『ありさ 土蔵の濡れ人形』
 
                    Shyrock:作

おことわり

  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は「
Shyrock」が所有してます。
  作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって
  「
刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

登場人物


 ありさ
   十六歳。瀬戸内海のとある寒村に生まれ育つ。気立ても器量もよく村では大変
   評判のよい娘だったが、貧しさから口べらしのため奉公に出されてしまう。
   彼女を待ち受ける過酷な運命とは……。
 霧島九左衛門
   五十三歳。大阪の船場で呉服問屋を営む。妻は結核のため高石の別宅で療養中。
   女好きだが並みの女好きではなく倒錯した性的嗜好を持つ。
 庄吉
   四十五歳。番頭。仕事はよくできるが、頭が固く融通が利かないところがある。
   だが本当は……
 よね
   五十八歳。上女中。炊事、掃除、その他家事一切を仕切っている。
 ふみ
   二十歳。下女中。上の者におべっかを使う。ありさを妬み時々意地悪をする。
 音松
   十九歳。丁稚。密かにありさに心を寄せている。優しい人柄だが少々そそっか
   しい。
 利松
   十八歳。丁稚。ありさに好意的。素直で人当たりがよく番頭や女中たちからも
   好かれている。

小説目次

  第一話 女中奉公      22-12-29 
  第二話 五客の茶碗     23-01-05 
  第三話 卑劣な罠      23-01-12 
  第四話 生娘初縄      23-01-19 
  第五話 窮屈な孔      23-01-26 
  第六話 青竹開脚縛り
  第七話 はまぐり啜陰
  第八話 未通の秘孔
  第九話 破瓜の血
  第十話 悲愁の夜明け
  第十一話 男子便所のありさ
  第十二話 ふみの密告
  第十三話 御虎子
  第十四話 変態九左衛門
  第十五話 羞恥の石清水
  第十六話 騎乗のありさ
  第十七話 碁盤攻め
  第十八話 濡れ人形

   この作品は「愛と官能の美学」Shyrock様から投稿していただきました