを向けた。
「イヤ、写真はイヤです。撮らないで!」両手で胸と股間を押さえうずくまった。

 「手を退けろ。撮らせないなら、この服は捨てちゃうぞ」脱いだ服を浅野が押さえた。
「やめて。そんな事したら、私のヌードが…」
「だったら、手を退けて、素っ裸を撮らせろ!」そう言われれば逆らえず、両手を下げて、立ち上が
った。
「笑え、笑顔になるんだ!」作り笑顔になり乳房と淫裂を晒した。
「いいぞ、その顔がいいよ」逃げたい気分を堪えてカメラに収まっていく。

 「よし、次はこれだ!」中野が美樹の背中から抱き付き、淫裂に肉竿を押し込んできた。
「だめ、そんなのだめ…」拒んでも、肉竿が膣を押し広げ、入り込むとピストンを始める。
「気持ちいいよ、最高だな」腰を押さえ満足そうに腰を振り続けるが「撮らないで、お願いです」頼
み込んでも浅野はやめず撮り続けた。

 その間にも中野が絶頂を向かえ「出すぞ、オ○ンコの中に」美樹の腰を押さえている。
「イヤ、お腹はイヤ!」首を振って拒むが、膣の中に暖かい液体が漂いだした。
「イヤ、射精なんてイヤ…」力が抜けていき、淫裂から白い精液がこぼれだし「よし、もういいぞ」
肉竿を抜くと、淫裂にティッシュを当てて、精液を拭き取っていく。
その後服を着てやっと打ち合わせが始まり、収録を無事に終えた。

 収録を済ますと美樹は病院に行って診察を受けた。
「失敗しまして…」恥ずかしそうに説明すると膣が洗浄され避妊薬も処方され「これで妊娠は大丈夫
だけど…」妊娠の恐れは消えたが、これからの事に不安を感じている。 

 その不安が的中し、収録の前には必ずゲストに体を求められている。
「イヤです、ヌードにはなれません!」と断っても「中野とはオ○ンコしたそうじゃないか。俺にも
やらせないなら、番組に出ないぞ」と脅され渋々全裸になってヌードも撮られ、その後は淫裂に肉竿
が押し込まれて、射精されていく。
(こんなのイヤ。いくら妊娠しないからと言っても…)悔しさを堪え淫裂からこぼれ出る精液を拭き、
服を着てから打ち合わせが行われた。

 
 だが、この事が秘密にされている事はなく、ふとした事から、美樹と浅野のセックス写真が上司の
江藤に渡ってしまった。
江藤は早速、美樹と浅野を呼んで問いつめ「これは、田中君の写真だね?」全裸写真を見せられては
反論しようがなく、美樹は顔が真っ青になり、全身が震えている。
それでも江藤は「こんなのもあるよ」フェラしている写真も見せた。
「浅野君、こんな事されちゃ、困るんだよね」
「仕方なかったんです。美樹さんからオ○ンコしてくれと頼まれて…」それを聞いて(嘘よ、そんな
事、言った覚えないわ!)反論したいが写真を見せられては黙るしかない。

 「そうか、そんなに裸になりたいのか。だったら、ここでも見せてくれ」江藤は美樹に全裸になる
よう命じた。
(そんな、ここでヌードになるなんて…)顔を強ばらせ、黙り込んだままだ。
「やらないならクビだ。それでもいいんだな?」
「イヤ、クビはイヤです、お願いですから、クビにだけはしないで下さい!」そう言うと、スーツに
手を掛けた。
江藤は「俺にも情けはあるぞ。言う事を聞くならクビにはしないさ」美樹の脱いでいくのを、ジッと
見ている。

 美樹はスーツを脱ぐと、下着も脱いで全裸になった。
「手を退けて!」股間を押さえた両手を退け、短い絨毛に覆われた淫裂を晒していると「剃っている
のか。どうせならここだけ残した方がいいぞ」指で恥丘を撫でていく。
「そうします…」項垂れて返事をした。

 「素直でよろしい。それから、俺にもやらせて欲しいな」指が淫裂の中に入った。
「せ、セックスがお望みで?」美樹は泣き顔になった。
「そうだ、ここでやってくれ」チャックを引き下げ肉竿を取りだすと「わかりました…」椅子に座っ
た江藤の膝に跨り、肉竿を淫裂に迎え入れる。
「うっ!」呻き声を上げ、なおも腰を沈め、密着していく。
「気持ちいいよ。田中君のオ○ンコは締め付けがいいね」満足そうに腰を振り「あ、あ、あ~」肉竿
が淫裂の中をピストンしていく。
「今度は田中君がやるんだ。こういう風に!」
「わかりました。そうします…」顔を歪めて、腰を動かすと「ヌチャ、ヌチャ!」淫裂から音が出始
めた。

 それまで黙っていた浅野も「江藤さん、記念ですよ」また、写真を撮り出した。
「うまく撮ってくれよ」乳房を揉み始める。
(イヤよ、写真はもういやです…)泣き顔のままカメラに収まっていく。
「撮れたな、どれ仕上げだ」乳房を掴んだ手が、美樹の腰を押さえ、揺すりだす。

 それには「あ、あ、あ~」体を反らせ声を上げた。
「もうすぐだ、出すからな」江藤は乳首を吸いながら動きを早めていくが(出さないで、お腹に出さ
ないで…)そう願うが膣深く噴射されてしまった。
美樹は手で股間を押さえ、降りると「気持ちよかったから、クビだけは許してやる」満足そうに江藤
は肉竿を仕舞い込み、美樹も淫裂を拭いて服を着ていく。

第7話 スタッフ 

 美樹の服を着るのを見ていた江藤は思い付いたように「田中君、衣装を変えた方がいいよ」と言い
だした。
「これではいけませんか?」
「ちょっと、思い付いた事があってね。付き合ってくれ」美樹は江藤と一緒に衣装室に入った。
江藤が衣装担当者に、要望を出すとそれに合った服が渡され「田中君、これに着替えてくれ」美樹は
服を持って更衣室に入り、服を脱いで下着姿になった。

 「どんな服かしら?」渡された服を広げると「これを着るなんて…」後の声にならない。
胸の部分がくり抜かれて、裾が短く腰の両脇が透けている。
「下着は着れないわ」言われたからには逆らえず、パンティ、ブラジャーと脱いで着込むが、くり抜
かれた部分からは乳房の膨らみが覗きいて透明な部分からは腰が見えている。
「これで収録なんてイヤよ。タレントじゃないのよ」鏡に映る姿に涙が滲んだが、暫く鏡を見つめて
更衣室を出た。

 
 美樹は更衣室を出ると、収録スタジオに入ったが「み、美樹ちゃん!」スタッフも大胆な衣装に驚
き顔だ。
「そんなにジロジロ見ないで。恥ずかしいから」俯きながら、ゲストと話しあうと「いいよ、似合う
よ」ゲストは大胆にも手を伸ばし、開いた穴から手を入れ乳房を掴んだ。
「やめて、スタッフが見ています…」蚊のなりような声を上げ手を押さえた。
「わかったよ、その変わり、オ○ンコさせて貰うよ」ゲストも耳打ちする。
(またセックスを求められた…。やりたくないのに…)下を向いて黙ったままだ。
「約束だよ」そう言うと手を抜き、美樹はホッとしながら、スタッフを見回した。
(よかった、誰にも見られなくて)そう思いこんだが、それは間違いで、スタッフも一部始終を見て
いた。

 収録は2時間ほどで終わり、ゲストが待ち合わせ場所を告げて、スタジオから出た。
それを見送り終えると「美樹ちゃん、俺にもいい思いさせてくれよ」スタッフの1人が、くり抜きか
ら手を入れ、乳房を握りしめた。
「やめて、お願いです!」手を押さえるが、強引に狭い穴から乳房を引きずり出し「これが美樹のオ
ッパイか…」Cカップの白い乳房が露わにされ、ピンク色の乳首が固く膨らんでいる。

 「ダメ、見られたら困ります、ダメ!」小さな声で拒んでもその乳首が吸われた。
「ン!」背中を電気が走るような衝撃を感じ呻き声を上げてから「やめて…。お願いです…」目を閉
じ言う。
「わかった。今日はここまでだけど、次はもっとだよ」手が退けられ乳房も戻された。
美樹は急いで更衣室に飛び込み、衣装を脱いでいく。
「スタッフにまで脅されるとは…。これからどうなるのかしら?」不安を抱えて全裸になり、下着を
着込んでいく。

 翌日、出社すると美樹は江藤から呼ばれた。
「ちょっと、付き合ってくれ」そう言って美樹を会議室に連れ込む。
江藤は会議室に入るなり「脱げ、全部脱ぐんだ!」と命令した。
「そんな、ヌードだなんて…」怯えた顔をしながらも服を脱いでいく。
スーツを脱ぐと下着も脱いで全裸になった。

 「まだやってないか。どれ、俺がやるぞ!」箱からスプレーを取りだし、美樹の淫裂に吹き掛けた。
「な、何をするの。江藤さん!」
「手入れだよ。ここの手入れ!」何食わぬ顔で吹き掛け、カミソリを動かしだす。
「やめて、全部はイヤです。少しだけも残してください!」
「わかっている。オ○ンコの周りは全部だぞ」足を開かせ淫裂の脇から剃っていく。

 そして、淫裂を剃り終えると、恥丘に縦にわずかに残して他は全て取り払った。
「恥ずかしい。これしか残さないなんて…」
「外人はこうしてるぞ。見て見ろよ」確かに、金髪の女性は淫裂の割れ目の幅だけ絨毛を縦に残して
他は全て剃ってある。
「わかっただろう、これからはこうするんだぞ」そう言うと後片付けを始め、美樹は脱いだ服を着て
いく。

 服を着ると、江藤と一緒に戻ったが、「美樹ちゃん、ちょっといいかな?」番組のスタッフが声を
掛けてきた。
「いいですよ、今なら空いていますから」美樹は江藤に断りを入れて、スタッフの後を付いてスタジ
オに入ると、男性スタッフの皆がいた。
「美樹さん、これを見てよ」1人がモニターを指さすと美樹が映っている。
「よく見て、ゆっくり回すよ」スローで画像が流された。

 すると、男の手が、衣装のくり抜きに手を入れて乳房を揉みだした。
「これ、昨日だよ。昨日撮ったんだ」話し掛けられても黙ったままだ。
「声も入っているよ」音声が聞こえてくる。
『やめて、スタッフが見ています』
『わかったよ、その変わり、オ○ンコさせて貰うよ』と流れてくる。
美樹は耐えきれず「やめて、お願いです!」と叫び、耳を押さえうずくまった。

 「何も、美樹ちゃんを困らせようと言う訳じゃないんだ。こいつとオ○ンコやったんだろう?」
「正直に言えよ。言わないと、これを流すよ」
「それだけはやめて。確かにセックスしました…。でも、番組の為なんです…」泣き声になっていた。
「それはわかった。だったら、僕達にもいい思いをさせてよ。オ○ンコはしなくていいから」そう言う
と、美紀の服を脱がそうとする。
「やめて、イヤ~!」声を上げるが、防音の効いたスタジオでは何の意味もなく、あっけなく服が脱が
され、下着だけにされた。

 「やめて。お願いだから、オッパイだけにして。性器はやめて!」パンティを掴まれた途端に、声が
更に大きくなっている。
「見るだけだよ。だから、いいだろう?」勝手な解釈で、一気に引き下げると驚き顔になっている。
「ヘアがない、剃っている…」江藤に剃られたばかりの淫裂が露わにされた。
「僕はこれでもいいよ。ここにチンポが入ったんだね?」無毛の淫裂を指で広げられた。
「オッパイも、やられたんだろう?」ブラジャーも脱がされ、乳房を揉まれていく。

 美樹は同僚からの辱めに「う、う、う!」声を上げて泣きだした。
「何も、泣く事はないよ。それより、やってくれよ」チャックを引き下げ肉竿を掴み出した。
「わかっているよな。やらないと言うなら、オ○ンコに入れるぞ」
「やります。ですから、膣へは…」そう言って、肉竿を口に入れ「フグ、フグ!」頭を振っていく。
「気持ちいい。美樹ちゃんにやって貰えるなんて、最高だよ」満足そうに声を上げている。
「次は俺だよ」チャックを引き下げて、肉竿を露わにしていく。
(イヤよ。こんな事したくないのに…)そう思いながらも、皆の肉竿を口で処理させられた。

 それから暫くして、美樹が大胆な衣装を着た録画が放映された。
今にも飛び出しそうな乳房に、視聴者の反応は早く、週刊誌も写真入りで取り上げている。
それには、江藤も「思った通りになったな」満足そうに読んでいた。
だが、美樹は「タレントじゃないのに…」週刊誌に載った自分の写真を、恨めしそうに眺めていた。

第8話 水泳大会

 美樹はいつものように、局に入って準備をしていると江藤に呼ばれた。
「田中君、ちょっと付き合ってくれ」そう言って、会議室に連れ込む。
「どのような、用でしょう?」
「暫く家内が留守していてね。それで、抜かしてくれよ」ズボンを引き下げていく。

 「セックスですか?」顔が強ばった。
「そうだ、やらせてくれ!」美樹を机に寝かせ、スカートを捲り上げた。
「ダメ、こんな所ではイヤです!」
「やらせろよ。それに、オ○ンコを確認したいし」強引に、小さなパンティを掴んで脱がした。

 恥丘には、絨毛が縦に少し生えているだけで、割れ目が剥き出しになっている。
「行くぞ!」肉竿が淫裂に入り込み「あ、あ、あ~」すかさず、喘ぐ声を上げていく。
「気持ちいいよ。今度の衣装は、もっと過激なのを着てくれ」肉竿のピストンしながら言う。
「いやです。あんな、恥ずかしいのはいやです。オッパイが見られそうで…」目を閉じ答えた。
「これはトップの方針だ。着ないなら、あの写真をばらまくぞ」そう言いながら胸を広げ乳房を握り
しめた。

 「衣装を着ます…。でも、オッパイは撮らないで下さい…」
「わかっている。約束するよ」腰の振りを早めていく。
(戻れないんだ…。このまま行くしかない…)諦めると、膣の中に液体が漂ってきた。
「イヤ、射精はイヤです!」避妊薬を飲んでいるが、膣の中に出されるのはイヤだった。
「これがいいんだよ。スッキリしたし」肉竿を抜くと、白い精液がドット流れ出て、美樹はそれを拭
き取ってから服を着た。

 美樹は服を着て、机に戻ると同僚の紀子が「美樹、あんな服着て恥ずかしくないの?」と声を掛け
てきた。
「恥ずかしいけど、番組の為ですから…」
「よく言うわね。ゲストに抱かれるのも番組の為なんだ」
「そんな、抱かれているだなんて…」
「知らないとでも思っているの。浅野さんとは結構セックスしたそうね。それに、野中さんや遠藤さ
んともやって、機嫌を取っているそうじゃないのよ」
それには美樹の顔も青ざめ唇が震えている。
「今度、あんな衣装着たら、絶交だからね。それに、体を売るのもよ」紀子はそう言って去った。
「好きで着ているんじゃないわよ。それにセックスだって…」空しさから、泣き出してしまった。

 そんな、美樹の気持ちなど無視して、収録が行われている。
美樹は、前にもましてくり抜くが大きくなり、乳房の半分が見えている。
それに、透明だった両脇が、スリットになって歩く度に尻肉も覗いていた。
(これを知られたら、必ず仕返しされる…)不安を抱えながら、リハーサルを始めた。
「本番です。3,2,1,キュー!」カメラが美樹の胸元をアップにしていく。
「皆さん、お元気ですか、司会の田中美樹です」その後、浅野も挨拶すると、ゲストが入ってトーク
が始まった。

 カメラは時々、美樹の腰骨や胸をアップで映し、それはモニターにも写っている。
(撮らないで。乳首が見えそうよ)乳輪が少し見え、体をずらしていく。
(よかった、映らなかったし)ホッとした顔で収録を続けた。
だが「あれほど言ったのに。懲らしめてやらないと…」外から見学していた紀子は怒り顔だ。

 それから数週間後、特番用に、女子アナによる水泳大会が行われた。
勿論、美樹も参加しており、若い女子アナは、今にも乳房がこぼれでそうなビキニを着て売り込みを
計っている。
美樹は泳ぎは得意ではないので団体戦に出場し、その一つが、水に浮かんだマットの上で相撲をする
競技で、対戦相手は紀子だ。

 行司の持った軍配が返ると、2人は取り組み合う。
紀子は美樹の水着を掴んで振り回しだす。
当然、水着がずれて白い乳房が露わになり、その乳房を、カメラが一斉に撮りだした。
「やめて、イヤです!」声を上げて頼み込むが、紀子は美樹の腕を押さえて、乳房を隠せないように
していく。
「お願い、オッパイが、飛び出しています!」泣き声をあげるが、紀子は容赦なく振り回して、最後
はマットから突き落とした。
落とされた美樹は、急いで乳房を隠しプールサイドに戻るが涙が止まらない。
(オッパイを撮られた…。これがテレビに流されたら、私の立場がない…)嗚咽さえ上げていた。

 しかし、虐めはそれで終わりではなかった。
「美樹、あんたが先頭よ」騎馬戦では先頭をやらされ、開始と同時に美樹は取り囲まれ、水着のホッ
クが外された。
「やめて、何する気よ!」隠そうにも、両手を押さえられて乳房を晒すしかない。

 さらにパンツにも手が掛かり「やめて、それはイヤ!」必死に下げられまいとするが、どうする事
もできず、乳房を揺らせるだけだ。
「おとなしくするのよ!」上に乗った紀子が両乳房を鷲掴みした。
「うっ~!」息が詰まり動きを停めると「忠告したよね。あんたとは、絶交だからね」更に力を入れ
てから乳首を潰した。
「ヒ~!」悲鳴を上げるが、カメラは揺れ動く乳房を捕らえている。

 「やめて、オッパイが出ているのよ。放して!」叫んでも掴んだ腕は離さない。
その間に、他の女子アナがパンツを引き下げ、股間を露わにした。
「見て、ヘアがないわ。剃っているわよ!」無毛の淫裂を同僚に見られてしまい(性器を見られた…)
「う、う、う!」声を上げて泣きだした。
「見るだけよ。カメラは撮っていないわ。それにしても、こんな性器にしてゲストを誘惑していたと
はね」淫裂を交代で見終えると、パンツを戻し淫裂を隠す。
そして、騎馬戦が終わるとに女子アナは並んで挨拶するが、乳房を撮られた美樹は元気なく泣き顔で
挨拶した。

 収録が終わると、美樹は局に乳房を出したシーンをカットするように制作部長に頼み込んだ。
「そうは行かないよ、これは面白いし…」
「そこをお願いします。あれが放送されたら私の立場がないです」涙声になり、頭を深々と下げる。
それを見て「どうしてもと言うなら、話には乗るよ」部長は美樹の服に手を掛けた。

 「何を、なさるんですか?」驚いてその手を押さえると「ただではイヤだ。君だって、意味がわか
るだろう?」ボタンを外して服を広げていく。
「そんな。こんな事は許されません…」
「だったら、オッパイポロリが流れていいんだね?」そう言われれば、逆らえない。
おとなしくなると、服を肩から脱がしブラジャーも脱がす。
「いい乳だね。テレビ以上だよ」その乳房をむさぼるように揉んでいく。
(イヤだけど、我慢しないと)目を閉じされるがままだ。

 やがて、乳房を揉んだ手がスカートも脱がしてパンティを引き下げた。
「ほう、噂は本当なんだな。綺麗なオ○ンコじゃないか!」無毛の淫裂も触られていく。
(イヤ、そこはイヤです!)イヤだが、拒む訳には行かない。
やがて、その淫裂に肉竿が入り込み「あ、あ、あ~」喘ぎ声を上げる中、ピストンされた。
美樹は制作部長に体を奪われたが、オッパイポロリのシーンをカットしてくれると信じて我慢してい
たが、現実にはそんなに甘くはなかった。
週刊誌が、乳房を露わにした、美樹の写真を掲載した。

第9話 同僚の虐め

 美樹の写真が週刊誌に載ると、テレビ局の方針ががらりと変わり、制作部長もあのシーンを流すよ
う、言い出す始末だ。
そして、それがまもなくテレビに流され、美樹は「う、う、う!」と泣きながら見ていた。
「酷いわ。セックスまでして、約束したのに…」涙がなかなか止まらなかった。
それでも、翌日に局に出社していくと「いいオッパイだね。また頼むよ」男子社員が胸を触っていく。
(好きで、見せた訳じゃないのに…)そう思うが男子社員は代わる代わる胸を撫でていく。

 それには、女子アナ達も不愉快になっている。
「いい気になっているわ。オッパイを触らせて喜ぶなんて」
「この際だから、番組から降ろしましようよ」裏でヒソヒソ話し合われ、話がまとまったのか、美樹
を空いているスタジオに呼び出した。

 「あんた、最近いい気になっているわね。オッパイを男に触らせたりしているし」
「違います。あれは相手が勝手にしています…」
「言い訳は聞きたくないわ。素っ裸で反省しなさい!」そう言って、皆で美樹を抑え、服を剥ぎ取り
だした。
美樹は必死に抵抗するが、大勢にはかなわず、スーツが脱がされ下着も脱がされていく。
「やめて、イヤ~!」叫んでも、全部脱がされ、生まれたままにされた。

 「これで少しは懲りたかしら。記念にヌードを撮るからね」
「イヤ、撮らないで!」両手で胸と股間を押さえてうずくまった。
「立ちなさいよ、そうしないとこれを捨てちゃうからね」剥ぎ取った服を持って、1人がスタジオから
出ていく。
「返して、私の服です!」
「返して欲しかったら撮らせなさいよ。ほら立つのよ」服がないからには、言いなりになるしかなく、
両手で隠したまま立ち上がった。

 「手を退けるのよ。性器を撮るから」
「それは許して。せめて、胸だけにして下さい」
「そうは行かないわ、イヤなら服は返さないわよ」
「わかりました…」項垂れたまま股間から両手を退けた。
「顔も上げるのよ!」怒鳴られて、渋々カメラを見つめると閃光が瞬いた。
(撮られた、私のヌードが撮られた…)目元から涙が落ちていく。

 それでも美樹に「ここを跨いでよ」肘掛けイスを指さす。
「そんなのに、跨ったら性器が…」
「イヤでもやるのよ、服は要らないの?」
「わかりました、やります」淫裂を手で押さえながら肘掛けイスに座り足を開いた。
「手を退けるのよ」
「撮らないで、お願いだからここだけは許して…」淫裂を押さえたままだ。

 「ダメよ、足を乗せたら両手を頭の後ろにやるの」
(性器を撮る気だわ)同僚の考えがわかったが、やるしかなく、言われたとおりに足を乗せ、淫裂を隠
した手を頭にやり、同僚に晒した。
「あら、可愛いわね、ヒラヒラもピンクよ」
「それに、膣もずいぶん使った割にはピンクだしね」写真を撮りながら冷やかしている。
「指を使って、もっと開くのよ」美樹は指で淫裂を広げると、膣腔、尿道、クリトリスが丸見えだ。
「ダメ、顔を上げるのよ」背ける事もままならず、手で広げた姿も撮られる。

 「今度はあれよ。指を入れてオナニーよ」
「許して、もう許して!」淫裂を晒したまま、泣き声を上げた。
「やるのよ。服は要らないの?」美樹は泣きながら、指を膣の中に入れて動かしだす。
「う、う、う!」屈辱に嗚咽も上げている。
「あら、泣くほど気持ちいいのね。毎晩やっているくせにね」馬鹿にした言葉を投げてカメラで撮って
いく。
(悔しい。こんな事をさせられるなんて…)そう思いながら指を動かすと「オッパイも揉むのよ、毎晩
やっている通りにやるの」
言われるまま乳房も揉みながら指を動かし手を動かし続けた。

 「もういいわ。かなり撮ったし」同僚達は満足したのか、スタジオから出ようとした。
「服を返して。お願いです、服を!」全裸の美樹は泣き声で叫んだ。
「ああ服ね。ここにはないの、ロッカーの中にあるわよ」
「約束が違います。返すというから、ヌードを撮らせたのに…」騙されたと知って、声を荒立てた。
「何よ、その態度は。人に頼む時はそんな事でいいの?」日頃から言っている口癖を逆手に取られた。

 「すみませんでした。私の服を返して下さい」正座して頼み込んだ。
「先輩、まだまだよ。そんな謝り方じゃ、誰もその気にはなれないわ」
「申し訳ありません。どうか、お願いですから、私の服をお返し下さい…」土下座して頼み込む。
「そこまで言われたら、持ってきてあげる。その変わり、今度の収録は…」紀子は意地悪く言う。
「そんな事できません。知られたら、クビになります…」美樹は泣き出した。

 「だったら、服は自分で持ってきて」皆が帰ろうとする。
「待って、やります。ですから、服をお返し下さい」泣きながら、土下座した。
「そう、やるのね。だったら、持ってくるわ。悪いようにはしないから、頼むわよ」笑顔になって1人
が外に出た。
「確か、収録は明後日じゃなかったかしら?」
「それなら急がないとね」紀子達はガヤガヤ話し出した。
そこに「お待たせ、持ってきたわよ」脱がされた服が投げられ、美樹はそれを拾い急いで着ていく。

 「美樹、約束したわよ。やらなかったら、この写真がエロ雑誌に載るからね」そう言って紀子達はス
タジオから出て行く。
「やるしかない。週刊誌に載ったら、全国に知られるし…」淫裂を広げた写真は、秘密にして置かなけ
ればならない。

 そして、服を着込んで事務所に戻ると、江藤が声を掛けてきた。
「田中君、評判よかったよ。またポロリをしてくれないかな?」胸を撫でだした。
「そんな、ポロリだなんて。私はヌードモデルじゃありません、アナウンサーです…」
「だからいいんだよ、女子アナのヌードは受けるんだ」ボタンを外し、手を入れて乳房を撫でだす。
「そんな、恥ずかしいです。もう、オッパイも見られたくないです」江藤の手を掴んで言う。
「そうか、残念だな。気が変わったら、言ってくれ」江藤は未練があるようだが「どうして、あれを流
したのよ…」乳房を露わにしたシーンが流された事を恨めしく思った。

第10話 全裸のリハーサル

 
 そして、数日後に収録が行われた。
「田中君、今日も色っぽく頼むよ」江藤が珍しく顔を出している。
「わかりました、そうします…」項垂れて返事をすると「美樹ちゃん、リハーサルをするから準備し
て」スタッフが声を掛けた。
「わかりました、リハーサルは私の思う通りにやらせて下さい」
「かまわないけど、急にどうしたの?」

 「実は、前からやりたかった事がありまして…」そう言うと見ている前で服を脱ぎだした。
「み、美樹ちゃん!」スタッフの声が続かない。
(やりたくないけど、やらないとあの写真が…)紀子との約束を守る為、衣装を脱いだ。
衣装の下は、下着を着けていないから、乳房と縦に剃られた絨毛、淫裂が剥き出しになっている。

 それには、浅野も「み、美樹さん!」と驚きの顔だ。
「お願い、リハーサルだけ、ヌードでやらせて下さい…」泣き顔で言う。
「わかったよ。でも、こんな美樹さんは嫌いだな」浅野はジッと乳房と、淫裂を見つめてから触りだ
した。
「後にして。オ○ンコもしていいから…」
「そんな事しないよ。これで終わりだから」手が淫裂を撫でていく。

 そこに「浅野さん、始めて下さい!」見ていたスタッフから声が掛けられ、リハーサルが始まった。
「皆さん、お待たせしました。司会の田中美樹です」全裸を惜しげもなくカメラに晒している。
(見ないで。お願いだから、性器だけは見ないで…)願う美樹の太股が震え、淫裂からはみ出た肉襞
も震えている。
その、震える美樹を男性スタッフは股間を膨らませて淫裂を見ていた。
(やりたい…。美樹とオ○ンコしたい…)美樹とのセックスを想像していた。
それには、江藤も全裸の美樹に満足そうな顔をし(いいか、うまく撮れよ。オ○ンコもばっちり撮る
んだ!)カメラマンに合図を送る。
それに、カメラマンも気づいたのか、江藤を見つめて頷いた。

 リハーサルが始まり、10分ほどしてから紀子達が顔をだした。
「フルヌードだわ。ヌードに自信がある人は違うわね」「そうね、ヘアを剃って性器まで見せるんだ
から、たいしたもんだわ」スタジオの外から悪口を並べていた。
「紀子。これで、あのレギュラーは決まったわね」
「そうね、お年寄りにはヌードで頑張って貰わないとね」ニヤリと美樹の全裸を見ていた。

 そして、全裸のリハーサルから数日がすぎて、美樹はテレビ局の幹部会に呼ばれ「田中君、これを
見てくれ」集まった幹部の前で全裸になったビデオが流された。
「これはどう言うつもりだね、ヘアまで剃って。ほら、丸見えじゃないか!」アップで写る性器を指
さした。
「これには、訳がありまして…」項垂れて、泣き出してしまった。
「何も泣く事はないよ、そのわけを聞かせてくれ」

 「実は…」美樹は紀子の事を言おうとしたが、写真の事を思い出し、言葉を停めた。
「実はがどうした?」
「ヌードになりたかったんです…。私のヌードを見て欲しくてやりました…」言い終わると、顔を上
げられない。
「そんなに、素っ裸になりたいなら、ここで見せてくれ。それから処罰を決めるから」
(そんな、ここで裸になれだなんて…)裸になるのはイヤだが、言った以上はやるしかない。

 「わかりました。私のヌードをご覧下さい…」幹部が居並ぶ前で、スーツを脱ぎ始めた。
ボタンを外し、次々と脱ぎ、下着も脱いで生まれたままの姿で立った。
「ほう、なるほどいい体をしているな。道理で裸になりたがるわけだ」露わになった乳房や淫裂を触
っていく。
「ここは、毎日使っているのか?」指が淫裂に入った。
「そんな、毎日セックスはしていません。たまにです…」
「相手は誰だ、仕事仲間か?」指が動き出した。
「げ、ゲストです。出演していただいたお礼に、セックスしています…」太股を震わせながら答えた。

 「そうか、お礼か。それなら、クビにしないから俺にもやらせてくれ!」思わぬ言葉に耳を疑った。
「ここで、セックスをお望みで?」
「そうだ、お前がやるんだぞ!」イスを退け、ズボンを脱いでいく。
(イヤだけど、クビはもっとイヤよ。それにビデオもあるし…)覚悟を決め、椅子に座った幹部に跨
り、肉竿に淫裂を押しつけた。

 「う~!」呻き声を上げ腰を、沈めると「ブス!」音を立て肉竿が淫裂の中に入り込む。
「君のオ○ンコは凄い締め付けだな。この年でも出ちゃうかも」
「出して結構です。その変わり、クビだけはお許し下さい…」美樹はゆっくり、腰を振り始めると淫
裂からは「クチャ、クチャ!」と湿った音が出ていく。
「いいよ、最高にいいよ」幹部は乳房を揉みながら絶頂を向かえ「う~!」うなり声と共に、噴射を
始めた。

 「交代だ、僕にもやらせてくれ」
「待って、拭いてからです」膝から降ろされ四つん這いにされた。
淫裂からはドロドロした液体が流れたままだが、肉竿が押し込まれた。
「あ、あ、あ~」体をくねらせ声を上げていく。
「本当だ、田中君のオ○ンコは凄い締め付けだよ。これは名器だぞ」満足そうに手を伸ばし乳房を握り
しめながら腰を振った。

 こうして、美樹は次々と幹部の肉竿で淫裂を突かれ、膣深く精液の噴射を受けた。
「もう、よろしいでしょうか?」最後の相手が済むと、液体が膝まで流れている。
「服は着てもいいよ。それから、あの番組は久保君と変わって貰うよ」
「私はクビですか、体まで許したのに…」交代と言われ、また泣き出した。
「クビではないよ、今度はドラマの主演を頼みたいんだ。1話完結のドラマを」
「ドラマだなんて。私、女優じゃありませんから、無理です」
「演技はどうでもいいんだよ。君はヌードを見せればいいんだから」

 「私のヌードを?」思わぬ言葉が飛び出した。
「そうだ。毎週、君のヌードシーンを流すんだ」
「イヤです、もうヌードを流されるのはイヤです!」泣き声が大きくなった。
「イヤでもやるんだ。やらないならクビだ。それに、これも表沙汰にするぞ」ビデオを指差し言う。

 「酷いです。私はヌードモデルじゃありません、アナウンサーです…」
「それは、わかっている。君だって、もう限界を知っているはずだ。若いならかまわないが、これか
らは、色気でやらないとな」
「その通りだ。待遇もアップするし、タレント契約するよ」
それには(お金じゃないのよ、これ以上恥ずかしい思いはしたくないのよ)黙りこんだが「わかりま
した。よろしくお願いします」承知した。

第11話 転身

 美樹がドラマの主演を承知すると直ぐに撮影が始まった。
「美樹君、素っ裸だよ。オ○ンコはボカシを入れるから安心してくれ。それからヘアは要らないから
ね」監督から言われた。
「はい、本番です。3,2,1,キュー!」カメラが回り出すと、その前で美樹は服を脱ぎだした。
(どうして、こんな事になったのよ…)過去を思い出しながら服を脱ぎ、下着も脱いで全裸を晒し、
その全裸をカメラが捉えて乳房や尻、股間とアップで撮っていく。

 「はい、次はセックスシーンです」スタッフの言葉に、俳優が現れたが、全裸で肉竿がそそり立っ
ている。
「いいですか、本物のようにやって下さい」監督の注意に(まさか、本気でセックスをする気では?)
俳優の顔色に、美樹は不安を感じた。
「本番です、キュー!」始まると、俳優が美樹の乳房を撫でながら、淫裂に肉竿を押し込んできた。
(イヤ、入れないで。ポルノじゃないのよ…)体を反らせ、逃れようとするが肉竿は執拗に膣の中に
入り込んできた。
(やめて、お願いです!)俳優の顔を見ながら、唇を押しつけ演技をしていく。

 やがて、肉竿がゆっくりと動きだした。
「あ、あ、あ~」それには、美樹も声を上げ、監督やスタッフもジッと結合部を見つめている。
(見られているのよ。やめて!)そう思っても、肉竿の動きが早まって「あ、あ、あ~」美樹は演技
ではなく、本気で体を反らせ、淫汁を流し出した。
俳優もそれに答え、乳房を撫でながらクライマックスを迎えて噴射した。
(ダメ、出さないで。見られたら恥ずかしい…)そう思いながら、俳優を抱きしめ余韻に浸っている
と「カット、ご苦労様でした」その声に、俳優が起きあがった。

 当然、美樹の淫裂から液体が流れているのがスタッフに見える。
「中出しだ。本番したあげく中出しだよ」その声に、慌てて手で覆うが、指の隙間から白い液体が流
れ出していた。
「道理で迫力あると思ったよ。次は入浴ですからね」スタッフは美樹の淫裂を見ながら準備を始めて
いく。
(見られてしまった…。射精された性器を…)強ばった顔で、次の準備をしていく美樹だ。

 こうして、撮影が済むと、宣伝用の会見が行われた。
美樹はインタビューを受け、理由を聞かれると「私の色気を見ていただきたくて…」そう説明して服
を脱いだ。
服の下には、小さな布のビキニを着ており、その姿を一斉にカメラが撮っていく。
「こっちを、お願いします!」振り返った途端に、乳房が布から飛び出した。
「オッパイが出てますよ!」
「イヤ~!」わざと声を上げ、乳房を仕舞い込むが、乳房を出した姿も撮られていた。

 翌日のスポーツ新聞には「女子アナ、女優に転身!」という見出しで、乳房を出した美樹の写真が
載っていた。
それを見た美樹は「これが目当てで、あんな会見させたのね…」新聞を握りしめながら、泣いた。

 
 一方「見て、載っているわよ」上機嫌で話す男女がいた。
「本当だ。これであいつも終わりだな」
「そうよ。これからは、私の出番だわ」
「だったら、もう1回やらせてくれよ」女性の乳房を揉みながら、淫裂に肉竿を押し込んでいく。
「いいわよ。その変わり、一杯出してね」

 「オ○ンコに出されると、気持ちいいのか?」
「そうなの。膣の中が、とろけそうで気持ちいいの…」
「わかった。それなら、一杯出すよ」そう言って、肉竿のピストンを始めた。
「浅野さん、気持ちいい…。もっと奥までして…」足を開き深い結合を求め「紀子、俺も気持ちいい
よ。これからもやらせてもらうよ」満足そうに腰を振っている。
すると「あ、あ、あ~」と紀子は声を上げ続けた。
紀子は美樹の後釜に決まっていたが、それは紀子の策略だった。

 
 それから数週間後、美樹の主演ドラマが放送された。
美樹の乳房や尻が画面一杯に映し出され、迫力あるセックスシーンに視聴者も驚き、視聴率もいい結
果がでた。
それには、テレビ局の幹部も満足し、別な番組にも出演させる計画を立てている。
当然、美樹は断る訳にも行かず、出演契約を結んでしまった。

 美樹が嫌々スタジオ入りすると「美樹さん、素っ裸の上にこれを着て下さい」とスタッフに言われ、
渡された袋を開けると下着しか入っていない。
その下着に「そんな、胸を出したままだなんて!」声を上げた。
「そうです。美樹さんのオッパイで売りますから」スタッフはハッキリ言う。
「そんな、胸を出したままだなんて、イヤよ」
「イヤでもやって貰うよ。やらないと言うなら、取締役に訴えるけど…」
「やります。ですから言わないで」渋々、更衣室に入って着替えた。
 
 そして、再びスタジオに現れた美樹は黒い下着を身に着けている。
ブラジャーはカップがくり抜かれ、乳房が飛び出し、パンティはTフロントで、ストッキングとガー
ターベルトを付けていた。
「いいね、最高だよ」スタッフは揺れ動く乳房に股間を膨らませながら見つめている。
(イヤよ。こんな、娼婦みたいな姿でテレビに映るなんて…)泣き出しそうな顔で、胸を押さえたま
まだった。

 収録が始まると、美樹は乳房を露わにし、カメラの立った。
「皆さんこんばんわ。噂の田中美樹です。今夜から殿方に活力を与える番組として…」台本通りに喋
っていく。
「はい、結構です。次はヌードトークです。相手の前で、全部脱いで下さい」
それには「そんな、性器が写ったらどうするのよ!」顔を引き吊らせて言う。

 すると「生ではありませんから、修正が効きますよ」あっさりと、スタッフが答える。
「はい、カメラさん、回して下さい」と収録が始めると、美樹は相手の前で、ブラジャーやパンティ
と脱いで、淫裂と乳房を露わにした。
ゲストも美樹の乳房と淫裂を見て「いいね。綺麗な体だよ…」満足そうに見つめている。
(これ以上、性器を見られる訳にはいかない…)脱ぎ終えると、美紀は収録が終わるまで、両手を淫
裂から離さなかった。

第12話 その後の美樹 

 美樹が女優に転じてから半年たった。
スタジオでは相変わらず、全裸になってカメラの前に立っており「はい。絡みシーン、行きます!」
スタッフの声で美樹は俳優に抱かれていく。
(やめて。毎週やっているから、今日はイヤよ)拒むが淫裂に肉竿が入ってきた。
「あ、あ、あ~」相変わらず、本気か演技かわからないが、悶え声を上げている。

 その演技に、番組は高い視聴率を取っていたが、放送倫理協会が異議を申し立ててきた。
そうなれば、関東テレビとしても番組を打ち切るしかなく、美樹にその事が告げられたが、行く当て
などない。
「どうすればいいのよ。生活だってあるのに…」悩む美樹に、幸運にも写真集の話が持ち上がった。
実際、アナウンサーから女優に転身し、ヘアヌードを出した女優もいた。
その写真集のおかげで有名になり、今はドラマで活躍してる。

 美樹も、その話に乗って、ヘアが生えそろったらヌードを撮る事を承知し、ヘアが生え揃うと、ヌ
ード撮影行われた。
美樹はヌードには慣れていたのか、惜しげもなく、絨毛を撮らせている。
そして「元女子アナ」のタイトルが付いた写真集は飛ぶように売れ、美樹の懐も潤ったが、何か物足
りなく、刺激が欲しかった。

 そんな美樹に、中野から声が掛かり、パーティに参加すると晶子がいる。
「久しぶりね。今夜は可愛がってあげるからね」
「痛いのはイヤ。お願いですから、優しくして下さい」
「そうは行かないわ。今夜はタップリしてあげるわよ」
晶子や飛鳥達は、美樹の服を脱がして全裸にした。

 「相変わらず、いい乳してるわね」両乳房が握られ「うっ!」呻き声を上げるが、容赦なくその乳
房が紐で縛られていく。
「イヤ、こんなのイヤです!」叫んでも両手も後ろ手に縛られ自由が効かない。
「美樹、これ欲しいでしょう?」バイブを見せられた。
「入れないで。お願い、入れないで!」首を振って拒むが、淫裂にバイブが押し込まれると「あ、あ、
あ~!」バイブの振動が、膣の中に響き渡り声を上げた。

 その声に「オ○ンコやりたいだろう?」中野が乳首を摘んだ。
「イヤ、セックスなんてイヤです…」口ではそう言うが、体は正直で膣の中が濡れている。
「強がりがいけないよ。正直に言うんだ!」摘んだ乳首が潰された。
「ギャ~。お、オ○ンコして下さい…」顔を歪めて言うと「そうよね。美樹はオ○ンコ大好きだもん
ね」バイブが抜かれて、正座させられた。

 その後、腰を持ち上げられ、頭を床につけ、尻を付きだしていく。
「イヤ、普通でして。縛られてするのは、イヤです!」嫌がるが、肉竿が入ると「あ、あ、あ~」久
しぶりに味わう快感だ。
(気持ちいい…。レイプされているみたいで気持ちいい…)そう思いながらも「イヤ、やめて。お願
い解いて!」と叫んでいる。

 叫ぶ美樹に刺激されたか「晶子、やらせろ!」晶子も、乱暴に服が脱がされ、レイプ同然に淫裂を
突かれて「イヤ、イヤ!」首を振りながら、しっかり男の腰を押さえていた。
それは飛鳥や他の女性もそうだった。
(変態よ。ここは変態の集まりよ。でも、こうされるのも気持ちいい…)美樹はそう思いながら声を
上げていた。

 
 美樹は変態行為をする事で、晶子達と仲良くなり仕事を回して貰え、生活も安定してきた。
そんな矢先に「ドラマをやってみないか?」と江藤からまた声が掛かった。
「ドラマは出ますが、ヌードはイヤです」
「そうは行かないな。こんな写真もあるんで」淫裂を丸出しにした写真を見せた。
「酷い、こんな写真で脅すなんて…」声を上げて泣きだした。

 「泣く事はないよ。美樹1人じゃないから。久保アナも一緒に出るんぞ」
「えっ、紀子も出るんですか?」
「そうだ、2人はレズという事で出て欲しい。勿論、素っ裸も撮るぞ」江藤が言うからには逆らえな
い。
「でも、また、打ち切りになるのでは?」
「今回は芸術的ヌードだ。前とは違うから安心してくれ」気休めを言う。

 そして、その言葉通りに撮影が行われた。
「はい、お二人さん、お願いします」スタッフの言葉に、美樹と紀子はバスタオルを解き、生まれた
ままの姿をカメラの前に晒した。
「本番行きます。キュー!」その言葉で、美樹は紀子の乳房を撫でながら唇を重ねた。
(紀子が震えている。初めてのヌードだから、無理もないわ)美樹のリードで、レズが始まった。
乳房を吸い、淫裂を撫でると、固かった紀子も反応して「あ、あ、あ~」本気で声を上げ、美樹の淫
裂を撫でている。
(やめて。レズは演技だからね)そう言いながら、美樹も紀子の淫裂を撫でていった。

 そして「OKです!」撮影が終わり、美樹はタオルを巻いてスタジオから出るが、紀子はスタッフ
に呼び止められた。
(もしかして、セックスを?)そう感じた美樹は、急いで更衣室に入って服を着込むと、スタジオに
戻った。
そっと、スタジオの中を覗くと「許して、お願いです!」全裸で泣き叫ぶ紀子は、スタッフに足を持
ち上げられ、肉竿で淫裂を突かれている。
「毎日やっていたんだろう。俺にもやらせろよ」肉竿は激しくピストンし「う、う、う!」声を上げ、
泣いている姿がカメラに撮られていく。

 「これで、お前もかごの鳥だな。これからは俺の言うとおりにするんだぞ」江藤の声だ。
「許して。ヌードは我慢しますから、セックスは許して下さい…」
「そうは行くか。美樹と一緒に俺たちの性処理担当になるんだ」
それを聞いて、そっとその場から逃げだしが、江藤の言った言葉が忘れられなかった。

 (性処理だなんてイヤよ。絶対にイヤよ…)自分に言い聞かせたが、翌日に江藤に呼ばれた。
「田中さん、ちょっと付き合ってくれ」嫌々美樹は江藤の後を追って会議室に入ったが「脱げ、オ○
ンコさせろ!」入るなり言いだす。
「イヤ、セックスはイヤです」
「あのビデオがどうなってもいいのか。オ○ンコ丸出しのビデオが」そう言われれば脱ぐしかない。
「う、う、う!」嗚咽を上げて全裸になると「やれ、お前がやるんだ!」言われるまま、仰向けにな
った江藤に跨り腰を沈めていく。

 「早くやれ!」我慢できないのか腰を持ち上げた。
「ヒ~!」乱暴に入った肉竿に、悲鳴を上げながら腰を沈めて行くと「そうだ、出すからな!」乳房
を握りしめた。
(ここから逃げたいけど、あの写真とビデオが…)泣きながら淫裂深く肉竿を向かえていた。
(次は、生意気な桜井と岡江を素っ裸にしてやるぞ)江藤は泣きながら、全裸を晒す2人を想像して
乳房を揉んでいる。
美樹は逃げようにも、逃れられない鳥かごの中の鳥だった。
                                        ~完~