『若妻の指使い』
                               とっきーさっきー:作
最終話


「ぐぅ、はあぁ……真希、気持ちいいのか?」

「うぅ、んんっ……感じてる……わたしってぇ、ハシタナイ女だから……お風呂でぇ、はふぅんっ」

「そ、そうか……実は俺も、その……んぐっ」

そう、亮哉はわたしのオナニーに気付いている。
お風呂とリビングを繋ぐ『通話』用のボタンを仲立ちにして、わたしの指が感じる処を弄る気配に、耳
を傾けている。
そして亮哉だって、腰に巻いたバスタオルを落とすと素裸のまま、男の人のモノを……
硬くそそり立たせた……肉の棒、オチ○チンを、亮哉の指を使って扱いて……

「あぁ、ひあぁ……今夜のぉ、夕食……おぉ、おいしかったぁ? サンマ、ちょっと……ふぅ、焦がし
ちゃったけど」

「サンマはな、焦げてるくらいが……はぁ、一番うまいんだよ……んく、おいしかった……真希の作っ
た晩飯は……最高にうまかったよ」

「うぅ、うれしい……亮哉にほめてもらえてぇ、はあぁ……すごいぃっ、どんどん昇っちゃうぅっ!」

ケンカしてたんだよね?
結婚して3年して、初めての夫婦喧嘩中なんだよね?

わたしはもう、浴槽の縁になんか座っていられない。
びしょ濡れになった恥ずかしいお肉に右手の指を挿し込んだまま、身体の向きを反転させる。
タイルの敷かれた床の上で膝立ちになって、上半身をお風呂リモコンへと寄せていく。

「ちゅぶ、むちゅっ……好き、大好きなの……」

唇がプラスチックの板にキスしていた。
目を閉じて、首から上を突き出させて、湯気に濡らされた通話のボタンに亮哉を感じて。

「じゅばっ、じゅぶっ……真希、僕もだよ……愛してる」

そうしたら、分厚い唇の感触をプレゼントされる。
唾液をまぶした舌をペロリと舐められて、ちゅぅって吸われて、胸のハートを鷲掴みにされたようにキ
ュンキュンさせて。

ケンカって何?
夫婦喧嘩って誰がしているの?
わたしと亮哉はとっても仲良し夫婦だから。
言いたいことをはっきりと言い合って、だけどこうして……

じゅにゅ、ぬちゅぅ、にちゅっ……

「やはぁ、んふっ……亮哉の硬いのが、真希の割れ目にぃ……こすられてぇ、いいぃっ、気持ちいいっ
!」

クリトリスを弄らせていた右手の指が、二本、三本と寄り集められている。
恥ずかしいくらいに溢れた愛液をスリットの壁から掻き出して、捩り合わされた爪先は更に奥底へと潜
り込んでいく。

亮哉のオチ○チンが、わたしの大切な孔の中に!
脈打ちながらヤケドしそうな熱い肌が、トロトロな膣の中に埋まろうとして?!

「待ってくれ、真希! 俺と……くそぉっ!」

指でこしらえたオチ○チンが、膣の入り口まで来て止められた。
膝立ちしていた身体が絶対に崩れ落ちるから、左手が浴槽の壁をぎゅっと掴んで待ち構えていたのに?

「り、亮哉……?」

わたしは急いで呼び掛けていた。

「ねぇ、亮哉ったら……どうしたの? 返事してよ!」

トロトロに濡れた指を、わたしは引き抜いていた。
もう少しで指のオチンチンが、真希の秘密の孔を貫いていたのに。
亮哉とのセックスを夢見ながら、ハシタナイ指入れオナニーを披露していたのに。

聞こえてくるのは、虚しいノイズの音。
寂しすぎる隙間風のような雑音。
空気なんてさらさら読む気のない、付けっ放しのテレビから流れてくるナイター中継の騒音。

「やっぱり、ケンカしてたんだね。それなのに、わたしって……馬鹿だね」

わたしは右腕を掲げていた。
白い湯気に包まれた空間で、真っ直ぐに、少し反らし気味にさせた指の束を眺めていた。
恥じらいも失くしてテカテカと輝いている指の先っぽを、涙の潤んだ目でぼおっと……そして……

バタンッ……!

磨りガラスがはめ込まれた中折れドアのもう一つ先で、扉が鳴った。

「こんなに汚して。きれいに洗ってあげないと」

つぶやいてから薄く笑った。
前歯の隙間から舌を伸ばして、淫らな指先を下唇に当てる。

バタンッ……!

もう一回扉が鳴った。
体重を乗せて、壊れても仕方がないような力で、お風呂場と繋がる中折れドアも開けられていた。

「真希、俺と……」

湿っぽい空気が攪拌されて渦を巻いている。
足元からすぅーって、爽やかで乾いた空気が忍び込んでくる。

わたしはまた指を止めた。
お風呂の中だから素裸なままで、猫背みたいに丸めた背中をブルブルって揺らせた。

「ごめんなさい……あぁ、あのね……」

「やめろよ、真希。俺はそんな言葉を聞きたくて、ここに……俺は、お前と……」

「ひゃぁっ、あぁ……亮哉……」

背中を覆う、頼もしい肌の感触。
わたしのハートが壊れそうなほど弾んで、ぴたりと重ねられた力強いハートに優しく抱かれた。

「すまない、真希。ごめんな、真希」

これってずるいよね。
わたしだってきちんと謝りたかったのに、とってもおいしいところを亮哉にだけ持っていかれちゃった。

「だったら抱いてよ。ここでわたしとエッチしてよ」

でもね、それならそれで構わないの。
真希は亮哉のお嫁さんだから。
そして旦那様はね、奥さんの身体を愛して可愛がってくれるのがお仕事だから。

「さっきから当たってるわよ。とって硬いのが……亮哉のオチ○チン……」

「あぁ、真希……真希ぃっ! セックスしてやる! 真希のオマ○コに俺のチンポを突っ込んでやるか
らな」

亮哉のフルパワーボイスが、浴室の壁に反響した。
放送禁止用語丸出しの絶叫を奏でて、わたしを抱っこしていた。

「ち、ちょっと……亮哉?」

身体が浮いて、わたしは戸惑うフリをした。
二人とも生まれたままの姿でなんとなく気恥ずかしいのに、お姫様だっこなんて。

「湯冷めするといけないだろ。だからさ、二人で……」

「えぇっ! そんなことしたら、大切な処にお湯が入っちゃう」

湯船の中に二人分の身体が沈んだ。
お湯のかさがどっと増して、温泉に浸かったように豪快に溢れて。

「やっぱりいいかも。亮哉、このままセックスしよ」

わたしからも誘っていた。
太腿を大きく拡げて、亮哉の逞しい骨盤の上に柔らかいお肉を被せて……

「んはぁ、ふあぁ……オチ○チン、入ってきちゃう。真希のオマ○コの奥まで……ふぅ、嬉しい……」

もう用済みだね。
この道具はもう必要ないよね。

わたしは切ない声をガマンせずに吐いた。
片腕で強く亮哉にしがみついて、もう片方の腕を伸ばすとお風呂リモコンに触れた。
通話ボタンの電源をOFFにする。

そうよ真希は、夫婦喧嘩そのものを忘れちゃったの。